現在地

田中 健太(タナカ ケンタ; Tanaka, Kenta)

face
所属
生命環境系
職名
准教授
生年月
1974-11
URL
研究室
菅平高原実験センター第7研究室
電話
0268-74-2002
Fax
0268-74-2016
研究分野
生態・環境
進化生物学
遺伝・染色体動態
研究キーワード
生態学
集団遺伝学
生物多様性
進化生物学
繁殖
更新
環境変動
環境傾度
送粉
森林
研究課題
植生履歴が草原の生物圏に与える影響:古い草原の歴史的価値2017 -- 2019田中 健太日本学術振興会/基盤研究(C)4,810,000円
エピジェネティクスによる累代適応を、適応幅が広いシロイヌナズナ属野生種で検証する2014 -- 2016田中 健太日本学術振興会/挑戦的萌芽研究3,900,000円
時空間環境変動に対する、植物の生態学的・集団遺伝学的応答2008-03 -- (現在)/
エピジェネティクスは適応進化の素材となりうるか?-シロイヌナズナ属野生種を材料に2010 -- 2013日本学術振興会/若手研究(B)3,510,000円
職歴
1999-04 -- 2002-03学術振興会 京都大学生態学研究センター 特別研究員DC1
2002-04 -- 2005-03学術振興会 北海道大学北方生物圏フィールド科学センター苫小牧研究林 特別研究員PD
2005-04 -- 2008-03ポストドクトラル・リサーチ・アソシエイト 動植物科学研究科 シェフィールド大学
2008-03 -- (現在)筑波大学 生命環境科学研究科菅平高原実験センター 助教
学歴
1992-04 -- 1997-03筑波大学 第二学群 農林学類卒業
1997-04 -- 1999-03京都大学 理学研究科修了
1999-04 -- 2002-03京都大学 理学研究科修了
取得学位
2002-03理学博士京都大学
所属学協会
1997 -- (現在)日本生態学会
受賞
2000国際植生学会 若手口頭発表賞第二位
論文
  • Cost-Effective Discovery of Nucleotide Polymorphisms in Populations of an Allopolyploid Species Using Pool-Seq
    平尾章; Tanaka Kenta
    American Journal of Molecular Biology/7/pp.1031-1046, 2017-09
  • Early stage litter decomposition across biomes
    Djukic I; Tanaka Kenta
    Science of the Total Environment, 2018-02
  • Landscape genetics of a threatened maple, Acer miyabei: Implications for restoring riparian forest connectivity
    Saeki Ikuyo; Hirao S. Akira; Kenta Tanaka; Nagamitsu Teru...
    Biological Conservation/220/pp.299-307, 2018-04
  • Cost-effective discovery of nucleotide polymorphisms in populations of an allopolyploid species using Pool-Seq
    Hirao Akira; Onda Yoshihiko; Shimizu-Inatsugi Rie; Sese J...
    American Journal of Molecular Biology/7(4)/pp.1031-1046, 2017-09
  • 半自然草原の耕起と刈取りが植物の多様性に与える効果
    Tanaka Kenta
    山岳科学学位プログラム第2回学術集会講演要旨集, 2016-12
  • 植生履歴が植物相形成に与える影響
    Tanaka Kenta
    日本生態学会第64回全国大会講演要旨集, 2017-3
  • 半自然草原の植物多様性の保全: 耕起・刈取りの有効性検証
    Tanaka Kenta
    日本生態学会第64回全国大会講演要旨集, 2017-3
  • Parallel diversifying selection on trichome trait and GL1 gene between high- and low-altitude populations of allopolyploid Arabidopsis kamchatica in three watersheds
    Tanaka Kenta
    日本生態学会第64回全国大会講演要旨集, 2017-3
  • Continuous harvesting of a dominant bracken alters a cool-temperate montane grassland community and increases plant diversity in Nagano, Japan
    Suzuki Ryo O.; Tanaka Kenta; Miyuki Sato Daisuke Masaki a...
    Ecological Research/31/pp.639-644, 2016-09
  • 日本の森林土壌における窒素無機化・硝化速度の制限要因
    浦川 梨恵子; 大手 信人; 柴田 英昭; 磯部 一夫; 舘野 隆之輔...
