Matsumura Kazunori

face
Affiliation
Faculty of Health and Sport Sciences
Official title
Professor
Birth date
1950-08
Email
 
Office
体育科学系 B610
Fax
029-853-6378
Research fields
Sociology
Sociology
Research keywords
Environmental Conservation
sport Practice
Rural deveropment
Mountainous area
Research projects
スポーツの現代化と地域環境保全-「開発主義」と人々の創造性の結節-2009 -- 2011Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(C)4160000
持続的ツーリズムと地域環境再生に関する理論的・実証的研究            2005 -- 2007Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(B)11348000
W杯サッカー日韓共同開催をめぐる地域変動:環境・NPO・ネットワークに関連して2003 -- (current)Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(B)5700000
冬期五輪後の定住条件と環境保全の社会学的実証研究2001 -- (current)Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(B)10700000
Career history
2004-03 -- (current)University of Tsukuba Department of Human Comprehensive Sciences Professor
Academic background
1976-04 -- 1980-03Tohoku University Doctral couse of Education Sociology of EducationAccomplished credits for doctoral program
Degree
1989-03Ph.DTohoku University
Academic societies
-- (current)International Sociology of Sport Association
1991 -- (current)JAPAN SOCIETY OF SPORT SOCIOLOG
1976 -- (current)THE JAPAN SOCIOLOGICAL SOCIETY
1978 -- (current)JAPANESE ASSOCIATION FOR RURAL STUDIES
Honors & Awards
1994-10Grant of Nippon Life Insurance Foundation
Articles
  • 「地域」におけるスポーツ活動分析の一試論
    松村和則
    体育社会学研究 7号, 1978-01
  • 水田単作地帯における農家の家族周期と就労構造.
    松村 和則
    社会学評論, 1979-01
  • 有賀社会学管見-その1-
    体育社会学専門分科会編
    体育社会学研究, 1980-01
  • 家族周期から見た「農家継承」多様化の一考察
    松村 和則
    社会学年報, 1981-01
  • 「イエ・ムラ理論」の再検討-新たな家理論を目指して-.
    松村和則
    宮城工業高等専門学校研究紀要, 1983-01
  • 「コミュニティ・スポーツ論」の社会学-「自己反省の社会学 Reflexive Sociology」 に触発されて-.:,
    松村 和則
    体育・スポーツ社会学研究, 1986-01
  • Sport and Rural Community Development in Japan.
    Matsumura Kazunori
    SPORT SCIENCE REVIEW, 1988-01
  • 「地域」の視座から見た「有機農業運動」-山形県高畠町渡部務氏の実践を中心として-
    松村 和則
    農総研季報, 1989-01
  • 混住化地域における「生活拡充集団」の生成・展開過程-「洞ヶ崎」再訪-
    松村 和則
    体育・スポーツ社会学研究, 1989-01
  • 「有賀-喜多野論争」の争点とその問題性
    松村 和則
    社会学研究, 1989-01
  • スポーツ・リゾートの開発と変貌する「地方」-「スポーツの現代化」と地域開発の課題Ⅰ-
    松村 和則
    筑波大学体育科学系紀要, 1993-01
  • Sport and Social Change in the Japanese Rural Community.
    松村 和則
    International Review for Sociology of Sport, 1993-01
  • レジャー開発の展開と山村住民の対応.
    松村 和則
    村落社会研究, 1993-01
  • レジャー・スポーツ化する山村への社会学的接近-磐梯山周辺の地域変動と「環境問題」をみすえて-.
    松村 和則
    林業経済研究, 1994-01
  • 有機農業の論理と実践-「身体」へのフィールドワークの希求-
    松村 和則
    社会学評論/45(4), 1995-01
  • 松村和則:身体資本-抑圧の代償か自由への元手か-.:1995
    松村 和則
    体育の科学/45(7), 1995-01
  • 山村再生と環境保全運動-「自由文化空間」と「よそ者」の交錯-
    松村 和則
    環境社会学, 1999-11
  • Nagano Olympic Wastes:Development Policy and peasant Body Culture
    Kazunori Matsumura
    20世紀におけるナショナリズム、スポーツ、身体文化, 2000-12
  • サステーナブル・ツーリズム論における在地性への視座転換-「心の軌跡」からみた「観光」の再構成.
    村田周佑・松村和則; +松村 和則
    環境情報科学/36(2), 2007-10
  • 高齢者スポーツへの「構造的」アプローチ : 過疎山村のゲートボールをめぐって
    松村 和則; 佐藤 大介
    筑波大学体育科学系紀要/pp.83-95, 1994-01
  • ムラとともに環境創造を考える--実践としての生活環境主義再考
    松村 和則
    村落社会研究/pp.203-220, 2005-11
  • 「動かないムラ」に考える--他者の「心意」に迫るフィールドワークは可能か (特集 交流の社会学/定住の社会学)
    松村 和則
    社会学年報/pp.61-90, 2007-01
