現在地

加香 孝一郎(カコウ コウイチロウ; Kako, Koichiro)

face
所属
生命環境系
職名
講師
生年月
1963-06
URL
eメール
 
研究室
先端学際領域研究センターB棟1階
電話
029-853-7303
Fax
029-853-7303
研究分野
神経生理学・神経科学一般
機能生物化学
生物分子化学
研究キーワード
ミトコンドリア
電子伝達系
金属シャペロン
神経ペプチド
細胞内シグナル伝達
高速液体クロマトグラフィー
アルギニンメチル化修飾
生理活性アミン
線虫
質量分析
研究課題
タンパク質アルギニンメチル化修飾の個体機能の解明2017 -- 2019加香 孝一郎日本学術振興会/基盤研究(C)4680000
周産期における薬剤応答性アミノプロダクトの探索と薬剤作用機序の解析2014 -- 2016加香 孝一郎日本学術振興会/基盤研究(C)4810000
タンパク質のアルギニンメチル化修飾とメチル化アルギニンの生理機能の解析2007-12 -- (現在)/
生理活性アミンの線虫及び哺乳動物における動態と作用機序の解明2008-12 -- (現在)/
哺乳類の体内時計に関する分子生物学的研究 -- (現在)/
細胞内銅輸送ペプチドに関する分子生物学的研究 -- (現在)/
メチル化アルギニンを介した母胎間ケミカルコミュニケーションの解析2009 -- 2012日本学術振興会/基盤研究(C)4420000
妊娠中毒症における母胎間ネットワークの解明2005 -- 2009日本学術振興会/基盤研究(S)108290000
初期胚発生過程における銅シャペロンCox17pの重要性2004 -- 2004日本学術振興会/基盤研究(B)6500000
細胞内金属イオン輸送機構と重金属代謝のクロストーク2002 -- 2002日本学術振興会/萌芽研究1800000
職歴
2009-04 -- (現在)筑波大学 大学院生命環境科学研究科 講師
学歴
-- 1988筑波大学 第二学群 生物学類卒業
-- 1994筑波大学 生物科学研究科 生物物理化学専攻修了
取得学位
1994-03博士(学術)筑波大学
1990-08理学修士筑波大学
免許資格等
1988-03-25高等学校教諭一種免許状
2006-01-20特定化学物質等作業主任者
所属学協会
2012-04 -- 2017-03活性アミンに関するワークショップ
-- (現在)日本微量元素学会
-- (現在)日本分子生物学会
受賞
2017-08功労賞活性アミンに関するワークショップの発展に大きく寄与
2000金子・成田研究奨励金(財団法人蛋白質研究奨励会)
論文
  • PRMT-5 converts monomethylarginines into symmetrical dimethylarginines in Caenorhabditis elegans.
    Akihiko Kanou; Kako Koichiro; Keiko Hirota; Akiyoshi Fuka...
    J. Biochem./161(2)/pp.231-235, 2017
  • Asymmetric Arginine Dimethylation Modulates Mitochondrial Energy Metabolism and Homeostasis in Caenorhabditis elegans
    Sha Liang; Daitoku Hiroaki; Araoi Sho; Kaneko Yuta; Takah...
    Molecular and cellular biology/37(6), 2017-03
  • Hydralazine is involved in tele-methylhistamine metabolism by inhibiting monoamine oxidase B in pregnancy-associated hypertensive mice
    Kawasaki Shohei; Kako Koichiro; Nagashima Yusuke; Kanou A...
    Journal of biochemistry/161(2)/pp.155-158, 2017-01
  • NML-mediated rRNA base methylation links ribosomal subunit formation to cell proliferation in a p53-dependent manner.
    Tsuyoshi Waku; Yuka Nakajima; Wataru Yokoyama; Naoto Nomu...
    J. Cell Sci./129(12)/pp.2382-2393, 2016-06
  • Pterosin B has multiple targets in gluconeogenic programs, including coenzyme Q in RORα-SRC2 signaling.
    Yumi Itoh; Hiroyuki Fuchino; Masato Sanosaka; Koichiro Ka...
    Biochem. Biophys. Res. Commun./473(2)/pp.415-420, 2016-04
  • Mammalian copper chaperone Cox17p has an essential role in activation of cytochrome c oxidase and embryonic development
    Takahashi Y; Kako K; Kashiwabara S; Takehara A; Inada Y; ...
    Mol. Cell. Biol./22/p.7614-7621, 2002-01
  • Cloning and sequence analysis of mouse cDNAs encoding preprotachikinin A ans B
    Kako; K.; Munekata; E.; Hosaka; M.; Murakami; K.; and Nak...
    Biomedical Research/14/p.253-259, 1993-01
  • Characterization of preprotachykinin B processing in heterologous endocrine cell lines
    Kako; K.; Munekata; E.; Akutsu; T.; Watanabe; T.; Murakam...
