現在地

山下 淳(ヤマシタ ジュン; Yamashita, Jun)

所属
システム情報系
職名
講師
生年月
1974-08
URL
eメール
 
研究分野
制御・システム工学
知能機械学・機械システム
教育工学
研究キーワード
グループウェア
実世界指向インタフェイス
教育工学
エスノメソドロジ
研究課題
共同学習の場における即時的な評価を支援する相互評価端末Sounding Board の開発と評価2005-04 -- (現在)/
ネットワークオークションの研究2007-10 -- (現在)/
天文学習用タンジブル地球儀インタフェイスの開発 -- (現在)/
鑑賞者の身体状況に応じて鑑賞物の情報を提供できる博物館ガイドの開発2008 -- 2010日本学術振興会/基盤研究(C)4550000
動作教示に注目した気管挿管教育支援システムの研究2009 -- 2011日本学術振興会/基盤研究(B)50000
天文学習における空間認識能力の向上を目的とした地球儀型学習教材の開発2009 -- 2010日本学術振興会/挑戦的萌芽研究50000
プロジェクト・ベース学習による協調学習の支援と評価に関する実践的研究2007 -- 2009日本学術振興会/基盤研究(B)500000
プロジェクト・ベース学習による協調学習の支援と評価に関する実践的研究2007 -- 2009日本学術振興会/基盤研究(B)1250000
大学生の授業外議論を支援するテーブル型情報スタンドの研究2007 -- 2008日本学術振興会/萌芽研究800000
動作教示に注目した気管挿管教育支援システムの研究2006 -- 2008日本学術振興会/基盤研究(B)300000
職歴
1999-04 -- 2002-03日本学術振興会 特別研究員(DC1)
2002-05 -- 2005-03東京大学 先端科学技術研究センター 科学技術振興特任教員(特任助手)
2005-04 -- (現在)筑波大学 大学院システム情報工学研究科知能機能システム専攻 講師
学歴
1993-04 -- 1997-03筑波大学 第三学群 工学システム学類卒業
1997-04 -- 1999-03筑波大学 理工学研究科 理工学専攻修了
1999-04 -- 2002-03筑波大学 工学研究科 知能機能工学専攻単位取得満期退学
取得学位
2002-07博士(工学)筑波大学
所属学協会
1997 -- (現在)情報処理学会
1997 -- (現在)ヒューマンインタフェース学会
-- (現在)日本バーチャルリアリティ学会
-- (現在)日本教育工学会
受賞
2011-03-16東レ理科教育賞 佳作
2010-06-03日本バーチャルリアリティ学会サイバースペースと仮想都市研究委員会
2007-04ACM SIGCHI2007 Work-in-Progress honorable mention(best 12 posters)
2005-09日本バーチャルリアリティ学会論文賞(共著)
2004-12-19計測自動制御学会SI2004ベストセッション講演賞(共著)
2004-09日本バーチャルリアリティ学会論文賞(共著)
2003-10ヒューマンインタフェースシンポジウム2003 優秀プレゼンテーション賞(共著)
2001-03ヒューマンインタフェース学会学術奨励賞(共著)
論文
  • 顔画像認識によるユーザ選択機能を実装した相互評価システムの実装と評価(学習支援システムの新展開/一般)
    山下 淳; 加藤 浩; 葛岡 英明; 鈴木 栄幸
    電子情報通信学会技術研究報告. ET, 教育工学/113(229)/pp.81-86, 2013-09
  • Test Production of an Asynchronous Distance Learning System for Palpation Training-based on a Pressure Distribution Blended into a Video--A Support to Objectively Assessing the Performances of Clinical Nurses
    Ryota Shibusawa; Hideaki Kuzuoka; Jun Yamashita
    Proceedings of ASIAGRAPH 2009/p.80-83, 2009-10
  • Agora: A Remote Collaboration System that Enables Mutual Monitoring
    Hideaki Kuzuoka; Jun Yamashita; Keiichi Yamazaki; Akiko Y...
