現在地

石田 健一郎(イシダ ケンイチロウ; ISHIDA, Ken-ichiro)

所属
生命環境系
職名
教授
性別
男性
科研費番号
30282198
URL
電話
029-853-7877
Fax
029-853-6614
研究分野
生物多様性・分類
進化生物学
細胞生物学
研究キーワード
藻類
原生生物
分類
進化
多様性
葉緑体(オルガネラ)
一次共生
二次共生
分子系統
微細構造
研究課題
オーランチオキトリウム由来DHAの水産養殖への高度利用技術の開発2014-10 -- 2017-03石田健一郎内閣府/農研機構/SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)(次世代農林水産業想像技術)
クロララクニオン藻成立に至る宿主ケルコゾアの進化2015-04 -- 2018-03石田健一郎独立行政法人日本学術振興会/科学研究費補助金基盤研究(B)(一般)
ポーリネラの珪酸被殻構築機構と生物による珪酸外被形成の進化の解明に向けた初期研究2014 -- 2015石田 健一郎日本学術振興会/挑戦的萌芽研究3,900,000円
二次共生における共生藻のオルガネラ化過程の解明2011 -- 2015文部科学省/新学術領域研究30,940,000円
クロララクニオン藻で初めての細胞分裂様式の解明およびその多様性と進化に関する研究2009 -- 2011日本学術振興会/基盤研究(C)4,940,000円
藻類・プロティスト複合系の多様性研究の基盤構築2009 -- 2012日本学術振興会/基盤研究(A)
ヌクレオモルフの自律性から探る葉緑体二次共生藻類の成立過程2009 -- 2010日本学術振興会/萌芽研究
二次共生による葉緑体獲得に伴うクロララクニオン藻の“植物”への適応進化の研究  2006 -- 2008日本学術振興会/基盤研究(C)4,080,000円
ヌクレオモルフゲノムをモデルとした共生者ゲノムの縮小進化に関する比較ゲノム解析 2006 -- 2007文部科学省/特定領域研究9,300,000円
シンビオジェネシスにおける共生者ゲノムの縮小進化に関する研究2004 -- 2004文部科学省/特定領域研究
職歴
1996-04 -- 1997-03山形大学 理学部生物学科 助手
1996-10 -- 1998-09ブリティッシュコロンビア大学 植物学科 キラム-ポストドクトラル-リサーチフェロー
1998-10 -- 2000-09日本学術振興会 ブリティッシュコロンビア大学植物学科 海外特別研究員
2000-10 -- 2002-01ブリティッシュコロンビア大学 植物学科 ポストドクトラル-リサーチフェロー
2002-02 -- 2004-03金沢大学 理学部生物学科 講師
2004-04 -- 2006-03金沢大学 大学院自然科学研究科 助教授
2006-04 -- 2011-04筑波大学 大学院生命環境科学研究科構造生物科学専攻 准教授
2011-05 -- (現在)筑波大学 生命環境系 教授
学歴
1985-04 -- 1989-03筑波大学 第二学群 生物学類卒業
1990-04 -- 1996-03筑波大学 生物科学研究科その他
取得学位
1996-07博士(理学)筑波大学
所属学協会
2017-11 -- (現在)日本共生生物学会
1992 -- (現在)日本植物学会
2004 -- (現在)日本進化学会
2003 -- (現在)日本進化原生生物研究会
1990 -- (現在)日本藻類学会
1992 -- (現在)International Phycological Society
1998 -- (現在)International Society for Evolutionary Protistology
2004 -- (現在)International Society of Endocytobiology
1991 -- (現在)Phycological Society of America
1996 -- (現在)Society for Molecular Biology and Evolution
受賞
2007-03-24第10回日本藻類学会論文賞
2005-09日本植物学会賞 奨励賞
論文
著書
  • 筑波大学の山岳科学への取り組み
    津田吉晃; 廣田充; 山中勤; 安立美奈子; 立花 敏; 出川洋介; ...
    登山白書2017, 山と渓谷社, pp.126-129, 2017-07
  • 葉緑体と共生
    ISHIDA Ken-ichiro
    共生微生物 -生物と密接に関わるミクロな生命体-, 化学同人, pp.202-212, 2016-10
  • 藻類の系統
    ISHIDA Ken-ichiro
    進化の謎をゲノムで解く, 秀潤社, pp.166-175, 2015-09
  • Taxonomy and Molecular Phylogeny of the Chlorarachniophyta
    石田 健一郎
    1996-07
  • 藻類ハンドブック
    渡辺信; 井上勲; 他115名; +石田 健一郎
    NTS, 2012
  • ヌクレオモルフー新しい細胞像ー
    原慶明; 恵良田真由美; 石田健一郎
    植物細胞工学 植物細胞工学, 1992-01
  • クロラクニオン藻綱 Chlorarachniophyceae.
