現在地

大渕 真喜子(オオブチ マキコ; Obuchi, Makiko)

所属
ビジネスサイエンス系
職名
教授
研究分野
民事法学
研究キーワード
民事訴訟法
民事執行法
民事保全法
差止請求の仮地位仮処分及び強制執行
形成訴訟の訴訟物及び形成判決の効力
研究課題
差止請求権の実効的保護に関する研究2018-04 -- 2020-03大渕真喜子日本学術振興会/科研費 基盤研究(C)2,080,000円
民事訴訟における営業秘密の保護                         2007 -- 2008日本学術振興会/若手研究(B)1,840,000円
職歴
1993-04 -- 1995-03司法研修所 司法修習生
1995-04 -- 2005-03裁判所 裁判官
1999-06 -- 2000-06ブリティッシュコロンビア大学ロースクール 客員研究員(裁判官在外研究)
2005-04 -- 2013-02筑波大学 ビジネス科学研究科 助教授(准教授)
2013-03 -- (現在)筑波大学 ビジネス科学研究科 教授
学歴
1988-04 -- 1993-03東京大学 法学部卒業
取得学位
1993-03法学士東京大学
免許資格等
1992-11司法試験第二次試験合格
所属学協会
-- (現在)日本工業所有権法学会
2005 -- (現在)日本私法学会
2005 -- (現在)日本民事訴訟法学会
論文
  • 「刑事事件に係る訴訟に関する書類」の文書提出義務
    Obuchi Makiko
    筑波ロー・ジャーナル23号/pp.39-84, 2017-12
  • 将来の著作物の差止め
    Obuchi Makiko
    著作権判例百選/pp.202-203, 2016-12
  • 必要的共同訴訟と上訴
    大渕 真喜子
    民事訴訟法判例百選/pp.212-213, 2015-11
  • 類似必要的共同訴訟についての一考察(2)―いわゆる片面的対世効がある判 決の場合を中心として―
    大渕 真喜子
    筑波ロージャーナル/(17)/pp.1-24, 2014-11
  • 170条・174条
    大渕 真喜子
    法学教室/(410)/pp.36-38, 2014-11
  • 遺産共有持分と他の共有持分との間の共有関係の解消のために共有者が採るべき手続
    大渕 真喜子
    ジュリスト臨時増刊(平成25年度 重要判例解説)/(1466)/pp.150-151, 2014-04
  • 将来の著作物の差止め
    大渕真喜子
    著作権判例百選第4版/pp.96-97, 2009-12
  • 必要的共同訴訟と上訴
    大渕真喜子
    民事訴訟法判例百選第4版/pp.218-219, 2010-10
  • 類似必要的共同訴訟についての一考察(1)―いわゆる片面的対世効がある判決の場合を中心として―
    大渕真喜子
    筑波ロージャーナル/(10)/pp.81-99, 2011-10
著書
  • Chapter 4 (Adjudicatory Authority)
    Obuchi Makiko
    Civil Procedure in Japan (Revised Second Edition), Juris Publishing, pp.4-1-4-35, 2005-01
  • 新基本法コンメンタール民事訴訟法2
    Obuchi Makiko
    新基本法コンメンタール民事訴訟法2, 日本評論社, pp.85-107, 2017-10
会議発表等
  • 片面的対世効がある判決の場合における類似必要的共同訴訟について
    大渕 真喜子
    東京大学民事訴訟法研究会/2012-07-14--2012-07-14
担当授業科目
2018-10 -- 2019-02企業法学特別研究I筑波大学
2018-10 -- 2019-02企業法学特別研究II筑波大学
2018-10 -- 2019-02企業法学特別研究III筑波大学
2018-10 -- 2019-02企業法学特別研究IV筑波大学
2018-10 -- 2019-02企業法学特別研究V筑波大学
2018-10 -- 2019-02企業法学特別研究VI筑波大学
2018-04 -- 2018-04法文献学筑波大学
2018-04 -- 2018-08企業法学特別研究I筑波大学
2018-04 -- 2018-08企業法学特別研究II筑波大学
2018-04 -- 2018-08企業法学特別研究III筑波大学

(最終更新日: 2018-06-13)