You are here

Hamano Jun

Affiliation
Faculty of Medicine
Official title
Assistant Professor
Research fields
General internal medicine (including psychosomatic medicine)
Research keywords
General Medicine, Family Medicine, Palliative Medicine, Home care
Research projects
総合診療医教育における緩和ケア領域の学習到達目標の作成2017-04 -- 2018-03濵野 淳Sasakawa Memorial Health Foundation/1100000
非がん疾患の終末期医療の実態に関する調査2017-04 -- 2018-03濵野 淳公益財団法人 日本ホスピス・緩和ケア研究振興財団//700000
非がん疾患の終末期医療の実態に関する調査2016-04 -- 2017-03濵野 淳Japan Hospice/Palliative Care Foundation/1000000
人生の最終段階における医療のあり方に関する調査の手法開発及び分析に関する研究2016-04 -- 2019-03田宮菜奈子Health and Labour Sciences Research Grants/3000000
適切な緩和ケア提供のための緩和ケアガイドブックの改定に関する研究2016-04 -- 2017-03小川朝生Health and Labour Sciences Research Grants/8559000
非がん疾患の終末期医療の実態に関する調査2015-04 -- 2016-03濵野淳Japan Hospice/Palliative Care Foundation/1000000
こども・家族が主体となる在宅ケア支援モデルの開発2014-04 -- 2015-03田村 恵美公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団/在宅医療研究への助成1415000
在宅がん患者のQOLに影響を与える要因を明らかにする全国調査2014-04 -- 2015-03Hamano JunSasakawa Memorial Health Foundation/ホスピス緩和ケアに関する研究助成1500000
がん診療拠点病院におけるがん疼痛緩和に対する取り組みの評価と改善に関する研究2013-11 -- 2015-03細川豊史厚生労働省科学研究費補助金/2000000
非がん疾患の終末期医療の実態に関する調査2014-04 -- 2015-03濵野淳Japan Hospice/Palliative Care Foundation/500000
Career history
2016-07 -- (current)筑波大学 医学医療系 講師
2015-04 -- (current)筑波大学附属病院 医療情報経営戦略部 副部長
2015-04 -- (current)筑波大学附属病院 医療連携患者相談センター センター部長
2013-07 -- 2016-06筑波大学 医学医療系 診療講師
2013-04 -- 2013-06筑波大学附属病院 病院講師
2013-04 -- 2015-03筑波大学附属病院 医療連携患者相談センター 副センター部長
2007-04 -- 2013-03医療法人 恒貴会 大和クリニック 院長
2004-04 -- 2008-03筑波大学附属病院 総合医コース 後期レジデント
2002-04 -- 2004-03筑波メディカルセンター病院 初期研修医
Academic background
1996-04 -- 2002-03筑波大学 医学専門学群Graduated
Degree
2016-05博士(医学)筑波大学
Licenses and qualifications
2011-09日本体育協会認定スポーツドクター
2011-06日本在宅医学会認定 在宅医療専門医・指導医
2010-03茨城県 身体障害者福祉法指定医
2008-07日本家庭医療学会 家庭医療指導医(現 日本プライマリ・ケア連合学会認定 家庭医療指導医)
2008-07日本プライマリ・ケア学会 専門医(現 日本プライマリ・ケア連合学会 家庭医療専門医)
2006-10日本内科学会認定内科認定医
Academic societies
2014-06 -- (current)日本医学教育学会
2002-04 -- 2010-03日本総合診療医学会
2002-04 -- 2010-03日本家庭医療学会
2002-04 -- 2010-03日本プライマリ・ケア学会
2009-10 -- (current)THE JAPANESE ACADEMY OF HOME CARE PHYSICIANS
2002-04 -- (current)The Japanese Society of Internal Medicine
2006-04 -- (current)Japanese Society for Palliative Medicine
2010-04 -- (current)Japan Primary Care Association
Honors & Awards
2017-10茨城県医師会 勤務医部会 学術奨励賞
2017-0515th World Congress of the European Association for Palliative Care Best Poster Award
