現在地

稲葉 一男(イナバ カズオ; Inaba, Kazuo)

face
所属
生命環境系
職名
教授
ORCID
0000-0001-8848-9733
性別
男性
生年月
1962-11
科研費番号
80221779
URL
eメール
 
電話
0558-22-6607
Fax
0558-22-0346
研究分野
細胞生物学
動物生理・行動
生物多様性・分類
研究キーワード
鞭毛と繊毛の進化
ベントスの幼生行動と分散
精子の構造と機能
受精
精子-卵相互作用
海産無脊椎動物
ホヤ
ゲノム科学
プロテオミクス
ダイニン
研究課題
新規光受容タンパク質による鞭毛繊毛機能の光制御2017 -- 2019稲葉 一男日本学術振興会/基盤研究(A)33,930,000円
新規光感受性タンパク質を介した鞭毛繊毛運動の光制御2015 -- 2016稲葉 一男日本学術振興会/挑戦的萌芽研究3,900,000円
多機能運動装置ハプトネマが示す新規微小管系屈曲運動のメカニズム2015 -- 2016稲葉 一男日本学術振興会/新学術領域研究(研究領域提案型)9,130,000円
繊毛外腕ダイニンによるカルシウム依存的屈曲制御と生体調節2015 -- 2016稲葉 一男日本学術振興会/新学術領域研究(研究領域提案型)8,210,000円
ホヤプロテイン統合データベース(CIPRO)の構築2006-04 -- (現在)/出資金による受託研究
精子の分子構築と運動の制御機構1990-04 -- (現在)/国際共同研究
文部科学省ナショナルバイオリソースプロジェクト(ホヤ、ウミシダ)2007-04 -- (現在)/出資金による受託研究
真核生物の鞭毛繊毛の分子構築、機能、進化1998-04 -- (現在)/
生物の体制進化に伴う繊毛構造の多様化とその分子機構2010 -- 2012日本学術振興会/基盤研究(B)16,770,000円
アロ認証研究のための次世代技術の開発と活用2009 -- 2013文部科学省/新学術領域研究42,640,000円
職歴
1990-04 -- 1998-03東京大学 助手
1998-04 -- 2004-03東北大学 助教授
2004-04 -- (現在)筑波大学 教授
学歴
-- 1985-03静岡大学 理学部 生物学科卒業
-- 1990-03東京大学 大学院理学系研究科修了
取得学位
理学博士東京大学
免許資格等
1993-04第一種放射線取扱主任者
2005-02特別管理産業廃棄物管理責任者
所属学協会
-- (現在)日本動物学会
-- (現在)日本生化学会
-- (現在)日本生物物理学会
-- (現在)日本発生生物学会
-- (現在)日本比較生理生化学会
-- (現在)American Society for Cell Biology
-- (現在)日本分子生物学会
-- (現在)日本アンドロロジー学会
受賞
1998-10日本動物学会奨励賞
1998-07日本比較生理生化学会吉田奨励賞受賞
2004-05インテリジェントコスモス学術振興財団奨励賞
論文
著書
  • Biochemical purification of axonemal and cytoplasmic dyneins
    Inaba Kazuo
    Dyneins - Dynein Mechanics, Dysfunction, and Disease (2nd Edition), 2017-11
  • definitions, data collection and data analysis
    Inaba Kazuo
    Global Ocean Science Report (UNESCO), 2017-07
  • Research capacity and infrastructure
    Inaba Kazuo
    Global Ocean Science Report (UNESCO), 2017-07
  • 鞭毛繊毛運動の分子機構
    稲葉一男・毛利秀雄; +稲葉 一男
    蛋白質・核酸・酵素, 1989-01
  • 精子のプロテアソーム
    稲葉一男
    Cell Science, 1992-01
  • Interactions among the heterogenous components of dynein.