    Biomedical Research/14/p.427-434, 1993-01
  • Structure-activity relationships of human epidermal growth factor(h-EGF)
    Shin; S. Y.; Watanabe; M.; Kako; K.; Ohtaki; T.; and Mune...
    Life Sciences/55/p.131-139, 1994-01
  • 「哺乳類の24時間リズムは遺伝子に制御されるか」
    加香孝一郎; 石田直理雄
    「バイオインダストリー」/12/p.5-14, 1995-01
  • [生物時計に関する情報/米国Center for Biological Timing(CBT)のホームページ」
    加香孝一郎; 石田直理雄
    「細胞工学」/15/p.1052-1053, 1996-01
  • Further identification of neurokinin receptor subtypes and mechanisms of calcium signaling evoked by neurokinins in the murine neuroblastoma C1300 cell line.
    Fukuhara; S.; Mukai; H.; Kako; K.; Nakayama; K.; and Mune...
    Journal of Neurochemistry/67/p.1282-1292, 1996-01
  • c-for CRE-binding activity of CREB/ATF family in the SCN is regulated by light but not a circadian clock.
    Kako; K.; Wakamatsu; W.; Ishida; N.; +加香 孝一郎
    Neurosicence letter/216/p.163-166, 1996-01
  • Regulation of cAMP-response element binding protein(CREB)binding in the mammalian clock pacemaker by light but not a circadian clock
    Kako; K.; Banasik; M.; Lee; K.; and Ishida; N.; +加香 孝一郎
    Brain Research Molecular Brain Research/44/p.39-45, 1997-01
  • 「3分でできるシークエンスゲル板作製法」
    加香孝一郎; 山崎紀彦
    「細胞工学」/17/p.1574-1575, 1998-01
  • 「遺伝子から見たリズム調節機構と遺伝子診断」
    加香孝一郎
    「組織培養工学」/24/p.91-94, 1998-01
  • Examination for DNA-binding activity of neuronal transcription factors by Electrophoretical-mobility shift assay.
    Kako; K.; Wakamatsu; H.; Hamada; T.; Banasik; M.; Ohata; ...
    Brain Research Brain Research Protocol/2/p.243-249, 1998-01
  • The localization of the site of arylalkylamine N-acetyltransferase circadian expression in the photoreceptor cells of mammalian retina.
    Niki; T.; Hamada; T.; Ohtomi; M.; Sakamoto; K.; Suzuki; S...
    Biochenical and Biophysical Research Communications/248/p.115-120, 1998-01
  • Multitissue circadian expression of the rat period homologue gene is governed by a mammalian circadian clock pacemaker, the suprachiasmatic nucleus
    Sakamoto; K.; Nagase; T.; Fukui; H.; Horikawa; K.; Okada;...
    Journal Biological Chemistry/273/p.27039-27042, 1998-01
  • The role of transcription factors in circadian gene expression
    Kako; K.; Ishida; N.; +加香 孝一郎
    Neuroscience Research/31/p.257-264, 1998-01
  • 「セミドライトランスファー装置を用いた高分子量タンパク質のウェスタンブロッティング」
    加香孝一郎
    「細胞工学」/18/p.559-561, 1999-01
  • Detection of PERIOD/PAS-binding protein from rate brain nuclear extracts by affinity chromatography.
    Qu; Z.; Kako; K.; Suzuki; S.; Taniguchi; T.; and Ishida; ...
    Neuroscience letter/259/p.59-61, 1999-01
  • Diurnal DNA binding activity isolated from rat brain clock pacemaker recognize period repetitive sequence in vitro.
    Hamada; T.; Kako; K.; Wakamatsu; H.; Suzuki; S.; Takeuchi...
    Brain Research Molecular Brain Research/65/p.211-215, 1999-01
  • The expression of Cox17p in rodent tissues and cells.
    Kako K.; Tsumori K.; Ohmasa Y.; Takahashi Y.; Munekata E....
    European Journal of Biochemistry/267(22)/pp.6699-6707, 2000-01
  • Promoter Analysis for Daily Expression of ┣DBDrosophila timeless(/)-┫DB Gene
    Okada; T.; Sakai; T.; Murata; T.; Kako; K.; Sakamoto; K.;...
    Biochemical and Biophysical Research Communications/283/p.577-582, 2001-01
著書
  • Studies on biosynthesis of mammalian tachykinin peptides
    加香 孝一郎
    1993-03
  • Tissue and cellular localization of mouse Cox17p gene-related peptide.
    Tsumori; K.; Kako; K.; Saito; T.; Yanai; K.; Kanai; M.; O...
    2000-01
  • Expression and copper-binding activity of mammalian Cox17p(共著)
    Kako; K.; Ohmasa; Y.; Takehara; A.; Mizunuma; M.; Takahas...
