現在地

田宮 菜奈子(タミヤ ナナコ; Tamiya, Nanako)

所属
医学医療系
職名
教授
URL
研究分野
衛生学・公衆衛生学
研究キーワード
ヘルスサービスリサーチ
アウトカム研究
公衆衛生学
介護保険制度
在宅医療
在宅ケア
高齢者施設ケア
障害者の地域医療ケア
医療・介護・福祉サービスの質の評価
医療・介護制度の国際比較
研究課題
次世代人工知能・ロボット中核技術開発/> 次世代人工知能技術分野/「ロボットをプローブとした高齢者の生活機能の計測・分析・介入技術の研究開発」2017-07 -- 2018-03松本吉央/NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)事業3801000
医療介護情報の連結する方法の検証とロジックの構築及び医療介護の地域差分析:効果的な医療-介護の二次データ活用システム構築のためのヘルスサービス2017-04 -- 2019-03田宮菜奈子国立研究開発法人 日本医療研究開発機構/平成29年度 長寿科学研究開発事業14000000
健康寿命及び地域格差の要因分析と健康増進対策の効果検証に関する研究2016-10 -- 2019-03田宮菜奈子厚生労働省/厚生労働科学研究費補助金(循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業)15990000
人生の最終段階における医療のあり方に関する調査の手法開発及び分析に関する研究2016-04 -- 2018-03田宮菜奈子厚生労働省/厚生労働科学研究費補助金(地域医療基盤開発推進研究事業)3000000
真のエイジング・イン・プレイス実現に向けた包括的実証研究2016-04 -- 2018-03田宮菜奈子厚生労働省/厚生労働科学研究費補助金(政策科学推進研究事業)2185000
家族介護者に対する支援のあり方に関する調査研究事業2016-04 -- 2017-03厚生労働省厚生労働科学研究費補助金(政策科学推進研究事業)/2425000
大都市圏における在宅医療の実態把握と提供体制の評価に関する研究2016-04 -- 2017-03石崎達郎厚生労働省/厚生労働科学研究費補助金(地域医療基礎開発推進研究事業)1000000
地域包括ケア実現のためのヘルスサービスリサーチ―二次データ活用システム構築による多角的エビデンス創出拠点―2015-05 -- 2017-03田宮菜奈子厚生労働省/厚生労働科学研究費補助金(政策科学総合研究事業(政策科学推進研究事業)(H28年度より事業名変更(臨床研究等ICT基盤構築研究事業))53000000
地域包括ケア実現のためのヘルスサービスリサーチ―二次データ活用システム構築による多角的エビデンス創出拠点―2014-11 -- 2015-03田宮菜奈子厚生労働省/厚生労働科学研究費補助金(厚生労働科学特別研究事業)1000000
グローバルエイジングへの国境なき挑戦―経験の共有と尊重を支える日本発学際ネットワークによる提言に関する研究2012-04 -- 2015-03田宮菜奈子厚生労働省/厚生労働科学研究費補助金(地球規模保健課題推進研究事業)17015000
職歴
1991-07 -- 1992-08筑波大学 社会医学系 助手
1992-09 -- 1997-08帝京大学 医学部衛生学公衆衛生学教室助手 うち大学派遣で米国ハーバード大学公衆衛生学部修士課程留学(1年間)
1997-09 -- 1999-03南大和老人保健施設 副施設長
1999-04 -- 2000-05南大和老人保健施設 施設長
2000-06 -- 2003-03帝京大学 医学部衛生学公衆衛生学教室 講師
2003-04 -- 2004-03筑波大学 社会医学系 教授
2004-04 -- (現在)筑波大学 医学医療系 教授 保健医療学域 ヘルスサービスリサーチ分野
学歴
-- 1986筑波大学 医学専門学群卒業
-- 1990東京大学 医学研究科 社会医学修了
-- 1994ハーバード大学 公衆衛生大学院 ヘルスサービスリサーチ修了
取得学位
1994-05Master of Science (Public Health,Health Service Research)ハーバード大学公衆衛生大学院
1990-03医学博士東京大学
免許資格等
1986-05-22医師免許
2000-04-01介護支援専門員
所属学協会
-- (現在)日本老年医学会
2017-01 -- (現在)日本医療経済学会
2014-07 -- (現在)日本社会福祉学会
2013 -- (現在)日本高齢者ケアリング学研究会
2013-04 -- (現在)The Gerontological Society of America
1987 -- (現在)日本公衆衛生学会
2004 -- (現在)日本プライマリ・ケア連合学会
-- (現在)日本疫学会
1992 -- (現在)日本行動医学会
-- (現在)日本国際保健医療学会
受賞
2016-11-10間接経費高額寄付による表彰(学長表彰)
2013-03-06平成24年度大学教員業績評価に係るSS評価教員の認定(学長表彰)
Who's Who in Science and Engineering® 8th edition 2005-2006
2006新座市長より感謝状「産業医としての貢献」
2001日本公衆衛生学会奨励賞
論文
著書
  • 第3部、7章.欧州と日本における家族介護者支援策、介護予防のためのベストケアリング―高齢者が元気に暮らしていくために(松田 ひとみ、水上 勝義、柳 久子、岡本 紀子)
    柏木志保; Tamiya Nanako
    2016
  • 高齢者医療・介護(ケア)
    森山葉子; 田宮 菜奈子
    社会調査事典/pp.598-601, 2014-01
  • Trends and Factors in Japan's Long-Term Care Insurance System: Japan's 10-year Experience (SpringerBriefs in Aging)
    Pedro Olivares-Tirado; Tamiya Nanako
    2013-12
  • 要介護者の状況改善と介護家族の負担軽減に向けたインフラ整備-日本初の全国レベルの実証的取り組みの結果から―
    田宮 菜奈子; 松澤明美; 本澤巳代子編; ウタ・マイヤー=グレ...
