現在地

木越 英夫(キゴシ ヒデオ; Kigoshi, Hideo)

face
所属
筑波大学
職名
副学長
URL
eメール
 
研究分野
生物分子化学
研究キーワード
天然物有機化学
研究課題
海洋天然物の誘導するタンパク質−タンパク質相互作用の解明2014 -- 2018木越 英夫日本学術振興会/基盤研究(A)42,250,000円
生物活性天然有機化合物の作用機構 -- (現在)/
生物活性天然有機化合物の合成と反応 -- (現在)/
生物活性天然有機化合物の単離と構造 -- (現在)/
細胞骨格タンパク質の関わる抗腫瘍性発現機構の解明2011 -- 2015文部科学省/新学術領域研究9,620,000円
腫瘍細胞増殖阻害活性を有する海洋天然物の新型作用機序の解明2011 -- 2013日本学術振興会/基盤研究(B)5,200,000円
抗腫瘍性などの生物活性を有する海洋天然物の新型作用機序の解明2008 -- 2010日本学術振興会/基盤研究(B)18,460,000円
骨格筋タンパク質ミオシンと複合する新規海洋天然物の探索と創製          2006 -- 2007日本学術振興会/萌芽研究3,500,000円
海洋産生物活性物質の合成と活性発現の分子機構                  2004 -- 2007文部科学省/特定領域研究14,200,000円
職歴
2011-10 -- (現在)筑波大学 数理物質系 教授
2004-04 -- 2011-09筑波大学 大学院数理物質科学研究科 教授
2000-08 -- 2004-03筑波大学 化学系 教授
1984-03 -- 1994-06名古屋大学 理学部 助手
1994-07 -- 1996-03名古屋大学 理学部 助教授
1996-04 -- 1998-03名古屋大学 大学院理学研究科 助教授
1998-04 -- 2000-07名古屋大学 物質科学国際研究センター 助教授
学歴
-- 1981名古屋大学 理学部 化学卒業
-- 1983名古屋大学 理学研究科 化学専攻修了
取得学位
1989-07理学博士名古屋大学
所属学協会
-- (現在)American Chemical Society
-- (現在)日本化学会
-- (現在)日本薬学会
-- (現在)有機合成化学協会
受賞
1993井上研究奨励賞
1993日本化学会進歩賞
論文
著書
  • Antitumor effects of sea hare-derived compounds in cancer
    Kita Masaki; Hideo Kigoshi
    Handbook of Anticancer Drugs from Marine Origin/pp.701-740, 2015-01
  • ウォーレン有機合成:逆合成からのアプローチ
    木越 英夫
    ウォーレン有機合成:逆合成からのアプローチ, 2014-4
  • ソレル有機化学(下)
    村田道雄; 石橋正巳; 木越英夫; 佐々木誠監訳
    ソレル有機化学(下), 2009-12
  • ソレル有機化学(上)
    村田道雄; 石橋正巳; 木越英夫; 佐々木誠監訳
    ソレル有機化学(上), 2009-11
  • 天然物化学ー海洋生物編ー
    山村庄亮; 長谷川宏司; 木越 英夫
    2008-06
  • 発がん物質
    山田靜之; 小鹿 一; 木越英夫
    天然物化学-植物編-/p.161-174, 2007-02
  • プタキロシン
    山田靜之; 丹羽治樹; 木越英夫
    天然物化学-植物編-/p.287-292, 2007-02
  • 人名反応に学ぶ有機合成戦略
    富岡 清監訳; +木越 英夫
    人名反応に学ぶ有機合成戦略, 2006-08
  • 軟体動物
    末永聖武; 木越英夫
    海洋生物成分の利用 ーマリンバイオのフロンティアー/p.115-131, 2005-03
  • アクチン脱重合分子の設計と合成
    木越英夫
    海洋天然物/錯体/コンビナトリアル/全合成/p.304-311, 2003-07
  • 海洋産抗腫瘍性物質
    木越英夫
    海洋天然物/錯体/コンビナトリアル/全合成/p.20-26, 2003-07
  • ウォーレン有機化学(下)
    木越 英夫
    ウォーレン有機化学(下), 2003-06
  • ウォーレン有機化学(上)
    木越 英夫
    ウォーレン有機化学(上), 2003-02
  • Cytotoxic Substances from Opisthobranch Mollusks
    Y. Yamada; M. Ojika; H. Kigoshi; and K. Suenaga
    Drugs from the Sea/pp.59-73, 2000-09
  • 植物起源の発がん物質の合成
    山田靜之; 丹羽治樹; 木越英夫
    生体機能解明のための化学合成,化学増刊 118/pp.191-201, 1990-06
会議発表等
  • Aplyronine A, an antitumor marine macrolide that promotes protein-protein interaction
    Kigoshi Hideo
    Pacifichem 2015/2015-12-19
  • Isolation and structure analysis of novel 9,11-seco-steroids from the sea hare Aplysia kurodai
    Kawamura Atsushi; Masaki Kita; Kigoshi Hideo
    Pacifichem 2015/2015-12-18
  • Total synthesis of mycalolide B, an actin-depolymerizing marine macrolide
    Oka Hirotaka; Masaki Kita; Kigoshi Hideo
