You are here

Ishii Yukio

Affiliation
Faculty of Medicine
Official title
Professor
Research fields
Respiratory organ internal medicine
Collagenous pathology/Allergology
Infectious disease medicine
Research keywords
Respiratory Medicine
pulmonary infection
allergy
pulmonary fibrosis
acute lung injury
chronic obstructive pulmonary disease
asthma
pneumonitis
老年医学
老化
Research projects
肺の抗酸化能修飾による老化制御の試みとアンチエイジングへの応用2018 -- 2021石井 幸雄Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(B)17,030,000Yen
肺の抗酸化修飾による老化制御の試みとアンチエイジングへの応用2018 -- 2021石井幸雄Japan Society of for the Promotion of Science/科学研究費補助金 基盤研究(B)17,030,000Yen
新規モデルを用いた非自己免疫性肺胞蛋白症の病態解明と治療法の開発2016 -- 2018石井 幸雄Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for challenging Exploratory Research3,510,000Yen
新規動物モデルを用いた非自己免疫性肺胞蛋白症の病態解明と治療法の開発2016 -- 2018石井幸雄Japan Society of for the Promotion of Science/3,510,000Yen
アレルギー性気道炎症における細胞応答機構の解明とステロイド抵抗性治療への応用2014 -- (current)石井幸雄公益財団法人日本アレルギー協会/真鍋奨学助成1,000,000Yen
Keap1分子を標的とした肺線維症に対する新規治療法の開発2010-04 -- 2011-03石井幸雄/岡本敏記念肺線維症研究基金1,000,000Yen
気道炎症、気流閉塞、および気道リモデリングに関するそれぞれの客観的指標を用いたぜん息コントロール状態評価法の確立2012-07 -- 2014-03石井幸雄独立行政法人環境再生保全機構/公害健康被害予防事業調査研究13,300,000Yen
Effects of carbocysteine on neutrophil activation1998 -- 2001/企業からの受託研究
Nrf2 is a novel molecular target for treatment of steroid-resistant inflammatory lung diseases.2009-12 -- 2011-03AstraZeneca Research Grant/その他2,000,000Yen
Nrf2システムを利用した抗癌剤感受性診断法の開発と臨床応用2009-07 -- 2010-03石井幸雄科学技術振興機構/その他5,000,000Yen
Career history
2000-04 -- (current)University of Tsukuba Institute of Clinical Medicine Assistant professor
2009-09 -- (current)University of Tsukuba Comprehensive Human Sciences Associate Professor
2012-04 -- (current)University of Tsukuba 医学医療系・土浦市地域臨床教育センター Professor
Academic background
-- 1986University of Tsukuba School of MedicineGraduated
-- 1990University of Tsukuba Graduate School, Division of Medicine 呼吸器内科学Completed
Degree
1990-03医学博士筑波大学
Licenses and qualifications
2000-01インフェクションコントロールドクター
2004-01日本呼吸器学会指導医
2006-09日本アレルギー学会指導医
2008-04日本がん治療認定医機構がん治療認定医
2012-03日本結核病学会抗酸菌指導医
Academic societies
-- (current)JAPANESE SOCIETY OF ALLERGOLOGY
-- (current)The Japanese Association for Infectious Diseases
-- (current)JAPANESE SOCIETY FOR TUBERCULOSIS
-- (current)THE JAPANESE RESPIRATORY SOCIETY
-- (current)THE JANPANESE SOCIETY OF INTERNAL MEDICINE
-- (current)Japanese Society of Medical Oncology (JSMO)
Honors & Awards
2012-04-19Kumagai Award of the Japanese Respiratory Society
2006-12-02第15回Pneumo Forum賞
Articles
Books
  • 繰り返す気胸を発症し、様々な合併症により治療に難渋した結節硬化症
    Ishii Yukio
    第一線呼吸器科医が困った症例から学んだ教訓, pp.165-170, 2017
  • ガス、粉塵による肺疾患
    Ishii Yukio
    内科学, 朝倉書店, pp.796-797, 2017
  • 間質性肺炎患者における生活指導
    石井 幸雄
    呼吸器ケア、メディカ出版, 2004-01
  • ブレオマイシン肺線維症に対するαガラクトシルセラミドの治療効果