    2001-01
  • Gene expression analysis of mouse copper trafficking molecule, Cox17p
    Takahashi; Y.; Kako; K.; Arai; H.; Tsumori; K.; Ohmasa; Y...
    2001-01
  • Effect of deficiency of cytochrome c oxidase assembly peptide Cox17p on mitochondrial functions and respiratory-chain in mice.
    Takahashi; Y.; Kako; K.; Arai; H.; Takehara; A.; and Mune...
    2001-01
  • Role of the mammalian Cox17p peptide in copper trafficking and cellular respiration.
    Kako; K.; Takahashi; Y.; Takehara; A.; Arai; H.; Inada; Y...
    2002-01
  • Cox17p plays a key role for maintenance of cellular copper homeostasis.
    Kako; K.; Onodera; T.; Arai; H.; Takehara; A.; Hanagata; ...
    2003-01
担当授業科目
2017-10 -- 2018-02ゲノム情報生物学講究III筑波大学
2017-04 -- 2017-08ゲノム情報生物学講究III筑波大学
2017-10 -- 2018-02ゲノム情報生物学講究II筑波大学
2017-04 -- 2017-08ゲノム情報生物学講究II筑波大学
2017-10 -- 2018-02ゲノム情報生物学演習I筑波大学
2017-04 -- 2017-08ゲノム情報生物学演習I筑波大学
2017-04 -- 2017-08応用生命化学コース専門実験筑波大学
2017-04 -- 2017-06生化学筑波大学
2017-04 -- 2017-06ゲノム情報生物学筑波大学
2017-10 -- 2018-02ゲノム情報生物学演習II筑波大学
授業以外の教育活動
2015-04 -- 2016-03大学院前期課程生物資源科学専攻応用生命化学領域主任前期課程生物資源科学専攻
2015-04 -- 2016-03学類応用生命化学コース副主任生物資源学類
2014-04 -- 2015-03学類応用生命化学コース主任生物資源学類
2013-04 -- 2014-03学類2年次生担任(5クラス)生物資源学類
2012-04 -- 2013-03学類1年次生担任(5クラス)生物資源学類
2013-07 -- 2013-07筑波大学公開講座講師筑波大学生命領域学際研究センター
一般講演
  • アルギニンメチル化の化学特性とシグナル機能
    加香孝一郎; 深水昭吉
    蛋白研セミナー『シグナル伝達と解析技術のあらたな潮流』/2013-03-05
  • メチル基供与体S-adenosyl-L-methionineの量的変化がヒストンメチル化に与える影響
    飯塚慧; 廣田恵子; 小島真梨子; 大徳浩照; 加香 孝一郎; 深水...
    転写代謝システム 若手ワークショップ@鬼怒川/2013-01-25
  • Jurkat細胞におけるホルボールエステル刺激下でのヒスチジン脱炭酸酵素誘導性ヒスタミンの直接測定
    永島裕介; 加香孝一郎; 金俊達; 深水昭吉
    第85回日本生化学会大会/2012-12-15
  • 官能基に着目した妊娠高血圧マウス胎仔で増減するアミン類の探索法
    加香孝一郎; 中村あゆみ; 石田純治; 永島裕介; 嶋田崇史; 深...
    第16回活性アミンワークショップ/2012-08-24
  • 官能基に着目した妊娠高血圧マウス胎仔で増減する生体低分子の探索法
    加香孝一郎; 中村あゆみ; 石田純治; 永島裕介; 嶋田崇史; 深...
    第7回日本ケミカルバイオロジー学会年会/2012-06-08
  • Jurkat細胞におけるホルボールエステル刺激下でのヒスチジン脱炭酸酵素誘導性ヒスタミンの直接測定
    永島裕介; 加香孝一郎; 金俊達; 深水昭吉
    第7回日本ケミカルバイオロジー学会年会/2012-06-08
  • 官能基に着目した生体低分子の探索法
    中村あゆみ; 加香孝一郎; 石田純治; 永島裕介; 嶋田崇史; 深...
    転写代謝システム・転写研究会共催「若手ワークショップ@湯河原」/2012-02-09
  • アルギニンメチル化酵素PRMT-1は転写因子DAF-16の機能制御を介して線虫の寿命を決定する
    横山敦子; 高橋悠太; 大徳浩照; 廣田恵子; 田宮寛子; 加香孝...
    第34回日本分子生生物学会年会/2011-12-14
  • 「官能基」に着目した生体低分子の探索法
    中村あゆみ; 加香孝一郎; 石田純治; 永島裕介; 嶋田崇史; 深...
