現在地

鈴木 石根(スズキ イワネ; Suzuki, Iwane)

face
所属
生命環境系
職名
教授
生年月
1966-11
URL
eメール
 
研究室
生物農林学系棟B312
電話
4908(研究室), 4666(オフィス)
研究分野
植物分子・生理科学
分子生物学
遺伝・染色体動態
生態・環境
研究キーワード
ラン藻
シアノバクテリア
環境応答
二成分制御系
ヒスチジンキナーゼ
レスポンスレギュレーター
遺伝子発現
シグナル伝達
光合成
リン酸化
研究課題
アルケノン生産性藻類の物質生産性向上のための基盤技術の研究2017 -- 2021鈴木 石根日本学術振興会/基盤研究(A)42510000
微生物の重力応答と重力検知の分子機構の解析2005-12 -- 2007-03鈴木石根日本宇宙フォーラム/出資金による受託研究5040000
マルチストレスセンサーHik33のシグナル検知の分子機構の解析2008-06 -- 2010-03鈴木石根細胞分子生物学センター・所長代理・ Sisinty Shivaji/国際共同研究2000000
微細藻類によるバイオマス生産 – 光合成機能の制御ネットワークと多様な生物群の活用2009-06 -- 2009-06鈴木石根DFG/国際共同研究2500000
光合成生物を用いたプロパノール発酵技術の開発2010-01 -- 2010-12鈴木石根科学技術振興機構/出資金による受託研究5000000
藻類ファージの生活史をまねた多元代謝経路によるアルカン高生産系の構築2012 -- 2013文部科学省/新学術領域研究5400000
キメラセンサーを用いたヒスチジンキナーゼの機能解析2011 -- 2013日本学術振興会/基盤研究(C)2470000
葉緑体の新規環境適応機構と植物の生存戦略の研究 2005 -- 2006文部科学省/特定領域研究2600000
職歴
1995-04 -- 1995-05日本学術振興会 特別研究員PD
1995-06 -- 1996-03基礎生物学研究所 COE非常勤研究員
1996-04 -- 2004-12基礎生物学研究所 制御機構研究系 助手
1999-04 -- 2004-12総合研究大学院大学 助手 併任
2005-01 -- 2008-06筑波大学 大学院生命環境科学研究科 講師
2008-07 -- 2011-04筑波大学 大学院生命環境科学研究科 准教授
2009-08 -- 2011-07文部科学省 研究振興局 学術調査官(科研費)
2011-05 -- (現在)筑波大学 大学院生命環境科学研究科 教授
2011-10 -- (現在)筑波大学 大学院生命環境系
学歴
1987-04 -- 1991-03名古屋大学 農学部 農芸科学科および食品工業化学科卒業
1989-04 -- 1991-03名古屋大学 農学研究科 農芸科学専攻修了
1991-04 -- 1994-03名古屋大学 農学研究科 農芸科学専攻修了
取得学位
1995-04博士(農学)名古屋大学
所属学協会
-- (現在)日本植物生理学会
-- (現在)日本植物学会
-- (現在)日本分子生物学会
-- (現在)日本脂質生化学会
-- (現在)日本光合成研究会
-- (現在)日本植物脂質研究会
受賞
2004-09-11日本植物学会 奨励賞
論文
著書
  • 光合成細胞における炭素同化系および窒素同化系の遺伝子の窒素による発現制御
    鈴木 石根
    1995-04
  • 葉組織からの核の単離法
    鈴木石根
    1990-01
  • 窒素をシグナルとする光合成タンパク質遺伝子の制御
    鈴木石根
    1990-01
  • Gene expression and regulation of nitrate assimilating enzymes in Synechococcus PCC7942.
    I. Suzuki
    1992-01
  • 窒素による植物遺伝子の発現制御
    榊原均; 鈴木石根; 杉山達夫
    1993-01
  • Nitrogen regulation of the genes involved in nitrate and carbon assimilation in the cyanobacterium Synechococcus sp. PCC7942.
    I. Suzuki
    1995-01
  • 低温ストレス応答のシグナル伝達
    鈴木石根・村田紀夫; +鈴木 石根
    1999-01
  • Sensors of abiotic stress in Synechocystis.
