現在地

葛岡 英明(クズオカ ヒデアキ; Kuzuoka, Hideaki)

face
所属
システム情報系
職名
教授
生年月
1962-10
URL
研究分野
制御・システム工学
制御・システム工学
研究キーワード
CSCW
グループウェア
遠隔コミュニケーション
バーチャルリアリティ
共同学習
人間ロボットインタラクション
研究課題
連鎖的相互行為を支援する超時空間遠隔対話システムの研究開発2017 -- 2019葛岡 英明日本学術振興会/基盤研究(B)17810000
実空間を教材化するタンジブル拡張現実感教材ツールキットの開発と実用化の研究2015-08 -- 2016-03葛岡 英明/筑波大学研究基盤支援プログラム(Bタイプ)2338000
テレワークにおける遠隔従事者の存在感と状態表現手段の検証2015-08 -- 2016-03葛岡 英明/㈱KDDI研究所/企業からの受託研究600000
コミュニケーションを強化する実世界インタラクション技術の研究2015-07 -- 2016-05葛岡 英明/沖電気工業(株)/企業からの受託研究1620000
集団的問題解決のための自律的組織構築能力を育成する教育システムに関する実証的研究2014-04 -- 2017-03鈴木 栄幸日本学術振興会/科学研究費助成事業 基盤研究(B)1430000
観察・実験中の思考活動をナビゲーションするAR教材システムの実証的研究2014-04 -- 2017-03久保田 善彦日本学術振興会/科学研究費補助金 基盤研究(B)2730000
うつ病患者の家族看護者のストレス軽減を支援する情報技術に関する研究2014-04 -- 2017-03山下 直美日本学術振興会/科学研究費基盤研究(B)3887520
協調的ジェスチャを支援する技術の設計と評価2000 -- (現在)/国際共同研究
ネットワーク型多面ディスプレイを用いた臨場感コミュニケーションシステムの研究開発1998 -- 2001/出資金による受託研究
遠隔システムに必要なコラボレーション機能の開発とその評価, 及び新機能の検討2003 -- 2003/企業からの受託研究
職歴
2006-04 -- (現在)筑波大学 教授
学歴
-- 1986東京大学 工学部 機械工学卒業
-- 1992東京大学 工学系研究科 情報工学修了
取得学位
博士(工学)東京大学
工学修士
所属学協会
-- (現在)Association for Computing Machinery
-- (現在)情報処理学会
-- (現在)電子情報通信学会
-- (現在)日本ソフトウェア科学会
-- (現在)日本バーチャルリアリティ学会
-- (現在)日本ロボット学会
受賞
2016-09-09FIT奨励賞
2017-3-16山下記念賞
2016-03-31学生奨励賞
2015-12-12ベストプレゼンテーション賞日本科学教育学会第3回研究会(若手活性化委員会開催)における優れたポスター発表
2014-11GNWS2014ベストペーパー賞
2015-03情報処理学会論文誌ジャーナル特選論文
2015-04CHI 2015 Honorable Mention Paper
2012-06-05情報処理学会論文賞
2011-03-16東レ理科教育賞 佳作
2010-06-03サイバースペース研究賞
2008-04-07CHI 2008 Honorable mention paper
2004-09-09日本バーチャルリアリティ学会、2004年度論文賞
2003ヒューマンインタフェースシンポジウム2003優秀プレゼンテーション賞
2001ヒューマンインタフェース学会学術奨励賞
1993第8回電気通信普及財団賞
論文
  • タンジブル学習環境を利用した効果的な学習手順の検討
    葛岡 英明; 木村 諒; 田代 祐己; 久保田 善彦; 鈴木 栄幸; 加...
    教育システム情報学会誌/34(2)/pp.155-165, 2017-04
  • Embedded Reference: Translocating Gestures in Video-Mediated Interaction
    Luff Paul; Heath Christian; Yamashita Naomi; Kuzuoka Hide...