    日本森林学会大会発表データベース/126/p.111, 2015
  • Tissue Culture as a Source of Replicates in Nonmodel Plants: Variation in Cold Response in Arabidopsis lyrata ssp petraea
    Kenta Tanaka; Edwards Jessica E. M.; Butlin Roger K.; Bur...
    G3-GENES GENOMES GENETICS/6(12)/pp.3817-3823, 2016-12
  • Conserved but Attenuated Parental Gene Expression in Allopolyploids: Constitutive Zinc Hyperaccumulation in the Allotetraploid Arabidopsis kamchatica
    Paape Timothy; Hatakeyama Masaomi; Shimizu-Inatsugi Rie; ...
    MOLECULAR BIOLOGY AND EVOLUTION/33(11)/pp.2781-2800, 2016-11
  • 土壌撹乱と刈取りが半自然草原の低茎草本多様性に与える効果
    小黒和也; 田中 健太
    山岳科学共同学位プログラム第1回学術集会講演要旨集, 2016-03
  • 標高万能植物ミヤマハタザオの開花は、標高によって長日・短日条件への反応性が異なるか?
    田中 健太; 山田歩; 恩田義彦; 若月泰孝
    山岳科学共同学位プログラム第1回学術集会講演要旨集, 2016-03
  • Cline in flowering time response to long- and short-day photoperiods in Arabidopsis kamchatica across a 3000-m elevational range
    Kenta Tanaka; Yamada Ayumu; Onda Yoshihiko; Wakazuki Yosh...
    Proceedings of 63th Annual Meeting of Ecological Society of Japan, 2016-03
  • 耕起による半自然草原の保全:植物のガンマ多様性への効果
    小黒和也; 田中健太
    日本生態学会第63回全国大会講演要旨集, 2016-03
  • 斜面土砂移動地の未知なる地中生節足動物相:多様性と生息地特異性
    平尾 章; 田中健太
    日本生態学会第63回全国大会講演要旨集, 2016-03
  • Biogeochemical nitrogen properties of forest soils in the Japanese archipelago
    Rieko Urakawa; Nobuhito Ohte; Hideaki Shibata; Ryunosuke ...
    ECOLOGICAL RESEARCH/30/pp.1-2, 2015-01
  • The effects of vegetation types and microhabitats on carabid beetle community composition in cool temperate Japan
    Ogai Takahiro; Kenta Tanaka
    ECOLOGICAL RESEARCH/31(2)/pp.177-188, 2016-03
  • Factors contributing to soil nitrogen mineralization and nitrification rates of forest soils in the Japanese archipelago
    Urakawa Rieko; Ohte Nobuhito; Shibata Hideaki; Isobe Kazu...
    FOREST ECOLOGY AND MANAGEMENT/361/pp.382-396, 2016-02
  • Drivers of soil N mineralization and nitrification of forest soils in the Japnanese archipelago
    Urakawa Rieko; Ohte Nobuhito; Shibata Hideaki; Isobe Kazu...
    Proceedings of BIOGEOMON 2014‒8th International Symposium on Ecosystem Behavior, 2014-07
  • Clinal variation in flowering time along multiple environmental gradients consisting of altitude and climatic conditions in Arabidopsis kamchatica
    Tanaka Kenta; A. Yamada; Y. Onda; Y. Wakazuki
    Proceedings of the 11th Annual Meeting of Asia Oceania Geosciences Society, 2014-12
  • Preference by carabid beetles on vegetation types and micro-habitats including soil conditions
    Tanaka Kenta; T. Ogai
    Proceedings of the 11th Annual Meeting of Asia Oceania Geosciences Society, 2014-12
  • 山岳森林限界における人工温暖化が維管束植物群集に与える影響
    田中 健太; 金井隆治; 正木大祐; 鈴木智之; 下野綾子; 平尾 ...