    石田健一郎
    藻類の生活史集成 第3巻 単細胞性・鞭毛藻類 藻類の生活史集成 第3巻 単細胞性・鞭毛藻類 内田老鶴舗, 1993-01
  • クロラクニオン藻綱
    石田健一郎
    週刊朝日百科 「植物の世界ー139号 藻類 緑藻類」 週刊朝日百科 「植物の世界ー139号 藻類 緑藻類」 朝日新聞社, 1996-01
  • クロララクニオン植物門.
    石田健一郎
    藻類多様生の生物学 藻類多様生の生物学 内田老鶴圃, 1997-01
  • 葉緑体包膜の起源
    石田健一郎
    藻類 藻類, 1999-01
  • クロララクニオン植物門.
    原慶明; 石田健一郎
    バイオディバーシティ・シリーズ 3 藻類の多様性と系統 バイオディバーシティ・シリーズ 3 藻類の多様性と系統 裳華房, 1999-01
  • 共生核の運命
    石田健一郎
    バイオディバーシティ・シリーズ 3 藻類の多様性と系統 バイオディバーシティ・シリーズ 3 藻類の多様性と系統 裳華房, 1999-01
  • 二次共生由来の葉緑体へのタンパク質輸送機構ーユーグレナの場合ー
    石田健一郎
    藻類 藻類, 2000-01
  • ルビスコ遺伝子群の複雑な進化
    石田健一郎
    藻類 藻類, 2000-01
  • 葉緑体の誕生は一回だった?
    石田健一郎
    藻類 藻類, 2000-01
  • アルベオラータと不等毛藻の葉緑体は共通の起源から進化した
    石田健一郎
    藻類 藻類, 2001-01
  • 一生使える使い捨て葉緑体-ウミウシのクレプトクロロプラスト-
    石田健一郎
    藻類 藻類, 2001-01
  • 藻類はなぜカラフルになりえたか
    石田健一郎
    藻類 藻類, 2001-01
  • パラオ海水湖における海産大型藻類の固有進化
    原慶明; 堀口健雄; 半澤直人; 石田健一郎; 横山亜紀子; 保科...
    月刊海洋号外 月刊海洋号外, 2002-01
  • 葉緑体の水平伝搬がもたらした藻類多様性:切っても切れない原生動物との関係
    石田健一郎; 中山剛
    生物科学 生物科学, 2003-01
  • Protein targeting into plastids: a key to understand the symbiogenetic acquisitions of plastids.
    Ishida K.
    J. Plant Res. J. Plant Res., 2005-01
  • 真核生物におけるGAPDH遺伝子の複雑な進化
    瀧下清貴; 石田健一郎; 丸山正
    生体の科学57巻, 2006-10
  • レーヴン/ジョンソン 生物学(下)
    R; J Biology翻訳委員会 監訳; 石田健一郎(他100名); +石...
    培風館, 2007-05
  • クラーク 分子生物学
    監訳:田沼靖一; 訳者:石田健一郎(他27名)
    丸善株式会社, 2007-12
  • The chlorarachniophytes: evolution and classification.
    Ishida K.; Yabuki A.; Ota S.
    Unravelling the Algae: The Past, Present, and Future of Algal Systematics・CRC Press, 2007-12
会議発表等
  • A novel predatory bacterium and the early evolution of eukaryotes
    ISHIDA Ken-ichiro; SHIRATORI Takashi; Suzuki Shigekatsu; ...
    Joint meeting of the Korean Society of Protistologists and Japan Society of Protistology/2018-07-13--2018-07-15
  • Orphan protistology, accelerating in Japan.
    Shiratori Takashi; Yabuki Akinori; Yazaki Euki; Nishimura...
    Joint meeting of the Japan Society of Protistology and the Korean Society of Protozoologists/2018-07-13--2018-07-15
  • 新奇捕食性バクテリアCandidatus "Uab amorphum" の形態およびゲノム特性について
    石田 健一郎; 白鳥 峻志; 鈴木重勝; 柿澤侑花子
    日本微生物生態学会第32回大会/2018-07-12--2018-07-13
  • 新奇捕食性バクテリアの細胞における運動について
    石田 健一郎; 白鳥 峻志; 柿澤侑花子
    日本微生物生態学会第32回大会/2018-07-12--2018-07-13
  • Mitochondrial genome of strain SRT308: insights into structure and gene content fo the ancestral euglenozoan mitochondrial genome.
