You are here

Oda Chigusa

Affiliation
Faculty of Medicine
Official title
Assistant Professor
Research fields
Immunology
Research keywords
自然免疫、炎症、アレルギー、免疫受容体、CD300、消化器外科学
Research projects
死細胞の貪食を制御する機構の解明2018-03 -- 2019-04小田 ちぐさ公益財団法人 上原記念生命科学財団/平成29年度 研究助成金5,000,000Yen
抑制性受容体CD300aによる制御性T細胞を介した腸管恒常性維持機構の解明2014-04 -- 2015-03小田 ちぐさ公益財団法人 ヤクルトバイオサイエンス研究財団/平成26年度研究助成2,000,000Yen
貪食を制御する機構の解明2017-11 -- (current)小田 ちぐさ公益財団法人 武田科学振興財団/平成29年度 ビジョナリーリサーチ助成2,000,000Yen
エクソソームによるアレルギー免疫応答制御機構の解明2017 -- 2018小田 ちぐさJapan Society for the Promotion of Science/Challenging Research (Exploratory)6,500,000Yen
アポトーシス細胞の貪食シグナルに対する負の制御機構とその生理的意義の解明2017 -- 2018小田 ちぐさJapan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research on Innovative Areas9,360,000Yen
常在菌ー制御性T細胞による小児アレルギー疾患の制御メカニズムの解明2016-04 -- 2019-03小田ちぐさ独立行政法人 日本学術振興会/科学研究費補助金 基盤研究 (B)15,110,000Yen
MAIR-I(CD300a)を分子標的とした敗血症に対する治療法の開発2011 -- 2013小田ちぐさJapan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(C)3,640,000Yen
Articles
  • Identification and isolation of splenic tissue resident macrophage subpopulations by flow cytometry
    S Fujiyama; C Nakahashi-Oda; F Abe; Y Wang; K Sato; A Shi...
    Int Immunol/Epub, 2018-09
  • アポトーシスを起こした上皮細胞による制御性T細胞制御
    小田(中橋)ちぐさ、渋谷 彰; 渋谷 彰
    感染・炎症・免疫/47(3)/pp.205-207, 2017-10
  • CD300a免疫受容体からみえてきた死細胞の炎症反応における役割
    小田(中橋)ちぐさ; 渋谷 彰
    炎症と免疫/25(5)/pp.377-382, 2017-08
  • Immunoreceptor CD300a on mast cells and dendritic cells regulates neutrophil recruitment in a murine model of sepsis
    Udayanga K G S; Nakamura Y; Nakahashi-Oda C; Shibuya A
    Int Immunol/28(12)/pp.611-615, 2016-11
  • Apoptotic epithelial cells control the abundance of regulatory T cells at barrier surfaces
    Nakahashi-Oda C.; Udayanga K. G. S.; Nakamura Y.; Nakazaw...
    NATURE IMMUNOLOGY/46(1:SI)/pp.776-777, 2016-08
  • 上皮細胞死による制御性T細胞数の制御
    中澤 優太; 小田(中橋)ちぐさ; 渋谷 彰
    臨床免疫・アレルギー科/66(4)/pp.381-387, 2016-10
  • 常在菌叢によるバリア上皮の細胞死とアレルギー炎症応答の制御
    小田 ちぐさ; 渋谷 彰
    最新医学社/71(9)/pp.1815-1821, 2016-09
  • アポトーシスによる免疫制御
    中澤 優太; 小田(中橋)ちぐさ; 渋谷 彰
    Thrombosis Medicine/6(3)/pp.192-197, 2016-09
  • アポトーシス細胞と結合して細胞の活性化を制御する免疫受容体―CD300a
    小田(中橋)ちぐさ; 渋谷 彰
    実験医学増刊/(7)/p.1106, 2016-05
  • Marginal zone B cells exacerbate endotoxic shock via interleukin-6 secretion induced by Fcα/μR-coupled TLR4 signalling
    Honda S; Sato K; Totsuka N; Fujiyama S; Fujimoto M; Miyak...
    NATURE COMMUNICATIONS/7(11498), 2016-05
  • CD300aによる死細胞認識と炎症制御
    中村 貴之; 小田 ちぐさ; 渋谷 彰
    臨床免疫・アレルギー科/65(3)/pp.241-247, 2016-03
  • Apoptotic epithelial cells control the abundance of Treg cells at barrier surfaces
    Nakahashi-Oda C; Udayanga KGS; Nakamura Y; Nakazawa Y; To...