    K. Mikami; I. Suzuki; N. Murata
    2003-01
  • ラン藻の低温センサーと低温適応
    鈴木石根
    2003-01
  • シアノバクテリアの環境ストレスの検知機構と環境応答
    鈴木石根
    2007-05
  • Stress Responses in Synechocystis: Regulated Genes and Regulatory Systems.
    Los DA; Suzuki I; Zinchenko VV; Murata N
    2008-01
  • Sensors and Signal Transducers of Environmental Stress in Cyanobacteria
    Y. Kanesaki; D.A. Los; I. Suzuki; N. Murata
    2010-01
  • 海洋ハプト藻類のアルケノン合成経路の解明とオイル生産への基盤技術の開発に向けて
    1) 鈴木石根・白岩善博; +鈴木 石根
    2012-04
会議発表等
  • 藻類バイオマスの 現状と将来展望
    鈴木石根
    群馬大学先端研究講座/2011-11-14
  • Functional analysis of domains for the signal perception of Hik33 in Synechocystis sp. PCC 6803. (Elected as an Outstanding Poster)
    Yohei Shimura; Satoshi Kimura; Yoshihiro Shiraiwa; Iwane ...
    The 13th International Symposium on Photosynthetic Prokaryoutes/2009-08-14
  • Analysis of physiological function of RTX protein S111951 from Synechocystis sp PCC 6803
    Sakiyama T; Suzuki I; Kuwabara T
    47th Annual Meeting of the Japanese-Society-of-Plant-Physiologists
  • A mechanism of photosynthetic carbon fixation in the haptophyte alga, Emiliania huxleyi
    Tsuji Y; Iwamoto K; Suzuki I; Shiraiwa Y
    47th Annual Meeting of the Japanese-Society-of-Plant-Physiologists/2006-3-19--2006-3-21
担当授業科目
2017-10 -- 2018-02共存生物学演習IV筑波大学
2017-04 -- 2017-08共存生物学演習IV筑波大学
2017-10 -- 2018-03ライフイノベーション博士後期演習II秋筑波大学
2017-04 -- 2017-08植物発生・生理学セミナーDI筑波大学
2017-04 -- 2017-08植物発生・生理学セミナーCI筑波大学
2017-10 -- 2018-02植物発生・生理学講究II筑波大学
2017-04 -- 2017-09ライフイノベーション博士後期演習III春筑波大学
2017-11 -- 2018-02分子生物科学セミナーDIII筑波大学
2017-04 -- 2017-08植物発生・生理学講究I筑波大学
2017-10 -- 2017-11分子生物科学セミナーCII筑波大学
一般講演
  • 微細藻類による油生産の最前線
    鈴木石根
    第63回日本海水学会 シンポジウム/2012-06-08
  • 石油代替を可能とする 微細藻類技術
    鈴木石根
    化学工学会関東支部 第18回イブニングセミナー/2012-03-30
  • Projects for Biofuel Production by Microalgae in the case of Japan
    Iwane Suzuki
    International Symposium for 20th Anniversary of World Water Day 2012/2012-03-12
  • 炭化水素産生藻類 ~被災地復興に貢献する 藻類バイオマス~
    鈴木石根
    第2回「筑波大学研究成果発表フォーラム 2012」/2012-01-28
  • 石油を作る「藻」
    鈴木石根
    2011 CEATEC JAPAN「未来予測レポート」/2011-12-01
  • 藻類バイオ燃料の現状と 将来展望
    鈴木石根
    第6回先端農学シンポジウム/2011-11-24
  • In vivo analyses of sensory kinases by chimeric proteins
    Iwane Suzuki
    2011 German-Japan Binational Seminar/2011-11-01
  • 石油起源生物円石藻類の アルケノン合成経路の解明 とその利用
    鈴木石根; 白岩善博
    第5回微細藻類生産性研究会/2011-09-30
  • 海洋ハプト藻類のアルケノン 合成経路の解明とオイル生産への 基盤技術の開発に向けて
    鈴木石根; 白岩善博
    日本光合成学会シンポジウム/2011-06-04
  • Expression of the chimeric kinases elucidates mechanisms of signal perception of histidine kinases in the Cyanobacterium Synechocystis sp. PCC 6803
    Iwane Suzuki
    The 15th International Congress of Photosynthesis/2010-08-23
  • ラン藻の環境センサーの シグナル検知のメカニズム
    鈴木石根
    低温生物工学会セミナー/2010-06-25
  • Functional Analysis of Histidine Kinases in the Cyanobacterium Synechocystis sp. PCC 6803 using Chimeric Sensor System.
