You are here

Abiko Yumi

Affiliation
Faculty of Medicine
Official title
Assistant Professor
Office
環境生物学研究室
Research fields
Risk sciences of radiation and chemicals
Environmental and hygienic pharmacy
Research projects
環境化学物質による健康リスク軽減に寄与するニンニク中活性イオウ分子の探索2018 -- 2018安孫子ユミ浦上食品・食文化振興財団/3,000,000Yen
環境中親電子物質複合曝露による健康リスク2018 -- 2018安孫子ユミ上原記念生命科学財団/上原記念生命科学財団研究奨励金2,000,000Yen
環境中キノン体によるレドックスシグナル伝達と高求核性イオウ化合物によるその制御2017 -- 2019安孫子 ユミJapan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Young Scientists(B)4,160,000Yen
食品中活性イオウ分子の同定とその環境ストレス軽減作用の検討2016 -- 2017安孫子 ユミ一般財団法人フォーデイズ自立支援協会/500,000Yen
食生活を介した健康リスクを軽減する植物由来活性イオウ含有低分子2016 -- 2017安孫子 ユミ公益財団法人食生活研究会/1,000,000Yen
キノン体による化学修飾を介した芳香族炭化水素受容体の活性化:新機構の提案2015 -- 2016安孫子 ユミJapan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Young Scientists(B)4,030,000Yen
Career history
2014-06 -- (current)筑波大学 医学医療系 助教
2014-04 -- 2014-05筑波大学 博士研究員
2012-04 -- 2014-03日本学術振興会 特別研究員
Academic background
2010 -- 2013筑波大学大学院 人間総合科学研究科 生命システム医学専攻
2008 -- 2010筑波大学大学院 生命環境科学研究科 環境科学専攻
Degree
2010-03修士(環境科学)筑波大学大学院
2013-07博士(医学)筑波大学大学院
Licenses and qualifications
2008-01健康食品管理士
2008-05臨床検査技師免許
Academic societies
-- (current)THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN
-- (current)The Japanese Society of Toxicology
2013 -- (current)Society of Toxicology
Honors & Awards
2016-06田邊賞
2016-05Young Investigator Award
2015-08研究奨励賞
2015-07若手優秀発表賞
2014-08第8回櫻井賞
2014-02若手優秀発表賞
2013-11奨励賞
2011-10実行委員長賞
2013Society of Toxicology Graduate Student Travel Award
Articles
Books
  • タンパク質の修飾とその制御系
    Abiko Yumi
    毒性の科学, 2014-02
  • 地球規模におけるヒ素汚染の現状
    Abiko Yumi
    ファルマシア, 2010-07
Conference, etc.
  • Protection Of Protein Tyrosine Phosphatase 1B By Persulfides Against 9,10-Phenanthrenequinone-produced Reactive Oxygen Species In Vitro
    Nho Cong LUONG; Yumi ABIKO; Yoshito KUMAGAI
    The Japanese Society of Toxicology/2018
  • グルタチオン依存的 S-トランスアリール化反応は Keap1へのtert-ブチルベンゾキノンによる化学修飾を制御する
    Abiko Yumi
    フォーラム2013 衛生薬学・環境トキシコロジー/2013
  • Corianderum sativum L.葉抽出液に含有される脂肪族親電子物質によるシグナル伝達の変動 その1:Keap1/Nrf2 システムの活性化と脂肪族親電子物質の同定
    Abiko Yumi
    第14回分子予防環境医学研究会/2015
  • Contribution of covalent modification of Keap1 to the activation of Nrf2 by tert-butylbenzoquinone, an electrophilic metabolite of butylated hydroxyanisole.
    Abiko Yumi
    The 6th Tsukuba Medical Science Research Meeting/2011
  • ブチルヒトロキシアニソールの親電子代謝物による芳香族炭化水素受容体の活性化
    Abiko Yumi
    フォーラム2011 衛生薬学・環境トキシコロジー/2011
  • Reactive sulfur species included in food plants can detoxify the toxicity of Methylmercury
    片山 優助; 安孫子 ユミ; 秋山 雅博; 熊谷 嘉人
    日本毒性学会学術年会/2018
  • Formation of thiyl radicals during reaction of persulfide/polysulfide with environmental electron acceptors
    安孫子 ユミ; 中井 由実; Nho Cong LUONG; Jon M FUKUTO; 熊...
    日本毒性学会学術年会/2018
  • GSH-mediates S-Transarylation regulates covalent modification of Keap1 by tert-butylbenzoquinone
