You are here

Baba Mika

Affiliation
Faculty of Humanities and Social Sciences
Official title
Associate Professor
Research fields
Japanese literature
Research keywords
Japanese modern literature
明治文学
Research projects
浪花節の生成と展開についての学際的研究2016-04 -- (current)真鍋昌賢国際日本文化研究センター/
近代日本の人文知形成と新聞小説―森田思軒の翻訳と大英帝国の情報ネットワーク2016-04 -- 2019-03Mika BABA科研費:基盤研究(C)/4,420,000Yen
近代日本の人文知形成に関する基礎研究―『郵便報知新聞』掲載外国小説原典調査から2013-04 -- 2016-03Mika Baba文部科学省/挑戦的萌芽研究3,640,000Yen
Career history
2015-04 -- (current)筑波大学 人文社会系(人文社会科学研究科文芸・言語専攻) 准教授
2011-10 -- 2012-03University of London The School of Oriental and African Studies Visiting Researcher
2005-04 -- 2015-03北九州市立大学 文学部比較文化学科 准教授
2004-04 -- 2005-03筑波大学大学院 人文社会科学研究科 博士特別研究員
Academic background
1996-04 -- 2004-03筑波大学大学院 文芸・言語研究科
Degree
2004-03博士(文学)筑波大学
1999-03修士(文学)筑波大学
Academic societies
-- (current)筑波大学日本語日本文学会
-- (current)日本近代文学会
-- (current)JAPAN COMPARATIVE LITERATURE ASSOCIATION
Articles
  • 書評「小谷野敦著『東十条の女』」
    馬場 美佳
    週刊読書人/(3324), 2018-05
  • 夏目漱石「三四郎」と「注意」の心理学 ―青年意識における「無意注意」と「有意注意」の物語―
    馬場 美佳
    稿本近代文学/(41)/pp.1-15, 2018-03
  • 文芸〈年末回顧〉
    馬場 美佳
    週刊読書人/(3220), 2018-12
  • 文芸時評「二人冗語」12月:ショッピングモールで文学を  ふくだももこ「ブルーハーツを聴いた夜、君とキスしてさようなら」
    馬場 美佳
    週刊読書人/(3218), 2017-12
  • 文芸時評「二人冗語」11月:限りなく透明に近いエロス 村田沙耶香「満潮」
    馬場 美佳
    週刊読書人/(3213), 2017-11
  • 文芸時評「二人冗語」10月:孤独の燔祭 今村夏子「木になった亜沙」、金石範「消された孤独」
    馬場 美佳
    週刊読書人/(3209), 2017-10
  • 文芸時評「二人冗語」9月:とめてくれるなおっかさん 背中の昭和が泣いている 平成日本どこへ行く
    馬場 美佳
    週刊読書人/(3206), 2017-09
  • 文芸時評「二人冗語」8月:「単性的世界」再考 LGBTQのかたわらで
    馬場 美佳
    週刊読書人/(3201), 2017-08
  • 文芸時評「二人冗語」7月:大「共感」時代? キャッチャー・イン・ザ・「ポスト真実」
    馬場 美佳
    週刊読書人/(3197), 2017-07
  • 文芸時評「二人冗語」6月:居場所を探す女たち
    馬場 美佳
    週刊読書人/(3192), 2017-06
  • Morita Shiken, Newspaper Editor, and Drifting Tales : Works by Unknown Authors in the Yubin-hochi-shimbun newspaper
    馬場 美佳
    Modern Japanese Literature/(97)/pp.104-112, 2017-11