    中部山岳大学間連携事業2014年度年次報告会要旨集, 2014-12
  • 富士山・間ノ岳・西駒の地温観測2012-2014
    池田 敦; 岩花 剛; 小林 元; 田中 健太
    中部山岳大学間連携事業2014年度年次報告会要旨集, 2014-12
著書
  • 筑波大学の山岳科学への取り組み
    津田吉晃; 廣田充; 山中勤; 安立美奈子; 立花 敏; 出川洋介; ...
    登山白書2017, 山と渓谷社, pp.126-129, 2017-07
  • 進化学を照らす新しい光?:エピジェネティクスによる適応的継代効果
    Tanaka Kenta
    エピジェネティクスの生態学-環境に応答して遺伝子を調節するしくみ, 文一総合出版, pp.155-164, 2017-02
  • 第15章 個体群間相互作用に生態学を応用する-有害生物防除と収穫管理
    田中 健太
    生態学-個体から生態系へ(原著第四版), 京都大学学術出版会, 2013-03
  • Pollen dispersal and genetic selection in Dipterocarpus tempehes (Dipterocarpaceae) affected by general flowering
    田中 健太
    2002-03
  • 生態学-個体・個体群・群集の科学
    田中 健太
    2003
  • 生態学-個体・個体群・群集の科学.
    堀道雄(監訳)訳者17名(含 田中健太); +田中 健太
    京都大学出版会, 2003-01
  • 生態学事典.
    巌佐庸・松本忠夫・菊沢喜八郎・日本生態学会[編] 執筆者29...
    共立出版, 2003-01
  • 樹木の交配.
    田中健太
    森林の科学(中村太士・小池孝良 編)、朝倉書店, 2005-01
  • セイヨウオオマルハナバチは在来植物の脅威になるか?
    田中健太
    森林の生態学 長期大規模研究から見えるもの(種生物学会 編)、文一総合出版., 2006-01
  • 東南アジア熱帯雨林の一斉開花.
    田中健太・鮫島弘光; +田中 健太
    植物の進化(清水健太郎・長谷部光泰 監修)、秀潤社, 2007-01
  • 野外生態系を舞台にオミクスをどう活かすか?:オウシュウミヤマハタザオの分布と適応
    田中健太
    ゲノムが拓く生態学―遺伝子の網羅的解析で迫る植物の生きざま(種生物学会 編)、文一総合出版, 2011-07
会議発表等
  • スキー場における草原性植物種の分布とその決定要因
    河合 純; 田中 健太
    日本生態学会第65回全国大会/2018-3-17
  • 進入初期ニホンジカの採食生態:餌植物嗜好性と生息密度影響
    田中 健太
    山岳科学学位プログラム第3回学術集会/2017-12-16
  • 草原の時間的連続性が植物と蝶類の種組成に与える影響
    井上太貴; 田中 健太
    山岳科学学位プログラム第3回学術集会/2017-12-16
  • オープントップチャンバーを用いた西駒ステーションの森林限界における温暖化実験
    広井岳馬; 田中 健太
    山岳科学学位プログラム第3回学術集会/2017-12-16
  • Tea Bagを用いた分解活性指標:標高・土壌温暖化・リター量処理の影響
    鈴木智之; 井田秀行; 小林元; 高橋耕一; Nam-Jin Noh; 村岡裕...
    第62回日本生態学会/2015
  • 植生履歴が植物相形成に与える影響
    Tanaka Kenta
    日本生態学会第64回全国大会/2017-3-15
  • Parallel diversifying selection on trichome trait and GL1 gene between high- and low-altitude populations of allopolyploid Arabidopsis kamchatica in three watersheds
    Tanaka Kenta
    64th Annual Meeting of Ecological Society of Japan, Oral presentation T13-5/2017-3-18
  • 歴史と固有性の価値:生物多様性からの視点
    Tanaka Kenta
    総研大萌芽研究会「日本人が抱える英語の諸問題」/2017-2-23
  • 半自然草原の植物多様性の保全: 耕起・刈取りの有効性検証
    Tanaka Kenta
    日本生態学会第64回全国大会/2017-3-16
  • 半自然草原の耕起と刈取りが植物の多様性に与える効果
    Tanaka Kenta
    山岳科学学位プログラム第2回学術集会/2016-12-6
  • 耕起による半自然草原の保全:植物のガンマ多様性への効果
    小黒和也; 田中健太
    第63 回日本生態学会/2016-03-22--2016-03-22
  • 斜面土砂移動地の未知なる地中生節足動物相:多様性と生息地特異性
    小粥隆弘; 長澤亮; 田中健太
    第63 回日本生態学会/2016-03-24--2016-03-24
  • 信州大学西駒演習林におけるササラダニ類の垂直分布と温暖化実験の影響
    福山研二・中村寛志・小林元・大石義隆; 田中 健太
    第61回日本生態学会/2014-03-16
  • Vegetation affect ground dwelling animal diversity differently depending on spatial and taxonomic scales.
