現在地

小野 道之(オノ ミチユキ; Ono, Michiyuki)

所属
生命環境系
職名
准教授
URL
eメール
 
電話
029-853-7759
Fax
029-853-7746
研究分野
植物分子・生理科学
応用分子細胞生物学
科学教育
研究課題
新型インフルエンザに対する食べるワクチンを色素体で生産する試み2015 -- 2016小野 道之日本学術振興会/挑戦的萌芽研究3,900,000円
花成誘導・花芽分化の分子機構に関する研究 -- (現在)/
植物の生物時計に関する研究 -- (現在)/
遺伝子組換えの国民的理解に関する研究2001-04 -- (現在)/
遺伝子組換え植物の安全性評価に関する研究 -- (現在)/
ウイルス様粒子を用いたトマトによる食べるワクチンの生産2011-04 -- 2013-03小野道之日本学術振興会/挑戦的萌芽研究3,900,000円
CRES-T法を基盤とした花きの高度形質制御技術の実用化2008-10 -- 2011-03大坪憲弘花き研究所、産業技術総合研究所、岩手生物工学研究所、北興化学工業、サントリー株式会社/国内共同研究9,200,000円
メンデルの遺伝法則を分子レベルで体験する実習教材の開発             2007-04 -- 2009-03小野道之日本学術振興会/萌芽研究3,300,000円
CRES-T法による新規花きの作出と分子育種法としての確立2005-09 -- 2008-03大坪憲弘農水省 先端技術を活用した農林水産研究高度化事業/出資金による受託研究14,135,000円
短日植物アサガオと長日植物シロイヌナズナの光周性花成誘導と概日時計の分子基盤の解明:タンパク質リン酸化の役割に関する研究2002-09 -- 2007-03米田好文農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター(生研センター)/出資金による受託研究160,000,000円
職歴
1987 -- 1992信州大学 助手
1992 -- 1998秋田県立農業短期大学 講師
1998 -- 1999秋田県立農業短期大学 助教授
1999 -- 2001秋田県立大学 助教授
2001 -- (現在)筑波大学 生物科学系 助教授
学歴
-- 1983筑波大学 第二学群 生物学類
-- 1987-10筑波大学 生物科学研究科 生物学単位取得満期退学
取得学位
博士(理学)筑波大学
所属学協会
-- (現在)日本植物細胞分子生物学会
-- (現在)日本植物学会
-- (現在)日本植物生理学会
-- (現在)植物化学調節学会
-- (現在)日本時間生物学会
-- (現在)American Society of Plant Biologists
-- (現在)Scandinavian Plant Physiology Society
2006 -- (現在)日本分子生物学会
2006 -- 2015-03日本生物教育学会
受賞
2011-09-18日本植物学会賞 特別賞
論文
  • ゲノム編集技術によりアサガオの花色を変えることに成功
    小野 道之
    農耕と園芸/pp.44-47, 2018-09
  • CRISPR/Cas9-mediated mutagenesis of the EPHEMERAL1 locus that regulates petal senescence in Japanese morning glory
    Shibuya Kenichi; Watanabe Kenta; Ono Michiyuki
    Plant physiology and biochemistry : PPB/131(SI)/pp.53-57, 2018-04
  • Overexpression of carotenogenic genes in the Japanese morning glory Ipomoea (Pharbitis) nil
    Watanabe Kenta; Oda-Yamamizo Chihiro; Sage-Ono Kimiyo; Oh...
    Plant Biotechnology/34(4)/pp.177-185, 2017-12
  • Alteration of flower colour in Ipomoea nil through CRISPR/Cas9-mediated mutagenesis of carotenoid cleavage dioxygenase 4
    Watanabe Kenta; Oda-Yamamizo Chihiro; Sage-Ono Kimiyo; Oh...
    TRANSGENIC RESEARCH/27(1)/pp.25-38, 2018-02
  • CRISPR/Cas9-mediated mutagenesis of the dihydroflavonol-4-reductase-B (DFR-B) locus in the Japanese morning glory Ipomoea (Pharbitis) nil
    Watanabe Kenta; Kobayashi Anna; Endo Masaki; Sage-Ono Kim...