    Inaba; K.; Mohri; H.; +稲葉 一男
    Comparative Spermatology 20 Years After (B. Baccetti, ed.), 1992-01
  • Dynamic conformational changes of dynein molecule.
    Mohri; H.; Inaba; K.; +稲葉 一男
    Comparative Spermatology 20 Years After (B. Baccetti, ed.), 1992-01
  • Activation and chemotactic behavior of ascidian spermatozoa.
    Yoshida; M.; Inaba; K.; and Morisawa; M.; +稲葉 一男
    Cell Motil. Cytoskel., 1992-01
  • Isolation of proteasome as a candidate for ATP-dependent regulator of sperm motility.
    Inaba; K.; Akazome; Y.; Morisawa; M.; +稲葉 一男
    Cell Motil. Cytoskel., 1992-01
  • Identification of a protein complex in the sea urchin egg jelly fraction that cross-reacts with anti-proteasome antibody.
    Inaba; K.; Morisawa; M.; +稲葉 一男
    In J. Reprod. Dev., 1993-01
  • Characterization and purification of a sperm-activating and -attracting substance from ascidian egg.
    Morisawa; M.; Yoshida; M.; Inaba; K.; +稲葉 一男
    In J. Reprod. Dev., 1993-01
  • Morphological changes of wrasse sperm axoneme after their motility initiation observed with use of atomic force microscopy.
    Shimizu; H.; Majima; M.; Takai; H.; Inaba; K.; Tomie; T.;...
    SPIE "Scanning Probe Microscopies III (M. Vaez-Iravani, ed.), 1995-01
  • 精子鞭毛運動におけるプロテアーゼの役割
    稲葉一男
    比較生理生化学, 1995-01
  • プロテアソームによる精子鞭毛運動の制御
    稲葉一男
    生物物理, 1996-01
  • 朝倉図解生物科学講座「図説発生生物学」(浅島誠編)
    森沢正昭; 稲葉一男
    朝倉書店, 1996-01
  • Proteasome-dependent regulatory pathway for the phosphorylation of a dynein light chain in chum salmon sperm.
    Inaba; K.; Ohkawa; K.; Morisawa; S.; Morisawa; M.; +稲葉 ...
    J. Reprod. Develop., 1997-01
  • Characterization of the 26S proteasome from sperm of chum salmon and sea urchin.
    Ohkawa; K.; Inaba; K.; and Morisawa; M.; +稲葉 一男
    J. Reprod. Develop., 1998-01
  • Calmodulin (CaM)-mediated sperm activation in the ascidian, Ciona intestinalis.
    Nomura; M.; Yoshida; M.; Inaba; K.; Morisawa; M.; +稲葉 一男
    J. Reprod. Develop., 1998-01
  • 精子鞭毛運動の分子機構に関する研究
    稲葉一男
    生物科学ニュース, 1998-01
  • タンパク質リン酸化による鞭毛・繊毛運動の制御
    稲葉一男
    比較生理生化学, 1999-01
  • Phosphorylation of axonemal 21 kDa and 26 kDa proteins modulates activation of sperm motility in the ascidian, Ciona intestinalis.
    Nomura M; Inaba K.; and Morisawa M.
    Zygote, 2000-01
  • High level of protein ubiquitination in ascidian sperm.
    Inaba K.
