現在地

太田 充(オオタ ミツル; Ota, Mitsuru)

所属
システム情報系
職名
准教授
URL
eメール
 
研究分野
経済政策
理論経済学
研究キーワード
都市構造
研究課題
Radon測度上の動的システムの研究と都市構造遷移モデルへの応用2014 -- 2016山下 裕日本学術振興会/挑戦的萌芽研究/
新たな集積効果関数を用いた都市一般均衡モデルの構築2014 -- 2016太田 充日本学術振興会/基盤研究(C)2,730,000円
通信技術の発達と住宅地地価の都市経済的分析2000 -- 2000/企業からの受託研究
通信技術革新と都市空間構造の自己組織化 -- (現在)/
海外における中間財生産による国内都市空間構造の変化に関する研究2010 -- 2012日本学術振興会/基盤研究(C)1,950,000円
都市内立地の内生的決定に関する数値計算的アプローチ2004 -- (現在)日本学術振興会/基盤研究(C)2,200,000円
都市内情報流を考慮した空間構造の自己組織化1999 -- (現在)日本学術振興会/奨励研究(A)2,100,000円
学歴
-- 1984北海道大学 工学部 建築工学科
1987-09 -- 1991-08ペンシルベニア大学大学院 総合科学 地域科学修了
取得学位
その他
その他
免許資格等
1994-02-08一級建築士
所属学協会
2014-12 -- (現在)The Econometric Society
2014-12 -- (現在)アメリカ経済学会
-- (現在)Regional Science Association International
-- (現在)応用地域学会
-- (現在)公益社団法人都市住宅学会
-- (現在)日本経済学会
-- (現在)日本建築学会
-- (現在)日本地域学会
-- (現在)日本都市計画学会
受賞
1994日本地域学会奨励賞
論文
  • 東京オリンピック・パラリンピックの開催決定で住宅地地価は上昇するか?
    香川涼亮; 小倉利仁; 太田 充; 牛島光一
    都市住宅学/97/pp.126-135, 2017-04
  • 大気環境が地価に与える影響―東京都特別区の地価データを用いた検証―
    姜 哲敏; 太田 充; 牛島光一
    応用地域学研究/20/pp.67-77, 2016-09
  • 通信技術革新と企業内立地行動の変化に関する研究-通信の固定費用を考慮して-
    太田 充
    都市計画/27/pp.331-336, 1992-01
  • 通信技術革新と企業内立地行動の変化に関する研究
    太田 充
    地域学研究/22/pp.87-104, 1992-01
  • Communication technologies and spatial organization of multi-unit firms in metropolitan areas
    太田 充; 藤田 昌久
    Regional Science and Urban Economics/23/p.695, 1993-01
  • 企業の分離立地にともなう副都心成立の均衡土地利用分析
    太田 充
    都市計画/31/pp.67-72, 1996-01
  • The Influence of the Great Hanshin-Awaji Earthquake on Housing Market of the Area
    太田 充; 川脇 康生
    Review of Urban and Regional Development Studies/8(2)/pp.220-232, 1996-01
  • 東京大都市圏の効用分布の推計と住居選択モデルの応用可能性に関する研究
    太田 充
    地域学研究/29(3)/pp.25-37, 1998-01
  • テレコミューティングの普及と都市構造に関する研究
    佐藤 仁志; 太田 充
    都市計画/35/pp.1051-1056, 2000-01
  • 複数都心を持つ都市構造の動的安定性に関する研究
    太田充; 佐藤仁志
    都市計画論文集/36(3)/p.919-924, 2001-10
  • 首都圏における通勤家計の居住地選択モデル
    佐藤仁志; 太田充
    地域学研究/36(4)/pp.885-897, 2007-03
  • 2種類の企業による都市の均衡形状に関する研究
    太田 充
    地域学研究/41(4)/pp.853-865, 2011-01
  • 大都市圏における近年のテレコミューティング(在宅勤務)と都市構造の均衡分析
    太田 充
    地域学研究/41(1)/pp.1-14, 2011-08
  • 首都圏における通勤家計の居住地選択モデル
    佐藤 仁志; 太田 充
    地域学研究/36(4)/pp.885-897, 2006-01
  • 東京都心部における賃貸集合住宅価格の付加価値要因に関する研究
    小西 俊作; 佐藤 要祐; 太田 充
    都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning/42(3)/pp.529-534, 2007-10
会議発表等
  • Telecommuting and Urban Spatial Structure in Metropolitan Areas
    太田 充
    2017年度日本経済学会春季大会/2017-06-24--2017-06-25
  • Telecommuting and Urban Spatial Structure in Metropolitan Areas
    Ota Mitsuru
    64th North American Meetings of the Regional Science Association International/2017-11-08--2017-11-11
  • 都市空間形状と企業の集積関数に関する一考察
    太田 充
    第31回ARSC研究発表大会/2017-11-25--2017-11-26
  • 測度上のポテンシャルゲームとそのダイナミクス
    Ota Mitsuru
    Polycy Modeling Workshop/2017-09-02--2017-09-02
  • Efficiency Range of Agglomeration and Multiple Equil ibria of Non - monocentric Urban Configuration
    Ota Mitsuru
    The Urban Economics Workshop/2016-10-21
  • Influence to urban structure of changes in the international price of intermediate goods
    太田 充
    第30回ARSC研究発表大会/2016-11-26--2016-11-27
  • Efficiency Range of Agglomeration and Multiple Equil ibria of Non - monocentric Urban Configuration
    Ota Mitsuru
    63rd North American Meetings of the Regional Science Association International/2016-11-09--2016-11-12