2017-01平成28年度 筑波大学若手教員奨励賞筑波大学の研究力向上に貢献し,業績をあげたため
2015-12平成27年度筑波大学医学医療系 優秀大学教員大学教員業績評価
2014-05WONCA Asia Pacific Regional Conference 2014 Poster Merit Award
2015-03WONCA Asia Pacific Regional Conference 2015 Young Investigator Award Silver Medal
Articles
Books
  • がん疼痛の機序、分類
    濵野 淳
    スーパー総合医 緩和医療・終末期ケア/pp.15-17, 2017-02
  • 鎮痛補助薬の使い方
    濵野 淳
    在宅新療:在宅でのがん性疼痛マネジメント/pp.33-38, 2017-01
  • オピオイドスイッチング
    濵野 淳
    がん疼痛の処方 さじ加減の極意/pp.264-272, 2016-11
  • 独居の患者に対するオピオイドの投与
    濵野 淳
    がん疼痛の処方 さじ加減の極意/pp.200-209, 2016-11
  • 嘔気で難渋するオピオイド-導入-
    濵野 淳
    がん疼痛の処方 さじ加減の極意/pp.90-99, 2016-11
  • 第5章 さまざまな状況での緩和ケア:在宅医療
    濵野 淳
    緩和ケアレジデントマニュアル/pp.348-360, 2016-07
  • あなたの患者さんが亡くなったら驚きますか?-サプライズクエッション
    濵野 淳
    緩和ケア/pp.346-349, 2016-09
  • ポイントで読み解くNEWSのツボ 慢性心不全患者に緩和ケアを厚労省が推進
    濵野 淳
    ナース専科/pp.82-84, 2016-07
  • 5-13消化管出血
    濵野 淳
    プライマリ・ケア ポケット レファレンス, 2015-12
  • 5-12胆石
    濵野 淳
    プライマリ・ケア ポケット レファレンス/pp.5-12-5-12, 2015-12
  • 5-11嚥下困難
    濵野 淳
    プライマリ・ケア ポケット レファレンス, 2015-12
  • 5-10憩室疾患
    濵野 淳
    プライマリ・ケア ポケット レファレンス/pp.5-10-5-10, 2015-12
  • 専門医療と家庭医療-病院医療との違いとは、―地域で求められる医師をめざして
    濵野 淳
    新家庭医プライマリ・ケア医入門/pp.22-28, 2010-10
  • CHAPTER 1.疼痛 CASE 4.オピオイドを処方するときに制吐薬は必要?
    濵野 淳
    エビデンスで解決 緩和医療ケースファイル/pp.34-37, 2011-10
  • CHAPTER 1.疼痛 CASE 4.オピオイドを処方するときに制吐薬は必要?
    濵野 淳
    エビデンスで解決 緩和医療ケースファイル/pp.16-19, 2011-10
  • 事例で考える在宅緩和ケア 1.持続皮下注射による症状コントロールを行い、在宅療養を続けた事例
    濵野 淳
    在宅緩和ケアのための実践ガイド/pp.10-15, 2009-10
  • 中等症持続性気管支喘息における抗アレルギー薬とβ2刺激薬
    濵野 淳
    JIM/pp.1026-1028, 2007-12
  • 睡眠障害
    濵野 淳
    スーパー総合医 コモンディジーズ診療指針/pp.90-91, 2016-03
  • これからのことを話し合う:アドバンス・ケア・プランニング
    木澤義之; 濵野 淳
    治療 がんサバイバーシップ/pp.1406-1410, 2015-11
  • なぜ非がん疾患の緩和ケアなのか?
    濵野 淳
    総合診療のGノート できていますか?非がん疾患の緩和ケア/pp.654-655, 2015-10
  • できていますか?非がん疾患の緩和ケア
    濵野 淳
    総合診療のGノート/pp.654-740, 2015-10
  • オピオイドの副作用:便秘、悪心・嘔吐、眠気、せん妄
    濵野 淳; 須田さと子
    はじめてのがん疼痛ケア/pp.70-83, 2015-10
  • がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン2014年版 
    濵野 淳
    日本緩和医療学会 がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン2014年版 日本緩和医療学会編/pp.181-189, 2014-06
  • がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン2014年版 
    濵野 淳
    日本緩和医療学会 がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン2014年版 日本緩和医療学会編/pp.137-154, 2014-06
  • がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン2010年版 
    濵野 淳
    日本緩和医療学会 がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン2010年版 日本緩和医療学会編/pp.150-157, 2010-06
Conference, etc.