    The biology of ascidians. (Sawada, Yokosawa, Lambert, eds,), 2001-01
  • ホヤ精巣における遺伝子発現とそれらの機能解析
    稲葉一男
    月刊海洋ー境界動物の生物学―脊椎動物への進化の研究最前線―, 2005-01
  • 臨海実験施設の将来像
    稲葉一男
    比較生理生化学, 2006-01
  • カタユウレイボヤのバイオリソース化に向けて
    笹倉靖徳・稲葉一男・佐藤矩行; +稲葉 一男
    細胞工学, 2006-01
会議発表等
  • 精子鞭毛波形調節におけるNCSファミリータンパク質カラクシンの機能
    Mizuno Katsutoshi; Shiba Kogiku; Inaba Kazuo
    第47回日本生物物理学会年会
  • Chemical genetics reveal the role of 14-3-3 ea in Ciona notochord tubulogenesis
    Inaba Kazuo
    The 9th International Tunicate Meeting/2017-07-17
  • Effect of sex pheromone on the sign of phototaxis in brown algal male gametes
    Inaba Kazuo
    11th International Phycological Congress/2017-08-13
  • カルボニックアンヒドラーゼを介したカレイ類精子運動のCO2 阻害効果:種間比較解析
    稲葉 一男
    日本動物学会第88回大会/2017-09-21
  • 海洋生物学におけるマリンステーションの役割と国際連携の将来展望
    稲葉 一男
    シンポジウム「海洋生物学の研究・教育:その将来展望」/2017-10-24
  • カブトクラゲ櫛板を構成する新規タンパク質の同定
    稲葉 一男
    第8回繊毛研究会/2017-10-26
  • Light-responsive regulation of ciliary motility by a novel subunit of axonemal dynein with a photoreceptor protein
    Inaba Kazuo
    International Workshop Dynein 2017/2017-10-29
  • CTENO64 is a SMC-domain containing protein that connects multiple axonemes in the comb plates of ctenophore,
    Inaba Kazuo
    International Workshop Dynein 2017/2017-10-29
  • Japanese Marine Stations - Their history and connections to Italian marine stations
    Inaba Kazuo
    CNR-Seminar (IMAC)/2017-11-06
  • Le stazioni marine: una rete per la ricerca ambientale,
    Inaba Kazuo
    Festival della Scienza,/2017-11-02
  • Japanese Marine Stations
    Inaba Kazuo
    CNR-Seminar (IMAC)
  • 繊毛の構造・運動調節・進化
    稲葉 一男
    総合生命科学部バイオフォーラム/2017-11-22
  • 性フェロモンによる褐藻雄性配偶子の走光性符号の転換
    稲葉 一男
    生体運動研究合同班会議/2018-01-05
  • 外洋性渦鞭毛藻Ornithocercus magnificusに見られる共生シアノバクテリアのゲノム解析.
    稲葉 一男
    日本藻類学会第42回大会/2017-03-24
  • Chemical genetics reveal the role of 14-3-3 ea in Ciona notochord tubulogenesis
    Inaba Kazuo
    The 9th International Tunicate Meeting
  • Effect of sex pheromone on the sign of phototaxis in brown algal male gametes
    Inaba Kazuo
    11th International Phycological Congress
  • カルボニックアンヒドラーゼを介したカレイ類精子運動のCO2 阻害効果:種間比較解析
    Inaba Kazuo
    日本動物学会第88回大会
  • カルシウムイオンを介した精子鞭毛波形制御におけるcAMP の調整作用
    Inaba Kazuo
    日本動物学会第88回大会
  • 海洋生物学におけるマリンステーションの役割と国際連携の将来展望
    Inaba Kazuo
    シンポジウム「海洋生物学の研究・教育:その将来展望」
  • カブトクラゲ櫛板を構成する新規タンパク質の同定
    Inaba Kazuo
    第8回繊毛研究会
  • CTENO64 is a SMC-domain containing protein that connects multiple axonemes in the comb plates of ctenophore,
    Inaba Kazuo
    International Workshop Dynein 2017
  • Light-responsive regulation of ciliary motility by a novel subunit of axonemal dynein with a photoreceptor protein