  • 2020年東京オリンピック開催決定が周辺地価に与える影響
    香川涼亮; 小倉利仁; 太田 充; 牛島光一
    2015年度日本経済学会秋季大会/2015-10-10--2015-10-11
  • 浸水危険度が地価に与える影響:東京23区における中小河川の場合
    香川涼亮; 太田 充; 橋本基
    2015年度日本経済学会春季大会/2015-05-23--2015-05-24
  • Telecommuting Has Changed Equilibrium and Optimal Urban Spatial Structure
    太田 充
    第29回ARSC研究発表大会/2015-11-28--2015-11-29
  • Relationship Between Urban Population Growth and Utility Level of Workers with Heterogeneity of Labor Efficiency
    Ota Mitsuru
    62nd North American Meetings of the Regional Science Association International/2015-11-11--2015-11-14
  • A Dynamic Extension of the Urban Spatial Equilibrium Model
    Ota Mitsuru
    Urban Economics Workshop 2014/2014-07-11--2014-07-11
  • Efficiency Range of the Agglomeration and Multiple Equilibria of Non-monocentric urban Configuration
    太田 充
    日本経済学会2014年度春季大会/2014-06-14--2014-06-15
  • Relationship between urban population and utility level of workers with income heterogeneity: Who bears urban costs?
    平岡 規之; 太田 充
    第28回ARSC研究発表大会/2014-11-29--2014-11-30
  • 浸水危険度が地価に与える影響:東京 23区における中小河川の場合
    香川 涼亮; 橋本 基; 太田 充
    第28回ARSC研究発表大会/2014-11-29--2014-11-30
  • A Dynamic Extension of the Urban Spatial Equilibrium Model
    Ota Mitsuru
    61st North American Meetings of the Regional Science Association International/2014-11-12--2014-11-15
担当授業科目
2019-01 -- 2019-02都市経済学筑波大学
2018-10 -- 2018-12地域科学筑波大学
2018-10 -- 2019-02プログラミング実習筑波大学
2018-10 -- 2019-02地域科学演習筑波大学
2018-10 -- 2019-02社会工学修士基礎演習I筑波大学
2018-10 -- 2019-02社会工学修士基礎演習II筑波大学
2018-10 -- 2019-02社会工学修士特別演習I筑波大学
2018-10 -- 2019-02社会工学修士特別演習II筑波大学
2018-10 -- 2019-02社会工学修士特別研究I筑波大学
2018-10 -- 2019-02社会工学修士特別研究II筑波大学
一般講演
  • Relationship between urban population and utility level of workers
    太田 充
    応用地域学会(ARSC)第28回研究発表大会/2014-11-29--2014-11-30
  • A Dynamic Extension of the Urban Spatial Equilibrium Model Regional Science Association International
    Ota Mitsuru
    61th North American Meetings of the Regional Science Association International/2014-11-12--2014-11-15
  • Effecency Range of the Agglomeration and Equilibrium Land Use in the Metropolitan Areas
    太田 充
    応用地域学会(ARSC)第27回研究発表大会/2013-12-14--2013-12-15
  • Equilibrium Land Use in a Multicentric City
    Ota Mitsuru
    60th North American Meetings of the Regional Science Association International/2013-11-13--2013-11-16
  • Equilibrium Land Use in a Multicentric City
    太田 充
    応用地域学会(ARSC)第26回研究発表大会/2012-11-17--2012-11-18
  • 大都市圏内における企業の分離立地と付け値地代を用いた均衡都市構造分析-都市の構造の動的モデル-
    太田 充
    応用地域学会(ARSC)第25回研究発表大会/2011-12-03--2011-12-04
  • 2種類の企業による都市の均衡形状に関する研究 Equilibrium configurations of the city with the two kinds of firms
    太田 充
    日本地域学会第47回(2010年)年次大会/2010-10-10
  • 同一都市内に中間財供給企業がある場合の均衡付け値地代分析
    太田 充
    応用地域学会(ARSC)第24回研究発表大会/2010-12-04--2010-12-05
  • 労働と中間財の国際価格の変化による都市構造への影響
    太田 充
    応用地域学会(ARSC)第23回研究発表大会/2009-12-12
  • 大都市圏における近年のテレコミューティング(在宅勤務)と都市構造の均衡分析(Telecommuting and an equilibrium analysis of urban structures in metropolitan areas in recent years)
    太田 充
    日本地域学会第46回(2009年)年次大会/2009-10-10
学協会等委員
2016-05 -- (現在)公益社団法人都市住宅学会理事会/理事
2016-04 -- (現在)応用地域学会運営委員会/運営委員
2014-05 -- (現在)公益社団法人都市住宅学会総務企画委員会/副委員長
2014-05 -- (現在)公益社団法人都市住宅学会編集委員会/委員
2014-05 -- (現在)公益社団法人都市住宅学会学会賞委員会/委員
2014-05 -- 2016-05公益社団法人都市住宅学会理事会/幹事
2012-09 -- 2014-05公益社団法人都市住宅学会総務企画委員会/委員

(最終更新日: 2018-04-25)