    Proc of CHI'99 Extended Abstract/p.190-191, 1999-01
  • Agora: Supporting Multi-participant Telecollaboration
    Jun Yamashita; Hideaki Kuzuoka; Keiichi Yamazaki; Akiko Y...
    Proc. of HCI Int'l '99, Vol.2/p.443-447, 1999-01
  • 相互モニタリングが可能な遠隔共同作業支援システムの開発
    山下 淳; 葛岡英明; 山崎敬一; 山崎晶子; 加藤 浩; 鈴木栄幸;...
    日本バーチャルリアリティ学会論文誌/4(3)/p.495-504, 1999-01
  • All-Around Display for Video Avatar in Real World
    Hiroyuki Maeda; Kazuhiko Hirose; Jun Yamashita; Koichi Hi...
    The Second IEEE and ACM International Symposium on Mixed and Augmented Reality (ISMAR2003)/p.288-289, 2003-01
  • Supporting Paper Mediated Video Conference with Agora System
    Jun Yamashita; Hideaki Kuzuoka; Paul Luff; Christian Heat...
    ACM CSCW2002 Video Proceeding, 2003-01
  • スケーラブルVRシステムを用いた教育用コンテンツの試作 -マヤ文明コパン遺跡における歴史教育-
    安藤 真; 吉田和弘; 谷川智洋; 王 燕康; 山下 淳; 葛岡英明; ...
    日本バーチャルリアリティ学会論文誌/8(1)/p.65-74, 2003-01
  • A Real World Role-Playing Game as an Application of the Guide System in a Museum
    Atsushi Hiyama; Jun Yamashita; Yuichi Nishimura; Teiichi ...
    The 14th International Conference on Artificial Reality and Telexistence(ICAT 2004)/p.29-34, 2004-01
  • Simple Position Tracking using Infra-red for Museum Guide Application
    Atsushi Hiyama; Jun Yamashita; Koichi Hirota; Michitaka H...
    2nd International Symposium on Ubiquitous Computing System (UCS 2004), 2004-01
  • Virtual Leading Blocks for the Deaf-Blind: A Real-Time Way-Finder by Verbal-Nonverbal Hybrid Interface and High-Density RFID Tag Space
    Tomohiro Amemiya; Jun Yamashita; Koichi Hirota; Michitaka...
    IEEE Virtual Reality 2004/p.165-172, 2004-01
  • Real World Video Avatar: Transmission and Presentation of Human Figure
    Hiroyuki Maeda; Tomohiro Tanikawa; Jun Yamashita; Koichi ...
    IEEE Virtual Reality 2004/p.237-238, 2004-01
  • A Case Study of Museum Exhibition Historical Learning in Copan Ruins of Mayan Civilization
    Tomohiro Tanikawa; Makoto Ando; Yankang Wang; Kazuhiro Yo...
    IEEE Virtual Reality 2004/p.257-258, 2004-01
  • Working Documents
    Paul Luff; Hideaki Kuzuoka; Christian Heath; Jun Yamashit...
    Proc. of 2004 Pacific-Rim Conference on Multimedia/p.81-88, 2004-01
  • Working Hands: Emboding Interaction for Healthcare
    Hideaki Kuzuoka; Jun Yamasita; Keiichi Yamazaki; Tetsuo Y...
    9th European Conference on Computer-Supported Cooperative Work(ECSCW'05) Extended Abstract/p.125-127, 2005-01
  • Ubiquitous Gaming - An application of a Real World Role Playing Game in a Museum -
    Yuichi Nishimura; Atsushi Hiyama; Jun Yamashita; Teiichi ...
    Proceedings of the 2005 ASIAGRAPH/1(1)/p.23-24, 2005-01
  • A Study of User Interaction in Real World Role-playing Game in a Museum Field
    Atsushi Hiyama; Jun Yamashita; Yuichi Nishimura; Teiichi ...
    11th International Conference on Human - Computer Interaction, Las Vegas USA, 2005-01
  • Application of Behavioral Interface for Museum Guide
    Atsushi Hiyama; Jun Yamashita; Yuichi Nishimura; Teiichi ...