    Inaba Kazuo
    International Workshop Dynein 2017
  • Le stazioni marine: una rete per la ricerca ambientale,
    Inaba Kazuo
    Festival della Scienza,
  • Japanese Marine Stations
    Inaba Kazuo
    Invited seminar-CNR
  • 繊毛の構造・運動調節・進化
    稲葉 一男
    総合生命科学部バイオフォーラム
担当授業科目
2018-10 -- 2019-02分子細胞生物学セミナーAII筑波大学
2018-10 -- 2019-02分子細胞生物学セミナーBII筑波大学
2018-10 -- 2019-02分子細胞生物学研究法AII筑波大学
2018-10 -- 2019-02分子細胞生物学研究法BII筑波大学
2018-10 -- 2019-02分子細胞生物学セミナーCII筑波大学
2018-10 -- 2019-02分子細胞生物学セミナーDII筑波大学
2018-10 -- 2019-02分子細胞生物学セミナーEII筑波大学
2018-10 -- 2019-02分子細胞生物学講究II筑波大学
2018-05 -- 2018-06分子細胞生物学概論筑波大学
2018-05 -- 2018-06細胞学概論筑波大学
授業以外の教育活動
2017-11 -- 2017-11イタリア科学祭イタリアCNR
2017-08 -- 2017-08高校生公開講座筑波大学下田臨海実験センター
-- (現在)高校生公開講座
-- (現在)高校生公開講座
2012 -- 2013琉球大学熱帯圏生物研究センター (招聘教授)学外
2012 -- 2012非常勤講師 (山口大学理工学研究科)学外
2012 -- 2012特別講義 講師 (山梨県立巨摩高校)学外
2008-07 -- 2008-07集中講義 非常勤講師(広島大学理学部)学外
2005 -- 2009サイエンスパートナーシッププログラム講師(下田高校)学外
2005 -- 2005静岡県農業系高校教員研修会講師学外
一般講演
  • Molecular Signaling for the Activation of Sperm Flagella Motility in Ciona intestinalis
    Kazuo Inaba; Mamoru Nomura; Akiko Hozumi; Lihong Zhu; Mia...
    5th International Tunicate Meeting/2009-06-01
  • ホヤにおけるポストゲノム科学
    稲葉一男
    北海道大学水産科学研究院COE特別セミナー/2007-10-01
  • 精子鞭毛運動の分子制御機構
    稲葉一男
    日本アンドロロジー学会第27回学術大会 会長企画特別講演/2008-07-01
  • Studies on the structure and function of cilia and flagella
    Kazuo Inaba
    Invited seminar, Sars Center for Molecular Marine Biology/2009-08-01
  • Molecular signaling for the regulation of sperm motility
    Kazuo Inaba
    PepCon2008/2008-04-01
  • Molecular signaling for chemoattarctant-induced sperm activation in the ascidian Ciona intestinalis
    Kazuo Inaba; Lihong Zhu
    The 9th AEARU Workshop on Molecular Biology and Biotechnology/2008-03-01
  • 海産動物を用いた鞭毛繊毛の構造機能に関する研究
    稲葉一男
    生理学研究所連携研究招聘セミナー/2008-03-01
  • Proteomic profiles of ascidian development: From unfertilized egg to tadpole larva
    Mamoru Nomura; Ayako Nakajima; Kazuo Inaba
    4th International Tunicate Meeting/2007-06-01
  • Education for Graduate Students in Molecular Marine Biology based on Advanced Research in Marine Station
    Kazuo Inaba
    International Symposium on Marine Education (The Marine Science and Technology Museum)/2007-10-01
  • Molecular construction of sperm: studies on Ciona sperm and a comparative approach to fish sperm
    Kazuo Inaba
    The 1st International Workshop on the Biology of Fish sperm/2007-08-01
  • Marine Stations in Japan- Past and Present-
    Kazuo Inaba
    OBC6 Marine Biology/2007-12-01
  • Molecular Mechanism of the Regulation of Sperm Motility in the Ascidian Ciona intestinalis
