You are here

Nabekura Yoshiharu

Affiliation
Faculty of Health and Sport Sciences
Official title
Professor
URL
Research fields
Environmental physiology (including physical medicine and nutritional physiology)
Developmental mechanisms and the body works
Sports science
Applied health science
Research keywords
健康
体力
心拍数
正弦波負荷運動
マラソン
Research projects
長距離ランナーのエネルギー節約に関わる能力の評価2015 -- 2018鍋倉 賢治Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(C)4680000
health and fitness Science for active living -- (current)/
theory and practice of marathon -- (current)/
Changes in hemodynamics during prolonged exercise -- (current)/
中・長距離走におけるレース中の生理応答とパフォーマンスの関係2011 -- 2014Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(C)3120000
正弦波負荷を用いた体力・健康評価法の開発  2004 -- 2006Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(C)3500000
正弦波負荷を用いた体力・健康評価法の開発2003 -- (current)Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(C)3500000
長距離走のペース配分に関する基礎的研究(2)1996 -- (current)Japan Society of for the Promotion of Science/奨励研究(A)1000000
Academic background
-- 1986University of Tsukuba School of Health and Physical Education 体力学Graduated
-- 1991University of Tsukuba Graduate School, Division of Physical Fitness and Science 体育科学Completed
Degree
教育学博士
Academic societies
-- (current)JAPANESE ACADEMY OF SCIENCES IN WALKING
-- (current)Japan Society of Exercise and Sports Physiology
-- (current)JAPAN SOCIETY OF PHYSICAL EDUCATION,HEALTH AND SPORT SCIENCES
-- (current)THE JAPANESE SOCIETY OF PHYSICAL FITNESS AND SPORTS MEDICINE
Articles
  • トレーニングプログラムの作り方伝授
    Nabekura Yoshiharu
    ランニングの世界/22/pp.92-101, 2017
  • マラニックの生理学-安全に楽しく走るために-
    鍋倉賢治
    ランニングの世界/21/pp.104-112, 2016
  • 大学生ランナーにおける3年間の有酸素能力と走パフォーマンスの変化の関係
    丹治史弥; 鍋倉賢治
    ランニング学研究/28/pp.17-28, 2017
  • 学生トップランナーの走パフォーマンスに関連する生理学的変数の効果的な向上戦略
    丹治史弥; 津田修也; 小林優史; 鍋倉賢治
    陸上競技研究/107/pp.22-29, 2016
  • Blood Glucose and Lactate Kinetics during an Incremental Running Test in Endurance Runners
    K Nakamura; Y Sengoku; H Ogata; K Watanabe; Y Shirai; Nab...
    Int. J. Sport Health Sci./14/pp.11-20, 2016
  • 初心者ランナーにおけるマラソンレースが2日後の左心室機能に及ぼす影響
    高山史徳; 森寿仁; 齊藤和人; 鍋倉賢治
    ランニング学研究/27/pp.19-26, 2016
  • 大学生市民ランナーのマラソンレースが筋損傷指標と有酸素能力に与える影響
    高山史徳; 平田浩祐; 森寿仁; 鍋倉賢治; 宮本直和
    ランニング学研究/27/pp.47-58, 2016
  • 疲労困憊に至る高強度ペダリング運動における姿勢および回転数の相違が大腿部筋活動に及ぼす影響
    吉岡利貢; 森健一; 白井祐介; 品田貴恵子; 鍋倉賢治
    ランニング学研究/27/pp.37-46, 2016
  • 高強度走行中のランニングフォームと経済性
    丹治史弥; 関慶太郎; 榎本靖士; 鍋倉賢治
    ランニング学研究/27/pp.21-35, 2016
  • 市民マラソンの成績を推定する上でどのような回帰式が妥当か?-年齢、体格、経験、練習量を指標として-
    森寿仁; 鍋倉賢治; 山本正嘉
    ランニング学研究/27/pp.11-20, 2016
  • マラソンレースにおける心拍数及びペース変動
    嶋津 航; 辻 俊樹; 鍋倉 賢治
    Japan Society of Physical Education, Health and Sport Sciences Conference Proceedings/67/pp.152_2-152_2, 2016
  • 漸増負荷走時の血糖値と血中乳酸値の動態の変化とフルマラソンの走速度との関連性
    中村 和照; 鍋倉 賢治
    Japan Society of Physical Education, Health and Sport Sciences Conference Proceedings/67/pp.166_1-166_1, 2016
  • プロサッカー選手の持久性体力
    鍋倉 賢治; 小井土 正亮; 青柳 篤; 岡部 正明; 辻 俊樹; 濵谷...