    Nature Immunology/17(4)/pp.441-450, 2016-02
  • Involvement of CD300a Phosphatidylserine Immunoreceptor in Aluminum Salt Adjuvant–Induced Th2 Responses.
    Miki H; Nakahashi-Oda C; Sumida T; Shibuya A
    JOURNAL OF IMMUNOLOGY/194(11)/pp.5069-5076, 2015-06
  • Toll-like receptor 4 and MAIR-II/CLM-4/LMIR2 immunoreceptor regulate VLA-4-mediated inflammatory monocyte migration.
    Totsuka N; Kim YG; Kanemaru Kazumasa; Niizuma Kouta; Umem...
    Nature communications/5/pp.1-10, 2014-08
  • ホスファチジルセリンを認識するCD300a分子による敗血症の制御
    小田 ちぐさ; 渋谷彰
    週刊医学のあゆみ/245(3)/pp.241-246, 2013
  • ホスファチジルセリン受容体CD300aとその機能
    小田 ちぐさ
    公益財団法人金原一郎記念医学医療振興財団「生体の科学」/64(5)/pp.448-449, 2013
  • ペアレセプターMAIR-I, MAIR-IIによる骨髄球系細胞の活性化制御機構
    大越 靖; 中橋 ちぐさ; 渋谷 彰
    免疫2005/p.254-261, 2004
  • マクロファージの機能とMAIR-Ⅱ
    小田(中橋) ちぐさ; 渋谷 彰
    臨床免疫・アレルギー/p.52(1):26-33, 2009
  • Myeloid-associated Ig like receptor-1(MAIR-I)によるマスト細胞の活性化
    小田(中橋) ちぐさ; 渋谷 彰
    臨床免疫・アレルギー科/p.542):142-148, 2010
  • ホスファチジルセリンを認識するCD300a分子による敗血症の制御
    小田 ちぐさ; 渋谷 彰
    週刊医学のあゆみ(渋谷彰 企画)/p.245(3):241-246, 2013
  • 免疫受容体CD300aはアポトーシス細胞と結合して肥満細胞を制御する
    小田(中橋)ちぐさ; 渋谷 彰
    実験医学/p.31(1):87-90, 2013
  • CD300aを介したマスト細胞による炎症制御
    三木春香; 小田(中橋)ちぐさ; 渋谷 彰
    炎症と免疫/21(4)/pp.291-296, 2013-07
  • 第1章 敗血症の基礎研究の進め方 第3節[3]免疫学的にみた敗血症の病態と研究動向
    小田 ちぐさ; 渋谷 彰
    敗血症の診断/治療の実状と病態・メガニズムをふまえた開発戦略/pp.96-100, 2013-08
  • ホスファチジルセリン受容体CD300aとその機能
    中澤 優太; 小田 ちぐさ; 渋谷 彰
    公益財団法人金原一郎記念医学医療振興財団「生体の科学」/64(5)/pp.448-449, 2013-09
  • CD300a(MAIR-I)によるマスト細胞の抑制
    中村 貴之; 小田 ちぐさ; 渋谷 彰
    臨床免疫・アレルギー科/60(5)/pp.471-477, 2013-11
Conference, etc.
  • 常在細菌叢によるバリア組織の恒常性維持
    渋谷 彰; 小田 ちぐさ
    第44回日本臨床免疫学会総会/2016-09-08
  • 上皮の細胞死によるバリア組織の恒常性の制御
    渋谷 彰; 小田 ちぐさ
    第35回サイトプロテクション研究会/2017-03-10
  • 常在細菌叢によるバリア組織の恒常性維持
    渋谷 彰; 小田 ちぐさ
    第66回日本アレルギー学会学術大会/2017-06-16
  • CD300a による制御性T 細胞の制御メカニズム
    中澤 優太; 小田 ちぐさ; Kankanam G. S. Udayanga; 中村 ...
    第83回日本インターフェロン・サイトカイン学会/2018-07-27
  • 常在細菌叢によるバリア組織の恒常性維持
    渋谷彰; 小田 ちぐさ
    第66回日本アレルギー学会学術大会/2017-06-16--2017-06-16
  • アポトーシス細胞の貧食シグナルに対する負の制御機構とその生理的意義の解明
    小田 ちぐさ; 渋谷 彰
    新学術領域公募研究班会議/2017-05-19--2017-05-19
  • Involvement of a new phosphatidylserine receptor, CD300a, in inflammatory diseases.