    Kazuo Inaba
    OBC6 Marine Biology/2007-12-01
  • Protein analysis of spermatozoa – Comparative and proteomic
    Kazuo Inaba
    Special seminar on Fish Spermatology (Czech Academy of Science)/2007-03-01
  • ホヤを用いた鞭毛繊毛の構築と制御に関する研究
    稲葉一男
    徳島大学分子酵素学研究センター特別セミナー/2007-01-01
  • 新たな宇宙実験モデル生物系としてのホヤ
    稲葉一男
    宇宙環境下における生殖・継世代研究の展開に関する研究集会/2006-12-01
  • Functional proteomics for exploring molecular structure and cellular regulation of the axonemes
    Kazuo Inaba
    International Symposium on Bio-nanosystems/2006-09-01
  • Flagellar axonemes: the motile machinery of sperm for the movement in micro-environmental field
    Kazuo Inaba
    5th World Congress of Biomechanics/2006-07-01
  • Molecular Mechanism of Sperm Activation in the Ascidian Ciona intestinalis
    Kazuo Inaba
    The 52nd NIBB Conference-Reproductive Strategies/2006-01-01
  • Molecular construction and regulation of flagellar outer arm dynein in the ascidian Ciona intestinalis
    Kazuo Inaba
    International workshop Dynein 2005/2005-10-01
  • Proteomic approach for sperm activation in Ciona intestinalis
    Kazuo Inaba
    3rd International Tunicate Meeting/2005-07-01
  • ホヤ精子の分子構築-機能未知タンパク質の研究を中心に-」
    稲葉一男
    バイオ分子センサー計画共同研究交流会/2005-09-01
  • ゲノム情報を利用した精子の分子構築の解析ープロテオミクスと抗体を用いたアプローチー
    稲葉一男
    ホヤ研究集会/2004-11-01
  • Genomic and proteomic approaches to the molecular mechanism of sperm activation induced by egg-derived substance in Ciona intestinalis.
    Kazuo Inaba
    The Fourth International Symposium on the Molecular and Cell Biology of Egg- and Embryo-Coats/2004-11-01
  • ホヤ精子の分子構築の解明-ゲノミクス・プロテオミクスによるアプローチ
    稲葉一男
    日本動物学会シンポジウム「受精成立研究の最前線 ~精子の視点から~」/2004-09-01
  • プロテオミクスを用いたホヤ精子鞭毛の分子構築と運動調節機構の解明
    稲葉一男・保住暁子・佐藤裕公・海津麻衣子・紺野在; +稲葉 一男
    第36回精子研究会/2004-06-01
学協会等委員
2017-04 -- 2018-03Invertebrate Reproduction and DevelopmentEditorial board/board member
-- (現在)Invertebrate Reproduction and DevelopmentEditorial board/Editorial board
2017-04 -- 2018-03Zoological LettersEditorial board/Associate Editor
2017-04 -- 2018-03Zoological ScienceEditorial board/Associate Editor
2017-04 -- 2018-03ZygoteEditorial office/Editor-in-Chief
2017-04 -- 2018-03日本学術振興会第33回国際生物学賞記念シンポジウム/開催責任者
2017-04 -- 2018-03日本学術振興会国際生物学賞審査委員会/審査委員
-- (現在)日本学術振興会第33回国際生物学賞審査委員会
2007 -- (現在)日本動物学会理事
1996 -- 1998日本比較生理生化学会評議員
学内管理運営業績
2005 -- (現在)下田臨海実験センター長センター管理・運営の統括
2005 -- (現在)下田臨海実験センター運営委員会 委員長田臨海実験センターの重要事項の審議総括
2004 -- 2004下田臨海実験センター運営委員下田臨海実験センターの重要事項の審議
2006 -- 2008生命環境科学研究科戦略室員概算要求担当
2009 -- 2009生命環境科学研究科企画戦略室員概算要求担当
2008 -- 2009生命環境科学研究科人事委員会総会委員人事に関する審議
2006 -- 2009生命環境科学研究科教員会議運営委員会員研究科運営に関する審議
2007 -- 2009博士論文予備審査委員会委員博士論文の審査

(最終更新日: 2018-11-16)