You are here

Ban Masataka

Affiliation
Faculty of Business Sciences
Official title
Associate Professor
KAKEN ID
50507754
Research fields
Social systems engineering/ Safety system
Commerce
Research projects
地域ブランドにおける市場構造分析に関する研究2016 -- 2019伴 正隆Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(C)
非耐久消費財売上予測モデルの開発と製品ライフサイクルに関する研究2014 -- 2016伴 正隆Japan Society of for the Promotion of Science/若手研究(B)
新製品採用者特性とマーケティング戦略に関する研究2012 -- 2014伴 正隆Japan Society of for the Promotion of Science/若手研究(B)
広告シングルソース・データを用いたパネル別広告効果測定に基づく広告管理モデル開発2008 -- 2010伴 正隆日本学術振興会/若手研究スタートアップ
Career history
2017-04 -- (current)筑波大学 ビジネス科学研究科 准教授
2012-04 -- 2017-03日本大学 経済学部 准教授
2008-04 -- 2012-03目白大学 経営学部 専任講師
Academic background
2004-04 -- 2007-03東北大学大学院 経済学研究科 博士後期課程Completed
2002-04 -- 2004-03東北大学大学院 経済学研究科 博士前期課程Completed
1999-04 -- 2002-03東北大学 経済学部Graduated
Degree
2007-03博士(経営学)東北大学
2004-03修士(経営学)東北大学
Academic societies
2009-03 -- (current)THE JAPAN STATISTICAL SOCIETY
2006-03 -- (current)Japan Institute of Marketing Science
Refereed academic journal/Refereed international conference paper
  • ID付きPOSデータを用いた新製品採用時期に基づく消費者分類モデル
    Ban Masataka
    応用統計学/44(3)/pp.145-160, 2015
  • Multivariate Time Series Model with Hierarchical Structure for Over-dispersed Discrete Outcome
    Ban Masataka; Terui Nobuhiko
    Journal of Forecast/33(5)/pp.376-390, 2014
  • 新製品採用時期による消費者分類のためのブランド選択モデル
    Ban Masataka
    目白大学経営学研究/10/pp.43-57, 2012
  • A brand choice model for TV advertising management using single-source data
    Ban Masataka; Nobuhiko Terui Makoto Abe
    Marketing Letters/22(4)/pp.373-389, 2011
  • The Effect of Media Advertising on Brand Consideration and Choice
    Ban Masataka; Nobuhiko Terui Greg M. Allenby
    Marketing Science/30(1)/pp.74-91, 2011
  • Finding Market Structure by Sales Count Dynamics
    Ban Masataka; Nobuhiko Terui Toshihiko Maki
    Annals of the Institute of Statistical Mathematics/62(1)/pp.92-107, 2010
  • 消費者異質性の下でのブランド別広告残存効果と広告長期効果の測定
    Ban Masataka; 照井伸彦
    マーケティング・サイエンス/15(1)/pp.65-81, 2008
  • Modeling heterogeneous effective advertising stock using single-source data
    Ban Masataka; Terui Nobuhiko
    Quantitative Marketing and Economics/6(4)/pp.415-438, 2008
  • 消費者選好の異質性の下での広告効果測定
    Ban Masataka; 照井伸彦
    研究年報経済学/68(1)/pp.53-67, 2006
  • Measuring Brand-Specific Advertising Carryover and Long-Term Effectiveness for Heterogeneous Consumer
    Ban Masataka; Terui Nobuhiko
    Proceedings of Tsukuba-Tohoku Joint Workshop on New Directions of Research in Marketing/pp.282-283, 2006
Books
  • (翻訳)第4章 柔軟なモデリングとノンパラメトリックモデル
    Ban Masataka; 照井伸彦
    ベイズ計量経済学ハンドブック, 2013
  • 3章 競争ポジショニング戦略
    Ban Masataka; 照井伸彦 ウィラワン・ドニ・ダハナ
    マーケティングの統計分析, 2009
Conference, etc.
  • 機械学習手法のマーケティング理論・概念への応用に関する研究レビュー
    Ban Masataka; 佐藤 忠彦
    日本マーケティング・サイエンス学会 第101回研究大会/2017-06-17--2017-06-18
  • Consumer Clustering Model based on the Time of New Product Adoption using ID-POS Data
    Ban Masataka
    International Workshop on Marketing Science and Service Research/2016-12-21
