現在地

徳永 幸彦(トクナガ ユキヒコ; TOKUNAGA(TOQUENAGA), Yukihiko)

所属
生命環境系
職名
准教授
研究分野
生態・環境
研究課題
集合知がもたらすサギ類群集の時空間分布についての研究2014 -- 2016徳永 幸彦日本学術振興会/基盤研究(C)4940000
地理的スケールにおける生物多様性の動態と保全に関する研究1999-04 -- 2001-03椿宜高農業研究センター病害虫防除部鳥害研究室/国内共同研究
受粉用マルハナバチの逃亡防止技術と生態リスク管理技術の開発2005-07 -- 2006-03五箇公一国立環境研究所・主任研究員/国内共同研究
マルハナバチ群集の個体群生態学2005-04 -- 2008-03/
人工生命方法の生態学への応用 -- (現在)/
アメゾウムシの実験個体群を用いた個体群動態及び行動生態学 -- (現在)/
コスモポリタンを使った種の壁の操作実験2011 -- 2013日本学術振興会/基盤研究(C)3900000
サギ類コロニー・集団塒の形成要因としての歴史性についての研究2007 -- 2009日本学術振興会/基盤研究(C)4420000
ユーラシア大陸におけるマルハナバチ群集の営巣行動と遺伝的多様についての研究   2005 -- 2007日本学術振興会/基盤研究(B)5330000
真の系統樹を用いたマメゾウムシ実験個体群の競争様式の系統間比較  2005 -- 2006日本学術振興会/基盤研究(C)3000000
職歴
1994-08 -- 1997-02筑波大学 生物科学系 助手
1997-03 -- 2001-03筑波大学 生物科学系 講師
2001-04 -- 2003-10筑波大学 大学院生命環境科学研究科生命共存科学専攻 講師
2003-11 -- (現在)筑波大学 大学院生命環境科学研究科生命共存科学専攻 助教授
2007-04 -- (現在)筑波大学 大学院生命環境科学研究科生命共存科学専攻&#8226 准教授
学歴
-- 1986筑波大学 第二学群 生物学類
-- 1991筑波大学 生物科学研究科 生物学
取得学位
1991-03理学博士筑波大学
1988-03理学修士筑波大学
所属学協会
-- (現在)個体群生態学会
-- (現在)日本生態学会
-- (現在)日本動物行動学会
2007 -- (現在)American Society of Naturalists
2008 -- (現在)Ecological Society of America
-- (現在)Society for the Study of Evolution
論文
  • 東アジアにおけるアマサギ2個 体を対象とした長距離移動 衛星追跡
    TOKUNAGA(TOQUENAGA) Yukihiko
    日本鳥学会誌/66(2), 2017-10
  • Melanic mutation causes a fitness decline in bean beetles infected by Wolbachia
    TOKUNAGA(TOQUENAGA) Yukihiko
    Entomologia Experimentalis et Applicata, 2017
  • Balance between site fidelity and habitat preferences in colony site selection by herons and egrets
    TOKUNAGA(TOQUENAGA) Yukihiko
    J. Avian Biol./48/pp.1-11, 2017-05
  • Geographical variation in the heterogeneity of mutualistic networks
    Sakai Shoko; Metelmann Soeren; TOKUNAGA(TOQUENAGA) Yukihi...
    Open Science/3(6)/p.150630, 2016-06
  • Larval competition causes the difference in male ejaculate expenditure in Callosobruchus maculatus
    Masako Katsuki; TOKUNAGA(TOQUENAGA) Yukihiko; Takahisa Mi...
    Population Ecology/55(3)/pp.493-498, 2013-07
  • 相変異と悪魔
    徳永幸彦
    遺伝/61(5)/pp.108-111, 2007-01
  • ゲノム時代の人工生命~プレイグランドで遊びましょう~
    徳永幸彦; 原田肇
    生物科学/54(2)/pp.101-110, 2003-01
  • 多様性の解釈学
    徳永幸彦
    日本の科学と技術/35/pp.28-31, 1994-01
  • 人工生命から見た集団
    徳永幸彦
    個体群生態学会会報 /51/pp.13-19, 1994-06
  • サギのコロニー・ウォッチング
    徳永幸彦
    日本の生物/5(5)/pp.24-29, 1991-05
  • ダーウィンと現代生態学~「こんがらがった土手」を繙くには?~
    徳永幸彦
    遺伝/62(5)/pp.41-44, 2008-01
  • 実験系での共存
    徳永幸彦
    週刊朝日百科動物たちの地球/142/p.309, 1994-01
  • 進化生態学的人工生命の使い方~r-K選択の舞台裏~
    徳永幸彦
    SHINKA /7(1)/pp.5-12, 1997-01
  • 今西近似:「生物世界」周りのテーラー展開として
    徳永幸彦
    生物科学/54(2)/pp.101-110, 2006-01
  • 人工生命の作り方
    徳永幸彦
    SHINKA/3(2)/pp.69-74, 1993-01
  • 人工生命の現在・過去・未来
    徳永幸彦
    遺伝/48/pp.12-21, 1994-01
  • 生態系と人工生命
    徳永幸彦
    電子情報通信学会誌/77/pp.135-142, 1994-01
  • Contest and scramble competitions in two bruchild species, Callosobruchus analis and C. phaseoli (Coleoptera : Bruchidae) : I. Larval competition curves and interference mechanisms
    Y. Toquenaga; K. Fujii; +徳永 幸彦
    Researches on Population Ecology, 32 : 349-363/32/p.2, 1990-01
  • D-Catechin : An oviposition stimulant of azuki bean weevil Callosobruchus chinensis from the host azuki bean