    I. Suzuki
    Pep-Con 2010 (BIT’s 3rd Annual Protein and Peptide Conference), “After a Solution for the Machines of Life”/2010-03-01
  • Botryococcus’s Potential for Biofuel Production
    I. Suzuki
    2nd Algae World Asia 2009/2009-09-01
  • How the Cyanobacterium Synechocystis Perceives Environmental Stimuli?
    I. Suzuki
    The 13th International Symposium on Photosynthetic Prokaryoutes/2009-08-13
  • Mechanisms of signal sensing by histidine kinases in cyanobacteria
    I. Suzuki
    5th Germany-Japan Binational Seminar/2009-06-05
  • Genome analysis of the Coccolithophorid, Emiliania huxleyi, its unique characteristics of inorganic carbon fixation
    I. Suzuki
    The Frontier of genome Analysis for Eukaryotic Algae; Euglena Research Association/2008-11-15
  • Characterization of the amino-terminal region of SphS, a histidine kinase sensing phosphate availability, in Synechocystis sp. PCC 6803.
    S. Kimura; Y. Shiraiwa; I. Suzuki
    7th Europian Workshop on Molecular Biology of Cyanobacteria/2008-08-31
  • シアノバクテリアのオミクス解析とそのポストゲノム解析への応用
    鈴木石根; 白岩善博; 村田紀夫
    BMB 2007/2007-12-14
  • Functional Analysis of the Two-component System Conserved in the Genomes of Both Cyanobacteria and Chloroplast of the Haptophyta Emiliania huxley.
    I. Suzuki
    The 4th German-Japan binational Seminar Evolution of complexity from primitive cyanobacterial cells to chloroplasts/2007-06-13
  • シアノバクテリアの二成分制御系を介した環境応答機構
    鈴木石根
    第48回植物生理学会年会 シンポジウム 「シアノバクテリアのストレス応答機構」/2007-03-28
  • ラン藻の2成分制御系のシグナル検知とクロストークの分子機構
    鈴木石根
    第80回日本細菌学会シンポジウム 「細菌環境応答シグナル伝達系の分子メカニズム」/2007-03-27
  • ラン藻Synechocystis sp. PCC 6803の環境ストレスセンサー
    鈴木石根
    NBRP「藻類」ワークショップ/2007-03-05
  • ラン藻の環境ストレスセンサーとその調節機構
    鈴木石根
    「バイオ分子センサー連携研究プロジェクト」 レクチャーコース/2006-09-09
  • A novel protein regulates the actuvuty of histidine kinase Hik33 in Synechocystis
    T. Sakayori; S. Sato; S. Tabata; Y. Shiraiwa; I. Suzuki
    12th International Symposium on Photosynthetic Prokaryotes/2006-09-01
  • A novel regulatpry protein for histidine kinase Hik33 in Synechocystis.
    T. Sakayori; Y. Shiraiwa; I. Suzuki
    Photosynthesis in the post-genomic era: Structure and Function of Photosystems/2006-08-25
メッセージ
シアノバクテリアの環境検知の仕組みを理解し、それを通じて生物の環境適応機構の理解を目指している。また、遺伝子発現制御システムを人工的に改変し、外来のシグナルで代謝を改変し、有用物質生産のための新規技術基盤の構築を目指している。近年、炭化水素(スクワレン)、多価不飽和脂肪酸(DHA, EPA)を高生産するオーランチオキトリウムを用いた研究にも着手し、塩依存性の分子機構、下水中の有機物の利用性の向上のための分子育種にも取り組んでいる。

(最終更新日: 2017-06-26)