    Scientific reports/7(1), 2017-08
  • キクとアサガオのゲノム編集
    佐々木克友; 小野 道之; 加星光子; 渡邊健太
    アグリバイオ/1(1)/pp.33-37, 2016-12
  • 自主研究支援を通した未来の科学者の育成(インタラクティブセッション,次世代の科学力を育てる : 社会とのグラウンディグを進展させるために)
    尾嶋 好美; 佐藤 忍; 小野 道之
    年会論文集/36/pp.544-545, 2012-08
  • XTH20 and XTH19 regulated by ANAC071 under auxin flow are involved in cell proliferation in incised Arabidopsis inflorescence stems
    Pitaksaringkarn Weerasak; Matsuoka Keita; Asahina Masashi...
    PLANT JOURNAL/80(4)/pp.604-614, 2014-11
  • 筑波大学遺伝子実験センター長 鎌田博先生のご逝去を悼む(談話室)
    小野 道之
    植物の生長調節/49(1)/pp.85-87, 2014-05
  • 次世代の科学技術人材の育成方法について〜高校生対象の科学研究コンテストおよび研究環境の日米比較から〜
    尾嶋好美; 町田龍一郎; 佐藤忍; 小野 道之
    科学教育研究/37(4)/pp.295-306, 2013-12
  • MOLECULAR CLONING AND IDENTIFICATION OF CONSTITUENT PROTEIN GENE OF THE NUCLEAR MATRIX FROM SOMATIC EMBRYOS OF CARROT(Daucus carota L. )
    XU Zhen-jun; MASUDA Kiyoshi; TAKAHASHI Seiko; ITOH Akiko;...
    Plant and cell physiology/37/p.83, 1996-03
  • CDNA CLONING AND CHARACTERIZATION OF THE Pharbitis nil FLORICAURA AND LEAFY HOMOLOG
    ONO Michiyuki; SAGE-ONO Kimiyo; INOUE Masayasu; KAMADA Hi...
    Plant and cell physiology/37/p.118, 1996-03
  • MOLECULAR CLONING OF cDNAs SPECIFICALLY EXPRESSED DURING INDUCTIVE PHOTOPERIOD OF FLOWERING BY DIFFERENTIAL DISPLAY IN Pharbitis nil
    SAGE-ONO Kimiyo; ONO Michiyuki; KAMADA Hiroshi
    Plant and cell physiology/37/p.118, 1996-03
  • Transient Increase in the Level of mRNA for a Germin-Like Protein in Leaves of the Short-Day Plant Pharbitis nil during the Photoperiodic Induction of Flowering
    Ono Michiyuki; Sage-Ono Kimiyo; Inoue Masayasu; Kamada Hi...
    Plant and cell physiology/37(6)/pp.855-861, 1996-09
  • Dark-Induced Accumulation of mRNA for a Homolog of Translationally Controlled Tumor Protein (TCTP) in Pharbitis
    Sage-Ono Kimiyo; Ono Michiyuki; Harada Hiroshi; Kamada Hi...
    Plant and cell physiology/39(3)/pp.357-360, 1998-03
  • CLONING, MAPPING AND EXPRESSION ANALYSIS OF PNC401 HOMOLOGUE IN Arabidopsis thaliana
    SAGE-ONO Kimiyo; ONO Michiyuki; OGUCHI Taichi; KAMADA Hir...
    Plant and cell physiology/39/p.82, 1998-05
  • CLONING, MAPPING AND EXPRESSION ANALYSIS OF TWO GENES OF GERMIN-LIKE PROTEIN IN Arabidopsis
    ONO Michiyuki; SAGE-ONO Kimiyo; OGUCHI Taichi; HASEBE Mas...
    Plant and cell physiology/39/p.83, 1998-05
  • GerminとGermin-Like Protein
    小野 道之; 小野 公代
    植物の化学調節/34(2)/pp.148-157, 1999-12
  • REGULATION OF CLOCK-CONTROLLED GENES AND PHOTOPERIODIC INDUCTION OF FLOWERING
    ONO Michiyuki; ONO Kimiyo; OGUCHI Taichi; AITA Noriko; UE...
    Plant and cell physiology/41/p.s17, 2000-01
  • FUNCTIONAL ANALYSIS OF A CLOCK-CONTROLLED GENE, GLP IN TRANSGENIC TOBACCO PLANTS
    ONO Kimiyo; AITA Noriko; KAMADA Hiroshi; ONO Michiyuki
    Plant and cell physiology/41/p.s120, 2000-01
  • PROMOTER ANALYSIS OF CLOCK-CONTROLLED GENES (ATC401,PNC401) RELATING TO PHOTOPERIODIC INDUCTION OF FLOWERING
    OGUCHI Taichi; ONO Kimiyo; AITA Noriko; FUKUI Harutaka; O...