    RESEARCH ON LANGUAGE AND SOCIAL INTERACTION/49(4)/pp.342-361, 2016-10
  • 遠隔作業指示における身体動作提示が予期に及ぼす影響
    山本拓弥; 大槻 麻衣; 葛岡 英明
    研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)/2016-HCI-167(17), 2016-03
  • ウェブアプリケーションを用いたうつ病患者家族支援に関する研究
    服部一樹; 葛岡 英明; 山下直美
    研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)/2016-HCI-167(12)/pp.1-8, 2016-03
  • ステレオAR環境における半透明ランダムドットマスクが奥行き知覚に与える影響
    大槻 麻衣; 葛岡 英明
    研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)/2016-HCI-167(2), 2016-03
  • Next Room: 扉型インタフェースを用いた遠隔コミュニケーション支援システムの提案
    川口 一画; 遠藤 優; 葛岡 英明
    インタラクション2016論文集(インタラクティブ発表)/pp.744-745, 2016-03
  • ロボットによる身体ねじりが対話者の身体配置に与える影響に関する研究
    川口一画; 葛岡 英明; 山下淳; 鈴木雄介
    情報処理学会インタラクション2016論文集/pp.21-28, 2016-03
  • 眼球型ディスプレイによる視線方向提示手法の開発
    河野 大器; 大槻 麻衣; 葛岡 英明; 鈴木 雄介
    研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)/2016-HCI-166(2)/pp.1-6, 2016-01
  • みまもメイト:家族介護者のための介護記録用Webアプリの開発とその効果
    山下直美; 葛岡 英明; 平田佳二; 工藤喬; 荒牧英治; 服部一樹
    情報処理学会インタラクション2016論文集/pp.1-10, 2016-03
  • 学習者同期型アバタを用いた天文学習支援システム
    木村 諒; 田代祐己; 葛岡 英明; 久保田善彦; 大槻麻衣; 鈴木...
    日本科学教育学会研究会研究報告/30(3)/pp.41-46, 2015-12
  • Analysis of Depth Perception with Virtual Mask in Stereoscopic AR
    Mai Otsuki; Kuzuoka Hideaki; Paul Milgram
    Proceedings of Joint conference of 25th International Conference on Artificial Reality and Telexistence (ICAT 2015) and 20th Eurographics Symposium on Virtual Environments (EGVE 2015)/pp.45-52, 2015-10
  • Perceptual Evaluation of Non-verbal Cues from a Humanoid Robot for Multi-Party Teleconferences
    Jianfeng Xu; Shigeyuki Sakazawa; Yusuke Matsumura; Kuzuok...
    Proceedings of IEEE International Conference on Mechatronics and Automoation (IEEE ICMA 2015)/pp.1168-1173, 2015-08
  • Study on Gaze Direction Perception of Face Image Displayed on Rotatable Flat Display
    Ikkaku Kawaguchi; Kuzuoka Hideaki; Yusuke Suzuki
    Proceedings of CHI 2015/pp.1729-1737, 2015-05
  • Flexible Ecologies and Incongruent Locations
    Paul Luff; Naomi Yamashita; Kuzuoka Hideaki; Christian Heath
    Proceedings of CHI 2015/pp.877-886, 2015-05
  • Please Show Me Inside: Improving the Depth Perception Using Virtual Mask in Stereoscopic AR
    Mai Otsuki; Yuko Kamioka; Yuka Kitai; Mao Kanzaki; Kuzuok...
    SIGGRAPH ASIA 2015 Art Gallery & Emerging Technologies, 2015-11
  • ARにおけるステレオ疑似透過が透明知覚と奥行き知覚に与える効果に関する研究
    大槻 麻衣; 葛岡 英明; Paul Milgram
    ヒューマンインタフェース学会論文誌/17(3)/pp.43-52, 2015-08
  • ロボットの身体方向が鑑賞者の身体配置に与える影響に関する研究(身体性と視覚,人との対話に注目したクラウドネットワークロボット,及び一般)
    伊藤 巧; 葛岡 英明
    電子情報通信学会技術研究報告. CNR, クラウドネットワークロボット/113(372)/pp.29-34, 2013-12
  • 回転するディスプレイに表示される顔画像の注視方向知覚に関する研究
    川口 一画; 葛岡 英明; 鈴木 雄介
    情報処理学会論文誌/56(3)/pp.1059-1067, 2015-03
  • 小型遠隔対話用ディスプレイの運動が社会的テレプレゼンスに与える影響に関する研究
    遠藤 優; 川口 一画; 葛岡 英明; 鈴木 雄介
    情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告/2015(1)/pp.1-5, 2015-05
  • アジア太平洋地域におけるHCI分野の新しい学会設立の動き
    北村 喜文; 黒須 正明; 葛岡 英明; 中小路 久美代; 暦本 純一
    ヒューマンインタフェース学会誌 = Journal of Human Interface Society : human interface/15(1)/pp.63-65, 2013-02
  • オントロジー構築作業を支援すること : エスノグラフィに基づく考察」 : 第3回 HI学会特別講演会
    池谷 のぞみ; 葛岡 英明
    ヒューマンインタフェース学会誌 = Journal of Human Interface Society : human interface/15(3)/p.244, 2013-08
  • 顔画像認識によるユーザ選択機能を実装した相互評価システムの実装と評価(学習支援システムの新展開/一般)
    山下 淳; 加藤 浩; 葛岡 英明; 鈴木 栄幸
    電子情報通信学会技術研究報告. ET, 教育工学/113(229)/pp.81-86, 2013-09
  • Assembling Collaboration: Informing the Design of Interaction Spaces
    Luff Paul; Patel Menisha; Kuzuoka Hideaki; Heath Christian
    RESEARCH ON LANGUAGE AND SOCIAL INTERACTION/47(3:::SI)/pp.317-329, 2014
  • 国際電話会議の負担を軽減する手法の提案と評価
    山下 直美; エチェニーケ アンディ; 葛岡 英明; 石田 亨; ハ...
