現在地

石田 健一郎(イシダ ケンイチロウ; ISHIDA, Ken-ichiro)

所属
生命環境系
職名
教授
性別
男性
科研費番号
30282198
URL
電話
029-853-7877
Fax
029-853-6614
研究分野
生物多様性・分類
進化生物学
細胞生物学
研究キーワード
藻類
原生生物
分類
進化
多様性
葉緑体(オルガネラ)
一次共生
二次共生
分子系統
微細構造
研究課題
クロララクニオン藻成立に至る宿主ケルコゾアの進化2015-04 -- 2018-03石田健一郎独立行政法人日本学術振興会/科学研究費補助金基盤研究(B)(一般)
ポーリネラの珪酸被殻構築機構と生物による珪酸外被形成の進化の解明に向けた初期研究2014 -- 2015石田 健一郎日本学術振興会/挑戦的萌芽研究3900000
二次共生における共生藻のオルガネラ化過程の解明2011 -- 2015文部科学省/新学術領域研究30940000
クロララクニオン藻で初めての細胞分裂様式の解明およびその多様性と進化に関する研究2009 -- 2011日本学術振興会/基盤研究(C)4940000
藻類・プロティスト複合系の多様性研究の基盤構築2009 -- 2012日本学術振興会/基盤研究(A)
ヌクレオモルフの自律性から探る葉緑体二次共生藻類の成立過程2009 -- 2010日本学術振興会/萌芽研究
二次共生による葉緑体獲得に伴うクロララクニオン藻の“植物”への適応進化の研究  2006 -- 2008日本学術振興会/基盤研究(C)4080000
ヌクレオモルフゲノムをモデルとした共生者ゲノムの縮小進化に関する比較ゲノム解析 2006 -- 2007文部科学省/特定領域研究9300000
シンビオジェネシスにおける共生者ゲノムの縮小進化に関する研究2004 -- 2004文部科学省/特定領域研究
花期に関与する遺伝子を指標とした交雑起源種の種分化機構の解析2002 -- 2004日本学術振興会/基盤研究(B)
職歴
1996-04 -- 1997-03山形大学 理学部生物学科 助手
1996-10 -- 1998-09ブリティッシュコロンビア大学 植物学科 キラム-ポストドクトラル-リサーチフェロー
1998-10 -- 2000-09日本学術振興会 ブリティッシュコロンビア大学植物学科 海外特別研究員
2000-10 -- 2002-01ブリティッシュコロンビア大学 植物学科 ポストドクトラル-リサーチフェロー
2002-02 -- 2004-03金沢大学 理学部生物学科 講師
2004-04 -- 2006-03金沢大学 大学院自然科学研究科 助教授
2006-04 -- 2011-04筑波大学 大学院生命環境科学研究科構造生物科学専攻 准教授
2011-05 -- (現在)筑波大学 生命環境系 教授
学歴
1985-04 -- 1989-03筑波大学 第二学群 生物学類卒業
1990-04 -- 1996-03筑波大学 生物科学研究科その他
取得学位
1996-07博士(理学)筑波大学
所属学協会
-- (現在)日本植物学会
-- (現在)日本進化学会
2003 -- (現在)日本進化原生生物研究会
1990 -- (現在)日本藻類学会
-- (現在)International Phycological Society
1998 -- (現在)International Society for Evolutionary Protistology
2004 -- (現在)International Society of Endocytobiology
-- (現在)Phycological Society of America
1996 -- (現在)Society for Molecular Biology and Evolution
受賞
2007-03-24第10回日本藻類学会論文賞
2005-09日本植物学会賞 奨励賞
論文
著書
  • 葉緑体と共生
    ISHIDA Ken-ichiro
    共生微生物 -生物と密接に関わるミクロな生命体-/pp.202-212, 2016-10
  • 藻類の系統
    ISHIDA Ken-ichiro
    進化の謎をゲノムで解く/pp.166-175, 2015-09
  • Taxonomy and Molecular Phylogeny of the Chlorarachniophyta
    石田 健一郎
    1996-07
  • 藻類ハンドブック
    渡辺信; 井上勲; 他115名; +石田 健一郎
    2012
  • ヌクレオモルフー新しい細胞像ー
    原慶明; 恵良田真由美; 石田健一郎
    1992-01
  • クロラクニオン藻綱 Chlorarachniophyceae.
    石田健一郎
    1993-01
  • クロラクニオン藻綱
    石田健一郎
    1996-01
  • クロララクニオン植物門.
    石田健一郎
    1997-01
  • 葉緑体包膜の起源
    石田健一郎
    1999-01
  • クロララクニオン植物門.
