現在地

石川 尚人(イシカワ ナオト; Ishikawa, Naoto)

face
所属
生命環境系
職名
助教
性別
男性
科研費番号
20202963
eメール
 
電話
029-853-6686
Fax
029-853-6617
研究分野
動物生産科学
研究キーワード
畜産業や草地管理技術を含む農業技術を用いた環境修復
塩類集積土壌を中心とする砂漠化/土地荒廃地域の修復技術
すなわち環境修復型農林業体系(Agro-remediationsystem)の構築
研究課題
高二酸化炭素濃度条件が草型の異なる飼料イネ品種の飼料特性に及ぼす影響の解明2013-04 -- (現在)加藤盛夫文部科学省/科学研究費補助金 基盤研究(C)3,510,000円
源生林あしたば含有機能性飼料の開発を通した畜産業及び被災地農業の活性化2013-04 -- 2015-03和地 義隆JST 復興支援プログラム(A-STEP)/復興促進プログラム17,000,000円
塩生植物を用いた家畜生産システムの確立に関する研究2003-04 -- 2005-03石川尚人吉林省農業科学院畜牧分院、内蒙古畜牧科学院草原研究所/国内共同研究3,200,000円
ナイル流域における食糧・燃料の持続的生産2009-06 -- 2014-06佐藤 良政カイロ大学/国際共同研究500,000,000円
平成21年度地域イノベーション創出研究開発事業「先端的画像処理技術を用いた新しい牛の分娩管理システムの開発」2009-04 -- 2010-03伊藤直樹/国内共同研究1,800,000円
中国内蒙古砂漠化/退行草原の草生回復と牧畜技術の回復に関する研究2009-04 -- 2012-03/科学研究費補助金
JST-JICA地球規模課題対応課題 ナイル流域における食糧・燃料の持続的生産2009-04 -- 2014-03/JST戦略的創造研究推進制度(総括実施型) (国際共同研究事業:ICORP)
未利用資源の飼料化に関する研究2002-04 -- (現在)/(選択しない)
塩性植物を用いた家畜生産システムに関する研究2002 -- (現在)/
野生動物の生態と栄養摂取に関する研究2000-04 -- (現在)/(選択しない)
学歴
-- 1982帯広畜産大学 畜産学部 家畜生産科学科
-- 1988筑波大学 農学研究科 農林学専攻単位取得満期退学
取得学位
2005-09博士(農学)岩手大学大学院連合農学研究科
1984-03農学修士帯広畜産大学大学院畜産学研究科
所属学協会
2017-04 -- 2018-03日本家畜管理学会
2017-04 -- 2018-03日本沙漠学会
2017-04 -- 2018-03日本草地学会
-- (現在)日本沙漠学会
-- (現在)日本草地学会
-- (現在)日本畜産学会
-- (現在)日本農学会
2003 -- (現在)日本熱帯農業学会
受賞
2017-4日本草地学会賞日本草地学会賞規定第2条の1
2017-3-20日本草地学会賞日本草地学会賞規定第2条の1
2017-3-20日本草地学会賞日本草地学会賞規定第2条の1
2017-3-20日本草地学会賞日本草地学会賞規定第2条の1
2017-3-202017年度日本草地学会賞日本草地学会賞規定第2条の1
2017-3-20日本草地学会賞日本草地学会賞規定第2条の1
論文
  • Membrane raft-mediated regulation of glucose signaling pathway leading to acrosome reaction in chicken sperm
    Asano Atsushi; Ai Ushiyama; Priyadarshana Chathura; Setia...
    Biology of Reproduction (accepted), 2019-01
  • Effects of molasses-urea supplementation on weight gain, ruminal fermentation and major microbe populations of winter-grazing sheep in Inner Mongolia
    Li C; Alatengdalai; Xue S.; Guo T.; Asano A.; Tajima A.; ...
