You are here

Shimizu Takeru

Affiliation
Faculty of Medicine
Official title
Assistant Professor
Research projects
実験的脳梗塞モデルを用いた神経保護作用と中枢痛(視床痛)改善の検討2017 -- 2019清水 雄Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(C)3,900,000Yen
プラスミドを用いた難治性疼痛に対する遺伝子治療の基礎的研究2007 -- 2010Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(C)3,380,000Yen
Academic background
2001-04 -- 2005-03筑波大学大学院 人間総合科学研究科 分子情報・生体統御医学Completed
Academic societies
2006 -- (current)American Society of Anesthesiologists
2006 -- (current)JAPAN SOCIETY OF RESPIRATORY CARE MEDICINE
2006 -- (current)THE JAPANESE SOCIETY OF INTENSIVE CARE MEDICINE
1997 -- (current)JAPANESE SOCIETY OF ANESTHESIOLOGISTS
Honors & Awards
2012-05-10poster award
2008-07-04日本呼吸療法医学会会長賞
Articles
Books
  • コンパートメント症候群をきたした
    清水 雄
    麻酔科診療トラブルシューティングA to Z, 文光堂, pp.502-505, 2010-11
  • Gabrielli A, editor. Civetta, Taylor, and Kirby’s Critical Care, 4th Edition
    Shimizu T; Mizutani T
    Lippincott Williams & Wilkins, 2008-12
Conference, etc.
  • リンパ腫による気管狭窄に対して半坐位にてガムエラスティックブジ―とエアウェイスコープを用いて意識下に気道確保した1症例
    Shimizu Takeru
    日本麻酔科学会 関東甲信越・東京支部  第56回合同学術集会/2016-09-03--2016-09-03
  • Sirtuin-2 inhibition provides protection against ischemic stroke in male mice
    Shimizu Takeru; Tanaka Makoto
    Anesthesiology 2016/2016-10-22--2016-10-26
  • Comparison of the incidence of pressure ulcer between a low-repulsion foam pad and a gel pad during spinal surgery
    Shimizu Takeru; Taguchi Noriko; Tanaka Makoto
    Anesthesiology 2016/2016-10-22--2016-10-26
  • Progesterone decreases anaesthetic requirement in male mice
    Shimizu Takeru; Inomata S; Tanaka M
    Euroanaesthesia 2015
  • プロゲステロンはオスマウスにおいてイソフルラン必要量を減少させる
    清水 雄; Inomata S; Tanaka M
    日本麻酔科学会第62回学術集会
  • NPPV施行中におけるデクスメデトミジンの使用経験
    清水 雄; 水谷 太郎; 高橋 伸二; 星 拓男; 宮部 雅幸
    ____/2005-08
  • 冷却したプロポフォール急速静注は血管痛を軽減させ、ラリンジアルマスク挿入成功率を上昇させる
    清水 雄; 猪股 伸一; 斎藤 重行; 宮部 雅幸; 豊岡 秀訓
    ____/2005
  • 亜酸化窒素ガスの鎮痛作用における性差
    猪股 伸一; 清水 雄; Edmond I. EgerⅡ; 宮部 雅幸; 豊岡 秀訓
    ____/2005
  • 人工呼吸管理にLaryngoflexが有用であった気管切開後患者
    清水 雄; 水谷 太郎; 高橋 伸二; 星 拓男; 田中 誠
    ____/2006-03
  • 人工呼吸器を用いる際の安全対策―ナースコール連携システムの有用性―
    清水 雄; 萩谷 圭一; 千葉 あい; 高橋 伸二; 水谷 太郎
    ____/2006-05
  • Pain on injection of propofol: the effect of injectate temperature and injection speed.
    Shimizu T; Inomata S; Saito S; Miyabe M; Tanaka M
    ____/2006-10
  • 人工呼吸器を用いる際の安全対策―ナースコール連携システムの有用性― 第2報
    清水 雄; 高橋 伸二; 渡邊 和宏; 水谷 太郎
    ____/2007-07
  • Rapid injection of propofol reduces injection pain and facilitates laryngeal mask insertion.
    Shimizu T; Inomata S; Tanaka M
    ____/2007-10
  • Progesterone may decrease sevoflurane requirement for hypnosis in male mice: A dose-response study.
    Shimizu T; Inomata S; Tanaka M
    ____/2007-10
  • プロポフォール急速注入が血管痛とラリンジアルマスク挿入成功率に及ぼす影響
    清水 雄; 猪股 伸一; 田中 誠
    ____/2007
  • 長期経喉頭的挿管と気道合併症の検討
    清水 雄; 渡邊 和宏; 高橋 伸二; 左津前 剛; 田中 誠; 水谷 太郎
    ____/2008-02
  • パルスオキシメータの異常波形表示現象 – 第2報 -
    萩谷 圭一; 渡邊 和宏; 高橋 伸二; 清水 雄; 星 拓男; 田中 ...
    ____/2008-02
  • 粘着テープの幅および長さが気管チューブ固定力に及ぼす影響
    清水 雄; 小林 可奈子; 萩谷 圭一; 高橋 伸二; 水谷 太郎
    ____/2008-07
  • Prolonged translaryngeal intubation does not cause severe airway complications in adults.
    Shimizu T; Takahashi S; Tanaka M; Mizutani T
    ____/2008-10
  • 小児縦隔腫瘍摘出術中血液塊で気管チューブが閉塞した1例
    植田 裕史; 宮部 雅幸; 清水 雄; 山下創一郎; 田中 誠
    ____/2008-11
Teaching
2011-04 -- 2012-03Laboratory in Pathophysiology of Surgical stress and anesthesiaUniversity of Tsukuba.
2011-04 -- 2012-03Seminar in Pathophysiology of Surgical stress and anesthesiaUniversity of Tsukuba.
2010-04 -- 2011-03Laboratory in Pathophysiology of Surgical stress and anesthesiaUniversity of Tsukuba.
2010-04 -- 2011-03Seminar in Pathophysiology of Surgical stress and anesthesiaUniversity of Tsukuba.
2008-08 -- 2008-11局所麻酔University of Tsukuba.
2007-08 -- 2007-11局所麻酔University of Tsukuba.
2006-04 -- 2006-07ACLSUniversity of Tsukuba.
Professional activities
2014-04 -- (current)JAPAN SOCIETY OF RESPIRATORY CARE MEDICINE代議員

(Last updated: 2017-05-31)