現在地

牧野 昭二(マキノ ショウジ; Makino, Shoji)

face
所属
生命領域学際研究センター
職名
教授
URL
eメール
 
研究室
生命領域学際研究センター A棟2階 マルチメディア研究室1
電話
029-853-6432
Fax
029-853-7387
研究分野
知覚情報処理
通信・ネットワーク工学
研究キーワード
音響情報処理
ディジタル信号処理
メディア情報処理
ブレインマシンインターフェイス
脳情報処理
生体情報処理
バイオインフォマティクス
研究課題
柔軟ロボット音響センシングにおけるシミュレータ構築及び音源分離処理の高精度化2017-04 -- 2017-11国立研究開発法人科学技術振興機構 (JST)/革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)1650000
柔軟ロボット音響センシングにおけるシミュレータ構築及び音源分離処理の高精度化2016-04 -- 2017-03国立研究開発法人科学技術振興機構 (JST)/革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)3300000
柔軟ロボット音響センシングにおけるシミュレータ構築及び音源分離処理の高精度化2015-09 -- 2016-03国立研究開発法人科学技術振興機構 (JST)/革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)1650000
ALS患者のための音の空間情報を利用したブレインマシンインタフェース(BMI)の研究開発2014-04 -- 2015-03総務省 戦略的情報通信研究開発推進制度(SCOPE)/その他13802100
ALS患者のための音の空間情報を利用したブレインマシンインタフェース(BMI)の研究開発2013-04 -- 2014-03総務省 戦略的情報通信研究開発推進制度(SCOPE)/その他14189500
ALS患者のための音の空間情報を利用したブレインマシンインタフェース(BMI)の研究開発2012-09 -- 2013-03総務省 戦略的情報通信研究開発推進制度(SCOPE)/その他16753100
非同期分散チャンネルへ展開するアレイ信号処理理論の深化と実世界応用2017-04 -- 2018-03日本学術振興会/基盤研究(A)1950000
非同期分散チャンネルへ展開するアレイ信号処理理論の深化と実世界応用2016-04 -- 2017-03日本学術振興会/基盤研究(A)2210000
高次統計量追跡による自律カスタムメイド音コミュニケーション拡張システムの研究2014-04 -- 2015-03日本学術振興会/基盤研究(A)650000
高次統計量追跡による自律カスタムメイド音コミュニケーション拡張システムの研究2013-04 -- 2014-03日本学術振興会/基盤研究(A)1040000
職歴
1981-04 -- 1987-07日本電信電話株式会社 横須賀電気通信研究所 Research Engineer
1987-08 -- 1996-06日本電信電話株式会社 ヒューマンインタフェース研究所 主任研究員
1996-07 -- 1998-12日本電信電話株式会社 マルチメディアシステム総合研究所 主幹研究員
1999-01 -- 2000-03日本電信電話株式会社 生活環境研究所 グループリーダ
2000-04 -- 2003-03日本電信電話株式会社 コミュニケーション科学基礎研究所 信号処理研究グループリーダ
2003-04 -- 2008-03日本電信電話株式会社 コミュニケーション科学基礎研究所 メディア情報研究部長
2004-04 -- 2008-03北海道大学 大学院情報科学研究科 客員教授
2006-04 -- 2007-03東京大学 大学院情報理工学系研究科 非常勤講師
2008-04 -- 2009-03日本電信電話株式会社 コミュニケーション科学基礎研究所 主幹研究員
2008-12 -- 2009-02The University Erlangen-Nuremberg, Germany 客員教授
学歴
1975-04 -- 1979-03東北大学 工学部 機械工学第Ⅱ学科卒業
1979-04 -- 1981-03東北大学大学院 工学研究科 機械工学専攻修了
取得学位
1993-03博士東北大学
所属学協会
1989 -- (現在)Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE)
2000 -- (現在)European Association for Signal Processing (EURASIP)
2004 -- (現在)International Speech Communication Association (ISCA)
2010 -- (現在)Asia Pacific Signal and Information Processing Association (APSIPA)
1988 -- (現在)電子情報通信学会
1983 -- (現在)日本音響学会
受賞
2017-06-01電子情報通信学会 業績賞
2015-04-15文部科学大臣表彰 (科学技術賞 研究部門)
2015-03-23電気通信普及財団 テレコムシステム技術賞
2014-01-01IEEE Signal Processing Society Best Paper Award