    Journal of Northeast Agricultural University/24(1)/pp.48-53, 2017
  • Characterization of the functions and proteomes associated with membrane rafts in chicken sperm
    Ushiyama Ai; Tajima Atsushi; ISHIKAWA Naoto; Asano Atsushi
    PloS one/12(11), 2017-11
  • Photosynthetic Response of Mono and Intercropped Maize In the Nile Delta, Egypt
    SHIMIZU Katsuyoshi; Abdel-GAWAD Korany; SAFINA Sayed A.; ...
    Tropical Agriculture and Development/61(3)/pp.150-152, 2017-09
  • Effects of molasses-urea supplementation on weight gain, ruminal fermentation and major microbe populations of winter-grazing sheep in Inner Mongolia
    石川 尚人
    Journal of Northeast Agricultural University/24(1)/pp.48-51, 2017-03
  • Dynamic Changes of Main Rumen Microflora and Ruminal Fermentation in Sheep Supplemented with Molasses-Urea
    Li C.; Alatengdalai; S. Xue; A. Asano; A. Tajima; N. Ishi...
    Journal of Rangeland Science/8(1)/pp.1-10, 2018
  • Effects of molasses-urea supplementation on weight gain, ruminal fermentation and major microbe populations of winter-grazing sheep in Inner Mongolia
    Li C.; Alatengdalai; Xue S.; Guo T.; Asano A.; Tajima A.;...
    Journal of Northeast Agricultural University/24(1)/pp.48-58, 2017-03
  • Membrane Rafts Regulate Sperm Acrosome Reaction via cAMP-dependent Pathway in Chickens (Gallus gallus domesticus)
    Priyadarshana Chathura; Tajima Atsushi; Ishikawa Naoto; A...
    Biology of Reproduction (accepted)/pp.1-10, 2018-05
  • 刈取り高さが畑地および水田で栽培されたケナフ(Hibiscus cannabinus L.)の 地上部収量に及ぼす影響
    志水 勝好; 柴山 美智子; 山ノ内 真恵; 小関 里奈; 石川 尚人
    日本作物学会講演会要旨集/237/p.326, 2014
  • Effects of Temperature and Soil Moisture on Ruminal Fiber Digestibility of Growing Maize (Zea mays L.)
    ISHIKAWA Naoto; SUZUKI Miho; MOHAMED Alaa; EL-FADEL Magdy...
    Tropical Agriculture and Development/60(2)/pp.89-92, 2016
  • Comparison of Membrane Characteristics between Freshly Ejaculated and Cryopreserved Sperm in the Chicken
    Ushiyama Ai; Ishikawa Naoto; Tajima Atsushi; Asano Atsushi
    The Journal of Poultry Science/53(4)/pp.305-312, 2016
  • Nutritional Characteristics of Dominant Wild-Plant Species in Salt-Accumulated Grasslands Producing a Local Sheep Breed with High Twinning Rate in Harigabi, Inner Mongolia
    ISHIKAWA Naoto; KIMURA Yae; SAWADO Rie; ALATENGDALAI; ENI...
    Tropical Agriculture and Development/60(1)/pp.10-13, 2016
  • Relationship between Aboveground Productivity and Chemical Components of Soil and Plant in Typical Steppe with Different Productivities and Grazing Intensity in Inner Mongolia
    石川 尚人; 興野 若菜; 高 娃; 鳥蘭 吐雅; 阿拉騰達来; 後藤 ...
    Journal of Arid Land Studies/25(2)/pp.25-30, 2015
  • 中国内蒙古草原における植物中総リン・総窒素含有率に及ぼす高水準のリン酸窒素施肥の影響(日本家畜管理学会・応用動物行動学会2015年度春季合同研究発表会)
    稲葉 美月; 巩 喆; 金 海; 川村 健介; 後藤 正和; 浅野 敦之;...