    Japan Society of Physical Education, Health and Sport Sciences Conference Proceedings/67/pp.167_1-167_1, 2016
  • 大学生トライアスリートにおける有酸素性作業能力の種目間比較
    青柳 篤; 辻 俊樹; 鍋倉 賢治
    Japan Society of Physical Education, Health and Sport Sciences Conference Proceedings/67/pp.234_1-234_1, 2016
  • 高校生ハンドボール選手におけるRepeated Sprint Abilityと体力テストの関係
    岡部 正明; 濵谷 奎介; 鍋倉 賢治; 會田 宏
    Japan Society of Physical Education, Health and Sport Sciences Conference Proceedings/67/pp.254_3-254_3, 2016
  • ハンドボール選手におけるボディコンタクトがショートスプリント能力に及ぼす影響
    濵谷 奎介; 岡部 正明; 辻 俊樹; 鍋倉 賢治
    Japan Society of Physical Education, Health and Sport Sciences Conference Proceedings/67/pp.255_1-255_1, 2016
  • 中長距離走パフォーマンスと総合的な体力要因の関係
    辻 俊樹; 鍋倉 賢治
    Japan Society of Physical Education, Health and Sport Sciences Conference Proceedings/67/pp.251_2-251_2, 2016
  • Method for estimating energy expenditure for internal work in rowing
    白井 祐介; 丹治 史弥; 高山 史徳; 鍋倉 賢治
    Journal of the Society of Biomechanisms/40(3)/pp.195-203, 2016
  • Consideration of the estimating method of oxygen demand in rowing
    白井 祐介; 鍋倉 賢治
    Japan Journal of Test and Evaluation in Health and Physical Education/15/pp.11-23, 2016
  • 呼吸筋トレーニングは呼吸循環機能や持久性のパフォーマンスを改善するか
    山地 啓司; 鍋倉 賢治
    Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine/66(1)/pp.12-12, 2017
  • Relation between 1,500-m running performance and running economy during high-intensity running in well-trained distance runners
    Tanji Fumiya; Shirai Yusuke; Tsuji Toshiki; Shimazu Watar...
    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine/6(1)/pp.41-48, 2017
  • Effect of respiratory muscle training using a nose clip on aerobic physiological responses and running performance
    山地 啓司; 高山 史徳; 鍋倉 賢治
    Research journal of sports performance/8/pp.375-387, 2016
  • Blood Glucose and Lactate Kinetics during an Incremental Running Test in Endurance Runners
    Nakamura Kazuteru; Sengoku Yasuo; Ogata Hitomi; Watanabe ...
    International Journal of Sport and Health Science/advpub, 2016
  • Exercise Increases 24-h Fat Oxidation Only When It Is Performed Before Breakfast
    Iwayama Kaito; Kurihara Reiko; Nabekura Yoshiharu; Kawabu...