2009-01-01IEEE Distinguished Lecturer
2007-09-11電子情報通信学会 フェロー
2007-08-27IEEE MLSP Competition Award
2006-04-19ICA Unsupervised Learning Pioneer Award
2006-04-19Best Presentation Award at the SPIE Defense and Security Symposium
2005-05-28電子情報通信学会 論文賞
2005-03-16日本音響学会 論文賞
2004-03-22電気通信普及財団 テレコムシステム技術賞
2004-01-01IEEE Fellow
2003-09-10Best Paper Award of the International Workshop on Acoustic Echo and Noise Control
2002-05-28電子情報通信学会 論文賞
2002-03-19日本音響学会 論文賞
2002-06-11日本電信電話株式会社 特許表彰 特級
1999-01-01IEEE Senior Member
1998-05-08日本電信電話株式会社 特許表彰 特級
1997-05-17電子情報通信学会 業績賞
1995-12-08日本電信電話株式会社 社長表彰
1995-05-12日本音響学会 技術開発賞
2016Best Faculty Member Award of the University of Tsukuba
2015-06-18筑波大学 学長表彰
2014-04-04システム情報系 教育貢献賞
論文
  • 柔軟索状ロボットにおける独立低ランク行列分析と統計的音声強調に基づく高品質ブラインド音源分離の開発
    三井祥幹; 溝口聡; 猿渡洋; 越智景子; 北村大地; 小野順貴; ...
    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会/1P2-P04/pp.1-4 , 2017-05
  • 音声のスペクトル領域とケプストラム領域における同時強調
    李莉; 亀岡弘和; 樋口卓哉; 猿渡洋; Makino Shoji
    信学技報/ SP2016-32/pp.29 -32 , 2016-08
  • ランク1 空間モデル制約付き多チャネルNMFを用いた柔軟索状ロボットにおける雑音抑圧
    高草木萌; 北村大地; 小野順貴; 山田武志; Makino Shoji; 猿渡洋
    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会/1A2-10a3/pp.1-4, 2016-06
  • 独立低ランク行列分析と統計的音声強調を用いた柔軟索状ロボットにおけるブラインド音源分離システムの開発
    三井祥幹; 溝口聡; 猿渡洋; 越智景子; 北村大地; 小野順貴; ...
    日本音響学会2017年春季研究発表会/1-P-3/pp.517-518 , 2017-03
  • 補助関数法による識別的NMFの基底学習アルゴリズム
    李莉; 亀岡弘和; Makino Shoji
    日本音響学会2017年春季研究発表会/1-P-4/pp.519-522 , 2017-03
  • Discriminative non-negative matrix factorization with majorization-minimization
    Li L.; Kameoka H.; Makino Shoji
    Proc. HSCMA/pp.141-145, 2017-03
  • Analysis of the brain activated distributions in response to full-body spatial vibrotactile stimuli using a tactile P300-based BCI paradigm
    Kodama T.; Makino Shoji
    Proc. Biomedical and Health Informatics (BHI)/pp.1-1, 2017-02
  • Ego noise reduction for hose-shaped rescue robot combining independent low-rank matrix analysis and multichannel noise cancellation
    Mae N.; Ishimura M.; Makino Shoji; Kitamura D.; Ono N.; Y...
    Proc. LVA/ICA/pp.141-151, 2017-02
  • Tactile brain-computer interface using classification of P300 responses evoked by full body spatial vibrotactile stimuli
    Kodama T.; Makino Shoji; Rutkowski T.M.
    Proc. APSIPA/pp.1-4, 2016-12
  • Full-body tactile P300-based brain-computer interface accuracy refinement
    Kodama T.; Shimizu K.; Makino Shoji; Rutkowski T.M.
