現在地

星野 准一(ホシノ ジユンイチ; Hoshino, Junichi)

所属
システム情報系
職名
准教授
URL
研究キーワード
エンタテインメントコンピューティング
ゲームテクノロジー
生涯教育社会システム
研究課題
海洋環境コンテンツの制作を支援する仮想アクアリウム基盤の構築2015 -- 2016星野 准一日本学術振興会/挑戦的萌芽研究3510000
生活の質を高める次世代エンタテインメントシステムの研究 -- (現在)/
知能キャラクタ技術に基づくエンタテインメント・サービス基盤システムの構築2012 -- 2016日本学術振興会/基盤研究(B)5720000
実世界アウェアネスを持つショップキャラクタシステムの研究2009 -- 2011日本学術振興会/基盤研究(C)2860000
能動的ドラマ体験を生成する知的ゲームキャラクタ基盤技術2005 -- 2006日本学術振興会/基盤研究(B)10300000
人物動作の推定による実写画像とCGの合成2002 -- (現在)日本学術振興会/若手研究(B)1000000
職歴
1989-03 -- 1999-08セコム株式会社 IS研究所 研究員
1991-08 -- 1993-02マサチューセッツ工科大学 メディア研究所 客員研究員 (兼務)
1999-09 -- 2000-11新潟大学 大学院自然科学研究科 助手
2000-12 -- 2004-03筑波大学 機能工学系 講師
2004-04 -- 2009-04筑波大学 大学院システム情報工学研究科 講師
2009-05 -- (現在)筑波大学 システム情報工学研究科 准教授
学歴
-- 1989早稲田大学 理工学部 電子通信学科
-- 1999早稲田大学
取得学位
2012-03博士(デザイン学)筑波大学
1999博士(情報科学)早稲田大学
所属学協会
2005 -- (現在)芸術科学会
1998 -- (現在)情報処理学会
2008 -- (現在)人工知能学会
-- (現在)電子情報通信学会
2008 -- (現在)日本デザイン学会
2005 -- (現在)日本バーチャルリアリティ学会
2007 -- (現在)日本感性工学会
2001 -- (現在)Association for Computing Machinery
1998 -- (現在)Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE)
受賞
2015-03平成26年度 情報処理学会論文誌ジャーナル/JIP特選論文
2015-03第129回 情報処理学会コンピュータと教育研究会 学生奨励賞
2015-08第9回 キッズデザイン賞
2014-03映像表現・芸術科学フォーラム2014 最優秀賞 ポスター(シナリオ・キャラクター・ゲーム)セッション
2014-03映像表現・芸術科学フォーラム2014 CG-ARTS人材育成パートナー企業賞
2012-06平成23年度 電子情報通信学会インターネットアーキテクチャ研究賞
2010-03平成21年度 CG国際大賞 優秀賞
2007-12第6回 芸術科学会論文賞
2007-11第5回 芸術科学会展 インタラクション+ゲーム部門 優秀賞
2007-11第5回 芸術科学会展 デジタルシネマ部門 優秀賞
2007-10第2回 中山隼雄科学技術文化財団賞
2007-09第6回 芸術科学会論文誌 論文賞
2006-11第22回 NICOGRAPH論文コンテスト 審査員特別賞
2006-10第10回 文化庁メディア芸術祭 審査委員会推薦作品
2004-11第20回 NICOGRAPH論文コンテスト 優秀論文賞
2003-03第2回 船井情報科学奨励賞
論文
  • ニッチな市場における情報獲得と社会的交流を支援するコミュニケーションシステム
    梅村 豪; 浦野 幸; 里井 大輝; 星野 准一
    日本感性工学会論文誌/13(2)/pp.325-332, 2014
  • 深層学習による入力音響信号からのMIDI音色パラメータ推定(E分野:自然言語・音声・音楽,一般論文)
    瀧田 寿明; 櫛部 義之; 星野 准一; 矢澤 櫻子; 浜中 雅俊
    情報科学技術フォーラム講演論文集/13(2)/pp.271-272, 2014-08
  • ショッピングモール型ECサイトのための店舗情報視覚化システム
    大河原 一輝; 平野 廣美; 益子 宗; 星野 准一
    情報処理学会論文誌/56(3)/pp.847-855, 2015-03
  • 2段階確率モデルを用いた仮想ホタルの生命的モーション生成法(第1部門 CGモデリングと映像表現)
    里井 大輝; 中〓 久和巨; 星野 准一
    映像情報メディア学会冬季大会講演予稿集/(2013)/pp.1-3, 2013-12