    1st Forum on the Promotion of European and Japanese Culture and Traditions in Cyber-Societies and Virtual Reality, Laval Virtual 2005, 2005-01
  • The Effect of Tangible Avatar Interface on Virtual Space Navigation
    Hideaki Kuzuoka; Chiaki Fujimon; Jun Yamashita; Michitaka...
    proc of HCI International 2005, 2005-01
  • Handling Documents and Discriminating Objects in Hybrid Spaces
    Paul Luff; Christian Heath; Hideaki Kuzuoka; Keiichi Yama...
    In proc. of ACM SIGCHI 2006 Abstract/p.561-571, 2006-01
  • Design Concept of "Sounding Board": A Handheld Device for Peer Assessment
    Hiroshi Kato; Jun Yamashita; Toshiaki Ichimaru; Hideyuki ...
    In Proc. of IADIS International Conference on Cognition and Exploratory Learning in Digital Age (CELDA 2006)/p.309-312, 2006-01
  • Sounding Board: A Handheld Device for Mutual Assessment in Education
    Jun Yamashita; Hiroshi Kato; Toshiaki Ichimaru; Hideyuki ...
    in Proc. of CHI2007 Extended Abstract/p.2783-2788, 2007-01
  • Tangible Avatar and Tangible Earth: A Novel Interface for Astronomy Education
    Jun Yamashita; Hideaki Kuzuoka; Chiaki Fujimon; Michitaka...
    in Proc. of CHI2007 Extended Abstract/p.2777-2782, 2007-01
  • Happy Mean Approach toward Practical Desktop Conference System
    Hideaki Kuzuoka; Jun Yamasita; Takashi Kurihara; Keiichi ...
    in Proc. of CollabTech2007/p.123-127, 2007-01
  • Study on an Attention Drawing Robot to Support Art Appreciation --Drawing Visitor's Attention by a Wordless Robot's Gestures --
    Hideaki Kuzuoka; Yuya Suzuki; Jun Yamashita; Keiichi Yama...
    Proc. of Asiagraph 2007/p.159-160, 2007-01
著書
  • 実画像を用いた遠隔地間コミュニケーション支援「Agora System」
    山下 淳; 葛岡英明
    2002-01
  • RFタグの開発と応用 第5章 バーチャルリアリティへの応用
    廣瀬 通孝; 山下 淳
    2003-01
  • 遠隔共同作業支援システムAgoraの開発
    山下 淳;
    2004-01
  • 確かな学力を育てるITの先進的な教育利用 第3章第6節 バーチャルリアリティの教育応用
    山下 淳
    2004-01
  • Creating Assemblies in Media Space: Recent Developments in Enhancing Access to Workspaces, in Media Space 20+ Years of Mediated Life (Computer Supported Cooperative Work)
    Luff; P.; Kuzuoka; H.; Heath; C.; Yamazaki; K.; and Yamas...
    2009-06
会議発表等
  • 机上の利用状況の推定に関する研究
    末永 輝光; 熊岸 正夫; 山下 淳; 葛岡 英明
    ヒューマンインタフェースシンポジウム 2007 論文集____1109-1112/2007-09
  • 動作共有による気管挿管の教育支援に関する研究
    山岡 正英; 山下 淳; 葛岡 英明; 竹内 保男; 太田 祥一; 行岡...