    Proc. International Conference on Bio-engineering for Smart Technologies (BioSMART)/pp.1-4, 2016-12
  • Visual motion onset augmented reality brain-computer interface
    Shimizu K.; Kodama T.; Makino Shoji; Rutkowski T.M.
    Proc. International Conference on Bio-engineering for Smart Technologies (BioSMART)/pp.1-4, 2016-12
  • Toward a QoL improvement of ALS patients: Development of the full-body P300-based tactile brain-computer interface
    Kodama T.; Makino Shoji; Rutkowski T.M.
    Proc. AEARU Young Researchers International Conference/pp.1-4, 2016-09
  • Multi-talker speech recognition based on blind source separation with ad hoc microphone array using smartphones and cloud storage
    Ochi K.; Ono N.; Miyabe S.; Makino Shoji
    Proc. Interspeech/pp.3369-3373, 2016-09
  • Flexible microphone array based on multichannel nonnegative matrix factorization and statistical signal estimation
    Saruwatari H.; Takata K.; Ono N.; Makino Shoji
    International Congress on Acoustics/pp.1-10, 2016-09
  • アドホックマイクロホンアレーにおける時間チャネル領域での
    H. Chiba; N. Ono; S. Miyabe; Y. Takahashi; T. Yamada; Mak...
    J. Acoust. Soc. Jpn/72( 8)/pp.462-470, 2016-08
  • An extension of MUSIC exploiting higher-order moments via nonlinear mapping
    Sugimoto Y.; Miyabe S.; Yamada T.; Makino Shoji; B.H.Juang
    IEICE Trans. Fundamentals/E99-A( 6)/pp.1152-1162, 2016-06
  • 音響ロスレス符号化MPEG-4 ALSのハイレゾ音源適応の検討と考察
    天田 将太; 鎌本 優; 原田 登; 杉浦 亮介; 守谷 健弘; 山田 ...
    日本音響学会2017年春季研究発表会/2-P-42/pp.381-382, 2017-03
  • DNN-GMMと連結特徴量を用いた音響シーン識別の検討
    高橋 玄; 山田 武志; 小野 順貴; 牧野 昭二
    日本音響学会2017年春季研究発表会/2-P-1/pp.135-138, 2017-03
  • SJ-CATにおける項目応答理論に基づく能力値推定の精度改善
    小野 友暉; 山田 武志; 菊地 賢一; 今井 新悟; 牧野 昭二
    日本音響学会2017年春季研究発表会/2-6-3/pp.247-250, 2017-03
  • Ego-noise reduction for a hose-shaped rescue robot using determined Rank-1 multichannel nonnegative matrix factorization
    Moe Takakusaki; Daichi Kitamura; Nobutaka Ono; Takeshi Ya...
    Proc. IWAENC2016/pp.1-4, 2016-09
  • Noise reduction using independent vector analysis and noise cancellation for a hose-shaped rescue robot
    Masaru Ishimura; Shoji Makino; Takeshi Yamada; Nobutaka O...
    Proc. IWAENC2016/pp.1-5, 2016-09
  • Ego noise reduction for hose-shaped rescue robot combining independent low-rank matrix analysis and noise cancellation
    Narumi Mae; Daichi Kitamura; Masaru Ishimura; Takeshi Yam...
    Proc. APSIPA2016/pp.1-6, 2016-12
  • Performance estimation of spontaneous speech recognition using non-reference acoustic features
    Ling Guo; Takeshi Yamada; Shoji Makino
    Proc. APSIPA2016/pp.1-4, 2016-12
  • 伝達関数ゲイン基底NMFを用いた遠方雑音抑圧の実環境での評価
    松井 裕太郎; 牧野 昭二; 小野 順貴; 山田 武志
    第31回信号処理シンポジウム/B3-1/pp.231-235 , 2016-11
  • ヴァーチャル多素子化に基づくSN比最大化ビームフォーマの残響に対する性能変化
    山岡 洸瑛; 小野 順貴; 山田 武志; 牧野 昭二
    日本音響学会秋季研究発表会/3-7-5/pp.379-382, 2016-09
著書
  • Underdetermined BSS With Multichannel Complex NMF Assuming W-Disjoint Orthogonality of Source
    Takeda Kazuma; Kameoka Hirokazu; Sawada Hiroshi; Araki Sh...