    情報処理学会論文誌/54(6)/pp.1794-1806, 2013-06
  • Understanding the Conflicting Demands of Family Caregivers Caring for Depressed Family Members
    Yamashita Naomi; Kuzuoka Hideaki; Hirata Keiji; Kudo Takashi
    Proceedings of ACM Conference on Human Factors in Computing Systems (CHI’13)/pp.2637-2646, 2013-04
著書
  • 認知的道具のデザイン(共著)
    葛岡 英明
    2001-01
  • ヒューマンコンピュータインタラクション(共著)
    葛岡 英明
    2002-01
  • 芸術の生まれる場
    木下直之; 関直子; 川口幸也; 五十殿利治; 森田利仁; 塚田美...
    2009-03
  • Media Space 20+ Years of Mediated Life (Computer Supported Cooperative Work)
    Paul Luff; Hideaki Kuzuoka; Christian Heath; Keiichi Yama...
    2009-06
  • バーチャルリアリティ学
    葛岡英明; 小木哲朗; 廣瀬通孝
    2010-01
会議発表等
  • ステレオAR環境における半透明ランダムドットマスクが奥行き知覚に与える影響
    大槻 麻衣; 葛岡 英明
    研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)/2016-HCI-167(2)/2016
  • 遠隔作業指示における身体動作提示が予期に及ぼす影響
    山本拓弥; 大槻 麻衣; 葛岡 英明
    研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)/2016-HCI-167(17)/2016-03-08--2016-03-09
  • Hand-Skill Learning Using Outer-Covering Haptic Display
    Yem Vibol; Kuzuoka Hideaki; Yamashita Naomi; Ohta Shoichi...
    9th International Conference on Haptics - Neuroscience, Devices, Modeling, and Applications (EuroHaptics)/2014
  • 機器操作圧力を計測するシステムの開発と評価
    村上 舜; 今村 隆雄; 葛岡 英明; 山下 直美; 原田 悦子; 茂...
    SIG-CE-07/2013-05-30--2013-05-31
  • 机上の利用状況の推定に関する研究
    末永 輝光; 熊岸 正夫; 山下 淳; 葛岡 英明
    ヒューマンインタフェースシンポジウム 2007 論文集____1109-1112/2007-09
  • 動作共有による気管挿管の教育支援に関する研究
    山岡 正英; 山下 淳; 葛岡 英明; 竹内 保男; 太田 祥一; 行岡...
    ヒューマンインタフェースシンポジウム 2007 論文集____395-400/2007-09
  • PDAのタッチ画面操作時における操作特性に関する研究
    飯崎 裕史; 市丸 俊亮; 山下 淳; 葛岡 英明
    電子情報通信学会技術研究報告_電子情報通信学会_108_88_51-56/2008-06
  • タンジブル地球儀システムを利用した天文学習カリキュラムの検討
    西川悟史; 山下 淳; 葛岡 英明; 加藤 浩
    電子情報通信学会技術研究報告_電子情報通信学会_108_88_57-62/2008-06
  • 状況内評価を記録する相互評価端末:Sounding Board
    市丸 俊亮; 飯崎 裕史; 山下 淳; 加藤 浩; 鈴木 栄幸; 葛岡 英明
    WISS 2008予稿集_ソフトウェア科学会___7-12/2008-11
  • 多言語間チャットによる対象指示コミュニケーションの分析
    稲葉利江子; 山下直美; 葛岡 英明
    信学技報__108_441_49-54/2009-02-27--2009-02-27
  • 多言語間チャットによる対象指示コミュニケーションの分析
    稲葉利江子; 山下直美; 葛岡英明
    信学技報__108_441_49-54/2009-02-20
  • 天文教育を支援するタンジブル地球儀システム
    西川悟史; 山下淳; 葛岡英明
    インタラクション2009予稿集____67-68/2009-03
  • 鑑賞者が好意を持って接することができる博物館ガイドロボットの振舞いに関する考察
    阿部和彦; 赤嶺裕樹; 山下 淳; 葛岡英明; 山崎敬一
    情報処理学会研究報告__2010-EC-15_26_1-6/2010-03
  • 中学校理科におけるタンジブル地球儀システムの利用
    久保田善彦 西川悟史 増沢喜良 山下淳 葛岡英明; +葛岡 英明
    日本科学教育学会年会論文集__34__473-474/2010-09
  • 動作教示に注目した気管挿管教育支援システムの開発
    ヤェムヴィボル; 葛岡 英明
    第15回日本バーチャルリアリティ学会大会/2010-09-15--2010-09-17
  • タンジブル地球儀システムの利用による中学生の日周運動と自転の理解
    久保田善彦 大崎貢 葛岡英明; +葛岡 英明
    第9回臨床教科教育学会セミナー発表論文集____69-70/2011-01
  • 無言のロボットによる注意誘導の研究
    鈴木祐也; 葛岡英明; 山下 淳; 山崎敬一; 山崎晶子; 久野義徳
    ヒューマンインタフェイスシンポジウム2007論文集____/2007
  • 動作共有による気管挿管の教育支援に関する研究(第2報)
