現在地

大橋 一晴(オオハシ カズハル; Ohashi, Kazuharu)

所属
生命環境系
職名
講師
URL
研究分野
生態・環境
進化生物学
研究キーワード
植物-動物間相互作用
採餌行動
最適採餌戦略
植物の繁殖
花粉分散
花生態学
花の進化
研究課題
多様な送粉動物の利用における開花時刻の適応的意義2016-04 -- 2019-03大橋一晴日本学術振興会/国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)6370000
多様な送粉動物の利用における開花時刻の適応的意義2014 -- 2018大橋 一晴日本学術振興会/基盤研究(C)5200000
ポリネーターの採餌における空間利用戦略を介した花の進化2001-10 -- (現在)/(選択しない)
送粉動物の認知学習および空間利用行動から見た花色変化の適応的意義2010 -- 2013日本学術振興会/若手研究(B)3640000
送粉動物の空間移動様式の変化が植物の花粉分散におよぼす影響           2007 -- 2009日本学術振興会/若手研究(B)3810000
論文
著書
  • 共生植物図鑑「キバナアキギリ」
    大橋一晴
    2012-01
  • 花の数, ディスプレイ・サイズとポリネーターの訪花行動.
    大橋一晴
    1999-01
会議発表等
  • ツリガネニンジン属におけるガ媒
    Ohashi Kazuharu
    日本植物分類学会第16回大会/2017-03-10--2017-03-10
  • 夜行性ガ類によるツリガネニンジンの花粉媒介
    Ohashi Kazuharu
    第48会種生物学会シンポジウム/2016-12-03--2016-12-03
  • 花の向きは訪花者相の 'フィルター' として機能しうるか? 〜操作実験における採餌行動の比較〜
    Ohashi Kazuharu; 髙野美幸
    日本生態学会第64会全国大会/2017-03-15--2017-03-15
  • 花の向きは訪花者相の 'フィルター' として機能しうるか? 〜操作実験における採餌行動の比較〜
    Ohashi Kazuharu; 髙野美幸
    第48回種生物学会シンポジウム/2016-12-02--2016-12-04
  • 花色変化する植物のコストパフォ ーマンスは高いのか?~不変型植物との違いをヒントにして
    鈴木 美季; 下川 悟史; 大橋 一晴
    日本植物分類学会第12回大会/2013-03-16
  • 情けはハチの為ならず:行動実験から探る花色変化の適応的意義
    牧野崇司; 大橋 一晴
    日本生態学会第60回大会/2013-03-07
  • How do pollinator fauna and return-visits by bees differ between a color-changing and a noncolor-changing species in Weigela?
    鈴木美季; 大橋 一晴
    日本生態学会第60回大会/2013-03-06
  • 情けはハチの為ならず:行動実験から探る花色変化の適応的意義
    牧野崇司; 大橋一晴
    東北植物学会第2回大会/2012-12-15
  • 花色変化は送受粉の過程にどのような影響を及ぼすのか?:タニウツギ属の変化型と不変型における種間比較
    鈴木美季; 大橋一晴
    第43回種生物シンポジウム/2011-12-09
  • Spatial learning by pollinators behind the evolution of floral color change.
    Makino TT; Ohashi K
    Behavior 2011 (Joint meeting of the Animal behavior society and the International ethological conference)/2011-07-28
  • 花色変化がポリネーションに及ぼす影響:変化型と不変型における種間比較
    鈴木美季; 大橋一晴
    日本生態学会第58回大会/2011-03-09
  • 花色変化とポリネーターの関係:変化型と不変型における種間比較
    鈴木美季; 大橋一晴
    第42回種生物シンポジウム/2010-03-01
  • 花色変化は何のシグナル?~ハコネウツギ(変化型)とタニウツギ(不変型)における繁殖形質の比較~
    鈴木美季; 大橋一晴; 牧野崇司
    日本生態学会第57回大会/2010-03-01
  • 花色変化は何のシグナル?~ハコネウツギ(変化型)とタニウツギ(不変型)における繁殖形質の比較~
    鈴木美季; 大橋一晴; 牧野崇司
    第41回種生物シンポジウム/2009-12-12
  • 精度か?スピードか?マルハナバチの空間移動におけるトレードオフと学習環境の関係
    大橋一晴; Thomson JD
    日本生態学会第58回大会/2011-03-09
  • Pollen choice of bumblebees and its influence on colony groth-A recipe for survival.
    Munidasa D; Ohashi K; Toquenaga Y
    The Second Scientific Congress of East Asian Federation of Ecological Societies/2006-03-01
  • Trapline foraging by bumble bees: effects of experience and priority on competitive performance.
    Ohashi K; Leslie A; Thomson JD
    12th International Behavioral Ecology Congress/2008-08-10
  • 先んずれば花色を制す:花種間での送粉者獲得をめぐる競争における先取の効果
    川口利奈; 大橋一晴; 徳永幸彦
    日本生態学会第56回大会/2009-03-01
担当授業科目
2016-11 -- 2017-02多様性生物科学セミナーDIII筑波大学
2016-11 -- 2017-02多様性生物科学セミナーEIII筑波大学
2016-11 -- 2017-02多様性生物科学セミナーCIII筑波大学
2016-12 -- 2017-02生物学実験筑波大学
2016-12 -- 2017-02生物学実験筑波大学
2016-12 -- 2017-02生物学実験筑波大学
2016-10 -- 2017-03生態学セミナーBII筑波大学
2016-10 -- 2017-03生態学セミナーAII筑波大学
2016-10 -- 2017-03生態学研究法AII筑波大学
2016-10 -- 2017-03生態学研究法BII筑波大学
一般講演
  • The evolution of flower color change: comparison between ‘change’ and ‘non-change’ species in Weigela.
    Miki Suzuki; Satoshi Shimokawa; Kazuharu Ohashi; Tsukasa ...
    East Asian Botany: International Symposium 2011/2011-03-18
  • How does floral color change affect the pollination process?: comparison between a color-changing and a noncolor-changing species in Weigela.