    Plant and cell physiology/41/p.s120, 2000-01
  • 植物の光周性と生物時計に関わる遺伝子
    小野 道之
    日本時間生物学会会誌: Journal of Chronobiology/6(1)/pp.34-43, 2000-05
  • Isolation and Characterization of a MADS-box Gene cDNA, PnMADS1, That is Expressed in Both Vegetative and Floral Meristems of Pharbitis nil
    ONO Michiyuki; SAGE-ONO Kimiyo; MARUYAMA Wakako; KAWAKAMI...
    Plant biotechnology/17(2)/pp.137-144, 2000-06
  • Agrobacterium-Mediated Transformation and Regeneration of Pharbitis nil
    ONO Michiyuki; SAGE ONO Kimiyo; KAWAKAMI Michihiro; HASEB...
    Plant biotechnology/17(3)/pp.211-216, 2000-09
  • STRUCTURE AND FUNCTION OF A CLOCK-CONTROLLED GENE, ATC401,RELATED TO PHOTOPERIODIC INDUCTION OF FLOWERING
    SAGEONO Kimiyo; ONO Michiyuki; OGUCHI Taichi; FUKUI Harut...
    Plant and cell physiology/42/p.s51, 2001-01
著書
  • コラム11 遺伝子組換え食品はなぜ人気がないのか
    小野 道之
    平成26年度 海外における遺伝子組換え樹木植林実態調査 報告書, pp.153-153, 2015-03
  • 植物生理学
    小野 道之
    2009-02
  • 応用生物学入門
    小野 道之
    2010-12
  • 植物バイオテクノロジー
    小野 道之
    2012-02
  • 図解 植物バイオテクノロジー
    古川仁朗; 小野道之; 鎌田博; 國武久登; 柴田大輔; 中野優; ...
    実教出版, 2013
  • 植物バイオテクノロジー 指導書
    古川仁朗; 小野道之; 鎌田博; 國武久登; 柴田大輔; 中野優; ...
    実教出版, 2013
  • GerminとGermin-Like Protein
    小野道之; 小野公代
    植物の化学調節 植物の化学調節, 1999-12
  • 植物の光周性と生物時計に関わる遺伝子
    小野道之; 小野公代
    日本時間生物学会会誌 日本時間生物学会会誌, 2000-05
  • 生物時計のはなし-サーカディアンリズムと時計遺伝子-
    小野公代; 小野道之
    羊土社, 2000-01
  • 植物生理学
    阿部美紀子; 井上雅裕; 今井博之; 小野道之; 唐原一郎; 木下...
    オーム社, 2009-02
  • 応用生物学入門
    平林公男; 加藤義臣; 林田信明; 早川徹; 森脇洋; 張野宏也; ...
    オーム社, 2010-12
会議発表等
  • シロイヌナズナ切断花茎におけるエクスパンシンの発現と機能の解析
    横川 裕理; ハニエ ビダディ; 小野 公代; 小野 道之; 松岡 啓...
    第59回日本植物生理学会年会/2018-03-28--2018-03-30
  • アサガオ系統Violetの短日性頂端花芽形成の原因遺伝子の解析
    藤原 麻衣; 本山 星香; 中嶋 信美; 白澤 健太; 小野 公代; 小...
    第59回日本植物生理学会年会/2018-03-28--2018-03-30
  • シンポジウム ポストゲノム時代のヒルガオ科研究 はじめに
    小野道之; 仁田坂英二
    第81回日本植物学会 野田大会/2017-09-09--2017-09-09
  • アサガオ野生系統の花成と開花時刻の解析
    本山星香; 鷲塚澪; 遠藤沙織; 立澤渚沙; 小野公代; 久保山勉;...
    第81回日本植物学会 野田大会/2017-09-09--2017-09-10
  • アサガオのTFL1遺伝子の品種間差と短日性花成誘導
    藤原麻衣; 新井祥子; 本田光明; 望月嗣文; 小野公代; 小野道之
    第81回日本植物学会 野田大会/2017-09-09--2017-09-10
  • カロテノイド酸化開裂酵素遺伝子のCRISPR/Cas9システムを用いたゲノム編集によるアサガオの花色改変
    渡邊健太; 山溝千尋; 小野公代; 大宮あけみ; 小野道之
    第81回日本植物学会 野田大会/2017-09-08--2017-09-09
  • ポプラの季節性成長における糖含量の変化とショ糖排出トランスポーターの組織化学的発現解析
    小野公代; 鈴木陽佳; 青原勉; 小野道之; 岩井宏暁; 古川純; ...