  • 患者相談から医療安全へ―筑波大学附属病院の医療メディエーション体制―
    平井理心; 石塚伸; Hamano Jun; 本間覚
    第2回日本医療安全学会学術集会/2016-03-05--2016-03-06
  • Trust in Physicians, Perceived Continuity and Coordination of Care, and Quality of Death in Patients with Advanced Cancer in Home Care (Japan Hospice and Palliative Care Evaluation Study 3: J-HOPE3
    Hamano Jun
    The 15th World Congress of the European Association for Palliative Care/2017-05-18--2017-05-20
  • 診療所外来患者における緩和ケア・アプローチの必要性に関する研究
    濵野 淳; 大石 愛
    第8回日本プライマリ・ケア連合学会 学術大会/2017-05-12--2017-05-14
  • Developing a Japanese version of the Supportive and Palliative Care Indicators Tool (SPICT-JP)
    Oishi Ai; Hamano Jun; Elizabeth GRANT; Kirsty BOYD; Scott...
    第8回日本プライマリ・ケア連合学会 学術大会/2017-05-12--2017-05-14
  • Burdens of Elderly Care of the Elderly at Home by Caregivers only aged 65 and over in a small Rural Clinic
    Ohsawa Sayaka; Takagi Hiroshi; Tsutsumi Madoka; Sasanuma ...
    The WONCA 14th World Rural Health Conference/2017-04-29--2017-05-02
  • Evaluation of nutritional status in Japanese home-care patients using The Mini Nutritional Assessment
    Kuno Haruka; Nakazawa Kazuhiro; Kimura Yohsuke; Goto Ryoh...
    第8回日本プライマリ・ケア連合学会 学術大会/2017-05-12--2017-05-14
  • 訪問看護ステーション各施設の実績・現状について(パネルディスカッション)
    濵野 淳
    第2回在宅医療研究会/2016-6-22--2016-6-22
  • 訪問看護ステーション各施設の実績・現状について(パネルディスカッション)
    濵野 淳
    第2回在宅医療研究会/2016-6-22--2016-6-22
  • 地域の在宅医療の供給を増やすためにできること
    濵野 淳
    第3回在宅医療研究会/2017-03-01--2017-03-01
  • 緩和ケアにおける多職種協働と家族ケア
    濵野 淳
    県央地域・緩和ケアネットワーク 症例検討会/2017-03-06--2017-03-06
  • Prognostic predictors required for end-of-life discussions
    Hamano Jun
    Annual Meeting of the Japanese-Society-of-Medical-Oncology/2016-07-28--2016-07-30
  • シンポジウム:看取りをめぐる倫理課題への取り組み 「医師が遭遇する アドバンス・ケア・プランニングに関係する倫理的課題」
    濵野 淳
    日本臨床倫理学会 第5回年次大会/2017-03-19--2017-03-19
  • 医薬品安全パネル:緩和医療における医療安全への貢献「緩和ケアを安全に提供するための工夫~医師の立場から~」
    濵野 淳
    第3回日本医療安全学会学術総会 /2017-03-18--2017-03-18
  • プライマリ・ケアで求められる在宅緩和ケアとは?