    EBIOMEDICINE/2(12)/pp.2003-2009, 2015-12
  • Physiological and morphological characteristics of a Kenyan world-class long-distance runner: a case study
    吉岡 利貢; 中垣 浩平; 中村 和照; 向井 直樹; 鍋倉 賢治
    Japan Journal of Physical Education, Health and Sport Sciences/57(1)/pp.237-248, 2012
Books
  • ジョギング・LSDにはどのような効果があるのか?、持久力トレーニングには、LSDなどの他にどのようなものがあるのか?、朝練習は持久力改善に効果があるのか?、800mランナーには無酸素性の能力が必要なのか?、呼吸循環の基礎知識
    Nabekura Yoshiharu
    もっとなっとく使えるスポーツサイエンス/p.10-11、12-14、15-16、17、168, 2017-04
  • マラソンの科学
    鍋倉賢治
    2017
  • 身体機能の調節性-運動に対する応答を中心に-(共著)
    鍋倉賢治ほか; +鍋倉 賢治
    1997-01
  • 1時間走れればフルマラソンは完走できる
    鍋倉賢治
    2007-11
  • ありそうでなかったマラソンの教科書
    鍋倉賢治
    2010-02
  • マラニックのススメ
    鍋倉賢治
    2010-03
  • 血中乳酸測定による有酸素-無酸素の変換期の評価
    鍋倉賢治(宮永豊監訳); +鍋倉 賢治
    2010-01
  • 楽しいランニングのススメ
    鍋倉賢治
    2011-04
  • ランニングリテラシー
    鍋倉賢治(ランニング学会編); +鍋倉 賢治
    2011-08
  • フルマラソンのススメ
    鍋倉賢治(山西哲郎編); +鍋倉 賢治
    2012-04
Conference, etc.
  • 女子中長距離選手における年間のトレーニング負荷とコンディションの変化
    大森由香子; 番場愛; 関慶太郎; 征矢英昭; 鍋倉 賢治; 榎本靖士
    第29回ランニング学会/2017-03-19--2017-03-20
  • 小中高生の持久走・長距離走に対する態度構造とその変化
    小磯 透; 長野敏晴; 中村功樹; 溝口洋樹; 大野雅友; 大崎正和...
    第29回ランニング学会/2017-03-19--2017-03-20
  • マラソンレース後における筋痛の経日変化
    髙山史徳; 鍋倉 賢治
    第29回ランニング学会/2017-03-19--2017-03-20
  • トライアスロンのラン種目におけるペース変動とパフォーマンス
    青栁篤; 高橋啓悟; 辻俊樹; 鍋倉 賢治
    第29回ランニング学会/2017-03-19--2017-03-20
  • 最大酸素摂取量強度における走速度及び生理学的指標の変化とその関係
    辻俊樹; 丹治史弥; 嶋津航; 鍋倉 賢治
    第29回ランニング学会/2017-03-19--2017-03-20
  • マラソンレースにおけるCardiovascular driftとパフォーマンスとの関係
    嶋津航; 丹治史弥; 髙山史徳; 青栁篤; 辻俊樹; 鍋倉 賢治
    第29回ランニング学会/2017-03-19--2017-03-20
  • 800mランナーの試合期における生理学的変数と走パフォーマンスの縦断的変化
    丹治史弥; 嶋津航; 辻俊樹; 鍋倉 賢治
    第29回ランニング学会/2017-03-19--2017-03-20
  • 市民ランナーにおけるレース中の歩行・立ち止まりと傷害発生状況の関係
    森寿仁; 鍋倉 賢治; 山本正嘉
    第29回ランニング学会/2017-03-19--2017-03-20
  • AVRCとランニングの普及
    鍋倉 賢治
    第29回ランニング学会/2017-03-19--2017-03-20
  • 高校生ハンドボール競技者における高強度インターバルサーキットトレーニングの効果
    岡部正明; 鍋倉 賢治
    第5回日本ハンドボール学会/2017-03-04--2017-03-05
  • Maximal oxygen uptake, ventilatory threshold, and running economy during a treadmill running test predict marathon time in recreational runners
    F Takayama; A Aoyagi; W Shimazu; T Tsuji; Nabekura Yoshiharu
    5th NSCA International Conference/2017-01-27--2017-01-29
  • Five weeks of hypoxic exposure in a top Japanese 800 metre runner: a case study on changes in physiological variables during the pre-competitive season
    F Tanji; M Yokota; W Shimazu; T Tsuji; Y Enomoto; Nabekur...
    5th NSCA International Conference/2017-01-27--2017-01-29
  • 長距離走中の早発性筋痛における筋損傷と炎症の経時的変化
    時野谷勝幸; 石倉恵介; 羅 成圭; 吉田保子; 城本淳; 青木海; ...
