現在地

井田 仁康(イダ ヨシヤス; Ida, Yoshiyasu)

所属
人間系
職名
教授
生年月
1958-07
eメール
 
電話
029-853-6731
Fax
029-853-6731
研究分野
教科教育学
人文地理学
科学教育
研究キーワード
(社会科教育)教科教育
人文地理学
(地理教育)科学教育
研究課題
「持続可能な社会」に向けての社会科・理科のグローバルな融合カリキュラムの開発2017 -- 2020井田 仁康日本学術振興会/基盤研究(B)17550000
わが国の初等・中等教育における地理情報システムの活用に関する研究2000 -- 2002/国内共同研究
ニュージーランドのスキルと日本の社会科における「見方・考え方」との比較研究2003-04 -- 2006-03/国内共同研究
ニュージーランドと日本の社会科における「基礎・基本」に関する比較研究2006-04 -- 2009-03/国内共同研究
地理教育論の研究1988 -- 1988/
ニュージーランドにおける地誌及び地理教育の研究1993 -- 1993/
学校教育におけるGIS活用の研究1998 -- 1998/補助金
社会参画に基づいた社会科教育の構造に関する基盤的研究2009 -- 2012日本学術振興会/基盤研究(B)18010000
ニュージーランドと日本の社会科における「基礎・基本」に関する比較研究      2006 -- 2008日本学術振興会/基盤研究(C)4260000
ニュージーランドのスキルと日本の社会科における「見方・考え方」との比較研究2003 -- 2005日本学術振興会/基盤研究(C)3500000
職歴
1986-05 -- 1988-08筑波大学 技官
1988-09 -- 1990-03上越教育大学 助手
1990 -- 1993上越教育大学 講師
1993 -- 1995上越教育大学 助教授
1995 -- 2001筑波大学 講師
2001 -- 2006-07筑波大学 助教授
2006-08 -- (現在)筑波大学 教授
学歴
-- 1982筑波大学 第一学群 自然学類(地球科学)卒業
-- 1986筑波大学 地球科学研究科 地理学・水文学中退
取得学位
博士(理学)筑波大学
所属学協会
-- (現在)日本社会科教育学会
-- (現在)日本地理教育学会
-- (現在)日本地理学会
-- (現在)New Zealand Geographical Society
-- (現在)日本教育学会
-- (現在)日本国際理解教育学会
-- (現在)人文地理学会
-- (現在)全国社会科教育学会
-- (現在)地理情報システム学会
-- (現在)オセアニア教育学会
受賞
2011-12-24日本教育研究連合会賞
2011-12-01Who's who in the world 2012
2011-03-28日本地理学会賞(地理教育部門)
論文
  • いざアラル海調査の旅へ(第1回)カザフスタンという国
    Ida Yoshiyasu
    地理/62(2)/pp.62-67, 2017-02
  • 地図学習の導入に3D地図の活用を
    Ida Yoshiyasu
    社会科教育/(693)/pp.12-15, 2017-01
  • 社会科授業づくりの課題と取り組み―指導要領改訂を見据えて―持続可能な社会づくり
    Ida Yoshiyasu
    社会科教育/(690)/pp.112-115, 2016-10
  • アクティブ・ラーニングと統計地図.
    Ida Yoshiyasu
    統計/67(12)/pp.33-38, 2016-12
  • 高等学校「地理」の動向と今後の地理教育の展望
    井田 仁康
    人文地理/pp.66-78, 2016-04
  • 欧米におけるESDと地理教育
    井田 仁康
    筑波大学教育学系論集/40(2)/pp.69-69, 2016-03
  • GISの活用スキル.
    井田 仁康
    社会科教育/(681)/pp.32-33, 2016-01
  • Disaster preparedness in geography education in Japan.
    Ida Yoshiyasu
    Journal of Geographical Research/(61)/pp.69-82, 2014-11
  • Education for disaster prevention at school in Japan.
    井田 仁康
    第18回台湾地理国際学術検討会論文集/pp.専2-1-専2-3, 2014-05
  • The continuity of geography learning contents in Japan.
    Ida Yoshiyasu
    地理研究/(59)/pp.49-62, 2013-11
  • 新学習指導要領を社会科・地理歴史科・公民科で、どうとらえるのか、活かすのか.