    濵野 淳
    第5回 日本プライマリ・ケア連合学会 関東甲信越ブロック地方会/2016-11-27--2016-11-27
  • パネルディスカッション2 進行がん患者の予後予測と意思決定支援 Prognostic predictors required for end-of-life discussions
    濵野 淳
    第14回日本臨床腫瘍学会学術大会 /2016-07-29--2016-07-29
  • 在宅におけるpolypharmacyの実態と対策
    濵野 淳
    第18回日本在宅医学会 学術大会/2016-07-16--2016-07-16
  • 茨城における在宅医療とがん疼痛マネジメント
    濵野 淳
    第14回日本医療マネジメント学会茨城県支部学術集会ランチョンセミナー/2013-11-09--2013-11-09
  • 在宅緩和ケア
    濵野 淳
    第16回日本緩和医療学会教育セミナー/2014-01-11--2014-01-11
  • 「がん在宅の未来」
    濵野 淳
    第16回日本在宅医学会大会 シンポジウム 「がん在宅の未来」/2014-03-02--2014-03-02
  • 在宅を見据えた入院マネジメント
    濵野 淳
    第23回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術大会/2014-05-16--2014-05-16
  • 緩和ケアにおける看護への期待ー緩和ケアの実践、教育、創造に向かってー
    濵野 淳
    第19回日本緩和医療学会学術大会/2014-06-20--2014-06-20
  • 日本プライマリ・ケア連合学会合同シンポジウム「総合診療専門医の在宅医療研修」
    濵野 淳
    第17回日本在宅医学会もりおか大会/2015-04-25--2015-04-25
  • 現場でのふとした疑問や課題:そこが研究の出発点
    濵野 淳
    第17回日本在宅医学会もりおか大会/2015-04-25--2015-04-25
  • がんの痛み:在宅で診るがん疼痛
    濵野 淳
    第17回日本在宅医学会もりおか大会/2015-04-26--2015-04-26
  • 日本プライマリ・ケア連合学会・日本緩和医療学会・日本在宅医学会 3学会合同シンポジウム  プライマリ・ケアで活躍できる人材の育成に向けて
    濵野 淳
    第6回 日本プライマリ・ケア連合学会 学術大会 シンポジウム/2015-06-13--2015-06-13
Teaching
2017-06 -- 2017-06M1 チュートリアル「インフォームド・コンセント」担当教官筑波大学 医学群 医学類
2016-11 -- 2016-11M6緩和医療(1)(2)筑波大学 医学群 医学類
2016-10 -- 2016-10緩和医療学筑波大学 フロンティア医科学専攻
2016-06 -- 2016-06M2 在宅緩和ケア筑波大学 医学群 医学類
2016-06 -- 2016-06M1 チュートリアル「インフォームド・コンセント」担当教官筑波大学 医学群 医学類
2015-12 -- 2015-12M3 インフォームドコンセント筑波大学 医学群 医学類
2015-11 -- 2015-11M6緩和医療(1)(2)筑波大学 医学群 医学類
2015-10 -- 2015-12Palliative MedicineUniversity of Tsukuba.
2015-06 -- 2015-06M2 在宅緩和ケア筑波大学 医学群 医学類
2014-12 -- 2014-12M3 インフォームドコンセント筑波大学 医学群 医学類
Other educational activities
2017-03 -- 2017-03がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会ファシリテーター筑波大学附属病院
2016-12 -- 2016-12日本看護協会 特定行為研修 共通科目:疾病・臨床病態概論 在宅医療の臨床診断・治療の特性と治療 演習日本看護協会
2016-12 -- 2016-12日本看護協会 特定行為研修 共通科目:疾病・臨床病態概論 在宅医療の臨床診断・治療の特性 講義 日本看護協会
2016-12 -- 2016-12がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会ファシリテーター筑波大学附属病院
2016-10 -- 2016-10E-FIELD:Education For Implementing End-of-Life Discussion神戸大学
2016-08 -- 2016-08茨城県看護協会 訪問看護支援事業 がん終末期研修茨城県看護協会
2016-07 -- 2016-072016年度 日本財団在宅看護センター 起業家育成事業「在宅がん患者のQOL」笹川記念保健協力財団
2016-07 -- 2016-07平成28年度厚生労働省委託事業「人生の最終段階における医療体制整備事業」指導者研修会 ファシリテーター神戸大学