    Yazaki Euki; Shiratori Takashi; Kume Keitaro; Hashimoto T...
    ISEP XXII/2018-05-27--2018-06-01
  • 有中心粒太陽虫類におけるミトコンドリアゲノムの解読
    西村祐貴; 白鳥峻志; 石田健一郎; 橋本哲男; Inagaki Yuji; ...
    第12回ゲノム微生物学会/2018-03-05--2018-03-07
  • ユーグレノゾア基部から分岐する新奇原生生物のミトコンドリアゲノム.
    矢崎裕規; 白鳥峻志; 久米慶太郎; 橋本哲男; 石田健一郎; Ina...
    第50回日本原生生物学会・第1回日本共生生物学会合同大会/2017-11-17--2017-11-19
  • 有殻アメーバのゲノム解読による一次細胞内共生進化の初期プロセスの解析.
    松尾充啓; 潟端篤; 立川誠; 水口洋平; 野口英樹; 豊田敦; 藤...
    日本植物学会第81回大会/2017-09-08--2017-09-10
  • Mitochondrial genome of a protist branched at the base of Euglenozoa.
    Euki Yazaki; Takashi Shiratori; Kume Keitaro; Tetsuo Hash...
    Mitochondrial Genomics and Evolution, an SMBE Satellite Meeting/2017-09-03--2017-09-06
  • 新奇ヘテロロボサ生物SRT213における縮退的ミトコンドリア機能の推測
    Euki Yazaki; Takashi Shiratori; Kume Keitaro; Tetsuo Hash...
    日本進化学会第19回大会/2017-08-24--2017-08-26
  • Morphology, ultrastructure and phylogeny of a new species of Glissandra (Protista incertae sedis).
    Shiratori Takashi; Yazaki Euki; Inagaki Yuji; Ishida Ken-...
    ICOP2017/2017-07-31--2107-08-04
  • A heterolobosean strain SRT213 and its mitochondrion-related organelle.
    Euki Yazaki; Takashi Shiratori; Kume Keitaro; Tetsuo Hash...
    ICOP2017/2017-07-31--2017-08-04
  • Morphology, ultrastructure and phylogeny of a new species of Glissandra (Protista incertae sedis).
    Takashi Shiratori; Euki Yazaki; Inagaki Yuji; Ken-ichiro ...
    ICOP2017/2017-07-31--2017-08-04
  • 153-gene phylogenetic analysis indicates a new single-celled eukaryote, strain SRT308, as a deep-branching euglenozoan.
    Euki Yazaki; Takashi Shiratori; Tetsuo Hashimoto; Ken-ich...
    Genome Evolution at Mishima/2017-03-27--2017-03-29
  • 有殻アメーバPaulinella chromatophoraのゲノム解析
    松尾充啓; 潟端篤; 水口洋平; 野口英樹; 豊田敦; 藤山秋佐夫;...
    第19回植物オルガネラワークショップ/2017-03-15--2017-03-15
  • Evolutionary roles of SL-trans-splicing in the primary endosymbiosis.
    Mitsuhiro Matsuo; Astushi Katahata; Soichrou Satoh; Mami ...
    ICES 2016/2016-09-10--2016-09-14
  • Loss of the Calvin Benson cycle in non-photosynthetic plastids.
    Ryoma Kamikawa; Stefan Zauner; Daniel Moog; Goro Tanifuji...
    ICES 2016/2016-09-10--2016-09-14
  • A phylogenomic study placed a previously undescribed eukaryote, strain SRT308, at the base of the Euglenozoa clade.
    Euki Yazaki; Takashi Shiratori; Tetsuo Hashimoto; Ken-ich...
    ICES 2016/2016-09-10--2016-09-14
  • 真核生物進化の空白を埋める!分子系統解析が解き明かすプロティストの系統関係
    矢崎 裕規; 白鳥 峻志; 久米 慶太郎; 石田 健一郎; 橋本 哲男...
    日本進化学会第18回大会/2016-08-25--2016-08-28
  • Characterization of strain SRT308; a new heterotrophic flagellate basal to Euglenozoa.
    Takashi Shiratori; Euki Yazaki; Inagaki Yuji; Tetsuo Hash...
    Protis-2016 Moscow Forum/2016-06-06--2016-06-19
  • 非光合成性珪藻類葉緑体における機能
    神川龍馬; Stefan Zauner; Uwe Maier; Daniel Moog; John M A...
    日本藻類学会第40回大会/2016-03-19--2016-03-20
  • フォルニカータ生物群の基部から分岐する新奇嫌気性生物PAP020株のミトコンドリア様オルガネラの代謝機能の推測
    矢崎裕規; 白鳥峻志; 久米慶太郎; 橋本哲男; 石田健一郎; 稲...