  • 文芸時評「二人冗語」5月:アナクロニズムな風景
    馬場 美佳
    週刊読書人/(3188)/pp.5-5, 2017-05
  • 文芸時評「二人冗語」4月:シン・カゾク小説 現実対虚構
    馬場 美佳
    週刊読書人/(3184)/pp.5-5, 2017-04
  • 文芸時評「二人冗語」3月:「産む」ことをめぐる物語 父乳・河童・ダクト
    馬場 美佳
    週刊読書人/(3179)/pp.4-4, 2017-03
  • 与謝野晶子訳にみる若紫巻・知覚のドラマー近代作家たちの「源氏物語」翻訳ー
    Baba Mika
    日本語と日本文学/(61/62)/pp.11-18, 2017-03
  • 文芸時評「二人冗語」2月:主題こそが必要な形式を生み出す 松浦理英子の「わたしたち」小説
    馬場 美佳
    週刊読書人/(3175)/pp.5-5, 2017-02
  • 文芸時評「二人冗語」1月:忘却にあらがうという切実さ 書物は死者の再生装置
    馬場 美佳
    週刊読書人/(3171)/pp.3-3, 2017-01
  • 戦死者よ、個人に帰れ―夏目漱石「趣味の遺伝」と The View of the World―
    馬場 美佳
    稿本近代文学/40/pp.22-39, 2016-03
  • 書評「白井ユカリ著『木村曙研究』」
    馬場 美佳
    日本近代文学/(93)/pp.220-223, 2015-11
  • 書評「三宅拓也著『近代日本〈陳列所〉研究』」
    馬場 美佳
    週刊読書人(2015/06/12)/(2015/06/12), 2015-06
  • 「情調」の生理的心理学と明治四〇年代文学における創作/批評
    馬場 美佳
    北九州市立大学文学部紀要/(83)/pp.1-20, 2014-03
  • 企画展評「耽美派の魅力と本の意匠―一級品としての野田宇太郎蔵書―」
    馬場 美佳
    野田宇太郎顕彰会会報/11, 2014-03
  • 「知覚」の心理学と日本近代文学(明治編)
    馬場 美佳
    北九州市立大学文学部紀要/(82)/pp.1-23, 2013-03
  • 〈調和〉への挑戦--尾崎紅葉の小説文 (小特集 〈複数言語〉の明治)
    馬場 美佳
    日本近代文学/(82)/pp.229-244, 2010-05
  • 文芸リポート・小説
    馬場 美佳
    朝日新聞九州版夕刊(2010/01/29)/(2010/01/29夕刊), 2010
Books
  • 「俳諧新潮」解説
    馬場 美佳
    尾崎紅葉編『俳諧新潮』, 平凡社, pp.211-213, 2017-03
  • 「侠黒児」解説
    馬場 美佳
    尾崎紅葉著『侠黒児』, 平凡社, pp.131-133, 2017-03
  • 日本近代文学と万年筆―作家たちの聖遺物―
    馬場 美佳
    万年筆の生活誌―筆記の近代―, 国立歴史民俗博物館, p.17, 2016-3
  • 「あだ浪」解説
    馬場 美佳
    尾崎紅葉編『あだ浪』, 平凡社, pp.265-269, 2016-1
  • 「多情多恨」解説
    馬場 美佳
    尾崎紅葉著『多情多恨』, 平凡社, 2015-01
  • 「片靨」解説
    馬場 美佳
    小栗風葉著『片靨』, 平凡社, 2015-01
  • 「南無阿弥陀仏」解説
    馬場 美佳
    尾崎紅葉著『南無阿弥陀仏』, 平凡社, 2015-01
  • 「小説家」登場−尾崎紅葉の明治二〇年代
    馬場 美佳
    笠間書院, 2011-02
  • 尾崎紅葉研究 ―〈紅露の時代〉を中心に―
    馬場 美佳
    2004-03
  • 事典項目(「東洋の秋」他4種)
    馬場 美佳
    芥川龍之介事典, 勉誠出版, 2002-07
  • 「風流京人形」という〈改良〉の諷刺画(カリカチュア)―公売本『我楽多文庫』期の尾崎紅葉
    馬場 美佳
    明治期雑誌メディアにみる〈文学〉, pp.155-172, 2000-06
Conference, etc.