    Takahiro Ogai; 田中 健太
    61th Annual Meeting of Ecological Society of Japan/2014-03-16
  • Cline in germination traits along 30-3000m altitude in Arabidopsis kamchatica
    Tanaka Kenta; Yoshihiko Onda
    61th Annual Meeting of Ecological Society of Japan/2014-03-15
  • Characteristics of nitrogen mineralization rates and controlling factors in forest soils in Japanese archipelago
    Rieko Urakawa Nobuhito Ohte Hideaki Shibata Kazuo Isobe T...
    2013 AGU Fall Meeting/2013-12-09--2013-12-13
  • 標高傾度に沿ったミヤマハタザオの適応機構:生態から遺伝子へのアプローチ
    平尾章; 恩田義彦 清水(稲継)理恵 瀬々潤 清水健太郎; 田...
    日本進化学会第15回大会/2013-08-30
  • 日本の森林土壌の窒素無機化速度―土壌の化学的特性―
    浦川梨恵子 大手信人 柴田英昭 渡辺恒大 福澤加里部 舘野隆...
    日本地球惑星科学連合2013年大会/2013-05-23
  • 異なる標高帯に生息するクロナガオサムシ亜属2種の遺伝的分化に山岳地形が与える影響
    小粥隆弘; 田中 健太
    日本地球惑星科学連合2013年大会/2013-05-22
  • 標高万能植物ミヤマハタザオのトライコームおよび光受容体の適応分化
    平尾章; 恩田義彦 清水(稲継)理恵 瀬々潤 清水健太郎; 田...
    日本地球惑星科学連合2013年大会/2013-05-22
  • 標高万能植物ミヤマハタザオにおけるトライコームおよび光受容体遺伝子の集団間分化
    平尾 章; 恩田義彦; 清水(稲継)理恵; 瀬々 潤; 清水健太郎...
    第60 回日本生態学会/2013-03--2013-03
  • 日本の森林土壌の窒素無機化速度―土壌の化学的特性―
    田中 健太
    日本地球惑星科学連合2013年大会/2013-05-23
  • 異なる標高帯に生息するクロナガオサムシ亜属2種の遺伝的分化に山岳地形が与える影響
    田中 健太
    日本地球惑星科学連合2013年大会/2013-05-22
  • 標高万能植物ミヤマハタザオのトライコームおよび光受容体の適応分化
    田中 健太
    日本地球惑星科学連合2013年大会/2013-05-22
  • 山岳森林限界の植生移行帯における温暖化実験:二年間の植生への影響
    田中 健太
    日本地球惑星科学連合2013年大会/2013-05-22
担当授業科目
2018-10 -- 2019-02基礎生物学実験F筑波大学
2018-04 -- 2018-06基礎生物学実験S筑波大学
2018-08 -- 2018-08高原生態学実習筑波大学
2018-08 -- 2018-08山岳高原生態学実習筑波大学
2018-10 -- 2018-12植物生態学II筑波大学
2018-10 -- 2019-02生物寺子屋筑波大学
2018-04 -- 2018-08生物寺子屋筑波大学
2018-11 -- 2019-02多様性生物科学セミナーCIII筑波大学
2018-11 -- 2019-02多様性生物科学セミナーDIII筑波大学
2018-11 -- 2019-02多様性生物科学セミナーEIII筑波大学
授業以外の教育活動
2011-09 -- 2011-09千葉大学理学部の野外実習 1コマ担当学外
2010-06 -- 2010-06東邦大学講義「野外生態学実習I」 1コマ担当学外
2010-04 -- 2012-03修士研究指導 1名 「オサムシの集団遺伝学」筑波大学
2010-04 -- 2011-03卒業研究指導 1名「植物の生殖隔離」学外