    第71回日本体力医学会/2016-09-23--2016-09-25
  • 高強度インターバルトレーニングの負荷特性~運動様式の違いに着目して~
    岡部正明; 濱谷奎介; 藤本元; 鍋倉賢治
    第71回日本体力医学会/2016-09-23--2016-09-25
  • 漸増負荷走時の血糖値と血中乳酸値の動態の変化とフルマラソンの走速度との関係 男性市民ランナー1名の事例報告
    中村和照; 鍋倉賢治
    第67回日本体育学会/2016--2016-08-26
  • マラソンレースにおける心拍数及びペース変動 生理学的指標からの評価
    嶋津航; 辻俊樹; 鍋倉賢治
    第67回日本体育学会/2016-08-24--2016-08-26
  • ハンドボール選手におけるボディコンタクトがショートスプリント能力に及ぼす影響
    濱谷奎介; 岡部正明; 辻俊樹; 鍋倉賢治
    第67回日本体育学会/2016-08-24--2016-08-26
  • 高校生ハンドボール選手におけるRepeated Sprint Abilityと体力テストの関係
    岡部 正明; 濱谷 奎介; 鍋倉 賢治; 會田 宏
    第67回日本体育学会/2016-08-24--2016-08-26
  • プロサッカー選手の持久性体力 年齢やポジション別特徴など
    鍋倉賢治; 小井土正亮; 青栁篤; 岡部正明; 辻俊樹; 濱谷奎介
    第67回日本体育学会/2016-08-24--2016-08-26
  • 大学生トライアスリートにおける有酸素性作業能力の種目間比較
    青栁篤; 辻俊樹; 鍋倉賢治
    第67回日本体育学会/2016-08-24--2016-08-26
  • Relationships in 800 meter running performance and aerobic and anaerobic running capacities in homogeneous middle-distance runners
    F Tanji; W Simazu; Tsuji T; Enomoto Y; Nabekura Yoshiharu
    21th annual Congress of the European College of Sport Science/2016-07-06--2016-07-09
  • Tapering strategies for 20-kilometer running-Practical case of Japanese university male distance runners
    W Simazu; F Tanji; F Takayama; Nabekura Yoshiharu
    21th annual Congress of the European College of Sport Science/2016-07-06--2016-07-09
  • マラソンレースにおける体重減少の実態
    鍋倉賢治、中村和照、岩山海渡、服部聡士、小林優史、品田貴...
    第25回ランニング学会/2013-03-23--2013-03-24
  • 授業でフルマラソンに挑戦することが大学生の心理に及ぼす影響
    岩山海渡、鍋倉賢治、遠藤知里
    第25回ランニング学会/2013-03-23--2013-03-24
  • エネルギー摂取量の不足を伴う運動トレーニングは成長期雄ラットの骨の脆弱化を招く
    服部聡士、麻見直美、鍋倉賢治
    第25回ランニング学会/2013-03-23--2013-03-24
Teaching
2017-07 -- 2017-08The Running WorldUniversity of Tsukuba.
2017-10 -- 2018-02Practicum in Teaching Advanced Physical Education IIIUniversity of Tsukuba.
2017-04 -- 2017-08Practicum in Teaching Advanced Physical Education IIIUniversity of Tsukuba.
2017-10 -- 2018-02Practicum in Teaching Advanced Physical Education IIUniversity of Tsukuba.
2017-04 -- 2017-08Practicum in Teaching Advanced Physical Education IIUniversity of Tsukuba.
2017-10 -- 2017-12Tsukuba MarathonUniversity of Tsukuba.
2017-04 -- 2017-08Seminar in Physical fitness and Human Performance IIUniversity of Tsukuba.
2017-10 -- 2018-02Seminar in Physical fitness and Human Performance IIUniversity of Tsukuba.
2017-10 -- 2017-12About Translational Research for Health FitnessUniversity of Tsukuba.
2017-04 -- 2017-06Human Performance and Physical StrengthUniversity of Tsukuba.
Professional activities
2010 -- (current)日本ノルディックウォーキング協会理事
1998 -- (current)THE JAPANESE SOCIETY OF PHYSICAL FITNESS AND SPORTS MEDICINE評議員

(Last updated: 2017-06-20)