You are here

Hiroyuki Ochi

Affiliation
Faculty of Medicine
Official title
Associate Professor
Phone
029-853-3073
Fax
029-853-3072
Research fields
Obstetrics and gynecology
Career history
1999-04 -- (current)筑波大学附属病院 医 見学生
1999-06 -- (current)筑波大学附属病院 医員(研修医)
2000-09 -- (current)水戸済生会総合病院 産婦人科 医員
2001-07 -- (current)波崎済生病院 産婦人科 医員
2002-07 -- (current)筑波大学附属病院 医員
2003-07 -- (current)東京都職員共済組合青山病院 婦人科 医員
2007-04 -- (current)水戸済生会総合病院 産婦人科 部長
2009-11 -- (current)筑波大学 人間総合科学研究科 講師
2011-10 -- (current)筑波大学 医学医療系 講師
2017-01 -- (current)筑波大学 医学医療系 准教授
Academic background
1993-04 -- 1999-03筑波大学 医学専門学群Graduated
2004-04 -- 2009-03筑波大学 人間総合科学研究科 機能制御医学専攻Completed
Degree
2009-03博士(医学)筑波大学
Licenses and qualifications
1999-05医師免許
2004-10日本産科婦人科学会産婦人科専門医
2012-12日本臨床細胞学会 細胞診専門医
2013-04日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
2014-01日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医
2015-07日本産科婦人科内視鏡学会 技術認定医
2015-08日本産科婦人科学会 産婦人科指導医
2016-01日本内視鏡外科学会 技術認定医
Academic societies
1999 -- (current)JAPAN SOCIETY OF OBSTETRICS AND GYNECOLOGY
2003 -- (current)JAPAN SOCIETY OF GYNECOLOGIC ONCOLOGY
2003 -- (current)JAPAN SOCIETY OF CLINICAL ONCOLOGY
2003 -- (current)日本臨床細胞診学会
2007 -- (current)JAPAN SOCIETY OF GYNECOLOGIC AND OBSTETRIC ENDOSCOPY AND MINIMALLY INVASIVE THERAPY
-- (current)The Japanese Cancer Association
-- (current)Japan society of gynecological and obstetrical surgery
-- (current)JAPAN SOCIETY OF PERINATAL AND NEONATAL MEDICINE
-- (current)日本内視鏡外科学会
-- (current)茨城県産婦人科医会・茨城産科婦人科学会
Articles
  • 婦人科がん治療前の静脈血栓塞栓症発症頻度と周術期抗凝固療法の検討(Group 71 深部静脈血栓・肺塞栓症・脳梗塞,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第68回学術講演会)
    須藤 麻実; 櫻井 学; 渡辺 麻紀子; 細川 義彦; 西田 恵子; 中...
    Acta Obstetrica et Gynaecologica Japonica/68(2)/p.834, 2016-02
  • 卵巣癌患者における血小板増加症 : 臨床病理象・予後との関連(Group 85 卵巣腫瘍・その他,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第68回学術講演会)
    中尾 砂理; 松本 光司; 藤枝 薫; 板垣 博也; 佐々木 怜子; 新...
    Acta Obstetrica et Gynaecologica Japonica/68(2)/p.877, 2016-02
  • 再発卵巣・卵管・腹膜癌におけるSecondary Cytoreductive Surgeryの対象選択規準(Group 118 卵巣腫瘍 治療2 再発癌 治療,一般演題,第67回学術講演会)
    水口 剛雄; 中村 優子; 櫻井 学; 越智 寛幸; 小貫 麻美子; 松...
    Acta Obstetrica et Gynaecologica Japonica/67(2)/p.856, 2015-02
  • Bevacizumabにより著明な腹水減少がみられた再発卵巣癌の3例(Group 120 卵巣腫瘍 治療4 分子標的,一般演題,第67回学術講演会)
    渡辺 麻紀子; 櫻井 学; 高尾 航; 津曲 綾子; 天神林 友梨; 中...