    井田 仁康
    日本教育研究連合会『記念誌第2集これからの学校教育の改善に資する提言-その理念と展望-』/pp.25-33, 2013-03
  • 羽田空港乗降客の分布パターンの変容-1975年~1983年-
    井田 仁康
    人文地理学研究/p.11, 1987-01
  • 茨城県における都市システムの変容
    井田 仁康
    人文地理学研究/p.12, 1988-01
  • 文科系・教員養成学部学生を対象としたコンピューター利用の文化地理教育
    井田 仁康
    上越教育大学研究紀要/8/p.2, 1989-01
  • 社会科地理的分野におけるアジア学習の検討-国際理解教育の観点から韓国を例にして-
    井田 仁康
    上越教育大学研究紀要/11/p.2, 1992-01
  • 「メディア・ソテラシー」の概念を導入した社会科における情報教育-T.V.メディアを通して-(共著)
    井田 仁康
    教育実践研究(上越教育大学学校教育センター)/第5集/p.21-28, 1995-01
  • 日本の空港の立地
    井田 仁康
    地理(古今書院)/40(8)/p.36-41, 1995-01
  • ニュージーランド/社会科の変遷と動向
    井田 仁康
    1994年度研究年報(日本社会科教育学会)/p.53-56, 1995-01
  • ニュージーランドにおける航空旅客流動
    井田 仁康
    人文地理学研究/(xx)/p.213-228, 1996-01
  • 人間形成の教育としての社会科
    井田 仁康
    社会科教室(日本文教出版)/(9)/p.2-5, 1996-01
  • 社会科地理における環境教育
    井田 仁康
    1995-1996年度日本生命財団研究助成研究成果報告書/p.93-97, 1996-01
  • 学生の戦争にかかわる教材観と社会科教育法
    井田 仁康
    社会科教育研究フォーラム/(1)/p.23-32, 1998-01
  • 鉱工業からみた世界
    井田 仁康
    地理月報(二宮書店)/(444)/p.9-11, 1998-01
  • 学校教育におけるGIS利用-アメリカ合衆国の動向とわが国の可能性-「(共著)」
    井田 仁康
    GIS-理論と応用/6(2)/p.65-70, 1998-01
  • マオリとパケハの共存社会
    井田 仁康
    社会科教育/(477)/p.126-129, 1999-01
著書
  • 地図の物語 日本語版
    Ida Yoshiyasu
    2016-07
  • 持続可能な社会などへの対応で変わる社会科授業
    Ida Yoshiyasu
    社会科教育プラス 平成29年度学習指導要領改訂のポイント 小学校・中学校社会/pp.66-69, 2017-04
  • 教科教育におけるESDの実践と課題~地理・歴史・公民・社会科~
    Ida Yoshiyasu
    2017-03
  • ビジュアルデータブック日本の地理
    井田 仁康
    2016-02
  • 中等社会科21世紀型の授業実践-中学校・高等学校の授業改善への提言-
    井田 仁康
    2015-3
  • 社会科における環境教育
    井田 仁康
    小学社会 教師用指導書 総論/pp.164-173, 2015-03
  • レジェンドな実践者と地域性を踏まえた実践例
    井田 仁康
    地域からの社会科の探究/pp.64-65, 2014-12
  • Geography education in Japan
    Ida Yoshiyasu
    2015-01
  • オセアニアの地域形成とその歴史的経緯
    井田 仁康
    世界地誌シリーズ7 東南アジア・オセアニア/pp.97-103, 2014-6
  • 究極の中学校社会科―地理編-
    井田 仁康
    2013-10
  • 生活空間の見方・考え方-鉾田町における住民の生活行動圏-
    井田 仁康
    都市空間の見方考え方/pp.82-88, 2013-06
  • 『最新版日本の地理』全8巻
    井田 仁康
    2013-02
  • 生活空間の見方・考え方-鉾田町における住民の生活行動圏-
    井田 仁康
    都市空間の見方考え方/pp.82-88, 2013-6
  • 地域と教育-地域における教育の魅力-
    井田 仁康
    2012-11
  • ニュージーランドの国際理解教育
    井田 仁康
    現代国際理解教育事典/pp.264-264, 2012-06
  • 社会科と地理教育 他
    井田 仁康
    社会科教育辞典/pp.92-93, 2012-06
  • インド タミールナドゥ州の交通空間
    井田 仁康
    1996-01
  • この一冊で世界の地理がわかる「(共著)」
    井田 仁康
    1998-01
  • 魅力のある地理教育-ユニークな授業とその教育理論「(共著)」