2016-07 -- 2016-07倦怠感、悪液質のメカニズム、倦怠感 悪液質に対する治療, 症状マネジメントと援助技術Ⅶ山梨県立大学
2016-06 -- 2016-06がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会ファシリテーター筑波大学附属病院
Talks
  • 多職種連携におけるオピオイドの適正使用
    濵野 淳
    水戸緩和ケア講演会/2016-09-07--2016-09-07
  • 地域包括ケアに求められる緩和医療の実践知とエビデンス
    Hamano Jun
    常陸大宮緩和ケア研修会/2016-12-8--2016-12-8
  • 在宅緩和ケア概論~看取りの視点から~
    Hamano Jun
    つくば市居宅介護支援事業所連絡会・つくば市主任介護支援専門員連絡会共催による合同研修会/2016-12-22--2016-12-22
  • 在宅緩和ケアにおける多職種協働のコツ
    Hamano Jun
    NPO法人茨城県ケアマネジャー協会地域実践研修/2017-02-10--2017-02-10
  • 在宅における意思決定支援
    濵野 淳
    がん診療連携拠点病院機能強化事業 在宅緩和ケア地域連携事業 つくば在宅緩和ケアセミナー/2017-02-17--2017-02-17
  • 医療連携の今と未来
    濵野 淳
    第一三共株式会社 社員研修会/2016-03-30--2016-03-30
  • 在宅緩和ケア概論
    濵野 淳
    茨城県在宅医療・介護連携拠点事業 多職種協働による在宅チーム医療のための地域リーダー研修会/2016-02-14--2016-02-14
  • 在宅医療概論
    濵野 淳
    茨城県在宅医療・介護連携拠点事業 多職種協働による在宅チーム医療のための地域リーダー研修会/2015-10-11--2015-10-11
  • 在宅療養を支える多職種協働「それは急変?お看取り?」
    濵野 淳
    第3回古河市在宅医療・介護連携拠点事業/2015-12-03--2015-12-03
  • 在宅緩和ケア概論1  ~在宅緩和ケアの基本と 症状マネジメント~
    濵野 淳
    茨城県在宅医療・介護連携拠点事業 多職種協働による在宅チーム医療のための地域リーダー研修会/2014-10-26--2014-10-26
  • 生活を支える在宅医療と在宅ケア
    濵野 淳
    茨城県在宅医療・介護連携拠点事業 多職種協働による在宅チーム医療のための地域リーダー研修会/2014-07-13--2014-07-13
  • 茨城県緩和ケアカンファレンス
    濵野 淳
    茨城県緩和ケアカンファレンス/2013-03-18--2013-03-18
  • 生活を支える在宅医療と在宅ケア
    濵野 淳
    茨城県在宅医療・介護連携拠点事業 多職種協働による在宅チーム医療のための地域リーダー研修会/2014-02-22--2014-02-22
  • がん患者の倦怠感のマネジメント
    濵野 淳
    がん診療連携拠点病院機能強化事業 在宅緩和ケア地域連携事業 つくば在宅緩和セミナー/2013-09-12--2013-09-12
  • 苦痛緩和のための鎮静
    濵野 淳
    がん診療連携拠点病院機能強化事業 在宅緩和ケア地域連携事業 つくば在宅緩和ケアセミナー/2015-02-20--2015-02-20
  • 在宅医療のミカタ2014
    濵野 淳
    2014年度 薬剤師生涯学習講座/2014-08-31--2014-08-31
  • 在宅緩和ケア総論~在宅におけるがん疼痛治療のポイント~
    濵野 淳
    がん疼痛緩和と医薬用麻薬の適正使用推進のための講習会/2014-03-01--2014-03-01
  • ステップアップ在宅緩和ケア
    濵野 淳
    第2回取手・守谷・北相馬緩和ケア研修会/2014-02-27--2014-02-27
  • 小児在宅医療~総合診療医の立場から~
    濵野 淳
    茨城小児在宅シンポジウム/2014-02-11--2014-02-11
  • 緩和ケア認定看護師に期待する役割~医師の立場から~
    濵野 淳
    国立がん研究センター東病院認定看護師教育課程(緩和ケア) 第1回フォローアップセミナー/2015-02-20--2015-02-20
  • アルコール介入はじめの一歩
    濵野 淳
    第1回JHNセミナー/2015-02-07--2015-02-07
  • 痛み全般と2013ガイドライン
    濵野 淳
    トラマールカプセル勉強会/2013-09-05--2013-09-05
  • 薬剤師さんに知っておいてほしい疼痛緩和
    濵野 淳
    薬剤師懇話会/2013-06-10--2013-06-10
  • この結城で最期まで生きること
    濵野 淳
    結城市市民フォーラム/2013-02-03--2013-02-03
Professional activities
2016-09 -- (current)Japan Primary Care Associationプログラム支援委員会