    2011 IEEE REGION 10 CONFERENCE TENCON 2011/pp.413-416, 2011-01
  • Restoration of Clipped Audio Signal Using Recursive Vector Projection
    Miura Shin; Nakajima Hirofumi; Miyabe Shigeki; Makino Sho...
    2011 IEEE REGION 10 CONFERENCE TENCON 2011/pp.394-397, 2011-01
  • Blind audio source separation based on sparse component analysis
    S.Makino
    IEICE Knowledge Base/p.16-18, 2012-10
  • Blind audio source separation based on independent component analysis
    S. Makino
    IEICE Knowledge Base/p.12-15,, 2012-10
  • Cepstral Smoothing of Separated Signals for Underdetermined Speech Separation
    Ansai Yumi; Araki Shoko; Makino Shoji; Nakatani Tomohiro;...
    2010 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON CIRCUITS AND SYSTEMS/pp.2506-2509, 2010-01
  • Underdetermined blind source separation using acoustic arrays
    S. Makino; S. Araki; S. Winter; and H. Sawada
    2010-01
  • Blind Speech Separation
    S. Makino; Te-Won Lee; and H. Sawada
    2007-09
  • K-means based underdetermined blind speech separation
    S. Araki; H. Sawada; and S. Makino; +牧野 昭二
    2007-09
  • Frequency-domain blind source separation
    H. Sawada; S. Araki; and S. Makino; +牧野 昭二
    2007-09
  • Underdetermined blind source separation of convolutive mixtures by hierarchical clustering and L1-norm minimization
    S. Winter; W. Kellermann; H. Sawada; and S. Makino; +牧野...
    2007-09
  • Blind Speech Separation
    牧野 昭二
    2007-09
  • Blind source separation of convolutive mixtures of audio signals in frequency domain
    S. Makino; H. Sawada; R. Mukai; and S. Araki
    2006-05
  • Real-time blind source separation for moving speech signals
    R. Mukai; H. Sawada; S. Araki; and S. Makino; +牧野 昭二
    2005-03
  • Subband based blind source separation
    S. Araki; S. Makino
    2005-03
  • Frequency-domain blind source separation
    H. Sawada; R. Mukai; S. Araki; and S. Makino; +牧野 昭二
    2005-03
  • Speech Enhancement
    J. Benesty; S. Makino; and J. Chen
    2005-03
  • Speech Enhancement
    牧野 昭二
    2005-03
  • Blind source separation of convolutive mixtures of speech
    S. Makino
    2003-01
  • 通信会議設備
    牧野 昭二
    1999-10
  • 音響エコーキャンセラのための適応信号処理の研究
    牧野 昭二
    1993-03
会議発表等
  • a
    Makino Shoji
    a
  • 柔軟索状ロボットにおける独立低ランク行列分析と統計的音声強調に基づく高品質ブラインド音源分離の開発
    三井祥幹; 溝口聡; 猿渡洋; 越智景子; 北村大地; 小野順貴; ...
    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会/2017-05
  • Ego noise reduction for hose-shaped rescue robot combining independent low-rank matrix analysis and noise cancellation
    Narumi Mae; Daichi Kitamura; Masaru Ishimura; Takeshi Yam...
    APSIPA/2016-12
  • 音声のスペクトル領域とケプストラム領域における同時強調
    李莉; 亀岡弘和; 樋口卓哉; 猿渡洋; Makino Shoji
    信学技報 EA2014-75/2016-08
  • ランク1 空間モデル制約付き多チャネルNMFを用いた柔軟索状ロボットにおける雑音抑圧
    高草木萌; 北村大地; 小野順貴; 山田武志; Makino Shoji; 猿渡洋
    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会/2016-03
  • 独立低ランク行列分析と統計的音声強調を用いた柔軟索状ロボットにおけるブラインド音源分離システムの開発
    三井祥幹; 溝口聡; 猿渡洋; 越智景子; 北村大地; 小野順貴; ...