    日本家畜管理学会誌・応用動物行動学会誌/51(1)/p.40, 2015-03
  • The Effects of Water-saving Irrigation on Nutritive Value of Maize (Zea mays L.) in Nile Delta, Egypt
    鈴木 美穂; MOHAMED Alaa; ABDEL-GAWAD Korany; SAFINA Sayed...
    Journal of arid land studies/22(4)/pp.481-485, 2013-03
  • 内蒙古自治区ハルゴビ村とサイハンゴビ村における植生、植物栄養成分およびヒツジ放牧管理方法の比較(日本家畜管理学会・応用動物行動学会2013年度春季合同研究発表会)
    澤戸 利衣; 阿拉騰 達来; 永西 修; 後藤 正和; 浅野 敦之; 田...
    日本家畜管理学会誌・応用動物行動学会誌/49(1)/p.23, 2013-03
  • 中国内蒙古自治区シリンゴロ草原における土壌中総窒素および総リン濃度に及ぼす採草地化の影響(日本家畜管理学会・応用動物行動学会2013年度春季合同研究発表会)
    春日 雄樹; 阿拉騰 達来; 後藤 正和; 浅野 敦之; 田島 淳史; ...
    日本家畜管理学会誌・応用動物行動学会誌/49(1)/p.69, 2013-03
  • Study on the nitrogen and phosphorus concentrations in soil affecting above ground productivities in typical steppes of Inner Mongolia
    興野 若菜; 高 娃; 鳥 恩; 鳥蘭 吐雅; 後藤 正和; 田島 淳史;...
    Animal Behaviour and Management/49(2)/pp.91-95, 2013-06
  • Characteristics of the chemical composition and carbohydrate and protein fractions along with the growth of alkali-grass (Puccinellia tenuiflora) as feed for ruminants
    Ishikawa Naoto; Madoka KATO; Katsuyoshi SHIMIZU; Weidong...
    沙漠研究 : 日本沙漠学会誌/23(1)/pp.1-6, 2013-06
  • 水稲収穫後の再生イネの生長および乾物収量と飼料化の可能性
    有房詩織; 石川尚人; 加藤盛夫; 林 久喜; 軽部 潔; 菅原慶子
    筑波大学農林技術センター研究報告/23/p.15-21, 2010-03
  • 黒毛和種未経産牛の22日間連続発情行動観察
    福井豊・武藤浩史・石川尚人・寺脇良悟・家倉博; +石川 尚人
    帯広畜産大学研究報告/13/p.33-41, 1982-01
  • Threshold of Body Temperature for the Initiation of Evaporative Thermoregulation in Swamp Buffeloes Abruptly Exposed to High Environmental Temperatures
    Chikamune; T.; Y. Kanai; H. Homma; T. Abudul-Latief; N. I...
    日本畜産会報/58(12)/p.1095-1097, 1987-01
  • Pulsatile Secretion of Luteinizing Hormone and Plasma Levels of Ovarian Steroids during the Estrus Cycle in the Shiba Gats
    Kanai; Y.; N. Ishikawa
    日本繁殖学会誌/34(2)/p.105-110, 1988-01
  • Pulsatil Secretion of Luteinizing Hormon during Gestation and Postpartum Suckling Peroid in Shiba Goats
    Ishikawa; N.; Y. Kanai; +石川 尚人
    日本繁殖学会誌/34(2)/p.111-114, 1988-01
  • 低栄養条件がシバヤギの性周期および排卵数に及ぼす影響
    石川 尚人
    筑波大学農林技術センター報告/1/p.61-68, 1989-01
著書
  • Agricultural production - cultivation techniques and farming
    Maruyama Sachio; Shebl S.M.M.; Abdel-Gawad K.I.; Kubota A...