  • 上肢の動きを認識するゲームコントローラによる動作解析(高齢者支援)
    林 勇希; 里井 大輝; 今澄 亮太; 秋場 猛; 星野 准一
    電子情報通信学会技術研究報告. WIT, 福祉情報工学/113(481)/pp.1-6, 2014-02
  • 形状と泳法の対応関係に基づく多様な魚類の遊泳モーション生成法(アニメーション,映像表現・芸術科学フォーラム2014)
    里井 大輝; 中[ダイ] 久和巨; 星野 准一
    映像情報メディア学会技術報告/38(16)/pp.45-46, 2014-03
  • 仮想骨格の推定による特殊メーク合成システム(デザイン,映像表現・芸術科学フォーラム2014)
    馬 寅凱; 孫 啓譜; 朝香 拓人; 浦野 幸; 星野 准一
    映像情報メディア学会技術報告/38(16)/pp.51-54, 2014-03
  • 昭和ナンジャコリャ : 若者から見て馴染みの薄い昭和時代のモノに着目した、高齢者と若者が一緒に楽しむことができるゲーム(ポスター(シナリオ・キャラクター・ゲーム),映像表現・芸術科学フォーラム2014)
    北尾 典子; 牟田 将史; 内山 俊朗; 星野 准一
    映像情報メディア学会技術報告/38(16)/pp.141-144, 2014-03
  • 法律業務のタスク構造化と支援システムに関する予備検討
    白鳥 和人; 今澄 亮太; 星野 准一
    情報処理学会研究報告. 人文科学とコンピュータ研究会報告/2015(6)/pp.1-6, 2015-01
  • 音楽理論GTTMに基づく映画の構造化手法
    竹内 星子; 浜中 雅俊; 星野 准一
    情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告/2015(6)/pp.1-8, 2015-03
  • 児童の音読トレーニング支援を目的とした読書介助アニマトロニクス
    中台久 和巨; 李 昇姫; 北島 宗雄; 星野 准一
    情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告/2015(10)/pp.1-8, 2015-03
  • 個人の趣味と性格要素に基づいたワークライフバランス支援システム
    木暮 勇人; 金子 賢司; 星野 准一
    情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告/2015(16)/pp.1-8, 2015-03
  • 複数人での芸術鑑賞における協調学習支援システム:SyncThink
    三浦 慎平; 星野 准一
    情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告/2015(18)/pp.1-8, 2015-03
  • 複数人での旅行における嗜好分析による観光地推薦システムの提案
    奥薗 基; 牟田 将史; 平野 廣美; 益子 宗; 星野 准一
    情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告/2015(19)/pp.1-8, 2015-03
  • 学習エージェントとの対話体験による数学学習支援ゲーム
    敷根 伸光; 山中 敏正; 星野 准一
    情報処理学会研究報告. コンピュータと教育研究会報告/2015(3)/pp.1-8, 2015-03
  • Intelligent Closet : Efficient Browsing of Clothes for On-Line Fashion Shopping
    Muta Masafumi; Masuko Soh; Hoshino Junichi
    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集/2012(2)/pp.S-92-S-93, 2012-08
  • 吹き矢の楽しさを増強するVR空間の提案
    石川 優; 浦野 幸; 于 沛超; 星野 准一
    映像情報メディア学会年次大会講演予稿集/(2012)/pp.2-5-1-"2-5-2", 2012-08
  • ディスプレイ上におけるコーディネートを考慮した衣服探索を支援するシステム
    牟田 将史; 益子 宗; 星野 准一
    情報科学技術フォーラム講演論文集/11(3)/pp.405-406, 2012-09
  • RakuTenpo:ショッピングモール型ECサイトにおける店舗視覚化システム
    大河原 一輝; 平野 廣美; 益子 宗; 林 靖之; 星野 准一