  • 団地空間における公園管理活動の展開とその変容 : 垂水区団地スポーツ協会の事例
    伊藤 恵造; 松村 和則
    体育學研究/54(1)/pp.107-121, 2009-06
  • コミュニティ・スポーツ論の再構成
    伊藤 恵造; 松村 和則
    体育學研究/54(1)/pp.77-88, 2009-06
  • Boron neutron capture therapy for newly diagnosed glioblastoma: A pilot study in Tsukuba
    Yamamoto T.; Nakai K.; Tsurubuchi T.; Matsuda M.; Shiraka...
    APPLIED RADIATION AND ISOTOPES/67(7-8::Suppl. S), 2009-07
Books
  • 現代農村における家族律動の社会学的実証研究
    松村 和則
    [BOOK], 1989-03
  • スポーツ社会学の基礎理論
    菅原禮編; +松村 和則
    [PART], 1984-03
  • 現代社会とスポーツ
    粂野豊編; +松村 和則
    [PART], 1984-01
  • 日本の社会と文化
    舛田忠雄・多々良翼他(編); +松村 和則
    [PART], 1985-03
  • スポーツ社会学講義
    森川貞夫・佐伯年詩雄編; +松村 和則
    [PART], 1988-01
  • スポーツの社会学的考え方の必要性.現代スポーツ指導者論,
    粂野豊編; +松村 和則
    [PART], 1988-01
  • スポーツ社会学への招待(第4章 地域社会とスポーツ担当)
    菅原禮編; +松村 和則
    [PART], 1990-01
  • 有機農業運動の地域的展開
    松村和則・青木辰司(編著); +松村 和則
    [PART], 1991-12
  • スポーツの可能性を探る(「開発途上国における『スポーツと社会』」
    体育社会学専門分科会編; +松村 和則
    [PART], 1991-01
  • 現代農村における「いえ」と「むら」
    塚本哲人(編); +松村 和則
    [PART], 1992-12
  • 地域づくりとスポーツの社会学
    松村和則
    [BOOK], 1993-05
  • Sport in Space and Time (Degradation in Rural Areas of Japan in Relation to the Sport Resort Construction Boom.)
    Otmar Weiss (Ed.); ; +松村 和則
    [PART], 1995-01
  • 山村の開発と環境保全-レジャー・スポーツ化する中山間地域の課題-
    松村和則(編著); +松村 和則
    [PART], 1997-01
  • 地方文化の社会学
    間場寿一(編); +松村 和則
    [PART], 1998-01
  • スポーツ文化を学ぶ人のために
    井上 俊(編); +松村 和則
    [PART], 1999-03
  • オリンピックは変わるか-Green Sportへの道-
    小椋博・松村和則(編訳); +松村 和則
    [PART], 1999-04
  • 自然環境と環境文化(講座・環境社会学 第3巻)
    鳥越皓之(編); +松村 和則
    [PART], 2001-03
  • 食・農・からだの社会学
    桝潟俊子・松村和則(編著); +松村 和則
    [PART], 2002-11
  • 【新訂】環境社会学
    船橋晴俊・宮内泰介編; +松村 和則
    [PART], 2003-03
  • メガ・スポーツイベントの社会学【増訂版】
    松村和則(編著); +松村 和則
    [PART], 2007-03
  • スポーツ環境論の課題『現代スポーツのパースペクティブ』
    菊幸一・清水諭・仲澤真・松村和則編著
    [BOOK], 2007-03
  • よくわかる環境社会学
    鳥越皓之・帯谷博明(編著); +松村 和則
    [PART], 2009-04
  • 「自然村の精神-鈴木栄太郎『日本農村社会学原理』- 『日本の社会と文化』
    松村和則
    [BOOK], 2010-09
  • 「開発とスポーツ」『社会学事典』
    日本社会学会編
    [BOOK], 2010-01
  • 現代スポーツの社会学-課題と共生への道のり
    前田和司・大沼義彦・松村和則(編訳); +松村 和則
    [PART], 2011-05
Teaching
2014-04 -- 2014-08Seminar for Sociology of Sport IVUniversity of Tsukuba.
2014-10 -- 2015-02Seminar for Sociology of Sport IVUniversity of Tsukuba.
2014-04 -- 2014-08Research SessionUniversity of Tsukuba.
2014-10 -- 2015-02Research SessionUniversity of Tsukuba.
2014-07 -- 2014-08Seminar for Sociology of Sport IUniversity of Tsukuba.
2014-04 -- 2014-08Seminar for Sociology of Sport IIUniversity of Tsukuba.
2014-10 -- 2015-02Seminar for Sociology of Sport IIUniversity of Tsukuba.
2014-10 -- 2014-12Sociology of SportUniversity of Tsukuba.
2014-10 -- 2014-12Seminar for Sociology of Sport IIIUniversity of Tsukuba.
2014-10 -- 2015-02"Field Study on Sport Culture, Management and Politics"University of Tsukuba.
Professional activities
1996 -- 2000International Sociology of Sport AssociationBoard member
2001 -- 2002JAPAN SOCIETY OF SPORT SOCIOLOGExective Director
-- (current)THE JAPAN SOCIOLOGICAL SOCIETY研究委員
2009 -- 2011JAPANESE ASSOCIATION FOR RURAL STUDIESExective・ Chief Editor

(Last updated: 2014-04-30)