    ヒューマンインタフェースシンポジウム 2007 論文集____395-400/2007-09
  • 共同学習を支援するためのツール「アルゴカード」の開発
    山下 淳; 葛岡英明; 鈴木栄幸; 加藤 浩
    情報処理学会研究会報告,97-GW-23,ISSN0919-6072____/1997
  • 臨場感のある遠隔共同作業空間の構築
    山下 淳; 葛岡英明; 山崎敬一
    第14回ヒューマン・インタフェース・シンポジウム論文集____463-468/1998
  • 遠隔共同作業における身体配置の再構成
    山下 淳; 葛岡英明; 山崎敬一
    日本バーチャルリアリティ学会第5回大会論文集____/2000
  • 机型ディスプレイのためのペン型触覚フィードバックデバイスの開発
    沼田 啓; 葛岡英明; 山下 淳
    ヒューマン・インタフェース・シンポジウム(HIS)2000論文集____447-450/2000
  • AgoraG:遠隔操作型レーザポインタと書画カメラを備えた遠隔共同作業支援システム
    山下 淳; 葛岡英明; Paul Luff; 山崎敬一; 山崎 晶子
    ヒューマン・インタフェース・シンポジウム(HIS)2001論文集____/2001
  • 実世界を指向した遠隔共同学習机の開発
    山下 淳; 井上直人; 葛岡英明; Paul Luff; 山崎敬一
    日本バーチャルリアリティ学会研究会報告(サイバースペースと仮想都市研究会),CSVC 2002-05__7_1_27-32/2002
  • 直接的な指さしを支援する書画カメラシステムの構築
    井上直人; 山下 淳; 葛岡英明; 山崎敬一 情報処理学会研究報...
    *EMPTY*__38__25-32/2002
  • ウェアラブル,およびモバイルコンピュータ用屋外仮想研究環境の構築
    山下 淳; 檜山 敦; 雨宮智浩; 小林一郎; 広田光一; 廣瀬通孝
    第20回ヒューマンインタフェース学会研究会「ウェアラブル&ユーザビリティ」____/2002
  • 実世界を指向した遠隔コミュニケーション空間の開発
    山下 淳; 井上直人; 葛岡英明
    日本バーチャルリアリティ学会サイバースペースと仮想都市研究会 第5回シンポジウム「生活に浸透するサイバースペース」予稿集____59-64/2002
  • 指さし行為における身体性を考慮したビデオ会議システムの開発
    山下 淳; 井上直人; 葛岡英明; 山崎敬一
    計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会____/2002
  • 歴史教育のためのスケーラブルVRコンテンツの試作
    安藤 真; 吉田和弘; 谷川智洋; 王 燕康; 山下 淳; 葛岡英明; ...
    計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会____/2002
  • Virtual Reality Technology and Museum Exhibit -The Networked Virtual Copan-
    Michitaka Hirose; Hideaki Kuzuoka; Makoto Ando; Tomohiro ...
    Proc. of ICAT 2003____/2003
  • RFIDタグを用いた位置情報取得システムの精度向上に関する研究
    小林一郎; 雨宮智浩; 檜山 敦; 山下 淳; 廣瀬通孝
    日本バーチャルリアリティ学会ウェアラブル/アウトドアVR研究委員会第3回研究会____1-2/2003
  • シアター型VRによる博物館展示における知覚・生体反応
    寿崎和臣; 山下 淳; 広瀬太郎; 中山伸一; 葛岡英明; 廣瀬通孝
    日本バーチャルリアリティ学会第8回大会論文集____57-60/2003
  • スケーラブルVRのネットワークによる3D同期システム
    吉田和弘; 谷川智洋; 安藤 真; 王 燕康; 山下 淳; 葛岡英明; ...
    日本バーチャルリアリティ学会第8回大会論文集____115-118/2003
  • 実空間ビデオアバタのための全周ディスプレイシステムの試作と評価
    前田寛幸; 山下 淳; 広田光一; 廣瀬通孝
    日本バーチャルリアリティ学会第8回大会論文集____163-166/2003
  • 視覚障害者誘導のためのバーチャル点字ブロックの開発
    雨宮智浩; 山下 淳; 広田光一; 廣瀬通孝
    日本バーチャルリアリティ学会第8回大会論文集____359-360/2003
  • 博物館向けシアター型 VR コンテンツの演示手法を用いた展示と評価
    山下 淳; 寿崎和臣; 安藤 真; 小黒久史; 広瀬太郎; 葛岡英明;...
    日本バーチャルリアリティ学会第8回大会論文集____399-402/2003
  • MPEG-4符号化技術を用いたVRコンテンツストリーミング配信の検討
    王 燕康; 安藤 真; 谷川智洋; 吉田和弘; 岩崎 量; 山下 淳; ...