    T. Ueno; Y. Kuwahara; K. Fujii; Y. Toquenaga; T. Suzuki; ...
    Journal of Pesticide Sciences 15 : 573-578/15/p.4, 1990-01
  • Contest and scramble competitions in Callosobruchus maculatus (Coleoptera : Bruchidae) : I. Larval competition curves and resource sharing patterns
    Y. Toquenaga. K. Fujii; +徳永 幸彦
    Researches on Population Ecology, 33 : 199-211/33/p.2, 1991-01
  • Contest and scramble competitions in two bruchild species, Callosobruchus analis and C. phaseoli (Coleoptera : Bruchidae) : III. Multiple-generation competition experiment
    Y. Toquenaga. K. Fujii; +徳永 幸彦
    Researches on Population Ecology, 33 : 187-197/33/p.2, 1991-01
  • Contest and scramble competitions in two bruchid species, Callosobruchus analis and C. phaseoli(Coleoptera : Bruchidae) : II. Larval competition experiment
    Y. Toquenaga; K. Fujii; +徳永 幸彦
    Research on Population Ecology, 33 : 129-139/33/p.1, 1991-01
  • Contest and scramble competitions in Callosobrichus maculatus(Coleoptera : Bruchidae) II. Larvel competition and interfereme mechanisms
    Y. Toquenaga
    Researches on Popultion Ecology/35(1)/p.57-68, 1993-01
  • Contest and scramble competition in an artifical World : Genetic analysis with genetic algorithms
    Y. Toquenaga; M. Ichinose; T. Hoshino; K. Fujii; +徳永 幸彦
    in Langter, (G led. )Artificial Life III, Addison-Wesley/p.177-200, 1994-01
  • A-diversity : Stepping up food webs
    T. Saruwatari; Y. Toquenaga; T. Hoshino; +徳永 幸彦
    Arfiticial Life IV, MIT press/p.424-429, 1994-01
著書
  • An Experimental Study of Contest and Scramble Competitions
    徳永 幸彦
    1991-03
  • Contest and Scramble Competitions in Callosobruchus species (Coleoptera: Bruchidae)
    徳永 幸彦
    1991-03
  • The mechanisms of contest and scramble competition in Bruchid species, Bruchids and legumes pp. 341-349
    Y. Toquenaga
    1990-01
  • Mode of competition and interspecific competitive outcomes
    K. Fujii; Y. Toquenaga; +徳永 幸彦
    Mutualism and Community Organization/pp.178-198, 1993-01
  • 生きモノと生きコト in 人工生命の美学, 62-68
    徳永幸彦
    1994-02
  • 白鷺は群れるか?
    梶谷勇 ; 徳永幸彦 ;
    人工生命の夢と悩み/pp.38-47, 1994-08
  • 食うか食われるかの世界はいつかは絶滅するか?
    猿渡卓也 ; 徳永幸彦 ;
    人工生命の夢と悩み/pp.98-110, 1994-08
  • ギフチョウ旅行
    徳永幸彦
    はじめてのえころじい/pp.37-79, 1995-01
  • 絵でわかる進化論
    徳永幸彦 ;
    2001-01
  • ニッチ構築~忘れられていた進化過程~
    佐倉統監修; 山下篤子; 徳永幸彦 訳; +徳永 幸彦
    2007-01
会議発表等
  • Statistics and population ecology
    TOKUNAGA(TOQUENAGA) Yukihiko
    30th annual meeting of the society of population ecology/2014-10-10--2014-10-12
  • Impact of climate change on waterbird populations
    TOKUNAGA(TOQUENAGA) Yukihiko
    Workshop: The impact of climate changes on animal populations/2015-11-09--2015-11-14
担当授業科目
2016-11 -- 2017-02多様性生物科学講究III筑波大学
2016-11 -- 2017-02多様性生物科学セミナーDIII筑波大学
2016-11 -- 2017-02多様性生物科学セミナーEIII筑波大学
2016-11 -- 2017-02多様性生物科学セミナーCIII筑波大学
2016-11 -- 2017-02基礎生物学実験III筑波大学
2016-10 -- 2017-03生態学セミナーBII筑波大学
2016-10 -- 2017-03生態学セミナーAII筑波大学
2016-10 -- 2017-03生態学研究法AII筑波大学
2016-10 -- 2017-03生態学研究法BII筑波大学
2016-10 -- 2017-03生態学セミナーDII筑波大学
学協会等委員
1997 -- 1998個体群生態学会事務長

(最終更新日: 2017-06-28)