    Suzuki M.; Ohashi K.
    JSPS International Symposium on Pollinator Conservation/2012-01-27
  • ポリネーターの行動を介した花の形質進化
    大橋一晴
    植物色素談話会/2008-12-06
  • Economics of trapline foraging by bumble bees: competition for artificial flowers.
    Ohashi; K.; Thomson; J. D.; +大橋 一晴
    Conference on the Ecology and Evolution of Plant-Pollinator Interactions/2008-08-03
  • An automated system for tracking and identification of individual bumble bees collecting nectar from electric artificial flowers.
    Ohashi; K.; D'Souza; D.; and Thomson; J. D.; +大橋 一晴
    Conference on the Ecology and Evolution of Plant-Pollinator Interactions/2008-08-02
  • How do floral display size and the density of surrounding flowers influence the likelihood of bumble-bee revisitation to a plant?
    Makino Takashi; Kazuharu Ohashi; and Satoki Sakai
    Conference on the Ecology and Evolution of Plant-Pollinator Interactions/2008-08-01
  • マルハナバチの‘ゆずりあい’採餌:他人にきびしく、身内にやさしく?
    谷中智紀・牧野崇司・大橋一晴; +大橋 一晴
    日本生態学会第55回大会/2008-03-01
  • マルハナバチの餌選択における他個体の情報的利用~類は友を呼ぶ? Part 2
    川口利奈; 大橋一晴; 徳永幸彦
    日本生態学会第55回大会/2008-03-01
  • マルハナバチの餌選択における他個体の情報的影響~悩むより倣うが易し?
    川口利奈; 大橋一晴; 徳永幸彦
    日本動物行動学会第24回大会/2005-11-01
  • Contrasting responses of bumble bees to feeding conspecifics on their familiar and unfamiliar flowers.
    Lina Kawaguchi; Kazuharu Ohashi; Yukihiko Toquenaga
    12th International Behavioral Ecology Congress/2008-08-01
  • Do bumble bees show different responses to conspecific and heterospecific foragers on novel food source?
    Lina Kawaguchi; Kazuharu Ohashi; Yukihiko Toquenaga
    Ecological Society of America 93rd Annual Meeting/2008-08-01
  • Contrasting responses of bumble bees to feeding conspecifics on their familiar and unfamiliar flowers.
    Lina Kawaguchi; Kazuharu Ohashi; Yukihiko Toquenaga
    Conference on the Ecology and Evolution of Plant-Pollinator Interactions/2008-08-01
  • Trapline foraging by bumble bees: indirect effects of foraging experience competitive ability.
    K Ohashi; A Leslie; D D'Souza; and J D Thomson
    International Meeting for Ecological Risk Assessment of Introduced Bumblebees/2008-02-01
  • Do bumble bees show different responses to conspecific and heterospecific foragers on novel food source?
    Lina Kawaguchi; Kazuharu Ohashi; Yukihiko Toquenaga
    International Meeting for Ecological Risk Assessment of Introduced Bumblebees/2008-02-01
  • マルハナバチの餌選択における他個体の情報的利用~類は友を呼ぶ?~
    川口利奈; 大橋一晴; 徳永幸彦
    日本生態学会第54回大会/2007-03-01
  • 花蜜をめぐるマルハナバチの個体間競争 ~勝敗を分ける要因
    大橋一晴・A. Leslie・D. D'Souza・J. D. Thomson; +大橋 一晴
    日本生態学会第54回大会/2007-03-22
  • Trapline foraging by bumble bees: indirect effects of foraging experience competitive ability.
    K Ohashi; A Leslie; D D'Souza; James D. Thomson
    Evolution 2007 Annual Meeting/2007-06-17
  • マルハナバチの採餌経験による他個体への反応の違 い:「先客」が好まれる場合・疎まれる場合
    川口利奈・大橋一晴・徳永幸彦; +大橋 一晴
    日本生態学会第53回大会/2006-03-25
  • マルハナバチにおける巡回ルートの「かたち」の最適化
    大橋一晴・James D. Thomson; +大橋 一晴
    日本生態学会第53回大会/2006-03-27
  • トラマルハナバチの猛暑を乗り切る「虫海戦術」? ~ 初期巣サイズが採餌活動の季節変化におよぼす影響 ~
    下野嘉子・徳永幸彦・大橋一晴; +大橋 一晴
    日本生態学会第53回大会/2006-03-27
  • 自然界におけるコマルハナバチの花粉利用につい て―マルハナバチの元気のもと
    ムニダサ ドゥリー・大橋 一晴・徳永 幸彦; +大橋 一晴
    日本生態学会第53回大会/2006-03-27
  • 株の花数と近隣株の花数がマルハナバチ個体の誘 引におよぼす効果:「常連客」をふやすのか、「立ち寄り客」を ふやすのか?
    牧野崇司・大橋一晴・酒井聡樹; +大橋 一晴
    日本生態学会第53回大会/2006-03-25
  • 花資源を集めるポリネーターの空間利用戦術
    大橋一晴・James D. Thomson; +大橋 一晴
    日本生態学会第52回大会/2005-03-30

(最終更新日: 2017-06-26)