    情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告/2014(6)/pp.1-6, 2014-03
  • 魅力的な顔になるためのメークアップ支援システム
    孫 啓譜; 浦野 幸; 星野 准一
    情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告/2014(33)/pp.1-7, 2014-03
  • EFfEct:エピソードを用いた歴史文化学習ゲームシステム
    東本 遼太郎; 森 崇志; 中井 仁大; 星野 准一
    情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告/2014(80)/pp.1-6, 2014-03
  • プレイヤ行動の模倣に基づくAIキャラクタ行動ルールの自動生成
    張 輝陽; 星野 准一
    情報処理学会研究報告. GI, [ゲーム情報学]/2014(5)/pp.1-4, 2014-03
  • 実環境における災害体験ゲームシステムの開発
    浦野 幸; 于 沛超; 遠藤 靖典; 星野 准一
    情報処理学会論文誌/54(1)/pp.357-366, 2013-01
  • 動きの突発性と多様性に基づく生命的アニメーションシステム
    里井 大輝; 中台 久和巨; 星野 准一
    情報処理学会研究報告. グラフィクスとCAD研究会報告/2013-CG-150(1)/pp.1-8, 2013-02
  • Region-Based Reconstruction of an Indoor Scene Using an Integration of Active and Passive Sensing Techniques
    星野 准一
    IEEE 3rd Int. Conf. on Computer Vision, ICCV90/p.568-572, 1990-12
著書
  • Game System of Coordination Skills Training for Elderly People
    Shikine Nobumitsu; Hayashi Yuki; Akiba Takeshi; Tanasaki ...
    ENTERTAINMENT COMPUTING - ICEC 2016/pp.24-37, 2016
  • Entertianment Computing: Technologies and Applications
    Ryohei Nakatsu; Junichi Hoshino
    2003-01
  • Incremental Learning Algorithm for Online Action Game System
    Hoshino Junichi; Mori Hiroshi
    ENTERTAINMENT COMPUTING - ICEC 2009/pp.319-322, 2009-01
会議発表等
  • HMDを用いた家庭用ゲームにおけるVR酔いを抑えた移動手法の予備検討
    Hoshino Junichi
    第43回EC研究発表会
  • Lifestyle Agent:生活習慣管理の意識付けを支援する対話システム
    Hoshino Junichi
    第43回EC研究発表会/2017-03-10--2017-03-11
  • AniReco : ユーザの嗜好を反映させたアニメ作品推薦システム
    Hoshino Junichi
    第172回ヒューマンコンピュータインタラクション研究発表会
  • 実店舗へ誘客するパートナーキャラクターシステムの構築
    Hoshino Junichi
    第172回ヒューマンコンピュータインタラクション研究発表会/2017-03-06--2017-03-07
  • Game System of Coordination Skills Training for Elderly People
    Shikine Nobumitsu; Hayashi Yuki; Akiba Takeshi; Tanasaki ...
    15th IFIP TC 14 International Conference on Entertainment Computing (ICEC)/2016-09-28--2016-09-30
  • Unified Motion Planner for Fishes with Various Swimming Styles
    Satoi Daiki; Hagiwara Mikihiro; Uemoto Akira; Nakadai His...