    原慶明; 石田健一郎
    1999-01
  • 共生核の運命
    石田健一郎
    1999-01
  • 二次共生由来の葉緑体へのタンパク質輸送機構ーユーグレナの場合ー
    石田健一郎
    2000-01
  • ルビスコ遺伝子群の複雑な進化
    石田健一郎
    2000-01
  • 葉緑体の誕生は一回だった?
    石田健一郎
    2000-01
  • アルベオラータと不等毛藻の葉緑体は共通の起源から進化した
    石田健一郎
    2001-01
  • 一生使える使い捨て葉緑体-ウミウシのクレプトクロロプラスト-
    石田健一郎
    2001-01
  • 藻類はなぜカラフルになりえたか
    石田健一郎
    2001-01
  • パラオ海水湖における海産大型藻類の固有進化
    原慶明; 堀口健雄; 半澤直人; 石田健一郎; 横山亜紀子; 保科...
    2002-01
  • 葉緑体の水平伝搬がもたらした藻類多様性:切っても切れない原生動物との関係
    石田健一郎; 中山剛
    2003-01
  • Protein targeting into plastids: a key to understand the symbiogenetic acquisitions of plastids.
    Ishida K.
    2005-01
  • 真核生物におけるGAPDH遺伝子の複雑な進化
    瀧下清貴; 石田健一郎; 丸山正
    2006-10
  • レーヴン/ジョンソン 生物学(下)
    R; J Biology翻訳委員会 監訳; 石田健一郎(他100名); +石...
    2007-05
  • クラーク 分子生物学
    監訳:田沼靖一; 訳者:石田健一郎(他27名)
    2007-12
  • The chlorarachniophytes: evolution and classification.
    Ishida K.; Yabuki A.; Ota S.
    2007-12
  • 葉緑体の誕生と水平伝播
    石田健一郎; 小池さやか; 平川泰久
    2007-01
担当授業科目
2017-03 -- 2017-03植物分類学臨海実習筑波大学
2016-12 -- 2017-02植物系統分類学セミナーAIII筑波大学
2016-12 -- 2017-02植物系統分類学研究法AIII筑波大学
2017-01 -- 2017-02プロティストロジー(原生生物学)特講筑波大学
2017-01 -- 2017-02Protistology筑波大学
2016-11 -- 2017-02多様性生物科学講究III筑波大学
2016-11 -- 2017-02多様性生物科学セミナーDIII筑波大学
2016-11 -- 2017-02多様性生物科学セミナーEIII筑波大学
2016-11 -- 2017-02多様性生物科学セミナーCIII筑波大学
2016-11 -- 2016-12系統分類・進化学概論筑波大学
授業以外の教育活動
2012-10 -- 2012-11非常勤講師(神戸大学)学外
一般講演
  • 有殻アメーバ Paulinella chromatophora の珪酸質被殻形成過程における微細構造観察
    野村真未; 中山卓郎; 宮村新一; 本村泰三; 長里千香子; 石田...
    日本植物学会第76回大会/2012-09-01
  • 球形黄緑色藻 Botrydiopsis alpina および B. callosa の分類学的再検討
    平美砂歌; 野水美奈; 中山剛; 井上勲; 石田健一郎
    日本植物学会第76回大会/2012-09-01
  • クロララクニオン藻におけるmtDNAの比較解析
    鈴木重勝; 白戸秀; 石田健一郎
    日本植物学会第76回大会/2012-09-01
  • クロララクニオン藻ヌクレオモルフゲノムの比較解析
    白戸秀; 鈴木重勝; 小池さやか; 中山卓郎; 平川泰久; 石田健一郎
    第1回マトリョーシカ型生物学研究会/2012-07-21
  • クロララクニオン藻Bigelowiella natansの核分裂過程に関する微細構造観察
    秋山茉莉花; 藤田咲也; 遠藤寛子; 石田健一郎
    第1回マトリョーシカ型生物学研究会/2012-07-20
  • Paulinella chromatophoraにおける鱗片の形成と接着について
    野村真未; 中山卓郎; 宮村新一; 本村泰三; 長里千香子; 石田...
    日本藻類学会第36回大会/2012-07-15
  • 無色ストラメノパイルSRT153株の分類学的研究
    白鳥峻志; 石田健一郎
    日本藻類学会第36回大会/2012-07-14
  • Morphology and phylogeny of a new imbricatean flagellate (phylum Cercozoa)
    Shiratori T.; Yokoyama A.; Ishida K.
    Protist 2012/2012-07-30
  • Comparative analysis of nucleomorph genomes among three chlorarachniophytes
    Shirato S.; Suzuki S.; Nakayama T.; Hirakawa Y.; Koike S....
    Protist 2012/2012-08-02
  • Fine structural observation of shell formation in a rhizarian testate amoeba Paulinella chromatophora
    Nomura M.; Nakayama T.; Motomura T.; Nagasato C.; Ishida K.