    第81回日本植物学会 野田大会/2017-09-10--2017-09-10
  • アサガオ[Ipomoea nil (Pharbitis nil)]のゲノム編集
    渡邊健太; 小林安那; 鷲塚澪; 小野公代; 渋谷健市; 小野道之
    第81回日本植物学会 野田大会/2017-09-09--2017-09-09
  • カロテノイド合成酵素遺伝子群の過剰発現によるアサガオの花色改変
    渡邊健太; 山溝千尋; 小野公代; 大宮あけみ; 小野 道之
    第39回日本分子生物学会年会/2016-11-30--2016-12-02
  • Toward the production of an edible vaccine against influenza: Spray-dry characteristics of tomato fruit.
    Ono Michiyuki; Kitamura Yutaka; Sakkrapong Wannawattana
    Ag-ESD Symposium 2015/2015-11-16--2015-11-20
  • アサガオのDUPLICATEDキメラリプレッサーによるシクラメンの新規花形の創出
    小野道之; 藤本智寛; 杉山正夫; 寺川輝彦; 仁田坂英二; 小野公代
    第32回日本植物細胞分子生物学会/2014-08-21--2014-08-22
  • 食べるワクチンの開発に向けたレタスにおけるウイルス粒子の一過性発現
    小野公代; 上野ひとみ; 後藤珠実; 竹内薫; 保富康宏; 小野道之
    第32回日本植物細胞分子生物学会/2014-08-21--2014-08-22
  • アサガオの短日性花成誘導におけるTFL1の遺伝子型の効果
    新井祥子; 望月嗣文; 本田光明; 小野公代; 小野道之
    日本植物学会第78回大会/2014-09-12--2014-09-14
  • アサガオの午後開花変異の遺伝解析
    遠藤沙織; 立澤渚紗; 甲斐文子; 渡邊梢; 小野公代; 久保山勉;...
    日本植物学会第78回大会/2014-9-12--2014-9-14
  • アサガオのフロリゲン探索
    小野道之
    新しい花のバイオテクノロジー ―フロリゲンの発見と花の開発― 地球環境・食糧・資源のための植物バイオ第160委員会 第3回研究会 (京都)/2007-08-31
  • アサガオの光周性花成機構と花形改変
    小野道之
    花のバイオサイエンスの新展開 ー分子育種が切り開く花の未来像ー (財)岩手生物工学研究所・花きCRES-Tプロジェクト合同シンポジウム (岩手)/2007-09-12
  • アサガオの花成誘導と花形改変
    小野道之
    第1回花き研究所特別セミナー (つくば)/2008-03-05
  • 教員のための遺伝子組換え実験教育研修会と連携の重要性
    小野道之
    日本植物細胞分子生物学会第24回大会 シンポジウム「遺伝子リテラシー教育」(オーガナイザー:小野道之、丹生谷博) (つくば)/2006-07-30
  • 遺伝子リテラシーの国民的修得に向けて
    小野道之
    日本植物生理学会 第48回 松山大会 シンポジウム「植物科学の裾野を広げる取り組み」(オーガナイザー:小野道之、小泉望) (松山)/2007-03-30
  • CRES-T法によるアサガオの花形改変の試み―江戸の変化朝顔を超えられるか―
    小野道之; 檜山智美; 中村美早紀
    日本植物細胞分子生物学会 第25回大会・シンポジウム (千葉)/2007-08-09
  • アサガオの花成誘起と花芽形成
    小野道之; 新井祥子; 佐々木隆太; 草間真智子; 鎌田博; 小野公代
    日本植物学会 第71回大会 (野田)/2007-09-06
  • アサガオの正確な花時計
    小野道之
    (社)日本植物学会主催 平成20年度一般講演会「植物が計る時間~カレンダーと時計のお話~」 (東京)/2008-10-18
  • アサガオのフロリゲン
    小野道之; 佐々木隆太; 菊地理絵; 鎌田博; 小野公代
    BMB2007(日本分子生物学会 第30回年会) (横浜)/2007-12-13
  • 「連携」の重要性~地域との連携モデル構築を目指して~ フォーラム「遺伝子リテラシー教育の新展開」