    Nakahashi-Oda C; Shibuya A
    第46回日本免疫学会総会・学術集会/2017-12-14--2017-12-14
  • Involvement of a new phosphatidylserine receptor, CD300a, in the regulation of Treg cells
    C Nakahashi-Oda; Y Nakazawa; A Shibuya
    Australia-Japan Meeting on Cell Death/2018-05-22
  • 腫瘍微小環境におけるCD300aの機能解析
    中澤 優太; 小田 ちぐさ; 渋谷 彰
    第9回血液・疾患免疫療法学会学術集会/2017-09-30
  • MAIR-II (CD300d) on Ly6Chigh inflammatory monocytes plays a crucial role in inflammatory responses in a murine sepsis model
    Totsuka Naoya; Tahara-Hanaoka Satoko; Kim Yun-Gi; Nagai K...
    The 2nd Leading Graduate School Inernational Conference/2011-04-20
  • MAIR-II (CD300d) on Ly6Chigh inflammatory monocytes plays a crucial role in inflammatory responses in a murine sepsis model
    Totsuka Naoya; Tahara-Hanaoka Satoko; Nagai Kei; Nakahash...
    40th Annual meeting of the Japanese society of immunology/2011-12-12
  • MAIR-II (CD300d) on inflammatory monocytes amplifies TLR4-mediated cell migration to protect from polymicrobial sepsis
    Totsuka Naoya; Kim Yun-Gi; Nagai Kei; Nakahashi-Oda Chigu...
    41th Annual meeting of the Japanese society of immunology/2012-12-12
  • MAIR-II (CD300d) on inflammatory monocytes amplifies TLR4-mediated cell migration to protect from polymicrobial sepsis
    Totsuka Naoya; Kim Yun-Gi; Nagai Kei; Nakahashi-Oda Chigu...
    IEIIS2012 Homeostatic Inflammation Symposium/2012-04-01
  • MAIR-II (CD300d) on inflammatory monocytes plays a crucial role in inflammatory responses in a murine sepsis model
    Totsuka Naoya; Kim Yun-Gi; Nagai Kei; Nakahashi-Oda Chigu...
    World Immune Regulation Meeting-VI/2012-01-25
  • 上皮アポトーシス細胞による制御性T細胞数の調節
    小田ちぐさ
    第31回自己免疫研究会/2016-7-23
  • 常在細菌叢によるバリア組織の恒常性維持
    澁谷彰、小田ちぐさ
    第44回日本臨床免疫学会総会/2016-09-08
  • A long-chain fatty-acid elongase, Elovl 6, regulates mechanical stress–induced dermatitis
    Y Nakamura; C Nakahashi-Oda; T Matsuzaka; H Shimano; A Sh...
    Keystone Symposia Conference Cell Death and Inflammation/2017-05-30--2017-06-02
  • Elovl6 attenuates mechanical stress-induced skin inflammation
    Nakamura Y; Nakahashi-Oda C; Shibuya A
    第45回日本免疫学会総会・学術集会/2016-12-05
  • Apoptotic epithelial cells control the abundance of regulatory T cells at barrier surfaces
    Nakahashi-Oda C.; Udayanga K. G. S.; Nakamura Y.; Nakazaw...
    International Congress of Immunology (ICI)/2016-08-21--2016-08-26
  • Apoptotic epithelial cells control the abundance of regulatory T cell at barrier surfaces
    Nakazawa Y; Nakahashi-Oda C; Nakamura Y; Udayanga KGS; Sh...
    Immune Profiling in Health and Disease/2016-10-03
  • 上⽪アポトーシス細胞による制御性 T 細胞の調節
    小田 ちぐさ
    第25回東京免疫フォーラム/2016-03-01
  • CD300a on mast cells and dendritic cells control the pathogenesis of experimental sepsis
    Udayanga K G S; Nakahashi-Oda C; Shibuya A
    第44回日本免疫学会総会・学術集会/2015-11-20
  • CD300a on mast cells and dendritic cells control the pathogenesis of experimental sepsis
    Udayanga K G S; Nakahashi-Oda C; Shibuya A
    第44回日本免疫学会総会・学術集会/2015-11-20
  • Functional analysis of CD300a in atopi c dermatitis and colitis
    Nakamura Y; Nakahashi-Oda C; Shibuya A
    第44回日本免疫学会総会・学術集会/2015-11-19
  • MAIR-II exacerbates bleomycin-induced pulmonary fibrosis through neutrophilic inflammation
    Ohtsuka S; Totsuka N; Nakahashi-Oda C; Shibuya A
    第44回日本免疫学会総会・学術集会/2015-11-19
Intellectural property rights
  • 活性調節剤
    渋谷 彰; 小田 ちぐさ; 阿部 史枝; 藤山 聡
  • Medicament comprising activity modulator for CD300a-expressing cell associated with allergic disease, CD300a gene-deficient mouse, and use of activity modulator for CD300a-expressing cell
    Nabekura Tsukasa; Shibuya Akira; Oda Chigusa; Gamage Uday...