    木村 透; 石井 幸雄; 森島 祐子
    ブレオマイシン肺線維症に対するαガラクトシルセラミドの治療効果, 科学評論社, pp.704-707, 2004-12
  • 拘束性換気障害を示す肺疾患
    石井 幸雄
    クリニカルアイ呼吸器. 医学評論社, 2004-01
  • NKT細胞と肺線維症
    石井 幸雄
    分子呼吸器病、先端医学社, 2005-01
  • 現場から②大学院教育I、病態制御医学専攻-臨床医の大学院研究-
    石井 幸雄
    筑波フォーラム, 2005-01
  • リウマチ性多発筋痛症に合併し,肺癌の脊椎浸潤との鑑別を要した化膿性脊椎炎の1例
    石井 幸雄
    日本胸部臨床, 2006-01
  • 長期間観察し得たウエステルマン肺吸虫の1例
    石井 幸雄
    日本胸部臨床, 2006-01
  • COPDモデル動物
    石井 幸雄
    永井書店, 2006-01
  • COPD発症の分子病態
    石井 幸雄
    最新医学増刊号・臨床遺伝子学'06, 最新医学社, 2006-01
  • NKT細胞ノックアウトマウス
    石井 幸雄
    分子呼吸器病、先端医学社, 2006-01
  • Common Diseasesインストラクションマニュアル・異型肺炎
    石井 幸雄
    Medicina・2006増刊号 医学書院, 2006-01
  • 特発性肺線維症の発症機序
    石井 幸雄
    Medical Practice, 2007-01
  • 転写因子Nrf2(NF-E2 related factor-2)をめぐって
    石井幸雄
    Annual Review 2008呼吸器, 2008-01
  • 呼吸器疾患と転写因子
    石井幸雄
    呼吸と循環・医学書院, 2008-01
Conference, etc.
  • Hyaluronan synthase 2機能異常によるマクロファージ関連サイトカイン・ケモカインを介した喘息増悪機構
    角田 義弥; 際本 拓未; Mingma Thsering; 櫻井 啓文; 林 士元...
    第67回日本アレルギー学会学術大会/2018-04-22--2018-04-24
  • ROS-Nrf2 pathway mediates the development of TGF-b1-induced epithelial-mesenchymal transition through the interaction with Notch signaling
    Matsuno Yosuke; Matsuyama Masashi; Kiwamoto Takumi; Moris...
    American Thoracic Society Conference 2018/2018-05-18--2018-05-23
  • Hyaluronan synthase 2 (HAS2) dysfunction induce severe eosinophilic airway inflammation via inflammatory cytokines and chemokines
    Kiwamoto Takumi; Tsunoda Yoshiya; Sherpa Mingma; Sakurai ...
    International Conference of the American-Thoracic-Society (ATS)/2018-05-19--2018-05-23
  • 初学者のための結核寺子屋教室5 - 抗酸菌免疫事始め
    Ishii Yukio
    第92回日本結核病学会総会/2017
  • 肺門リンパ節より波及したと考えられる中葉結核の1例
    Ishii Yukio
    第223回日本呼吸器学会関東地方会/2017
  • 当院における肺癌多発脳転移に対する全脳照射症例の検討
    Ishii Yukio
    第57回日本肺癌学会学術集会
  • 気液界面培養下の細胞へのガスおよび微小粒子状物質曝露の影響評価法
    Ishii Yukio
    第57回大気環境学会年会
  • 長引く咳への対応
    Ishii Yukio
    第207回茨城県内科学会/2016
  • インフルエンザを契機に発症した悪性症候群の1例
    Ishii Yukio
    第207回茨城県内科学会/2016
  • 当院における市中肺炎、医療介護関連肺炎の臨床的検討
    Ishii Yukio
    第56回日本呼吸器学会学術講演会/2016
  • 当院における気腫合併肺線維症の臨床的検討
    Ishii Yukio
    第56回日本呼吸器学会学術講演会
Teaching
2018-10 -- 2019-02Dissertation in Medical SciencesUniversity of Tsukuba.
2018-10 -- 2019-02Internship IUniversity of Tsukuba.
2018-10 -- 2019-02Internship IIUniversity of Tsukuba.
2018-10 -- 2019-02Seminar on Basic Medical SciencesUniversity of Tsukuba.
2018-10 -- 2019-02Advanced Exercise on Public HealthUniversity of Tsukuba.
2018-04 -- 2018-08Dissertation in Medical SciencesUniversity of Tsukuba.
2018-04 -- 2018-08Internship IUniversity of Tsukuba.
2018-04 -- 2018-08Internship IIUniversity of Tsukuba.
2018-04 -- 2018-08Seminar on Basic Medical SciencesUniversity of Tsukuba.
2018-04 -- 2018-08Advanced Exercise on Public HealthUniversity of Tsukuba.

(Last updated: 2018-04-16)