  • Consumer Clustering Model based on the Time of New Product Adoption using ID-POS Data
    Ban Masataka
    10th International Conference on Computational and Financial Econometrics/2016-12-11
  • 複数の競合データを用いた地域ブランド市場構造分析
    Ban Masataka
    2016年度 統計関連学会連合大会/2016-09-07
  • ID付POSを用いた新製品採用時期に基づく消費者分類モデル
    Ban Masataka
    応用統計学会/2016-03-17
  • ID付POSデータを用いた非耐久消費財新製品普及モデル
    Ban Masataka
    2015年度 統計関連学会連合大会/2015-09-07
  • 無限混合離散選択モデルによる消費者異質性の評価
    Ban Masataka
    2014年度 統計関連学会/2014-09-15
  • カウントデータを用いた市場構造の動学分析 - 過剰分散モデルの適用 -
    Ban Masataka
    日本マーケティング・サイエンス学会/2013-12-08
  • ID付POSを用いた新製品採用時期に基づく消費者分類モデル
    Ban Masataka
    日本マーケティング・サイエンス学会/2013-06-09
  • 新製品採用時期による消費者分類のためのブランド選択モデル
    Ban Masataka
    科研費集会 マーケティングサイエンスの新展開Ⅱ/2011-12-23
  • 新製品採用時期による消費者分類のためのブランド選択モデル
    Ban Masataka
    日本マーケティング・サイエンス学会 マーケティングの統計的モデリング研究部会/2011-09-24
  • A Brand Choice Model for TV Advertising Management using Single-Source Data
    Ban Masataka
    International Workshop on Bayesian Statistics and Marketing/2010-09-01
  • A Model for TV Advertising Management with Heterogeneous Consumer by Using Single Source Data
    Ban Masataka
    研究集会 マーケティングサイエンスの新展開/2010-02-13
  • A Model for TV Advertising Management with Heterogeneous Consumer by Using Single Source Data
    Ban Masataka
    日本マーケティング・サイエンス学会 第86回研究大会/2009-12-06
  • A Model for TV Advertising Management with Heterogeneous Consumer by Using Single Source Data
    Ban Masataka
    日本マーケティング・サイエンス学会 マーケティングの統計的モデリング研究部会/2009-11-21
  • A Model for TV Advertising Management with Heterogeneous Consumer by Using Single Source Data
    Ban Masataka
    日本マーケティング・サイエンス学会 マーケティングのデータ分析とモデリング・アプローチ研究部会/2009-11-20
  • Estimating Heterogeneous Self and Cross Elasticity When the Number of Observations is Scarce
    Ban Masataka
    2008年度 統計関連学会連合大会/2009-09-08
  • A Model for TV Advertising Management with Heterogeneous Consumer by Using Single Source Data
    Ban Masataka
    2009年度 統計関連学会連合大会/2009-09-08
  • 広告とブランド考慮の非集計モデル
    Ban Masataka
    東北経済学会 第61回大会/2008-10-27
  • Discrete Outcome Multivariate Time Series Model for Category Sale and Brand Sales Forecasting
    Ban Masataka
    2007年度 統計関連学会連合大会/2008-09-08
  • A Brand Choice Model with Variable Consideration Sets Screened by Effective Advertising Stock
    Ban Masataka
    2007年度 統計関連学会連合大会/2008-09-07
  • A Brand Choice Model with Variable Consideration Sets Screened by Effective Advertising Stock
    Ban Masataka
    日本マーケティング・サイエンス学会 マーケティングの統計的モデリング研究部会/2008-02-17
  • 消費者異質性の下でのブランド別広告残存効果と長期効果の測定
    Ban Masataka
    日本マーケティング・サイエンス学会 第79回研究大会/2007-06-24
  • 消費者異質性の下でのブランド別広告残存効果と長期効果の測定
    Ban Masataka
    東北経済学会 第59回大会/2006-10-12
  • 閾値プロビット・モデルによる有効広告ストック水準の家計別推定
    Ban Masataka
    2005年度統計関連学会連合大会/2006-09-14
Teaching
2015-10 -- 2016-03マーケティング特論横浜国立大学・大学院国際社会科学府
2015-10 -- 2016-03データ解析論横浜国立大学経営学部
2008 -- 2011マーケティング・リサーチ目白大学経営学部
2012 -- (?)消費者行動論日本大学経済学部
2012 -- (?)マーケティング論日本大学敬愛学部
2017 -- (?)マーケティング筑波大学
2017 -- (?)応用統計筑波大学

(Last updated: 2017-08-26)