    日本音響学会2017年春季研究発表会/2017-03
  • 補助関数法による識別的NMFの基底学習アルゴリズム
    李莉; 亀岡弘和; Makino Shoji
    日本音響学会2017年春季研究発表会/2017-03
  • Discriminative non-negative matrix factorization with majorization-minimization
    Li L.; Kameoka H.; Makino Shoji
    HSCMA/2017-03-01--2017-03-03
  • Analysis of the brain activated distributions in response to full-body spatial vibrotactile stimuli using a tactile P300-based BCI paradigm
    Kodama T.; Makino Shoji
    Biomedical and Health Informatics (BHI)/2017-02
  • Ego noise reduction for hose-shaped rescue robot combining independent low-rank matrix analysis and multichannel noise cancellation
    Mae N.; Ishimura M.; Makino Shoji; Kitamura D.; Ono N.; Y...
    LVA/ICA/2017-02
  • Tactile brain-computer interface using classification of P300 responses evoked by full body spatial vibrotactile stimuli
    Kodama T.; Makino Shoji; Rutkowski T.M.
    APSIPA/2016-12
  • Full-body tactile P300-based brain-computer interface accuracy refinement
    Kodama T.; Shimizu K.; Makino Shoji; Rutkowski T.M.
    International Conference on Bio-engineering for Smart Technologies (BioSMART)/2016-12
  • Visual motion onset augmented reality brain-computer interface
    Shimizu K.; Kodama T.; Makino Shoji; Rutkowski T.M.
    International Conference on Bio-engineering for Smart Technologies (BioSMART)/2016-12
  • Toward a QoL improvement of ALS patients: Development of the full-body P300-based tactile brain-computer interface
    Kodama T.; Makino Shoji; Rutkowski T.M.
    AEARU Young Researchers International Conference/2016-09
  • Multi-talker speech recognition based on blind source separation with ad hoc microphone array using smartphones and cloud storage
    Ochi K.; Ono N.; Miyabe S.; Makino Shoji
    Interspeech/2016-09
  • Flexible microphone array based on multichannel nonnegative matrix factorization and statistical signal estimation
    Saruwatari H.; Takata K.; Ono N.; Makino Shoji
    International Congress on Acoustics/2016-09
  • Acoustic scene classification using deep neural network and frame-concatenated acoustic feature
    Gen Takahashi; Takeshi Yamada; Shoji Makino; Nobutaka Ono
    Detection and Classification of Acoustic Scenes and Events/2016-09
  • 音響ロスレス符号化MPEG-4 ALSのハイレゾ音源適応の検討と考察
    天田 将太; 鎌本 優; 原田 登; 杉浦 亮介; 守谷 健弘; 山田 ...
    日本音響学会2017年春季研究発表会/2017-03-15--2017-03-17
  • DNN-GMMと連結特徴量を用いた音響シーン識別の検討
    高橋 玄; 山田 武志; 小野 順貴; 牧野 昭二
    日本音響学会2017年春季研究発表会/2017-03-15--2017-03-17
  • SJ-CATにおける項目応答理論に基づく能力値推定の精度改善
    小野 友暉; 山田 武志; 菊地 賢一; 今井 新悟; 牧野 昭二
    日本音響学会2017年春季研究発表会/2017-03-15--2017-03-17
  • Ego-noise reduction for a hose-shaped rescue robot using determined Rank-1 multichannel nonnegative matrix factorization
    Moe Takakusaki; Daichi Kitamura; Nobutaka Ono; Takeshi Ya...
    IWAENC2016/2016-09-13--2016-09-16
  • Noise reduction using independent vector analysis and noise cancellation for a hose-shaped rescue robot
    Masaru Ishimura; Shoji Makino; Takeshi Yamada; Nobutaka O...