    Abiko Yumi
    The XIII International Congress of Toxicology/2013
  • Electrophilic Metabolites of Aromatic Hydrocarbons Cause AhR Activation and Up-Regulation of CYP1A1 in HepG2 Cells: Involvement of S-Arylation of Cellular Proteins
    Abiko Yumi
    Society of Toxicology 52th Annual Meeting/2013
  • 親電子修飾を介したAhR-XRE経路の活性化
    Abiko Yumi
    第30回臨床フリーラジカル会議/2013
  • 芳香族炭化水素キノン類による芳香族炭化水素受容体の活性化
    Abiko Yumi
    第13回分子予防環境医学研究会/2014
  • A novel detoxification system for environmental electrophiles mediated by reactive sulfur species
    安孫子 ユミ; 熊谷 嘉人
    日本毒性学会学術年会/2017
  • マウスにおけるアクリルアミドの神経毒性に対する活性イオウ分子の役割
    秋山雅博; 安孫子ユミ; 熊谷 嘉人
    第70回日本酸化ストレス学会/2017-06
  • メチル水銀を低毒性化する食用植物中生理活性物質としてのper/polysulfides
    片山優助; 安孫子ユミ; 秋山雅博; 熊谷 嘉人
    第44回日本毒性学会学術年会/2017-07
  • ビスメチル水銀スルフィドの生成を介したニンニクのヘキサン抽出成分によるメチル水銀の毒性軽減
    Yunjie DING; 安孫子ユミ; 秋山雅博; 熊谷 嘉人
    第44回日本毒性学会学術年会/2017-07
  • Reactive oxygen species produced from 9,10-phenanthrenequinone activate epidermal growth factor receptor signaling through oxidative modification of protein tyrosine phosphatase 1B
    Nho Luong Cong; Yumi Abiko; Kumagai Yoshito
    第44回日本毒性学会学術年会/2017-07
  • マウスにおけるアクリルアミドの神経毒性に対するCSEの役割
    秋山雅博; 安孫子 ユミ; 熊谷 嘉人
    第44回日本毒性学会学術年会/2017-07
  • 活性イオウ分子およびその産生酵素は1,4-NQ曝露によるHSP90/HSF1シグナルの活性化を抑制する
    広瀬玲子; 安孫子ユミ; 新開泰弘; 鵜木隆光; 土屋幸弘; 渡邊...
    第44回日本毒性学会学術年会/2017-07
  • ポリサルファイドモデル化合物Na2S4は1,4-NQ曝露によるPTEN/Akt/CREBシグナルの活性化を抑制する
    安孫子ユミ; 新開泰弘; 鵜木隆光; 広瀬玲子; 上原孝; 熊谷 嘉人
    第44回日本毒性学会学術年会/2017-07
  • ポリスルフィドNa2S4はイオウ付加体形成を通じて1,4-NQによる PTEN/ Akt/CREB シグナルの活性化と細胞毒性を抑制する
    鵜木隆光; 安孫子ユミ; 新開泰弘; 広瀬玲子; 上原孝; 熊谷 嘉人
    フォーラム2017:衛生薬学・環境トキシコロジー/2017-09
  • 環境中電子受容体とパースルフィドとの反応で生じるパーチイルラジカル
    安孫子ユミ; 中井由実; Luong Cong Nho; 熊谷 嘉人
    フォーラム2017:衛生薬学・環境トキシコロジー/2017-09
  • Environmental electrophiles activate redox signaling transduction pathways through covalent modification of sensor proteins
    Yumi Abiko; Kumagai Yoshito
    フォーラム2017:衛生薬学・環境トキシコロジー 日韓次世代シンポジウム/2017-09
  • Identification of a Sulfur Adduct of 1,4-Naphthoquinone during Reaction with a Polysulfide
    Reiko Hirose; Yasuhiro Shinkai; Yumi Abiko; Kumagai Yoshito
    Society of Toxicology 57th Annual Meeting/2018-03
  • プロテインチロシンフォスファターゼ1Bの酸化修飾に対するパースルフィドの保護効果
    安孫子 ユミ; Luong Cong Nho; Jon M Fukuto; 船戸 洋佑; 三...
    第17回分子予防環境医学研究会/2018-02
  • プロテインチロシンフォスファターゼ1Bの酸化修飾に対するパースルフィドの保護効果
    安孫子 ユミ; Luong Cong Nho; Jon M Fukuto; 船戸 洋佑; 三...
    異分野融合を見据えた次世代レドックス生理科学シンポジウム/2018-02
Teaching
2017-10 -- (?)Research and Development for Agro-Biomedical Science IInternational Joint Degree Master's Program in Agro-Biomedical Science in Food and Health
2017-04 -- (?)衛生化学概論医療科学類
2018-04 -- 2018-12医学検査学フロンティア医療科学類
University Management
2017-10 -- (current)安全委員会委員
2017-04 -- (current)カリキュラム委員会委員
2017 -- (current)入試出題委員会委員
2014-07 -- (current)低分子化合物同定・解析システム仕様策定委員会委員

(Last updated: 2018-11-08)