2009-06 -- 2009-06東邦大学講義「野外生態学実習I」 1コマ担当学外
2009-04 -- 2010-03卒業研究指導 1名 「オサムシの景観生態学」筑波大学
2009-02 -- 2009-09Natureセミナー 計12回筑波大学
2000-06 -- 2000-06青山幼稚園・幼稚園児と父母を対象にした自然観察会学外
一般講演
  • ボルネオの巨木の上で見つけたこと
    田中 健太
    信州森フェスティバル2013in菅平/2013-06-29
  • 私達の命を支える植物の多様性~その利用と研究
    田中 健太
    国際植物の日イベント・「来て見て発見!多種多彩な植物」/2013-05-19
  • LTE”G”Rの展望
    田中健太
    ReSIN-II新潟会議/2012-06-11
  • 温度感受性の高い山岳森林限界部における温暖化実験
    菅平高原実験センター; +田中 健太
    第9回環境研究シンポジウム/2011-11-08
  • 中部山岳大学間連携事業
    菅平高原実験センター; +田中 健太
    第9回環境研究シンポジウム/2011-11-08
  • ミヤマハタザオの環境適応を担う遺伝子のスクリーニング
    平尾章・恩田義彦・清水(稲継)理恵・瀬々潤・清水健太郎・...
    中部山岳地域大学間連携事業・第二回年次報告会/2011-12-16
  • 低圧環境下での形態変化による光合成特性の解明
    早川恵里奈; 宮村新一; 恩田義彦; 田中健太; 富松元; 唐艶鴻;...
    中部山岳地域大学間連携事業・第二回年次報告会/2011-12-16
  • 西駒演習林・森林限界部における温暖化実験:植生調査
    田中健太・古川桂子・矢久保允也・金井隆治・正木大祐・高橋...
    中部山岳地域大学間連携事業・第二回年次報告会/2011-12-17
  • 標高万能植物ミヤマハタザオの適応機構:生態・生理・遺伝子
    田中健太・恩田義彦・平尾章・山田歩・永野淳・山口正樹・工...
    中部山岳地域大学間連携事業・第二回年次報告会/2011-12-16
  • 1)標高万能植物ミヤマハタザオの、温暖化に対する適応進化の追跡に向けて、2)森林限界部温暖化実験の開始
    田中 健太・恩田 義彦・廣田 充・広瀬 大・飯村 康夫・矢久保...
    中部山岳大学間連携事業年次報告会/2010-12-17
  • 中部山岳地域大学間連携事業
    中部山岳地域大学間連携事業(出展担当:田中健太); +田中 健太
    第10回生物多様性条約締約国会議(CBD-DOP10)生物多様性交流フェア/2010-10-18
  • 時空間環境変動に対する植物の生態学的・集団遺伝学的応答解析
    田中健太
    岡山大学資源植物科学研究所共同研究拠点事業シンポジウム/2011-02-28
  • シロイヌナズナ属野生種を用いた、野外生態系における適応進化の研究
    田中健太
    形質転換植物デザイン研究拠点・基礎技術研究部門ワークショップ/2010-12-17
  • 変動環境における植物の繁殖と適応:熱帯雨林からモデル植物まで
    田中健太
    信州大学進化生物学教室セミナー/2011-02-17
  • Screening of diversifying genes between populations towards detection of natural selection in Arabidopsis lyrata ssp. petraea
    Kenta Tanaka
    Wakate-Festival in Shimoda/2009-07-02
  • Altitudinal differences in demography, physiology and genes in wild Arabidopsis
    Kenta Tanaka; Yoshihiko Onda
    Wakate Festival 2010 in Sugadaira/2010-05-13
  • 標高傾度と生物多様性:遺伝子・個体群
    田中健太
    筑波大学・信州大学・岐阜大学第3回合同ワークショップ 地球温暖化センサーとしての中部山岳地域における環境変動の解明/2010-02-06