    IWAENC2016/2016-09-13--2016-09-16
  • Performance estimation of spontaneous speech recognition using non-reference acoustic features
    Ling Guo; Takeshi Yamada; Shoji Makino
    APSIPA2016/2016-12-13--2016-12-16
  • 伝達関数ゲイン基底NMFを用いた遠方雑音抑圧の実環境での評価
    松井 裕太郎; 牧野 昭二; 小野 順貴; 山田 武志
    第31回信号処理シンポジウム/2016-11-08--2016-11-10
  • ヴァーチャル多素子化に基づくSN比最大化ビームフォーマの残響に対する性能変化
    山岡 洸瑛; 小野 順貴; 山田 武志; 牧野 昭二
    日本音響学会秋季研究発表会/2016-09-14--2016-09-16
知的財産権
  • 音声信号処理装置及び方法
    小野 順貴; 宮部 滋樹; 牧野 昭二
  • 信号処理装置、信号処理方法、プログラム (ピッチ周波数に依存する可変ゲインによるポストフィルタリング方法)
    鎌本 優; 守谷 健弘; 原田 登; 千葉 大将; 宮部 滋樹; 山田 ...
  • 信号処理装置、信号処理方法、プログラム、記録媒体 (可変カットオフ周波数によるポストフィルタリング方法)
    鎌本 優; 守谷 健弘; 原田 登; 千葉 大将; 宮部 滋樹; 山田 ...
  • 方向情報分布推定装置, 音源数推定装置, 音源方向測定装置, 音源分離装置, それらの方法, それらのプログラム
    荒木 章子; 中谷 智広; 澤田 宏; 牧野 昭二
  • 複数信号区間推定装置, 複数信号区間推定方法, そのプログラムおよび記録媒体
    荒木 章子; 石塚 健太郎; 藤本 雅清; 中谷 智広; 牧野 昭二
  • 複数信号区間推定装置とその方法と, プログラムとその記録媒体
    荒木 章子; 石塚 健太郎; 藤本 雅清; 牧野 昭二
  • 信号分離装置, 信号分離方法, プログラム及び記録媒体
    澤田 宏; 荒木 章子; 牧野 昭二
  • 信号分離装置, 信号分離方法, 信号分離プログラム, 記録媒体
    澤田 宏; 荒木 章子; 牧野 昭二
  • 多信号強調装置, 方法, プログラム及びその記録媒体
    荒木 章子; 澤田 宏; 牧野 昭二
  • ブラインド信号抽出装置, その方法, そのプログラム, 及びそのプログラムを記録した記録媒体
    荒木 章子; 澤田 宏; Jan Cermak; 牧野 昭二
  • 信号分離装置, 信号分離方法, 信号分離プログラム及び記録媒体
    澤田 宏; 荒木 章子; 向井 良; 牧野 昭二
  • 信号分離装置, 信号分離方法, 信号分離プログラム及び記録媒体
    澤田 宏; 荒木 章子; 向井 良; 牧野 昭二
  • 信号分離装置, 信号分離方法, 信号分離プログラム及び記録媒体, 並びに, 信号到来方向推定装置, 信号到来方向推定方法, 信号到来方向推定プログラム及び記録媒体
    澤田 宏; 牧野 昭二; 荒木 章子; 向井 良
  • Device for blind source separation
    H. Sawada; S. Araki; R. Mukai; and S. Makino; +牧野 昭二
  • 信号到来方向推定装置, 信号到来方向推定方法, 信号到来方向推定プログラム及び記録媒体
    荒木 章子; 澤田 宏; 向井 良; 牧野 昭二
  • 信号到来方向推定方法, 装置, プログラムおよびこれを記録した記録媒体
    澤田 宏; 向井 良; 荒木 章子; 牧野 昭二
  • 信号分離装置, 信号分離方法, 信号分離プログラム及び記録媒体
    荒木 章子; 澤田 宏; 向井 良; 牧野 昭二
  • サブバンド反響消去方法
    牧野 昭二; 羽田 陽一; 中川 朗; 田中 雅史; 島内 末廣; 小島...