    小野道之
    BMB2007(日本分子生物学会 第30回年会) (横浜)/2007-12-11
  • アサガオの光周性花成の分子機構
    小野道之; 小野公代; 鎌田博
    第5回アサガオ研究集会 (岡崎)/2008-03-10
担当授業科目
2019-01 -- 2019-02植物生理学概論筑波大学
2018-04 -- 2018-06植物バイオテクノロジーI筑波大学
2018-10 -- 2019-02生物寺子屋筑波大学
2018-04 -- 2018-08生物寺子屋筑波大学
2018-11 -- 2019-02生物学III筑波大学
2018-10 -- 2019-02植物発生・生理学セミナーAII筑波大学
2018-10 -- 2019-02植物発生・生理学セミナーBII筑波大学
2018-10 -- 2019-02植物発生・生理学研究法AII筑波大学
2018-10 -- 2019-02植物発生・生理学研究法BII筑波大学
2018-10 -- 2019-02植物発生工学セミナーA筑波大学
授業以外の教育活動
2018-07 -- 2018-07明治大学農学部共通総合講座「生命倫理学」生命科学・バイオテクノロジーと社会明治大学農学部
2018-06 -- 2018-06市川市立第一中学校 出前授業市川市立第一中学校
2018-06 -- 2018-06千葉県立国府台高等学校 出前授業千葉県立国府台高等学校
2018-08 -- 2018-08恵泉女学園中学・高等学校 訪問講義恵泉女学園中学・高等学校
2018-08 -- 2018-08農研機構NIASサイエンスカフェ 江戸時代の変化アサガオに迫る 〜遺伝子組換えとゲノム編集〜農研機構 生物機能利用研究部門 遺伝子組換え研究推進室
2017-11 -- 2017-11江戸川学園取手高等学校 訪問実習江戸川学園取手高等学校
2017-10 -- 2017-10石川県立金沢泉丘高等学校つくばサイエンスツアー 訪問実習石川県立金沢泉丘高等学校
2017-09 -- 2017-09山形県立米沢興譲館高等学校 出前講座・実習山形県立米沢興譲館高等学校
2017-08 -- 2017-08青森県立三本木農業高等学校 模擬授業生物学類
2017-08 -- 2017-08第17回教員のための遺伝子組換え実験教育研修会遺伝子実験センター
一般講演
  • 遺伝子組み換え食品について
    小野道之
    平成21年度 茨高教研家庭部講演会(茨城県高等学校教育研究会家庭部)(土浦)/2009-05-29
学協会等委員
2016-01 -- 2016-06日本植物細胞分子生物学会評議員
2015-03 -- 2015-03第8回アサガオ研究集会の開催世話人(主催者)
2002 -- 2003日本植物細胞分子生物学会幹事長
2004 -- 2005日本植物細胞分子生物学会役員
2004 -- 2005日本植物生理学会評議員
2012 -- 2013日本植物生理学会評議員
2004 -- 2014日本時間生物学会評議員
2008 -- 2015日本植物細胞分子生物学会評議員
2007-04 -- 2009-03朝永振一郎記念「科学の芽」賞実行委員
2009-05 -- 2010-03バイオインダストリー協会平成21年度環境対応技術開発に係る諮問委員会、社会教育活動および情報の発信に関する研究会委員
学内管理運営業績
2007-04 -- 2011-03茗渓会筑波大学支部役員生物科学系の役員。とりまとめと役員会の出席、卒業式の際の説明など。
2007-04 -- 2009-03朝永振一郎記念「科学の芽」賞実行委員会委員応募作品の審査など
2007-04 -- 2012-03筑波大学管弦楽団顧問
2007-04 -- 2012-03生物系専攻カリキュラム・FD委員会 委員
2007-04 -- (現在)遺伝子組換え実験安全主任者遺伝子実験センターおよび、バイオシステム研究科棟の担当
2007-04 -- (現在)遺伝子組換え実験安全委員会委員全学
2007-04 -- (現在)バイオセーフティー委員会委員全学
2007-04 -- 2015-03教育研究科広報委員
2009-04 -- 2010-03教育研究科広報委員長
2009-04 -- (現在)研究用微生物実験責任者遺伝子実験センター担当

(最終更新日: 2018-08-22)