    山岡正英; 葛岡英明; 山下 淳; 竹内保男; 太田祥一
    ヒューマンインタフェイスシンポジウム2008論文集____639-644/2008
  • ロボットの発話途中の沈黙と言い直しによる人の注意誘導の試み
    葛岡英明; 川口一画; 鈴木祐也; 山下淳
    VR学研報__14_CS-1_1-6/2009-02
  • Working documents
    Luff P; Kuzuoka H; Heath C; Yamashita J; Yamazaki K
    5th Pacific Rim Conference on Multimedia/2004-11-30--2004-12-03
  • Position tracking using infra-red signals for museum guiding system
    Hiyama A; Yamashita J; Kuzuoka H; Hirota K; Hirose M
    2nd International Symposium on Ubiquitous Computing Systems/2004-11
作品
  • 太平洋地域における広域遠隔教育システムの実験
    葛岡 英明
  • Experimene on Global Distance Education System for Pacific Region
    葛岡 英明
担当授業科目
2017-10 -- 2018-02知能機能システムコラボラトリー演習IIb筑波大学
2017-04 -- 2017-08知能機能システムコラボラトリー演習IIb筑波大学
2017-10 -- 2018-02知能機能システム特別演習XIII(専門分野を活かした社会貢献等)筑波大学
2017-04 -- 2017-08知能機能システム特別演習XIII(専門分野を活かした社会貢献等)筑波大学
2017-10 -- 2017-12工学システム特別講義筑波大学
2017-10 -- 2018-02知能機能システム特別演習(後期課程)筑波大学
2017-04 -- 2017-08知能機能システム特別演習(後期課程)筑波大学
2017-04 -- 2017-08知能機能システムコラボラトリー演習IIa筑波大学
2017-10 -- 2018-02知能機能システムコラボラトリー演習IIa筑波大学
2017-04 -- 2017-08知能機能システムコラボラトリー演習IV筑波大学
一般講演
  • 工学と社会科学による共同研究の実践
    葛岡英明
    電子情報通信学会 ヒューマンコミュニケーション基礎研究会/2010-08-27
  • CSCW研究におけるデータ収集と分析・評価
    葛岡英明
    情報処理学会ユビキタスコンピューティングシステム研究会/2010-07-16
  • 工学と社会学の協調によるCSCW研究の実践
    葛岡英明
    DICOMO 2010/2010-07-08
学協会等委員
2007-08 -- 2008-08CollabTech 2008, General Chair
2008-08 -- 2009-08CollabTech 2009, General Chair
2008-07 -- 2009-03Association for Computing Machinery/Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE)ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction (HRI 2009) Program Committee
2009-07 -- 2010-03Association for Computing Machinery/Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE)ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction (HRI 2010) Program Committee
2010-04 -- 2011-03Association for Computing MachineryACM Conference on Computer Supported Cooperative Work (CSCW 2011) Associate Chair
2010-07 -- 2011-03Association for Computing Machinery/Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE)ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction (HRI 2011) Program Committee
2008-06 -- 2009-02Association for Computing MachineryACM International Workshop on Intercultural Collaboration (IWIC 2009) Program Committee
2008-04 -- 2008-11Association for Computing MachineryACM Conference on Computer Supported Cooperative Work (CSCW 2008) Associate Chair
2010-04 -- 2011-03Association for Computing MachineryACM Conference on Computer Supported Cooperative Work (CSCW 2011) Interactive Papers Co-Chair
2009-04 -- 2010-02Association for Computing MachineryACM Conference on Computer Supported Cooperative Work (CSCW 2010) Associate Chair

(最終更新日: 2017-06-25)