    第85回日本寄生虫学会/2016-03-19--2016-03-20
  • Strain PAP020, a novel anaerobic microeukaryote branching at the base of Fornicata.
    Euki Yazaki; Takashi Shiratori; Keitaro Kume; Sohta A Ish...
    VII ECOP-ISOP Joint Meeting 2015/2015-09-05--2015-09-10
  • トランスクリプトームデータを基盤とした大規模分子系統解析による新奇嫌気性真核微生物PAP020株の系統的位置の解明
    矢崎裕規; 白鳥隆志; 久米慶太郎; 橋本哲男; 石田健一郎; 稲...
    日本進化学会第17回大会/2015-08-20--2015-08-21
  • ヌクレオモルフをもつ2種の未記載渦鞭毛藻:「真核-真核型」細胞内共生を介した葉緑体成立過程を解き明かす新たなモデルとして
    皿井千裕; 谷藤吾朗; 中山卓郎; 神川龍馬; 高橋和也; 石田健...
    日本進化学会第17回大会/2015-08-20--2015-08-21
担当授業科目
2018-10 -- 2019-02環境バイオマス共生学講究I筑波大学
2018-10 -- 2019-02環境バイオマス共生学講究II筑波大学
2018-04 -- 2018-08環境バイオマス共生学講究I筑波大学
2018-04 -- 2018-08環境バイオマス共生学講究II筑波大学
2018-10 -- 2019-02生物寺子屋筑波大学
2018-04 -- 2018-08生物寺子屋筑波大学
2019-03 -- 2019-03植物分類学臨海実習筑波大学
2019-01 -- 2019-02プロティストロジー(原生生物学)特講筑波大学
2019-01 -- 2019-02Protistology筑波大学
2018-11 -- 2019-02多様性生物科学セミナーCIII筑波大学
授業以外の教育活動
2012-10 -- 2012-11非常勤講師(神戸大学)学外
一般講演
  • 生物の大系統と細胞内共生が駆動する藻類の多様性 〜マトリョーシカ型進化がもたらした生物世界〜
    石田 健一郎
    神奈川県生物教育研究会
  • 生物の大系統と細胞内共生が駆動する藻類の多様性 〜マトリョーシカ型進化がもたらした生物世界〜
    石田 健一郎
    神奈川県生物教育研究会
  • 生物の大系統と細胞内共生が駆動する藻類の多様性 〜マトリョーシカ型進化がもたらした生物世界〜
    石田 健一郎
    神奈川県生物教育研究会
  • 生物の大系統と細胞内共生が駆動する藻類の多様性 〜マトリョーシカ型進化がもたらした生物世界〜
    石田 健一郎
    神奈川県生物教育研究会/2017-07-01--2017-07-01
  • 有殻アメーバ Paulinella chromatophora の珪酸質被殻形成過程における微細構造観察
    野村真未; 中山卓郎; 宮村新一; 本村泰三; 長里千香子; 石田...
    日本植物学会第76回大会/2012-09-01
  • 球形黄緑色藻 Botrydiopsis alpina および B. callosa の分類学的再検討
    平美砂歌; 野水美奈; 中山剛; 井上勲; 石田健一郎
    日本植物学会第76回大会/2012-09-01
  • クロララクニオン藻におけるmtDNAの比較解析
    鈴木重勝; 白戸秀; 石田健一郎
    日本植物学会第76回大会/2012-09-01
  • クロララクニオン藻ヌクレオモルフゲノムの比較解析
    白戸秀; 鈴木重勝; 小池さやか; 中山卓郎; 平川泰久; 石田健一郎
    第1回マトリョーシカ型生物学研究会/2012-07-21
  • クロララクニオン藻Bigelowiella natansの核分裂過程に関する微細構造観察
    秋山茉莉花; 藤田咲也; 遠藤寛子; 石田健一郎
    第1回マトリョーシカ型生物学研究会/2012-07-20
  • Paulinella chromatophoraにおける鱗片の形成と接着について
    野村真未; 中山卓郎; 宮村新一; 本村泰三; 長里千香子; 石田...
    日本藻類学会第36回大会/2012-07-15
  • 無色ストラメノパイルSRT153株の分類学的研究
    白鳥峻志; 石田健一郎
    日本藻類学会第36回大会/2012-07-14
  • Morphology and phylogeny of a new imbricatean flagellate (phylum Cercozoa)
    Shiratori T.; Yokoyama A.; Ishida K.