    ACM SIGGRAPH Conference/2016-07-24--2016-07-28
  • アプリケーション開発環境MADEおけるUI層の設計概念
    星野 准一
    情報処理学会第38回全国大会____/1989-03
  • 平面の検出に基づく室内の復元
    星野 准一
    情報処理学会コンピュータビジョン研究会報告___65_65-3/1990-03
  • 平面の検出に基づく局所3D空間の再構成
    星野 准一
    電子情報通信学会春季全国大会,D-573,7-325____/1990-03
  • 予測・観測誤差間の誤差最小化に基づくカメラの自己定位
    星野 准一
    電子情報通信学会秋季大会,D-259,6-261____/1991-09
  • 環境モデルの参照によるマルチカメラシステムの視野制御手法
    星野 准一
    第156回画像電子学会研究会96-06-05____17-20/1996-05
  • 監視画像からの複数移動物体の抽出
    星野 准一
    画像電子学会年次大会____38-39/1996-06
  • 動画像からのパノラマ画像の実時間生成
    星野 准一
    信学技報PRMU-98-105____67-74/1999-01
  • 映像からのパノラマ画像の実時間生成と可視化
    星野 准一
    画像センシングシンポジウムS(]G0002[)99____147-152/1999-06
  • 人物動作の推定による実写画像とCGの合成
    星野 准一
    画像の認識・理解シンポジウム MIRU2000,(]G0002[)-139____/2000-07
  • 利用者の動作と連動する仮想メークシステム
    星野 准一
    電子情報通信学会信越支部大会____/2000-10
  • 固有空間法による個性的な動作の生成
    星野 准一
    電子情報通信学会信越支部大会____/2000-10
  • 視覚情報による仮想動物の動作の学習と生成
    星野 准一
    電子情報通信学会信越支部大会____/2000-10
  • ビデオ映像からの動作推定によるアニメーション作成支援
    星野 准一
    電子情報通信学会信越支部大会____/2000-10
  • 視覚を有する仮想俳優の動作プランニング
    星野 准一
    信学技報PRMU2000-23~24__1000_134_1-8/2001-01
  • ディジタルクローン俳優のための動画像解析と動作生成
    星野 准一
    信学技報PRMU2000-23~24__1000_134_9-14/2001-01
  • ビデオ画像とCGの合成によるヴァーチャルファッションの実現
    星野 准一
    信学技報PRMU2000-23~24__1000_134_15-22/2001-01
  • Incremental Learning Algorithm for Online Action Game System
    Hoshino Junichi; Mori Hiroshi
    8th International Conference on Entertainment Computing (ICEC 2009)
担当授業科目
2017-11 -- 2018-02機能工学システム基礎実験III筑波大学
2017-11 -- 2018-02知的工学システム基礎実験III筑波大学
2017-10 -- 2018-02知能機能システムコラボラトリー演習IIb筑波大学
2017-04 -- 2017-08知能機能システムコラボラトリー演習IIb筑波大学
2017-10 -- 2018-02知能機能システム特別演習XIII(専門分野を活かした社会貢献等)筑波大学
2017-04 -- 2017-08知能機能システム特別演習XIII(専門分野を活かした社会貢献等)筑波大学
2017-04 -- 2017-06機能工学システム基礎実験I筑波大学
2017-10 -- 2018-02知能機能システム特別演習(後期課程)筑波大学
2017-04 -- 2017-08知能機能システム特別演習(後期課程)筑波大学
2017-10 -- 2018-02知能機能システムコラボラトリー演習IIa筑波大学
学協会等委員
2008 -- (現在)芸術科学会評議員
2005 -- 2006情報処理学会エンタテインメントコンピューティング研究会,主査
2008 -- (現在)人工知能学会評議員
2005 -- (現在)日本バーチャルリアリティ学会評議員
2004 -- 2005Association for Computing MachineryInternational Conference on Advances in Computer
その他の活動
-- (現在)筑波大学 平成24年度プレ戦略イニシアティブ(研究プロジェクト提案型)に採択されました。 「工学・デザイン・感性科学に基づく革新的プロダクトデザイン基盤の構築」 (Building Revolutionary Product Design Platform based on Integration of Engineering, Design and Kansei Science)
メッセージ
工学・デザイン・人間科学の融合により,生活の質を向上させる遊び・健康・学習を支援する次世代エンタテインメントシステムの研究を行っています。 また、大学・企業・自治体の連携により、持続的な生涯学習社会を共創するための、理論、基盤技術、サービスの開発に取り組んでいます。

(最終更新日: 2017-06-28)