    Irrigated Agriculture in Egypt, Springer, pp.224-254, 2017
  • ホルスタイン種の未経産牛における発情行動の経時的変化について
    石川 尚人
    1984-03
  • 反すう家畜における塩生植物アッケシソウ(Salicornia herbacea L.) の飼料化に関する研究
    石川 尚人
    2005-09
  • 草地の生態と保全
    日本草地学会編; 秋山侃・他; +石川 尚人
    学会出版センター, 2010-03
会議発表等
  • ニワトリ初期胚の発生に伴う形態的変化と生理的変化の関係
    竹原稔; 貴志雅哉; 浅野敦; 石川尚人; 田島 淳史
    日本家禽学会2018年秋季大会/2018-09-05--2018-09-06
  • 免疫磁気細胞分離法(MACS法)を用いたニワトリGGCsの単離
    貴志雅哉; 竹原稔; 石川尚人; 浅野敦之; 田島 淳史
    日本家禽学会2018年度秋季大会/2018-09-05--2018-09-06
  • Membrane rafts regulate acrosome reaction in chicken sperm via PKA pathway.
    Asano Atsushi; N Ishikawa; A Tajima; Priyadarshana Chathura
    Society for the Study of Reproduction 2017 Annual Meeting/2017-7--2017-7
  • Current state and future development of sustainable livestock production in East Asia
    Ishikawa Naoto
    NARO国際シンポジウム「畜産研究の現状と将来展望」/2017-09-17--2017-09-17
  • ニワトリ凍結融解精子の生存性へ及ぼすコレステロール充填の効果
    牛山 愛; 田島 淳史; 石川 尚人; 浅野 敦之
    日本繁殖生物学会第108回大会/2015-09
  • Possible involvement of membrane rafts in functional damages of the cryopreserved chicken sperm.
    Asano Atsushi; Tajima Atsushi; Ishikawa Naoto; Ushiyama Ai
    Society for the Study of Reproduction 2016 Annual Meeting/2016-7-16--2016-7-20
  • 気象および栽培条件の異なる地域における再生イネの収量の違いについて
    有房詩織; 永西修; 新出昭吾; 大石克己; 福井弘之; 山本泰也;...
    日本草地学会誌_日本草地学会_57_別_33/2011-03
  • SPOT-VGT衛星画像を用いた中国内蒙古草原全域における11年間の植生モニタリング
    方媛; 川村健介; 石川尚人; 木村八瑛; 興野若菜; 高娃; 烏蘭吐
    日本草地学会誌_日本草地学会_57_別_4/2011-03
担当授業科目
2018-10 -- 2018-12農林生物学実験筑波大学
2018-04 -- 2018-06農林生物学基礎実験筑波大学
2018-04 -- 2018-06農林生物学実験筑波大学
2018-10 -- 2018-12生物資源生産科学実習筑波大学
2018-10 -- 2018-12生物生産システム学実習筑波大学
2018-04 -- 2018-06生物資源フィールド学実習筑波大学
2018-04 -- 2018-06生物資源生産科学実習筑波大学
2018-04 -- 2018-07生物生産システム学実習筑波大学
2018-11 -- 2019-02動物栄養学筑波大学
2018-10 -- 2019-02動物資源生産学講究I筑波大学
授業以外の教育活動
2014-04 -- (現在)教員免許更新講習筑波大学
一般講演
  • The effects of drip irrigation on feed value of maize (Zea Mays L.) in Nile Delta
    Miho Suzuki; Alaa Mohamed Ahmed Hussien; Osamu Enishi; ts...
    UNESCO-APEID 2011 International Symposium on Agricultural Education for Sustainable development/2011-11-10
  • The relationship between aboveground productivity and chemical components (NO3N, TN and TP) of plant and soil in typical steppe of Inner Mongolia
    Wakana Kyuno; Gao Wa; Wu En; Wulanuyanm; Masakazu Goto; A...
    UNESCO-APEID 2011 International Symposium on Agricultural Education for Sustainable development/2011-11-10
  • 気象および栽培条件の異なる地域における再生イネの収量の違いについて
    ②有房詩織; 永西修; 新出昭吾; 大石克己; 福井弘之; 山本泰也...
