You are here

Oda Chigusa

Affiliation
Faculty of Medicine
Official title
Assistant Professor
Research fields
Immunology
Research keywords
自然免疫、炎症、アレルギー、免疫受容体、CD300、消化器外科学
Research projects
死細胞の貪食を制御する機構の解明2018-03 -- 2019-04小田 ちぐさ公益財団法人 上原記念生命科学財団/平成29年度 研究助成金5,000,000Yen
抑制性受容体CD300aによる制御性T細胞を介した腸管恒常性維持機構の解明2014-04 -- 2015-03小田 ちぐさ公益財団法人 ヤクルトバイオサイエンス研究財団/平成26年度研究助成2,000,000Yen
貪食を制御する機構の解明2017-11 -- (current)小田 ちぐさ公益財団法人 武田科学振興財団/平成29年度 ビジョナリーリサーチ助成2,000,000Yen
エクソソームによるアレルギー免疫応答制御機構の解明2017 -- 2018小田 ちぐさJapan Society for the Promotion of Science/Challenging Research (Exploratory)6,500,000Yen
アポトーシス細胞の貪食シグナルに対する負の制御機構とその生理的意義の解明2017 -- 2018小田 ちぐさJapan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research on Innovative Areas9,360,000Yen
常在菌ー制御性T細胞による小児アレルギー疾患の制御メカニズムの解明2016-04 -- 2019-03小田ちぐさ独立行政法人 日本学術振興会/科学研究費補助金 基盤研究 (B)15,110,000Yen
MAIR-I(CD300a)を分子標的とした敗血症に対する治療法の開発2011 -- 2013小田ちぐさJapan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(C)3,640,000Yen
Articles
Conference, etc.
  • 常在細菌叢によるバリア組織の恒常性維持
    渋谷彰; 小田 ちぐさ
    第66回日本アレルギー学会学術大会/2017-06-16--2017-06-16
  • アポトーシス細胞の貧食シグナルに対する負の制御機構とその生理的意義の解明
    小田 ちぐさ; 渋谷 彰
    新学術領域公募研究班会議/2017-05-19--2017-05-19
  • Involvement of a new phosphatidylserine receptor, CD300a, in inflammatory diseases.
    Nakahashi-Oda C; Shibuya A
    第46回日本免疫学会総会・学術集会/2017-12-14--2017-12-14
  • Involvement of a new phosphatidylserine receptor, CD300a, in the regulation of Treg cells
    C Nakahashi-Oda; Y Nakazawa; A Shibuya
    Australia-Japan Meeting on Cell Death/2018-05-22
  • 上皮アポトーシス細胞による制御性T細胞数の調節
    小田ちぐさ
    第31回自己免疫研究会/2016-7-23
  • 常在細菌叢によるバリア組織の恒常性維持
    澁谷彰、小田ちぐさ
    第44回日本臨床免疫学会総会/2016-09-08
Teaching
2017-04 -- 2017-08ImmunologyUniversity of Tsukuba.
2017-10 -- 2018-02ImmunologyUniversity of Tsukuba.
2017-04 -- 2017-06Freshmen SeminarUniversity of Tsukuba.
2017-04 -- 2017-04Practice of ImmunologyUniversity of Tsukuba.
2016-10 -- 2017-02ImmunologyUniversity of Tsukuba.
2016-04 -- 2016-07Practice of ImmunologyUniversity of Tsukuba.
2016-04 -- 2016-08ImmunologyUniversity of Tsukuba.
2015-04 -- 2015-07Practice of ImmunologyUniversity of Tsukuba.
2015-04 -- 2015-08ヒトの免疫と感染University of Tsukuba.
2015-11 -- 2016-02ImmunologyUniversity of Tsukuba.

(Last updated: 2018-05-29)