    Protist 2012/2012-07-30
  • Endosymbiosis, plastid acquisition and the chlorarachniophytes
    Ishida K.
    Protist 2012/2012-07-30
  • 二次共生のマトリョーシカ型進化
    石田健一郎; 皿井千裕; 白戸秀; 鈴木重勝; 平川泰久
    日本植物学会シンポジウム「マトリョーシカ型進化と植物: その多様性から分子基盤まで」/2012-09-01
  • Comparative analysis of chlorarachniophyte nucleomorph genomes.
    Shirato S.; Suzuki S.; Nakayama T.; Hirakawa Y.; Koike S....
    The 6th Asian Pacific Phycological Forum/2011-10-09
  • Taxonomic study on a newly isolated Botrydiopsis-like alga, the strain TIR56 (Xanthophyceae).
    Taira M.; Nomizu M.; Nakayama T.; Inouye I.; Ishida K.
    The 6th Asian Pacific Phycological Forum/2011-10-09
  • Taxonomic study on a new naked thaumatomonad (Phylum Cercozoa).
    Shiratori T.; Yabuki A.; Ishida K.
    Joint Meeting of the Phycological Society of America, International Society of Protistologists and Northwest Algal Symposium Memorial Symposium/2011-07-12
  • How does Paulinella chromatophora (Euglyphida, Cercozoa) build a daughter's shell?
    Nomura M.; Nakayama T.; Ishida K.
    Joint Meeting of the Phycological Society of America, International Society of Protistologists and Northwest Algal Symposium Memorial Symposium/2011-07-12
  • Tsukubamonas globosa gen. et sp. nov.; a novel excavate flagellate possibly hold a key for the early evolution in "Discoba".
    Akinori Yabuki; T. Nakayama; N.Yubuki; T. Hashimoto; K. I...
    The 18th Meeting of the International Society for Evolutionary Protistology/2010-07-01
  • A novel plastid-targeting signal of a chlorarachniophyte alga.
    Yoshihisa Hirakawa; K. Ishida
    The 18th Meeting of the International Society for Evolutionary Protistology/2010-07-01
  • Comparative analysis of nucleomorph introns in chlorarachniophytes.
    Shu Shirato; S. Suzuki; H. Endo; Y. Hirakawa; S. Koike; T...
    The 18th Meeting of the International Society for Evolutionary Protistology/2010-07-01
  • Paulinella chromatophora possesses TPI-GAPDH fusion protein gene presumably transferred from the stramenopile lineage.
    Takuro Nakayama; K. Ishida; F. Kasai
    The 18th Meeting of the International Society for Evolutionary Protistology,/2010-07-01
  • New test formation in a euglyphid testate amoeba Paulinella chromatophora.
    Mami Nomura; T. Nakayama; K. Ishida
    The 18th Meeting of the International Society for Evolutionary Protistology,/2010-07-01
  • Minicircle DNA sequences of a freshwater dinoflagellate Heminidium nasutum.
    Satomi Owari; K. Ishida
    The 18th Meeting of the International Society for Evolutionary Protistology/2010-07-01
  • Observation on floating cells of a possible new neustonic xanthophyte alga collected from an artificial pond-cave
    Misaka Taira; M. Nomizu; T. Nakayama; I. Inouye; K. Ishida
    The 18th Meeting of the International Society for Evolutionary Protistology/2010-07-01
  • クロララクニオン藻P314 株における巨大多核細胞の分裂過程の解明
    工藤 敦子; 石田 健一郎
    日本藻類学会第34回大会/2010-03-01
  • 水面浮揚性黄緑色藻の一培養株の分類学的位置と浮揚様式
    平 美砂歌・野水 美奈・中山 剛・井上 勲・石田 健一郎; +石...
    日本藻類学会第34回大会/2010-03-01
学協会等委員
2009 -- 2010日本植物学会会計担当理事
2005 -- 2008日本植物学会JPR 編集委員
2012 -- 2013日本進化学会執行部 生物科学学会連合担当
2003 -- (現在)日本進化原生生物研究会庶務幹事
2007 -- 2009日本藻類学会英文誌(Phycological Research) 編集長
2007 -- 2008日本藻類学会評議員
2005 -- 2006日本藻類学会庶務幹事
2004 -- 2006日本藻類学会英文誌(Phycological Research) 編集委員
2000 -- 2005日本藻類学会和文紙編集実行委員
2012 -- 2014International Phycological SocietyPhycologia associate editor
学内管理運営業績
2017-04 -- (現在)山岳科学センター長
2015-04 -- 2017-03菅平高原実験センター長

(最終更新日: 2017-07-03)