2016-07 -- (current)Japanese Society for Palliative Medicine緩和医療ガイドライン委員会 鎮静ガイドライン改訂WPG
2015-04 -- (current)Japan Primary Care Association専門医部会/委員
2016-02 -- (current)Japanese Society for Palliative Medicine代議員
2015-04 -- (current)Japan Primary Care Association委員長
2014-07 -- 2016-06Japanese Society for Palliative Medicine専門的・横断的緩和ケア推進委員会
2014-10 -- 2016-06Japanese Society for Palliative Medicine専門医制度プログラム策定WPG委員
2015-04 -- (current)Japan Primary Care Association専門医認定委員会/委員
2014-04 -- 2015-03つくば市医師会平成26年度茨城県在宅医療・介護連携拠点事業/協議委員
2013-04 -- 2014-03つくば市医師会平成25年度茨城県在宅医療・介護連携拠点事業/協議委員
University Management
2016-10 -- (current)筑波大学附属病院 ISO・医療業務支援部副部長
2014-06 -- (current)筑波大学附属病院 医療連携患者相談委員会委員長
2016-06 -- (current)筑波大学附属病院 JCIコアミーティング委員
2014-11 -- (current)筑波大学地域枠等委員会 専攻医プログラム作成のための作業部会委員
2015-04 -- (current)筑波大学附属病院 医療情報経営戦略部副部長
2015-04 -- (current)筑波大学附属病院 医療連携患者相談センターセンター部長
2013-04 -- (current)筑波大学附属病院 緩和ケアセンター委員
2014-05 -- (current)筑波大学附属病院 病床管理センター委員
2013-04 -- (current)筑波大学附属病院 病院機能評価推進委員
2013-04 -- (current)筑波大学附属病院 ISO推進委員
Other activities
2017-08 -- 2017-08国際学術誌に掲載された研究論文(進行がん患者の家族の4割が家族内の対立を経験しているという研究テーマ)が読売新聞、毎日新聞などの国内マスメディアで取り上げられた。
2016-04 -- 2016-04国際学術誌に掲載された研究論文(進行がん患者が死を迎える場所が生存期間に影響するか?という研究テーマ)がBBC Health Check(英国)、The Mirror(英国)、The Herald Sun(豪州)などの海外マスメディアとNHKニュース、朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、東京新聞、共同通信などの国内マスメディアで取り上げられた。
2015-03 -- (current)文部科学省「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」 がんプロ×OCW~動画で分かる、がん治療~ 肺がんの治療法~緩和療法~ の作成を担当
2016-04 -- (current)日経メディカル2016年4月号(2016年4月10日発行)に取材記事が掲載。「特集 その症状、薬が原因では?」 p.42-43.
2016-02 -- (current)Medical Tribune紙 2016年2月11日発行 Vol.49, No6に取材記事が掲載。「高齢者のポリファーマシー問題 解決には処方課程の振り返りが鍵」 p10-11.
2016-02 -- (current)日経ドラッグインフォメーション プレミアム版に取材記事が掲載。「患者のQOLを重視しDo処方見直しの後押しを」 p28-29.
2015-12 -- (current)公益社団法人 在宅医療助成 勇美記念財団 在宅医療テキスト第3版 Eラーニング 第5章 「がんの在宅緩和ケア」の作成・講義を担当
2015-03 -- (current)日経メディカル主催 講演会の内容がWeb版に掲載。 病棟ナースに求められる退院支援:Aナーシング http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/anursing/zaitakufukki/201503/540931.html
2014-04 -- (current)日経メディカル取材。「シリーズ◎2014年度診療報酬改定のインパクトvol.4 入院医療に「在宅復帰率」導入、現場への影響は?」に掲載 http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/201404/536063.html
2014-03 -- 2014-03共同通信社 取材。徳島新聞「安心のゆくえ 社会保障制度改革から 地域包括ケアシステムの課題 5」 に掲載

(Last updated: 2017-09-24)