  • 信号分離装置, 信号分離方法, 信号分離プログラム及び記録媒体
    荒木 章子; 澤田 宏; 向井 良; 牧野 昭二
  • 信号分離装置, 信号分離方法, 信号分離プログラム及び記録媒体
    荒木 章子; 牧野 昭二; 澤田 宏; 向井 良
  • サブバンド多チャネル音声通信会議用反響消去方法
    牧野 昭二; 島内 末廣; 羽田 陽一; 中川 朗; 小島 順治
  • 信号抽出装置, 信号抽出方法, 信号抽出プログラム及び記録媒体
    澤田 宏; 荒木 章子; 向井 良; 牧野 昭二
  • 信号分離装置, 信号分離方法, 信号分離プログラム及び記録媒体
    澤田 宏; 向井 良; 荒木 章子; 牧野 昭二
  • 目的信号抽出方法及びその装置, 目的信号抽出プログラム及びその記録媒体
    荒木 章子; 澤田 宏; 牧野 昭二; 向井 良
  • Device for blind source separation
    S. Araki; H. Sawada; S. Makino; and R. Mukai
担当授業科目
2017-04 -- 2017-06情報(講義)筑波大学
2017-04 -- 2017-08知能情報メディア実験A筑波大学
2017-04 -- 2017-06音声メディア工学特論筑波大学
2017-10 -- 2018-02コンピュータサイエンス特別研究筑波大学
2017-04 -- 2017-08コンピュータサイエンス特別研究筑波大学
2017-10 -- 2017-12ディジタル信号処理筑波大学
2017-10 -- 2018-02コンピュータサイエンス特別演習B筑波大学
2017-04 -- 2017-08コンピュータサイエンス特別演習B筑波大学
2017-04 -- 2017-08コンピュータサイエンス特別演習A筑波大学
2017-10 -- 2018-02コンピュータサイエンス特別演習A筑波大学
授業以外の教育活動
2017-05 -- 2017-05Ph.D Dissertation External Examiner at Waseda University学外
2011-11 -- 2011-11Ph.D Dissertation External Examiner at the University of Rennes学外
2010-08 -- 2010-08Ph.D Dissertation External Examiner at Australian National University学外
2010-07 -- 2010-07Ph.D Dissertation External Examiner at the University Erlangen-Nuremberg学外
2010-04 -- 2010-04Ph.D Dissertation External Examiner at the University of Trento学外
2008-12 -- 2008-12Ph.D Dissertation External Examiner at the Blekinge Institute of Technology学外
2010-09 -- 2010-09Best Student Paper Award Jury at the 2010 International Conference on Independent Component Analysis and Signal Separation学外
2009-11 -- 2009-11Referee at the 2009 Digital Signal Processing Creative Design Contest, at Southern Taiwan University学外
2015-02 -- 2015-02Full Professorship External Examiner at at Bar-Ilan University学外
2015-02 -- 2015-02Senior Researcher position External Examiner at INRIA学外
一般講演
  • Advanced biological signal processing of human communications for healthcare engineering
    牧野 昭二
    2013 Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society/2013-07--2013-07
  • Blind audio source separation based on independent component analysis
    Makino Shoji
    National Chiao Tung University/2013-10--2013-10
  • Blind audio source separation based on independent component analysis
    S. Makino
    INRIA/2011-11-01
  • Blind audio source separation based on independent component analysis
    S. Makino
    Microsoft Research Asia/2011-10-01
  • Blind audio source separation based on independent component analysis
    S. Makino
    Northwestern Polytechnical University/2011-10-01
  • IEEE Signal Processing Society Kansai Chapter
    S. Makino
    Kansai University/2011-09-01
  • Blind audio source separation based on independent component analysis
    S. Makino
    University of Trento/2011-08-01
  • Blind speech separation based on independent component analysis and sparse component analysis
    S. Makino; H. Sawada
    2011 Annual Conference of the International Speech Communication Association, Florence, Italy/2011-08-01
  • Blind audio source separation based on independent component analysis
    S. Makino
    University of Edinburgh/2011-06-01
  • IEEE Signal Processing Society Distinguished Lecture Talk
    S. Makino
    University of Tsukuba/2010-12-01
  • Blind audio source separation based on independent component analysis
    S. Makino
    2010 Signal Processing Symposium, Image and Vision, Bogota, Colombia/2010-09-01
