現在地

濱 健夫(ハマ タケオ; Hama, Takeo)

所属
生命環境系
職名
教授
生年月
1952-11
URL
eメール
 
電話
029-853-7261
Fax
029-853-7261
研究分野
生態・環境
地球宇宙化学
研究キーワード
水圏生態学
生物地球化学
研究課題
微生物炭素ポンプは土壌生態系においても駆動しているか−炭素長期隔離のキープロセス2017 -- 2018濱 健夫日本学術振興会/挑戦的研究(萌芽)6240000
海洋バクテリアの長期炭素隔離機能に対する海洋酸性化の影響評価2016 -- 2018濱 健夫日本学術振興会/基盤研究(B)18200000
海洋蛍光性溶存態有機物の光化学反応と残存性−バクテリアによる炭素長期隔離の鍵−2015 -- 2016濱 健夫日本学術振興会/挑戦的萌芽研究3770000
沿岸域における生物ポンプ効率の制御要因1999 -- 2000/国内共同研究
海洋基礎生産に対する大気降下物の影響2000 -- (現在)/国内共同研究
準難分解性溶存態有機物群の特定2001 -- (現在)/国内共同研究
大型海藻による溶存態有機物の生成と沿岸物質循環に対する影響2003 -- 2003/学内共同研究
海洋酸性化の実態把握と微生物構造・機能への影響評価に関する研究2008-04 -- 2011-03/国内共同研究
海洋酸性化の海洋生態系への影響2008-04 -- 2011-03濱 健夫/地球環境研究推進費
湖沼の富栄養化と生物生産 -- (現在)/
職歴
1998-03 -- 2006-03筑波大学 生物科学系 助教授
2006-04 -- (現在)筑波大学 生命環境系 教授
学歴
1972-04 -- 1976-03東京教育大学 理学部 生物学科植物学専攻卒業
1976-04 -- 1978-03名古屋大学 理学研究科修士課程  大気水圏科学専攻修了
1978-04 -- 1981-03名古屋大学 理学研究科博士課程  大気水圏科学専攻単位取得満期退学
取得学位
1984-01理学博士名古屋大学
所属学協会
-- (現在)Association for the Sciences of Limnology and Oceanography
-- (現在)International Society of Limnology
-- (現在)日本アイソトープ協会
-- (現在)日本海洋学会
-- (現在)日本地球化学会
-- (現在)日本陸水学会
受賞
1997生態学琵琶湖賞
論文
著書
  • 第5版 実験化学講座 20-2巻 環境化学 (分担執筆)
    濱 健夫
    2007-01
  • 科学大事典 第2版 (分担執筆)
    濱 健夫
    2005-01
  • 生態学事典 (分担執筆)
    濱 健夫
    2003-01
  • Chemical composition of dissolved organic matter. In Lake Kizaki
    T. Hama; N. Handa
    2001-01
  • 海と湖における有機物の生産
    濱 健夫
    2000-01
  • Primary productivity and photosynthetic products in the North west Pacific Ocean.
    濱 健夫
    1997-01
  • 13C tracer methodology in microbial ecology with special reference to primary production processes in a quatic environments (jointly worked)
    濱 健夫
    1993-01
会議発表等
  • 溶存態有機物の代謝と安定性
    Hama Takeo
    日本地球化学会年会/2016-09-14
  • Effects of ocean acidification on phytoplankton community and biogeochemical processes
    Hama Takeo
    JAMBIO国際シンポジウム/2016-09-21--2016-09-21
担当授業科目
2017-04 -- 2017-07Special Research in Environmental Sciences (D) [English class] (環境科学特別研究D)筑波大学
2017-10 -- 2018-02生物圏生態学特別研究II筑波大学
2017-04 -- 2017-08生物圏生態学特別研究II筑波大学
2017-04 -- 2017-09山岳科学セミナーIIA筑波大学
2017-10 -- 2018-03生態学講究II筑波大学
2017-04 -- 2017-07多様性生物科学講究I筑波大学
2017-10 -- 2018-02生態学セミナーBII筑波大学
2017-10 -- 2018-03山岳科学セミナーIIB筑波大学
2017-10 -- 2018-03山岳科学研究IIB筑波大学
2017-04 -- 2017-08Environmental Science Practicum I筑波大学
授業以外の教育活動
2010-11 -- (現在)筑波大学紹介学外
2010-08 -- (現在)生物チャレンジ実施学外
一般講演
  • Experimental analysis of the effect of ocean acidification on coastal phytoplankton community and a non-calcified phaptophyte Chrysochromulina sp
    Sawai; M.; S. Kawashima; M. Komori; Y. Sato; Y. Omori; T....
    Side event of IPCC WGII/WGI Workshop on Impacts of Ocean Acidification on Marine Biology and Ecosystem/2011-02-01
  • Effect of ocean acidification on the production of dissolved organic matter
    Hama; T.; +濱 健夫
    KOrean Oceanic Research Institute 特別講義/2010-10-01
  • Production and transformation of dissolved organic matter by microbial activity
    Hama; T.; +濱 健夫
    Hanyan University 特別講義/2010-10-01
  • 海洋酸性化が植物プランクトンの群集組成に与える影響に関する実験的解析
    澤井茉利奈; 小森真里奈; 佐藤雄飛・・・石井雅男; 斉藤秀; ...
    2010年度日本海洋学会秋季大会/2010-10-01
  • 海洋酸性化が物質循環に及ぼす影響-安定同位体トレーサ法による実験的解析