    日本バーチャルリアリティ学会第8回大会論文集____411-414/2003
  • タンジブルアバタを利用したVR空間ナビゲーションインタフェースの構築と評価
    藤門千明; 安藤 真; 山下 淳; 吉田和弘; 葛岡英明; 廣瀬通孝
    日本バーチャルリアリティ学会第8回大会論文集____501-504/2003
  • 実空間ビデオアバタのための全周ディスプレイシステムの開発
    前田寛幸; 山下 淳; 広田光一; 廣瀬通孝
    ヒューマンインタフェースシンポジウム2003論文集____49-52/2003
  • VRにおけるタンジブルナビゲーションシステムの開発
    藤門千明; 安藤 真; 山下 淳; 吉田和弘; 葛岡英明; 廣瀬通孝
    ヒューマンインタフェースシンポジウム2003論文集____447-448/2003
  • ネットワーク接続型 VR による体験学習システムの開発と評価
    山下 淳; 安藤 真; 吉田和弘; 谷川智洋; 王 燕康; 加藤 浩; ...
    ヒューマンインタフェースシンポジウム2003論文集____647-650/2003
作品
  • 「TRANSMUSIC 対話する作曲家 猿谷紀郎~コンピュータ・メディア・アーティスト岩井俊雄氏を迎えて
    山下 淳
  • デジタルアートフェスティバル東京2003「光ノ笙~笙の音を光に帰す~(岩井俊雄・宮田まゆみ)」
    山下 淳
  • 特別展「テレビゲームとデジタル科学展」(主催:国立科学博物館・TBS・株式会社読売広告社)ユビキタスゲーミングシステム
    山下 淳
担当授業科目
2017-10 -- 2018-02知能機能システムコラボラトリー演習IIb筑波大学
2017-04 -- 2017-08知能機能システムコラボラトリー演習IIb筑波大学
2017-10 -- 2018-02知能機能システム特別演習XIII(専門分野を活かした社会貢献等)筑波大学
2017-04 -- 2017-08知能機能システム特別演習XIII(専門分野を活かした社会貢献等)筑波大学
2017-10 -- 2018-02知能機能システム特別演習(後期課程)筑波大学
2017-04 -- 2017-08知能機能システム特別演習(後期課程)筑波大学
2017-10 -- 2018-02知能機能システムコラボラトリー演習IIa筑波大学
2017-04 -- 2017-08知能機能システムコラボラトリー演習IIa筑波大学
2017-04 -- 2017-08知能機能システムコラボラトリー演習IV筑波大学
2017-10 -- 2018-02知能機能システムコラボラトリー演習IV筑波大学
一般講演
  • 「五感情報通信とウェアラブルVR」
    山下 淳
    特定非営利活動法人ウェアラブルコンピュータ研究開発機構(チームつかもと) 第1回東京定例会/2004-06-16
  • 「ユビキタス・ゲーミング-博物館におけるユビキタス情報支援システムの実証実験-」
    山下 淳
    電子情報通信学会2005総合大会グループ特別企画 マッシブセンシング:大規模センサ群の人間社会への展開/2005-03-22
  • 「バーチャルリアリティの技術動向と実用化に向けて」
    山下 淳
    財団法人中国技術振興センター 平成17年度第1回産学官研究交流会ITソリューション研究交流会/2005-07-27
  • "A Real World Role-Playing Game as an Application of the Guide System in a Museum"
    山下 淳
    Saitama University Workshop on Ambient Intelligence/2005-12-19
  • 「タンジブル地球儀-パソコンを利用した天文学習のための操作インタフェース」
    山下 淳
    特定領域研究「新世紀型理数科系教育の展開研究」主催シンポジウム: 『青年期にはぐくむ思考力 ― 教育と脳機能』(2007年12月1日)/2007-12-01
学協会等委員
2008 -- (現在)ヒューマンインタフェース学会学会誌担当委員
2006 -- (現在)日本バーチャルリアリティ学会論文誌担当委員

(最終更新日: 2014-04-30)