You are here

Kandori Shuya

Affiliation
Faculty of Medicine
Official title
Assistant Professor
Research projects
腎癌の脂肪酸伸長酵素ELOVL2による脂質の質的変容を介した悪性化機序の解明2017 -- 2018神鳥 周也Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Young Scientists(B)4,160,000Yen
腎癌の脂肪酸伸長酵素ELOVL2による脂質の質的変容を介した悪性化機序の解明2017-04 -- 2019-03神鳥 周也日本学術振興会/若手研究(B)
Licenses and qualifications
2015-04日本泌尿器科学会指導医
2011-04日本がん治療認定機構 がん治療認定医
2010-04日本泌尿器科学会専門医
Academic societies
-- (current)日本癌学会
-- (current)日本泌尿器内視鏡学会
-- (current)日本癌治療学会
-- (current)日本泌尿器科学会
Articles
Books
  • Development of RNA-FISH Assay for Detection of Oncogenic FGFR3-TACC3 Fusion Genes in FFPE Samples
    M Kurobe; T Kojima; K Nishimura; S kandori; T Kawahara; T...
    PLoS, 2016-12
  • Feasibility of classical secondary hormonal therapies prior to docetaxel therapy in Japanese patients with castration-resistant prostate cancer: Multicenter retrospective study
    S kandori; T Yoshino; M Tsutsumi; A yamauchi; M Ohtani; Y...
    Prostate Int, 2016-12
  • TRPV4-dependent induction of a novel mammalian cold-inducible protein SRSF5 as well as CIRP and RBM3
    T Fujita; H Higashitsuji; Y Liu; K Itoh; T Sakurai; T Koj...
    Sci Rep, 2017-05
  • Possible risk of overestimation of renal function using cystatin C-based eGFR in testicular cancer survivors treated with cisplatin-based chemotherapy
    Ichioka D; Kawai K; Tanaka K; Ishituka R; Yoshino T; kim...
    Clin Exp Nephrol, 2017-09
  • Phospholipase D2 promotes disease progression of renal cell carcinoma through the induction of angiogenin
    kandori S; Kojima T; Matsuoka T; Yoshino T; Sugiyama A; N...
    Canser Sci, 2018-04
  • A Clinicopathologic Study of 6 Patients with Histologically Pure Seminoma But Elevated Serum Alpha-Fetoprotein
    kandori S; Kawai K; Tanaka K; Kawahara T; Ikeda A; Ishit...
    泌尿器科紀要, pp.139-143, 2017-04
  • Screening of Deep Vein Thrombosis Prior to Surgery Using D-dimer Testing and Venous Ultrasonography of Lower Extremities
    Joraku A; Nitta S; Tanaka K; Ichioka D; Ikeda A; Yoshino ...
    泌尿器科紀要, pp.229-233, 2017-06
  • [Sarcomatoid Urothelial Carcinoma of the Bladder Including an Osteosarcoma Element].
    Tanuma K; Kawai K; Tsuchiya H; Matsumoto Y; kandori S; ...
    泌尿器科紀要, pp.407-417, 2017-10
  • [A Case of Leiomyosarcoma Arising from the Ovarian Vein Preoperatively Diagnosed with Radiological Imaging].
    Nishiya; Tuchiya H; Kawahara T; Kawai K; Chihara I; Kim...
    泌尿器科紀要, pp.407-412, 2017-12
  • [Metastases of Urothelial Carcinoma with Trophoblastic Differentiation that Responded to Combination Chemotherapy with Gemcitabine and Oxaliplatin : A Case Report
    uchida M; Kawai K; Kurobe M; Ikeda A; kandori S; Miyagawa...
    泌尿器科紀要, pp.55-61, 2018-02
Conference, etc.
  • 緩徐に進行した右水腎症患者に対する治療方針に関するセカンドオピニオン症例
    古城 公佑; 木村 友和; 田中 隆造; 野中 遥奈; 山口 茜; 新田...
    第64回茨城腎研究会/2018-06-12--2018-06-12
  • 筑波大学 腎泌尿器外科 における 臨床実習の現状
    木村 友和; 池田 篤史; 石塚 竜太郎; 和久 夏衣; 神鳥 ...
    日本医学教育学会大会/2017-08
  • リンパ節転移を伴う局所進行筋層浸潤性膀胱癌に対する膀胱全摘術ならびに化学療法併用放射線治療による治療成績
    木村 友和; 池田 篤史; 石塚 竜太郎; 和久 夏衣; 神鳥 ...
    第55回日本癌治療学会/2017-10-20
  • 高度肝障害を有する腎癌患者に対するアキシチニブの治療経験
    田中 建; 志賀 正宣; 神鳥 周也; 小島 崇宏; 河合 弘二;...
    第55回日本癌治療学会/2017-10
  • 後腹膜線維症に対する尿管剥離術が奏功した1例
    濱田 和希; 木村 友和; 志賀 正宣; 池田 篤史; 石塚 竜...
    第82回日本泌尿器科学会東部総会/2017-09
  • 高度肝障害を有する腎癌患者に対するアキシチニブの治療経験
    志賀 正宣; 神鳥 周也; 田中 建; 小島 崇宏; 池田 篤史;...
    第108回日本泌尿器科学会茨城地方会/2017-06
  • 後腹膜線維症に対する尿管剥離術が奏効した1例
    濱田 和希; 木村 友和; 池田 篤史; 石塚 竜太郎; 和久 ...
    第62回茨城腎研究会/2017-11
  • D-dimerと下肢静脈超音波検査を用いた術前DVTスクリーニングの検討
    田中 建; 常樂 晃; 新田 聡; 池田 篤史; 河原 貴史; 和...
    第105回日本泌尿器科学会総会/2017-04
  • D-dimerと下肢静脈超音波検査を用いた術前DVTスクリーニングの検討
    田中 建; 常樂 晃; 新田 聡; 池田 篤史; 河原 貴史; 和...
    第105回日本泌尿器科学会総会/2017-04
  • 精巣腫瘍における腫瘍内CD8⁺T細胞とPD-L1発現の検討
    小島 崇宏; 河原 貴史; 神鳥 周也; 松岡 妙子; 河合 弘...
    第105回日本泌尿器科学会総会/2017-04
  • ホスホリパーゼD2(PLD2)の発現亢進は腎癌の進展に関与する
    西山 博之; 神鳥 周也; 小島 崇宏; 松岡 妙子; 宮﨑 淳; ...
    第105回日本泌尿器科学会総会/2017-04
  • ホスホリパーゼD2(PLD2)の発現亢進は腎癌の進展に関与する
    神鳥 周也; 小島 崇宏; 松岡 妙子; 宮﨑 淳; 中村 英二...
    第26回泌尿器科分子・細胞研究会/2017-03
  • 放射線化学療法が奏効したカウパー腺癌の1例
    土屋 春樹; 木村友和; 河合弘二; 田沼光三郎; 松本吉隆; 田...
    第107回日本泌尿器科学会茨城地方会/2017-02

(Last updated: 2017-06-01)