    Acta Obstetrica et Gynaecologica Japonica/67(2)/p.863, 2015-02
  • A Case of Early Primary Peritoneal Carcinoma Revealed by Endometrial Cytology which Resulted in Late Recurrence
    中村 優子; 佐藤 豊実; 櫻井 学; 越智 寛幸
    Nihon Gekakei Rengo Gakkaishi (Journal of Japanese College of Surgeons)/37(6)/pp.1180-1184, 2012
  • PTEN蛋白発現の欠失は子宮体癌の独立した予後良好因子である
    水口 剛雄; 安倍 梓; 中村 優子; 田坂 暢崇; 中尾 砂理; 越智...
    Acta Obstetrica et Gynaecologica Japonica/64(2)/p.420, 2012-02
  • PIK3CA蛋白の高発現は卵巣明細胞腺癌の良好な予後と相関する
    安倍 梓; 水口 剛雄; 中村 優子; 田坂 暢崇; 中尾 砂理; 越智...
    Acta Obstetrica et Gynaecologica Japonica/64(2)/p.593, 2012-02
  • 再発上皮性卵巣癌に対する維持化学療法の意義
    岡田 智志; 越智 寛幸; 小貫 麻美子; 水口 剛雄; 松本 光司; ...
    Acta Obstetrica et Gynaecologica Japonica/64(2)/p.614, 2012-02
  • 腫瘍崩壊症候群を呈した卵巣癌IV期の一症例
    志鎌 あゆみ; 小貫 麻美子; 松本 光司; 道上 大雄; 野口 里枝...
    Acta Obstetrica et Gynaecologica Japonica/64(2)/p.625, 2012-02
  • Tissue factorは卵巣明細胞腺癌患者の静脈血栓塞栓症発生因子である
    櫻井 学; 佐藤 豊実; 道上 大雄; 越智 寛幸; 小貫 麻美子; 岡...
    Acta Obstetrica et Gynaecologica Japonica/64(2)/p.640, 2012-02
  • 治療前VTEへの対策と術後低分子量へパリン(LMWH)長期間投与による症候性VTEの予防効果
    道上 大雄; 佐藤 豊実; 前山 哲朗; 中村 優子; 越智 寛幸; 小...
    Acta Obstetrica et Gynaecologica Japonica/64(2)/p.643, 2012-02
  • PIK3CA overexpression is a possible prognostic factor for favorable survival in ovarian clear cell carcinoma.
    Abe A; Minaguchi T; Ochi H; Onuki M; Okada S; Matsumoto K...
    Human Pathology, 2012
  • 卵巣チョコレート嚢胞破裂を契機として、絞扼性イレウスを発症した一例
    越智 寛幸; 杉田 匡聡; 河野 圭子
    日本産科婦人科学会東京地方部会会誌/52(4)/p.522-525, 2003-12
  • 膣壁腫瘍として発見された子宮頸部漿液性腺癌の一例
    越智 有美; 佐藤 豊実; 越智 寛幸; 沖 明典; 角田 肇; 深沢 ...
    The Journal of the Japanese Society of Clinical Cytology/42(1)/p.238, 2003-03
  • 374.子宮癌検査を契機に発見されたPeritoneal Carcinomaの一例(卵巣7)(第42回日本臨床細胞学会秋期大会)
    越智 有美; 佐藤 豊実; 藤原 広美; 深沢 政勝; 越智 寛幸; 佐...
    The Journal of the Japanese Society of Clinical Cytology/42(2)/p.528, 2003-09
  • Do neutralizing antibody responses generated by human papillomavirus infections favor a better outcome of low-grade cervical lesions?
    Ochi Hiroyuki; Matsumoto Koji; Kondo Kazunari; Oki Akinor...
    JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY/84(7)/pp.1128-1134, 2012-07
  • 婦人科がん術後VTE予防のための術前不顕性VTE検出・対応の有効性と限界
    佐藤 豊実; 田中 勝洋; 櫻井 学; 越智 寛幸; 小貫 麻美子; 岡...
    日本婦人科腫瘍学会雑誌 = The journal of the Japan Society of Gynecologic Oncology/29(1)/pp.39-43, 2011-01
  • P2-8-8 内膜症性嚢胞内への異所性妊娠が疑われた子宮内外同時妊娠の一例(Group80 妊娠・分娩・産褥の病理(症例)2,一般演題,第63回日本産科婦人科学会学術講演会)
    中村 優子; 越智 寛幸; 兒玉 理; 櫻井 学; 越智 有美; 漆川 ...