    井田 仁康
    1999-01
  • 鉄道で総合的学習
    井田 仁康
    1999-01
  • 社会科教育事典「(共著)」
    井田 仁康
    2000-01
  • 航空旅客流動と空港後背地
    井田仁康
    1994-01
  • ラブリー ニュージーランド
    井田仁康
    1996-01
  • 地理の教え方
    寺本潔・井田仁康・田部俊充・戸井田克己; +井田 仁康
    1997-01
  • 世界を巡って地理教育
    井田仁康
    2000-01
会議発表等
  • 大学院生の実験授業による育成―受け入れ学校から見方―
    Ida Yoshiyasu
    平成29年度中等社会科教育学会例会シンポジウム/2017-06-17--2017-06-17
  • 高等学校「地理」の動向と今後の地理教育の展望について
    Ida Yoshiyasu
    岐阜県教育員会「平成29年度県地理歴史・公民担当者会議」/2017-06-09--2017-06-09
  • 湖がつなぐ国際理解教育-アラル海と霞ケ浦-
    Ida Yoshiyasu
    日本国際理解教育学会第27回研究大会公開シンポジウム/2017-06-03--2017-06-04
  • 次期学習指導要領におけるアクティブ・ラ-ニング
    Ida Yoshiyasu
    日本学術会議公開ワークショップ/2017-05-15--2017-05-15
  • 「地理総合」の方向性とGISの可能性
    Ida Yoshiyasu
    日本地理学会2017年春季学術大会、地理教育公開講座「「地理総合」(仮)とGIS(地理情報システム)」/2017-03-28--2017-03-28
  • 社会科における見方・考え方-地理教育からの視点を中心に-
    Ida Yoshiyasu
    筑波大学教育学会第15回大会/2017-03-04--2017-03-04
  • 地理総合の教育内容とその推進の方策
    Ida Yoshiyasu
    第8回大分県高大連携シンポジウム/2017-02-13--2017-02-13
  • 小学校から高等学校へとつながる社会的な見方・考え方
    Ida Yoshiyasu
     初等教育研修会/2017-02-10--2017-02-10
  • 地理総合(仮称)の教育内容とその推進の方策
    Ida Yoshiyasu
    日本学術会議公開シンポジウム「高等学校地理総合(仮称)必履修化による地理教育への社会的期待と課題―現場の地理歴史科教員を支援するための日本学術会議は何ができるか―」/2016-12-04--2016-12-04
  • 科学地理オリンピックとIYGU
    Ida Yoshiyasu
    日本学術会議フォーラム 持続可能な社会の実現に向けた草の根活動の振興―IYGU(国際地球理解年)の試み―/2016-12-03--2016-12-03
  • ESDと地理教育の未来
    Ida Yoshiyasu
    2016年日本地理学会・東北地理学会秋季学術大会地理教育公開講座/2016-10-01--2016-10-01
  • The role of augmented realty(AR) in new national curriculum in Japan.
    Ida Yoshiyasu
    33rd IGC/2016-08-23--2016-08-23
  • 高校地理とGIS
    井田 仁康
    日本地理学会2016年春季学術大会/2016-03-20--2016-03-22
  • 学校段階におけるアクティブラーニングの段階性
    井田 仁康
    学習公開・初等教育研修会/2016-02-11
  • 「地理総合」の内容とその意義
    井田 仁康
    日本地理教育学会つくば例会/2016-01-23
  • 科学地理オリンピックセミナー
    井田 仁康
    科学地理オリンピック体験セミナー講演/2015-11-28
  • 高校「地理」の動向と今後の地理教育の展望
    井田 仁康
    2015年人文地理学会大会特別研究発表/2015-11-14
  • ICT時代の地理教育の意義
    井田 仁康
    015年人文地理学会大会地理教育研究部会第35回/2015-11-14
  • 地理歴史科改革の課題
    井田 仁康
    日本社会科教育学会第65回全国研究大会 課題研究/2015-11-08
  • 「地理総合」(案)作成の背景について-なぜ高校で「地理」が必要か-
    井田 仁康
    シンポジウム-学術会議の提言と地理基礎・歴史基礎-/2015-11-02
  • 欧米におけるESDと地理教育
    Ida Yoshiyasu
    ESDと地理教育に関する国際シンポジウム./2015-11-01
  • Augmented reality(AR) information system for geography education.