  • IEEE Signal Processing Society Distinguished Lecture Talk
    S. Makino
    University Erlangen-Nuremberg/2010-07-01
  • On the use of acoustic arrays in blind separation of convolutive mixtures
    S. Makino
    IEEE Workshop on Computational Advances in Multi-Channel Sensor Array Processing, Aruba, Dutch Antilles/2009-12-15
  • IEEE Signal Processing Society Distinguished Lecture Talk
    S. Makino
    National Kaohsiung University of Applied Sciences/2009-11-23
  • IEEE Signal Processing Society Distinguished Lecture Talk
    S. Makino
    Southern Taiwan University/2009-11-20
  • IEEE Signal Processing Society Distinguished Lecture Talk
    S. Makino
    National University of Tainan/2009-11-19
  • IEEE Signal Processing Society Distinguished Lecture Talk
    S. Makino
    Australian National University/2009-11-16
  • IEEE Signal Processing Society Distinguished Lecture Talk
    S. Makino
    Siemens Audiology/2009-02-01
  • IEEE Signal Processing Society Distinguished Lecture Talk
    S. Makino
    Technical University of Berlin/2009-02-01
  • IEEE Signal Processing Society Distinguished Lecture Talk
    S. Makino
    Ruhr University Bochum/2009-02-01
  • IEEE Signal Processing Society Distinguished Lecture Talk
    S. Makino
    Fraunhofer Institute for Integrated Circuits/2009-01-01
  • 独立成分分析に基づくブラインド音源分離
    牧野 昭二
    信学技報/2008-05-01
  • Blind audio source separation based on independent component analysis
    S. Makino; H. Sawada; and S. Araki
    2007 International Conference on Independent Component Analysis and Signal Separation, London, UK/2007-09-01
  • Audio source separation based on independent component analysis
    S. Makino; H. Sawada
    2007 IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing, Honolulu, Hawaii/2007-04-01
  • Audio source separation based on independent component analysis
    S. Makino
    Taiwan-Japan Joint Workshop on Speech Science and Technologies, Taipei, Taiwan/2007-03-01
学協会等委員
2009 -- 2010IEEE Signal Processing SocietyDistinguished Lecturer
2004 -- (現在)3. Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE)Fellow
1999 -- 20034. Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE)Senior Member
2015 -- (現在)Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE)Member of Jack S. Kilby Signal Processing Medal Committee
2008 -- 20115. Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE)James L. Flanagan Speech & Audio Processing Award Committee Member
2013 -- (現在)IEEE Signal Processing SocietyTechnical Directions Board Member
2009 -- 20117. IEEE Japan CouncilAwards Committee Member
2006 -- 2008IEEE Signal Processing SocietyAwards Board Member
2002 -- 2004IEEE Signal Processing SocietyConference Board Member
2002 -- 200510. Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE)Associate Editor of the IEEE Trans. SAP
学内管理運営業績
2017-02 -- 2017-03システム情報研究科 調査委員会委員
2016-11 -- 2016-12システム情報系 調査委員会委員
2016-04 -- (現在)コンピュータサイエンス専攻 施設委員会委員長
2016-04 -- (現在)情報科学類 学務委員会委員長
2016-04 -- 2017-03情報科学類 4年1クラス担任クラス担任
2015-04 -- 2016-03システム情報工学研究科 FD委員会委員
2014-04 -- 2016-03情報科学類 FD委員会委員長
2014-04 -- 2016-03コンピュータサイエンス専攻 FD委員会委員長
2014-04 -- 2015-03システム情報工学研究科 FD委員会委員長
2014-04 -- 2015-03全学FD委員会委員
メッセージ
人の声,音楽,雑踏の音を,人間はどう聞いているのでしょうか?二つの耳で捉え,脳で解釈する. このメカニズムをコンピュータで実現するには,どうしたら良いでしょうか? 音や脳波の信号処理の研究を通して,実社会で役に立つ様々なスキルを身に付けて欲しいと思います. 同時に,知力と人間力に磨きをかけ,自分の進むべき道を見つけ,自分の将来を自分で切り拓ける人間になって欲しいと思います.

(最終更新日: 2017-06-14)