  • 新聞小説のはじめ方―『郵便報知新聞』における森田思軒の模索ー
    馬場 美佳
    幕末明治研究会/2016-12-17
  • 日本近代文学の視点から―近代作家の「源氏物語」翻訳
    馬場 美佳
    シンポジウム「ことばの翻訳・文化の翻訳」/2015-10-03
  • 日本近代文学、万年筆に出会う
    馬場 美佳
    国立歴史民俗博物館・企画展示「万年筆の生活誌―筆記の近代―」プロジェクト会議/2015-10-04
  • 森田思軒訳『郵便報知新聞』掲載・原著不明作品群へのアプローチ
    馬場 美佳
    日本比較文学会秋季九州大会/2014-12-06
  • 〈調和〉への挑戦―尾崎紅葉の小説文―
    馬場 美佳
    日本近代文学会・秋季大会/2009-10
  • 「縁の糸」と双六と―〈社会的小説〉待望論の中の露伴―
    馬場 美佳
    日本近代文学会・九州支部春季大会/2005-06-26
  • 尾崎紅葉「伽羅枕」論―方法としての心理学―
    馬場 美佳
    筑波大学日本語日本文学会第24回大会/2000-09-30
Teaching
2017-04 -- 2017-08Freshmen SeminarUniversity of Tsukuba.
2017-10 -- 2018-02Studies in Modern Japanese Literature (2B)University of Tsukuba.
2017-04 -- 2017-08Studies in Modern Japanese Literature (2A)University of Tsukuba.
2017-10 -- 2018-02History of Japanese Literature 4University of Tsukuba.
2017-04 -- 2017-08Studies in Modern Japanese Literature (2A)University of Tsukuba.
2017-10 -- 2018-02Studies in Modern Japanese Literature (2B)University of Tsukuba.
2017-04 -- 2017-08Introduction to Japanese LiteratureUniversity of Tsukuba.
2017-04 -- 2017-08Seminar in Modern Japanese Literature (2A)University of Tsukuba.
2017-10 -- 2018-02Seminar in Modern Japanese Literature (2B)University of Tsukuba.
2017-10 -- 2018-02Seminar in Japanese Literature 8University of Tsukuba.
Other educational activities
2012-10 -- 2012-11「〈痛み〉の日本近代文学誌」市民講座講師(全6回)北九州市立大学
2010-11 -- 2010-11「文学と格差社会・樋口一葉」市民講座講師北九州市立文学館特別展
2006-12 -- 2006-12「北九州の近代文学の流れ・火野葦平」市民講座講師北九州市立文学館開館記念事業
Talks
  • 文末表現から考える小論文
    馬場 美佳
    第一学習社主宰小論文指導研修会・講演会講師/2014-07
  • 日本耽美派文学の誕生と“パンの会”
    馬場 美佳
    野田宇太郎文学資料館企画展・記念講演会講師/2014-02
  • 北九州の文学・藤原新也
    馬場 美佳
    門司郷土会・講演会講師/2009-11
  • 鷗外の日清戦後と『そめちがへ』
    馬場 美佳
    森鷗外記念会・講演会講師/2008-12
  • 樋口一葉の文学
    馬場 美佳
    生涯学習センター穴生学舎・講演会講師/2008-11
  • 北九州の文学・火野葦平
    馬場 美佳
    西日本新聞社(北九州文化人懇話会)・講演会講師/2008-01
  • 樋口一葉の文学
    馬場 美佳
    戸畑図書館・講演会講師/2007-11
Professional activities
2018-04 -- 2020-03A Modern Japanese Literature Society編集委員会委員
2016-04 -- 2017-03国際日本文化研究センター共同研究員
2016-04 -- (current)A Modern Japanese Literature Society評議員
2012-04 -- 2017-03国文学研究資料館国文学文献資料調査委員
Other activities
2012-04 -- 2015-03九州芸術祭文学賞北九州地区選考委員
2010-12 -- 2011-03北九州市芸術文化振興財団主催「北九州まちかどエッセー」審査委員

(Last updated: 2018-05-23)