    Protist 2012/2012-07-30
  • Comparative analysis of nucleomorph genomes among three chlorarachniophytes
    Shirato S.; Suzuki S.; Nakayama T.; Hirakawa Y.; Koike S....
    Protist 2012/2012-08-02
  • Fine structural observation of shell formation in a rhizarian testate amoeba Paulinella chromatophora
    Nomura M.; Nakayama T.; Motomura T.; Nagasato C.; Ishida K.
    Protist 2012/2012-07-30
  • Endosymbiosis, plastid acquisition and the chlorarachniophytes
    Ishida K.
    Protist 2012/2012-07-30
  • 二次共生のマトリョーシカ型進化
    石田健一郎; 皿井千裕; 白戸秀; 鈴木重勝; 平川泰久
    日本植物学会シンポジウム「マトリョーシカ型進化と植物: その多様性から分子基盤まで」/2012-09-01
  • Comparative analysis of chlorarachniophyte nucleomorph genomes.
    Shirato S.; Suzuki S.; Nakayama T.; Hirakawa Y.; Koike S....
    The 6th Asian Pacific Phycological Forum/2011-10-09
  • Taxonomic study on a newly isolated Botrydiopsis-like alga, the strain TIR56 (Xanthophyceae).
    Taira M.; Nomizu M.; Nakayama T.; Inouye I.; Ishida K.
    The 6th Asian Pacific Phycological Forum/2011-10-09
  • Taxonomic study on a new naked thaumatomonad (Phylum Cercozoa).
    Shiratori T.; Yabuki A.; Ishida K.
    Joint Meeting of the Phycological Society of America, International Society of Protistologists and Northwest Algal Symposium Memorial Symposium/2011-07-12
  • How does Paulinella chromatophora (Euglyphida, Cercozoa) build a daughter's shell?
    Nomura M.; Nakayama T.; Ishida K.
    Joint Meeting of the Phycological Society of America, International Society of Protistologists and Northwest Algal Symposium Memorial Symposium/2011-07-12
  • Tsukubamonas globosa gen. et sp. nov.; a novel excavate flagellate possibly hold a key for the early evolution in "Discoba".
    Akinori Yabuki; T. Nakayama; N.Yubuki; T. Hashimoto; K. I...
    The 18th Meeting of the International Society for Evolutionary Protistology/2010-07-01
  • A novel plastid-targeting signal of a chlorarachniophyte alga.
    Yoshihisa Hirakawa; K. Ishida
    The 18th Meeting of the International Society for Evolutionary Protistology/2010-07-01
  • Comparative analysis of nucleomorph introns in chlorarachniophytes.
    Shu Shirato; S. Suzuki; H. Endo; Y. Hirakawa; S. Koike; T...
    The 18th Meeting of the International Society for Evolutionary Protistology/2010-07-01
  • Paulinella chromatophora possesses TPI-GAPDH fusion protein gene presumably transferred from the stramenopile lineage.
    Takuro Nakayama; K. Ishida; F. Kasai
    The 18th Meeting of the International Society for Evolutionary Protistology,/2010-07-01
  • New test formation in a euglyphid testate amoeba Paulinella chromatophora.
    Mami Nomura; T. Nakayama; K. Ishida
    The 18th Meeting of the International Society for Evolutionary Protistology,/2010-07-01
学協会等委員
2017-11 -- (現在)日本共生生物学会会長
2009 -- 2010日本植物学会会計担当理事
2005 -- 2008日本植物学会JPR 編集委員
2012 -- 2013日本進化学会執行部 生物科学学会連合担当
2003 -- (現在)日本進化原生生物研究会庶務幹事
2007 -- 2009日本藻類学会英文誌(Phycological Research) 編集長
2007 -- 2008日本藻類学会評議員
2005 -- 2006日本藻類学会庶務幹事
2004 -- 2006日本藻類学会英文誌(Phycological Research) 編集委員
2000 -- 2005日本藻類学会和文紙編集実行委員
学内管理運営業績
2017-04 -- (現在)下田臨海実験センター運営委員会委員
2017-04 -- (現在)生命環境科学研究科山岳科学学位プログラム運営委員会委員
2017-04 -- (現在)山岳科学センター運営委員会委員長
2016-04 -- (現在)生命環境学群生物学類運営委員会委員
2015-04 -- (現在)生命環境系人事委員会総会委員
2017-04 -- (現在)山岳科学センター長
2015-08 -- (現在)藻類バイオマス・エネルギーシステム開発研究センター運営委員会運営委員
2015-04 -- (現在)研究推進会議
2015-04 -- (現在)生命環境科学研究科運営委員会委員
2012 -- (現在)計算科学研究センター運営委員会委員

(最終更新日: 2018-10-11)