  • 生き物の豊かさとは?-温暖化だけじゃない環境問題-
    田中健太
    菅平高原実験センター75周年記念オープンデイ・公開講演会/2009-10-04
  • ミヤマハタザオの標高傾度に沿った生活史形質の違い
    田中健太・恩田義彦; +田中 健太
    京都大学生態学研究センター共同利用事業公募研究会「ゲノムと生態系をつなぐ進化研究-環境変動・集団履歴・適応」/2009-12-08
  • 標高傾度の中での生物多様性、炭素循環、水循環研究
    田中健太・筑波大学菅平高原実験センター; +田中 健太
    信州大学・筑波大学第2回合同ワークショップ 地球温暖化センサーとしての中部山岳地域における環境変動の解明/2009-01-30
  • ヨーロッパミヤマハタザオの寒冷適応:マルチオミクスで遺伝子探し
    田中健太
    自然観察から始まる分子生態学/2008-04-30
  • 生態系の変化を遺伝子で捉える:LTEGR (Long-Term Ecological & Genetic Research)
    田中健太
    筑波大学・信州大学合同ワークショップ-大学間連携を目指して-地球温暖化センサーとしての中部山岳地域における環境変動の解明/2008-09-18
  • セイヨウオオマルハナバチの野外侵入実態と在来植物に与える影響
    田中健太
    苫小牧市立博物館の市民講座/2004-06-12
  • 外来生物の在来生態系への影響
    田中健太
    千歳市の自然保護・観察の市民団体トゥレップ主催の講演会/2004-11-28
  • 生態学は環境保全に貢献できるのか
    田中健太
    日本生態学会創立50周年記念公開シンポジウム 21世紀/協働の時代の生態学を語る:環境保全と自然再生、第50回日本生態学会大会/2003-04-01
学協会等委員
2017-05 -- (現在)日本長期生態学研究ネットワーク事務局長
2011-04 -- 2012-03「菅平生き物通信」に3つの記事を執筆した。
2009-01 -- 2012-03日本生態学会和文誌編集委員
2011-04 -- (現在)日本生態学会将来計画専門委員
2011-01 -- 2011-03Editorial Board of "Population Ecology"
2011-04 -- 2011-04長野県「信州生物多様性戦略会議」に出席
2011-04 -- 2014-12Editorial Board of "Population Ecology"
2011-03 -- 2011-03長野県長野県版生物多様性地域懇談会を菅平高原実験センターで開催
2011-08 -- 2011-08長野県長野県主催「第二回信州生物多様性戦略会議」に出席
2011-06 -- 2011-06上田市菅平高原自治体菅平湿原の管理についての提言を菅平自治体に提出
学内管理運営業績
2017-04 -- (現在)山岳科学センター報告会準備委員長
2017-04 -- (現在)山岳科学センター広報委員長
2017-04 -- (現在)山岳科学センター共同利用運営委員
2017-04 -- (現在)山岳科学センター運営委員
2017-04 -- (現在)山岳科学学位プログラム広報委員長
2017-04 -- (現在)山岳科学学位プログラム運営委員
メッセージ
(最近の研究) 植物は様々な環境に適応しながら生活し、進化しています。環境の空間的傾度や時間的変動の中で、どんな生態学的相互作用が起き、どんな形質に、どんな遺伝子の変化によって適応進化が進行しているのでしょうか。どんな生態学的制約と遺伝学的制約が適応進化を規定しているのでしょうか。これらの問いに答えるため、多様でおもしろく、遺伝学的に研究しやすいシロイヌナズナ属野生種などの研究を行っています。 (その他の研究) ボルネオ熱帯雨林の木登り生態学・生態遺伝学、外来マルハナバチの生態影響、絶滅危惧樹木や地表徘徊性昆虫の景観生態学などの研究も行っています。 (ひと言) 生き物の本当の顔は、野外生態系の中で見られます。これまで扱いが難しかった野外生物・野外環境の研究が、技術の進歩によって可能になり、進化生物学のフロンティアとして注目を集めています。いろいろな研究機会があるので、興味ある方はいつでもご連絡ください。

(最終更新日: 2018-09-21)