  • 活性調節剤、これを含有する医薬品、および抗CD300a抗体
    渋谷 彰; 小田 ちぐさ; 田原 聡子; 鍋倉 宰; カンカーナム...
  • アレルギー疾患に関する、CD300a発現細胞の活性調節剤を含有する医薬品、ならびにCD300a遺伝子欠損マウスおよびCD300a発現細胞の活性調節剤の使用
    渋谷 彰; 小田 ちぐさ; カンカーナム ガマゲ サナトゥ ...
  • ホスホファチジルセリン結合性物質またはCD300a結合性物質を含む免疫賦活性剤、およびホスホファチジルセリンを含む免疫抑制剤
    渋谷 彰; 小田 ちぐさ; 田原 聡子
  • アレルギー疾患に関する、CD300a発現細胞の活性調節剤を含有する医薬品、ならびにCD300a遺伝子欠損マウスおよびCD300a発現細胞の活性調節剤の使用
    渋谷 彰; 小田 ちぐさ; カンカーナム ガマゲ サナトゥ ...
  • 炎症性腸疾患に関連する、CD300a発現細胞の活性調節剤を含有する医薬品、ならびにCD300a遺伝子欠損マウスおよびCD300a発現細胞の活性調整剤の使用
    渋谷 彰; 小田 ちぐさ; 飯野 秀一
  • セリアック病に関連する、CD300a遺伝子欠損マウスおよびCD300a発現細胞の活性調節剤の使用、ならびにCD300a発現細胞の活性調節剤を含有する医薬品
    渋谷 彰; 小田 ちぐさ; 鍋倉 宰
  • 炎症性腸疾患に関連する、CD300a発現細胞の活性調節剤を含有する医薬品、ならびにCD300a遺伝子欠損マウスおよびCD300a発現細胞の活性調整剤の使用
    渋谷 彰; 小田 ちぐさ; 飯野 秀一
  • アレルギー疾患に関する、CD300a発現細胞の活性調節剤を含有する医薬品、
    渋谷 彰; 小田 ちぐさ; カンカーナム ガマゲ サナトゥ ウ...
  • アレルギー疾患に関する、CD300a発現細胞の活性調節剤を含有する医薬品、ならびにCD300a遺伝子欠損マウスおよびCD300a発現細胞の活性調節剤の使用
    渋谷 彰; 小田 ちぐさ; カンカーナム ガマゲ サナトゥ ウダ...
  • ACTIVITY MODULATOR, MEDICINAL AGENT COMPRISING SAME, USE OF CD300A GENE-DEFICIENT MOUSE, AND ANTI-CD300A ANTIBODY
    渋谷 彰; 小田 ちぐさ; 田原 聡子; 鍋倉 宰; カンカーナ...
Teaching
2018-10 -- 2019-02Dissertation in Medical SciencesUniversity of Tsukuba.
2018-10 -- 2019-02Internship IUniversity of Tsukuba.
2018-10 -- 2019-02Internship IIUniversity of Tsukuba.
2018-10 -- 2019-02Seminar on Basic Medical SciencesUniversity of Tsukuba.
2018-10 -- 2019-02Advanced Exercise on Public HealthUniversity of Tsukuba.
2018-04 -- 2018-08Dissertation in Medical SciencesUniversity of Tsukuba.
2018-04 -- 2018-08Internship IUniversity of Tsukuba.
2018-04 -- 2018-08Internship IIUniversity of Tsukuba.
2018-04 -- 2018-08Seminar on Basic Medical SciencesUniversity of Tsukuba.
2018-04 -- 2018-08Advanced Exercise on Public HealthUniversity of Tsukuba.

(Last updated: 2018-11-08)