    Ida Yoshiyasu
    IGU Regional Conference 2015/2015-08-17--2015-08-22
  • 考創する社会科
    井田 仁康
    筑波大学附属小学校学習公開・研究発表会/2015-6-12
  • 小中高で育てたい地理的なものの見方考え方
    井田 仁康
    第15回初等社会科授業研究会(筑波小中高大社会科研究会創設大会)/2015-1-10
  • 科学地理オリンピック体験セミナ-
    井田 仁康
    科学地理オリンピック体験セミナ-/2014-12-13
担当授業科目
2017-10 -- 2018-02地理教育研究法V筑波大学
2017-04 -- 2017-06社会科教育学特講筑波大学
2017-04 -- 2017-06地理学演習I筑波大学
2017-04 -- 2017-08地理教育演習I筑波大学
2017-10 -- 2018-02地理教育演習II筑波大学
2017-04 -- 2017-06社会科教育学特講a筑波大学
2017-04 -- 2017-08地理教育研究法IV筑波大学
2017-04 -- 2017-08地理教育論I筑波大学
2017-10 -- 2018-02学校教育学特論筑波大学
2017-04 -- 2017-08学校教育学特論筑波大学
一般講演
  • 秋の地理三昧 科学地理オリンピック体験セミナー
    井田 仁康
    秋の地理三昧 科学地理オリンピック体験セミナー講演/2013-11-16
  • 都道府県の学習 虫を食べる都道府県はどこかな.
    井田 仁康
     聖セシリア小学校出前授業(4年生)、2012年12月4日/2012-12-04
  • 生徒の社会認識と社会科教育の役割
    井田 仁康
    筑波社会科教育学会第24回大会/2005-11-01
  • これからの社会科教育におけるメディア活用
    井田 仁康
    日本社会科教育学会第55回全国研究大会/2005-10-01
  • シンガポール・ニュージーランド・オーストラリアの社会科系教科の動向について
    井田 仁康
    公民教育カリキュラム改善研究会/2005-09-01
  • 自然あふれるキーウィカントリーから学ぶ酷さ理解教育
    井田 仁康
    国際理解教育セミナー/2005-04-01
  • The comparison of education for developing identuty in Nunavut and Okinawa
    井田 仁康
    Japan studies association of Canada 2006 conference/2006-10-01
  • 地理教育の展望と課題-環境教育と関わらせて-
    井田 仁康
    日本地理学会秋季学術大会/2006-09-01
  • パネルディスカション-実践授業の提案を受けて-
    井田 仁康
    社会科・生活科・総合 全国教育研究大会/2006-08-01
  • The meaning of geography education using GIS in Japanese junior high school
    井田 仁康
    International gegraphical union commission on geographical education/2006-06-01
  • 地理的技能の獲得を軸にした地理教育カリキュラムのあり方
    井田 仁康
    地理教育全国合同シンポジウム/2006-06-01
  • どのような地理教育カリキュラムが望まれているのか
    井田 仁康
    日本地理学会2006年春季学術大会/2006-03-01
学協会等委員
2015-10 -- (現在)文部科学省中央教育教育審議会委員
2015-04 -- (現在)筑波大学教育学会会長
2009-04 -- 2011-09日本学術会議特任連携会員
2011-10 -- (現在)日本学術会議連携会員
1996-04 -- 2016-03日本社会科教育学会幹事
2016-04 -- (現在)日本社会科教育学会副会長
2008 -- 2010日本地理教育学会常任委員長(副会長)
2008 -- (現在)日本地理学会理事
2005 -- 2012International Geographical Unionsteering member
2003-06 -- 2005-08文部科学省中央教育審議会専門委員

(最終更新日: 2017-06-24)