    第34回日本分子生生物学会年会/2011-12-13
  • 内因性NOS阻害因子・ADMAの生成機構の解明
    加香孝一郎
    日本薬学会 第131年会/2011-03-30
  • 培養細胞における遊離メチルアルギニンの定量と生成機序の解析
    白川拓真; 加香孝一郎; 永島裕介; 中村あゆみ; 嶋田崇史; 深...
    第33回日本分子生物学会年会/2010-12-08
  • Inactivation of cytochrome c oxidase by cutting off the supply of copper causes early embryonic death.
    Kako; K.; Takahashi; Y.; Arai; H.; Inada; Y.; Onodera; T....
    The XIIIth International symposium on Atherosclerosis Satellite Symposium Tokyo Bay/2003-10-01
  • 呼吸鎖に関わる銅輸送分子間の相互作用と脳神経系における発現様式の解析
    加香孝一郎; 稲田佳子; 高橋良徳; 竹原章雄; 池本光志; 宗像...
    第27回日本分子生物学会年会/2004-12-01
  • Transcription down-regulation through nuclear exclusion of EWS methylated by protein arginine methyltransferase.
    Araya; N.; Hiraga; H.; Kako; K.; Arao; Y.; Kato; S.; and ...
    第27回日本分子生物学会年会/2004-12-01
  • Asymmetric arginine dimethylation of Ewing sarcoma (EWS) protein by protein arginine methyltransferase, PRMT1 and 8
    金俊達; 加香孝一郎; 深水昭吉
    19th FAOBMB Seoul Conference(Science and Technology for the Intergration of Life)/2007-05-01
  • Arginine methylation of FOXO1 inhibits Akt-dependent phosphorylation
    山形一行; 大徳浩照; 高橋悠太; 久武幸司; 加香孝一郎; 向井...
    日本心血管内分泌代謝学会/2007-11-01
  • Arginine methylation of FOXO1 inhibits Akt-dependent phosphorylation
    山形一行; 大徳浩照; 高橋悠太; 久武幸司; 加香孝一郎; 向井...
    日本分子生物学会/2007-12-01
  • Arginine methylation of FOXO1 inhibits Akt-dependent phosphorylation
    山形一行; 大徳浩照; 高橋悠太; 久武幸司; 加香孝一郎; 向井...
    JST-ERATO 山本環境応答プロジェクトシンポジウム/2007-12-01
  • Arginine methylation of FOXO1 inhibits Akt-dependent phosphorylation
    山形一行; 大徳浩照; 高橋悠太; 久武幸司; 加香孝一郎; 向井...
    08' 遺伝情報DECODE・冬のワークショップ/2008-01-01
  • ユビキチンリガーゼWWP1による転写共役因子EWSの制御機構の解析
    白川拓真; 平賀秀明; 新谷奈津美; 加香孝一郎; 深水昭吉
    08' 遺伝情報DECODE・冬のワークショップ/2008-01-01
  • Arginine methylation of FOXO1 inhibits Akt-dependent phosphorylation.
    Yamagata; K.; Ditoku; H.; Takahashi; Y.; Hisatake; K.; Ka...
    THE 21ST NAITO CONERENCE/2008-06-01
  • Arginine Methylation of FOXO Transcription Factors Inhibits their Phosphorylation By Akt.
    Yamagata; K.; Ditoku; H.; Takahashi; Y.; Namiki; K.; Hisa...
    第81回日本生化学会大会合同大会/2008-12-01
  • Molecular Function of Membrane-associated PRMT8 with Dual Ctalytic Activity as Arginine Methltransferase and Phospholipase.
    Kim; J-D.; Kako; K.; and Fukamizu; A.; +加香 孝一郎
    09' 遺伝情報DECODE・冬のワークショップ/2009-01-01
学協会等委員
2016-04 -- 2017-03活性アミンに関するワークショップ活性アミンに関するワークショップ世話人会/世話人代表
2014-04 -- 2016-03活性アミンに関するワークショップ活性アミンに関するワークショップ世話人会/世話人
1996-04 -- 1998-03日本時間生物学会運営委員
学内管理運営業績
2016-04 -- 2017-03大学院農学関連5専攻入試実施委員会専攻入試実施委員
2016-04 -- 2017-03前期専攻運営委員会領域副主任・専攻FD委員
2015-04 -- 2016-03前期専攻運営委員会前期専攻運営委員・領域主任
2014-04 -- 2016-03後期専攻教務委員会後期専攻教務委員
2014-04 -- 2015-03学類危機管理委員会学類危機管理委員
2014-04 -- 2015-03学類経理委員会学類経理委員
2014-04 -- 2015-03学類登録単位認定委員会学類登録単位認定委員
2014-04 -- 2015-03学類運営委員会学類運営委員
2014-04 -- 2016-03学類教育課程委員会学類教育課程委員
2014-04 -- 2015-03学類グローバル30プログラム運営委員会学類グローバル30運営委員

(最終更新日: 2017-09-13)