    Pacifichem 2015/2015-12-18
  • Study on the novel chemical probes to analyze protein-ligand interactions
    Yoneda Kozo; Hu Yaping; Masaki Kita; Kigoshi Hideo
    Pacifichem 2015/2015-12-17
  • Evaluation of the binding site of aplyronine A on tubulin by genetic approach
    Yamagishi Kota; Tsuchiya Kota; Chinen Takumi; Takeo Usui;...
    Pacifichem 2015/2015-12-17
  • 海洋産杭腫瘍性物質アプリロニンAの生物有機化学
    木越 英夫
    第40回反応と合成の進歩シンポジウム/2014-11-10--2014-11-11
  • Aplyronine A, an antitumor marine macrolide from Aplysia kurodai
    Kigoshi Hideo
    Sino-Japan Workshop on Chemical Biology/2014-10-10--2014-10-13
  • 海洋産抗腫瘍性物質アプリロニンAと細胞骨格タンパク質
    木越 英夫
    第26回万有札幌シンポジウム/2014-7-5--2014-7-5
  • 海洋産抗腫瘍性物質アプリロニンAの生物有機化学
    木越 英夫
    日本農芸化学会2014年度大会(シンポジウム「生命現象の鍵として働く化合物とその標的タンパク質の化学と生物」)/2014-03-30
  • 海洋産抗腫瘍性物質の生物有機化学
    木越 英夫
    第44回中部化学関係学協会支部連合秋季大会(特別討論会「先導的分子創製を目指す有機化学」)/2013-11-2--2013-11-3
  • Aplyronine A, an Antitumor Marine Macrolide
    Kigoshi Hideo
    The 2nd International Symposium on Chemical Biology of Natural Products:Target ID and Regulation of Bioactivity/2013-10-28--2013-10-29
  • Total Synthesis of 13-Oxyingenol
    Kigoshi Hideo
    The 2012 International Symposium on Natural Products Chemistry and Chemical Biology/2012-11-23--2012-11-26
  • Total Synthesis of 13-Oxyingenol
    Kigoshi Hideo
    13th International Symposium on Natural Product Chemistry (ISNPC-13)/2012-09-22--2012-09-25
  • 海洋軟体動物由来の生物活性天然物
    木越英夫
    日本動物細胞工学会2009年度大会/2009-07-24
  • 海洋産細胞毒性物質の生物有機化学
    木越英夫
    理研シンポジウム第4回有機合成化学のフロンティア/2009-07-03
  • 海洋軟体動物由来の生物活性物質-抗がん剤のリードを探して-
    木越英夫
    JBAバイオセミナーシリーズ大学発・選り抜きバイオセミナー 第5回/2009-04-21
  • Chemistry and biochemistry on natural products from Japanese sea hare
    木越 英夫
    2008 RIKEN Conferenece/2008-11-03
  • Isolation and Synthetic Studies of Biselides
    木越 英夫
    6th US-Japan Seminar: Frontiers in Marine Natural Products Research/2007-07-05
担当授業科目
2017-10 -- 2018-02Research in Nano Chemistry IIA筑波大学
2017-10 -- 2018-02生物有機化学セミナーIIA筑波大学
2017-04 -- 2017-08Seminar in Nano ChemistryIIB筑波大学
2017-10 -- 2018-02Seminar in Nano ChemistryIB筑波大学
2017-10 -- 2018-02有機化学IV筑波大学
2017-04 -- 2017-08有機化学IV筑波大学
2017-04 -- 2017-08生物有機化学特別研究IIIA筑波大学
2017-10 -- 2018-02Research in Nano Chemistry IIB筑波大学
2017-04 -- 2017-08生物有機化学セミナーIB筑波大学
2017-04 -- 2017-08生物有機化学セミナーIIB筑波大学
学協会等委員
2002-03 -- 2005-02日本化学会速報誌編集委員
2006-03 -- 2013-02日本化学会欧文誌編集委員
2009-03 -- 2011-02有機合成化学協会有機合成化学協会誌編集委員
学内管理運営業績
2016-04 -- 2017-03化学専攻長
2014-04 -- 2016-03数理物質科学研究科長
2012-04 -- 2014-03化学類長
2011-04 -- 2016-03研究基盤総合センター副センター長
2007-04 -- 2010-03附属図書館副館長
2009-04 -- 2011-03化学専攻長

(最終更新日: 2017-12-14)