    安達大輝; 濱 健夫; 佐藤雄飛; 澤井茉利奈; 緑川 貴; 石井雅...
    第47回アイソトープ・放射線研究発表会/2010-07-01
  • Effect of photoirradiation on chemical characteristics of marine humic substances-like fluorescent dissolbed organic matter
    Y. Omori; T. Hama; M. Ishii; S. Saito
    Ocean Sciences Meeting/2010-02-23
  • Bacterial production of humic-like fluorescent dissolved organic matter and variation of fluorescent properties among bacterial groups
    K. Shimotori; T. Hama; K. Watanabe
    Ocean Sciences Meeting/2010-02-22
  • 周防灘における腐植物質の分布と分子量組成
    大森裕子; 濱 健夫; 石井雅男; 斉藤秀
    日本海洋学会秋季大会/2009-09-26
  • 海洋酸性化が微生物群集構造と生元素循環に及ぼす影響に関する実験的評価 3.生元素の動態
    佐藤雄飛; 濱 健夫; 川島祥子
    日本海洋学会秋季大会/2009-09-26
  • 海洋酸性化が微生物群集構造と生元素循環に及ぼす影響に関する実験的評価 2.植物プランクトン組成の変化
    川島祥子; 濱 健夫; 佐藤雄飛
    日本海洋学会秋季大会/2009-09-26
  • 海洋酸性化が微生物群集構造と生元素循環に及ぼす影響に関する実験的評価 1.実験系および環境要因の変化
    濱 健夫; 川島祥子; 佐藤雄飛
    日本海洋学会秋季大会/2009-09-26
  • バクテリアによる蛍光性溶存態有機物の生産
    霜鳥孝一; 濱 健夫; 渡邊圭司
    日本海洋学会秋季大会/2009-09-26
  • Control of seawater pH by the cocolithophorid, Emiliania huxleyi (Haptophyceae)
    Fukuda; S.; I. Suzuki; T. Hama; Y. Shiraiwa
    PIECES 2009 Annual Meeting/2009-09-01
  • Experimental study on the effect of ocean acidification on microbial structure and bioelemental cycles
    Hama; T.; Kawashima; S. Satoh; Y.; +濱 健夫
    PIECES 2009 Annual Meeting/2009-09-01
  • Biogeochemical role of dissolved organic matter in microbial food web and carbon cycle
    Takeo Hama
    International Symposium on Protist Biology – Cellular Function, Evolution and Environmental Impact/2008-03-26
  • バクテリア由来腐植物質の光分解による分子量分布の変化
    霜鳥 孝一 ・濱 健夫; +濱 健夫
    日本海洋学会春季大会/2008-03-01
  • Molecular weight composition of marine humic substances in the subtropical western North Pacific
    Y. Omori; T. Hama; M. Ishii; S. Saito
    Ocean Sciences Meeting/2008-03-01
  • 西部北太平洋域における海洋腐植物質の蛍光強度の時空間的変動
    大森 裕子・濱 健夫・石井 雅男・斉藤 秀; +濱 健夫
    日本海洋学会春季大会/2008-03-01
  • 水圏における微生物活動と有機物の動態
    濱 健夫
    霞ヶ浦セミナー/2008-02-01
  • Changes in size and lipid class composition in early diagenetic process of phytoplankton photosynthetic products.
    K. Yoshimura; T. Ogawa; T. Hama
    Ocean Science Meeting/2008-02-01
  • Experimental studies on bacterial production of marine humic substances. Ocean Sciences Meeting
    K.Shimotori; T. Hama
    Ocean Sciences Meeting/2008-02-01
  • Fate of Phytoplankton Organic Carbon with Special Reference to Dissolved Organic Matter, the Largest Organic Carbon Reservoir in the Earth's Surface
    Takeo Hama
    International Symposium on The Origin and Evolution of Natural Diversity/2007-10-02
  • 13Cトレーサーと紫外線照射を併用した海洋溶存態有機物の分画方法の検討
    大森裕子・濱健夫・吉村和也・李 相均・柳 勝美; +濱 健夫
    アイソトープ・放射線 研究発表会/2007-10-01
  • バクテリアによる腐植物質の生産に関する実験的解析
    霜鳥 孝一 ・濱 健夫; +濱 健夫
    日本海洋学会秋季大会/2007-09-01
  • 13Cトレーサー法による植物プランクトン性有機物の続成過程の評価
    吉村 和也・小川 隆則・濱 健夫; +濱 健夫
    アイソトープ・放射線 研究発表会/2007-07-01
学協会等委員
-- (現在)日本アイソトープ協会安定同位元素専門委員会委員
学内管理運営業績
2006-04 -- 2010-03全学学群教育課程委員会委員
2008-04 -- 2014-03研究基盤センター分析部門運営委員会委員
2006-04 -- 2014-03下田臨海実験センター運営委員
2010-04 -- 2012-03学群教育会議委員
2010-04 -- 2013-03生命環境学群学際プログラム運営委員
2010-04 -- 2014-03生物学類長
2006-04 -- 2010-03生物学類カリキュラム委員長
2010-04 -- 2012-03持続環境学専攻副専攻長

(最終更新日: 2017-11-15)