    Acta Obstetrica et Gynaecologica Japonica/63(2)/p.732, 2011-02
  • P2-9-20 HPV16に対する血清中和抗体と子宮頸部前癌病変の消失・進展(Group82 子宮頸部腫瘍HPV1,一般演題,第63回日本産科婦人科学会学術講演会)
    越智 寛幸; 松本 光司; 近藤 一成; 古田 玲子; 平井 康夫; 八...
    Acta Obstetrica et Gynaecologica Japonica/63(2)/p.739, 2011-02
  • P2-11-21 若年子宮頸癌に関する検討(Group89 子宮頸部腫瘍・治療2,一般演題,第63回日本産科婦人科学会学術講演会)
    岡田 智志; 道上 大雄; 中村 優子; 安倍 梓; 中尾 砂理; 越智...
    Acta Obstetrica et Gynaecologica Japonica/63(2)/p.758, 2011-02
  • P2-18-25 婦人科癌の再発 : 頸癌・体癌・卵巣癌での比較(Group108 非上皮性悪性腫瘍・その他,一般演題,第63回日本産科婦人科学会学術講演会)
    小貫 麻美子; 小宮 春奈; 野口 里枝; 中村 優子; 越智 寛幸; ...
    Acta Obstetrica et Gynaecologica Japonica/63(2)/p.818, 2011-02
  • P2-20-19 卵巣明細胞腺癌におけるPIK3CA発現量の予後との相関(Group113 悪性卵巣腫瘍・基礎3,一般演題,第63回日本産科婦人科学会学術講演会)
    安倍 梓; 水口剛雄; 中村 優子; 田坂 暢崇; 中尾 砂理; 越智 ...
    Acta Obstetrica et Gynaecologica Japonica/63(2)/p.836, 2011-02
  • P2-25-9 ジエノゲストが奏功したダグラス窩腺肉腫の1例(Group127 婦人科悪性腫瘍・症例1,一般演題,第63回日本産科婦人科学会学術講演会)
    田坂 暢崇; 松本 光司; 佐藤 豊実; 中村 優子; 越智 寛幸; 小...
    Acta Obstetrica et Gynaecologica Japonica/63(2)/p.881, 2011-02
  • 6-12.卵巣癌および子宮体癌における薬剤耐性予測因子としてのx^-_c系の有用性の検討(第26群 悪性腫瘍全般6)(一般演題)
    奥野 鈴鹿; 沖 明典; 越智 寛幸; 杉本 雅樹; 角田 肇; 吉川 裕之
    Acta Obstetrica et Gynaecologica Japonica/56(2)/p.400, 2004-02
  • P1-100 再発子宮体癌の予後因子解析(Group 13 子宮体部腫瘍XII,一般演題,講演要旨,第58回日本産科婦人科学会学術講演会)
    安倍 梓; 角田 肇; 松本 光司; 越智 寛幸; 山田 和美; 南 里...
    Acta Obstetrica et Gynaecologica Japonica/58(2)/p.404, 2006-02
Teaching
2017-10 -- 2018-02Clinical Oncology: GynecologyUniversity of Tsukuba.
2017-04 -- 2017-08Clinical Oncology: GynecologyUniversity of Tsukuba.
2016-10 -- 2017-02Seminar in Clinical ResearchUniversity of Tsukuba.
2016-10 -- 2017-02Special Studies on Medical SciencesUniversity of Tsukuba.
2016-10 -- 2017-02Special Seminar in Medical SciencesUniversity of Tsukuba.
2016-10 -- 2017-02Clinical Oncology: GynecologyUniversity of Tsukuba.
2016-04 -- 2016-08Clinical Oncology: GynecologyUniversity of Tsukuba.
2016-04 -- 2016-08Seminar in Clinical ResearchUniversity of Tsukuba.
2016-04 -- 2016-08Special Seminar in Medical SciencesUniversity of Tsukuba.
2016-04 -- 2016-08Special Studies on Medical SciencesUniversity of Tsukuba.
Professional activities
2012 -- 2014茨城県産婦人科医会・茨城産科婦人科学会社保委員会 委員

(Last updated: 2017-05-30)