    日本草地学会宇都宮大会/2011-03-26
  • SPOT-VGT衛星画像を用いた中国内蒙古草原全域における11年間の植生モニタリング
    方媛; 川村健介; 石川尚人; 木村八瑛; 興野若菜; 高娃; 烏蘭吐雅
    日本草地学会宇都宮大会/2011-03-26
  • 茨城県南部における再生イネの乾物収量と飼料成分
    加藤 盛夫・有房 詩織・加藤 まどか・石川 尚人・菅原 慶...
    日本作物学会/2009-03-28
  • Effects of cultivation of Puccinellia tenuiflora on the chemical and physical characteristics of alkalinized soil in western areas of Jilin
    Ishikawa; N.; M. Kato; K. Shimizu; M. Amari; W. Cao; X. Y...
    XXI International Grassland Congress/VIII International Rangeland Congress. Multifunctional Grasslands in a Changing World, Vol I, 309/2008-07-03
  • Characteristics of the chemical composition and carbohydrate/protein fractions along with the growth of alkali-grass (Puccinellia tenuiflora) as feed for ruminants.
    Kato; M.. N. Ishikawa; K. Shimizu; W. Cao; M. Amari; O. E...
    XXI International Grassland Congress/VIII International Rangeland Congress. Multifunctional Grasslands in a Changing World, Vol I, 316/2008-07-03
  • Estimation of plant N, P and K contents in the Inner Mongolia steppe using SPAD value
    Gao Wa; Wu En; N. Ishikawa; Xing Qi; M. Goto
    XXI International Grassland Congress/VIII International Rangeland Congress. Multifunctional Grasslands in a Changing WorldVol I, 362/2008-07-03
  • 再生イネの飼料価値および収量に基づく飼料化の可能性
    石川 尚人・有房 詩織・加藤 まどか・加藤 盛夫・林 久喜...
    日本草地学会/2009-03-30
  • 中国内蒙古自治区および吉林省における草地研究
    石川 尚人
    日本草地学会自由シンポジウム/2009-03-30
  • ケナフの形態・生理に関する研究 第九報 異なる刈取り高が地上部収量に及ぼす影響
    志水勝好・山内真恵・小関里奈・石川尚人; +石川 尚人
    2007-03-28
学協会等委員
2017-04 -- 2018-03日本農学会運営員
2017-04 -- 2018-03関東甲信越地区大学農場協議会編集担当幹事
2017-04 -- 2018-03日本熱帯農業学会編集委員
2017-04 -- 2018-03日本畜産学会セクションエディター
2007 -- (現在)日本草地学会評議委員
学内管理運営業績
2017-04 -- 2018-03関東甲信越地区大学農場協議会編集担当幹事
2017-04 -- 2018-03日本農学会日本草地学会選出運営員
2017-04 -- 2018-03日本熱帯農業学会編集委員
2017-05 -- 2018-03日本畜産学会編集委員セクションエディター
その他の活動
2014-04 -- 2015-03牛久市農業振興検討委員会委員として、牛久市の農業振興の方策の立案および検討を行っている
メッセージ
たった半世紀強の間にこれほどまで地球にダメージを与えてしまった私たちの経済活動や生活形態や価値観が、人類が歩んできた長い歴史の延長線上で健全に発展した結果だとは、もはや誰も自信を持って言えないのではないでしょうか。アスファルトで固められた道路に車が溢れているこの異様な風景は、ほんのここ数十年の間に出来上がったものです。人間の幸福や生存自体に必須であるとは思われない「ずぼらな便利さ」と引き換えに、80億人分の食料生産しかできない地上の農用地は砂漠化し荒廃しつつあります。世界の人口は70億人に達する勢いです。経済力の偏りや内戦などが引き金となり毎年1500万人の方が世界で餓死しています。500万人は子供です。私たちが今やらなければならないことは、これまでに私たちが自分の子孫に対して犯してきた行為に対する償いを責任を持って真剣に行うことではないでしょうか。

(最終更新日: 2018-09-18)