    家族のための総合政策―家族と職業の両立―/pp.235-246, 2013-10
  • ヒューマン・セキュリティ―ヒューマン・ケアの視点から
    田宮菜奈子; 宮下裕美子 ほか (松田ひとみ; 大久保一郎; 岩...
    2013
  • 根拠にもとづく高齢者 施設ケア
    田宮菜奈子編集代表; 阿部芳道; 山本秀樹; 田宮 菜奈子
    2010-06
  • コンパクト公衆衛生学第4版
    千葉百子; 松浦賢長; 小林廉毅編; 田宮 菜奈子
    2008-01
  • 生命倫理百科事典 ENCYCLOPEDIA OF BIOETHICS 3rd Edition.
    田宮 菜奈子
    2006-01
  • コア・カリキュラム対応医学・医療と社会
    藤崎和彦 山本秀樹編; 田宮 菜奈子
    コア・カリキュラム対応医学・医療と社会/p.57-67,101-106,123-124, 2006-01
  • ケースで学ぶ公衆衛生学
    田宮菜奈子 矢野栄二 大脇和浩 編; 田宮 菜奈子
    2005-06
  • 糖尿病患者支援における活用. POMS短縮版手引と事例解説
    横山和仁 編; 田宮 菜奈子
    2005-01
  • ジェンダー医学
    芦田みどり編; 田宮 菜奈子
    2003-01
  • 診断・指導に活かすPOMS活用事例集
    横山和仁 他 編; 田宮 菜奈子
    2002-01
  • 社会福祉基礎シリーズ第15巻,ソーシャルワーカーのための医学
    野中猛; 奥山真紀子; 田宮菜奈子 編; 田宮 菜奈子
    2002-01
  • ソーシャルワーカーのための医学
    田宮 菜奈子
    2002-01
  • ケースメソッドによる公衆衛生教育 ケースメソッドによる公衆衛生教育-SE(Simulation exercises)
    矢野栄二; 田宮菜奈子; 山内泰子 編
    2000-01
  • Health & Medical Care for the 21st Century
    Yano E.eds; 田宮 菜奈子
    1995-01
  • 家庭で看取る癌患者―在宅ホスピス入門
    川越 厚 編; 田宮 菜奈子
    1991-01
  • 生活習慣と健康―ライフスタイルの科学
    森本兼曩 監訳; 田宮 菜奈子
    1989-01
会議発表等
  • 国民生活基礎調査に基づいた高齢者の飲酒実態の把握
    翠川 晴彦; Tachikawa Hirokazu; Arai Tetsuaki; Takahashi...
    日本アルコールアディクション医学会/2017-09-08--2017-09-09
  • 全国市区町村別にみた自宅死の割合と地域特性ー厚生労働省「在宅医療にかかる地域別データ集」による分析
    谷口 雄大; 植嶋 大晃; 全 保永; 伊藤 智子; Tamiya Nanako
    日本臨床疫学会第1回年次学術大会/2017-9-30--2017-9-30
  • Predictors Of Length Of Stay At The Emergency Room In A Japanese Hospital
    Morales M; Watanabe T; Abe Toshikazu; Ito; Sandoval F; Ta...
    日本臨床疫学会第1回年次学術大会/2017-10-1--2017-10-1
  • Household income and medical and long-term care services use in older people in Japan: a cohort study using administrative data
    Hamada S; T H; Sakata N; Boyoung J; Iijima K; Yoshie S; I...
    The 5th International Conference on Global Aging Tsukuba/2017-9-27--2017-9-27
  • A review on inspection systems of institutional care settings among OECD countries
    Kawabe M; Tamiya N
    The 5th International Conference on Global Aging Tsukuba/2017-9-27--2017-9-27
  • Factors related to length of stay at the emergency room in a Japanese hospital: a stratified analysis by age
    Morales M; W T; Abe T; Tamiya N
    The 5th International Conference on Global Aging Tsukuba/2017-9-27--2017-9-27
  • The Bereaved Family's Fluctuation of Decision-Making and Related Factors on Terminal Care in Facility Care Settings in Japan
    Izumida N; Tamiya N; Ohkouchi J; Higashi K
    The 5th International Conference on Global Aging Tsukuba/2017-9-27--2017-9-27
  • Factors related to reasons for not using LTCI services among the Japanese elderly
    Pei L; Watanabe T; Tamiya N
    The 5th International Conference on Global Aging Tsukuba/2017-9-27--2017-9-27
  • Sampling design of register-based long-term care insurance datasets
    Jeon Boyoung; Tamiya N; Takahashi H; Jin X; Noguchi H
    The 5th International Conference on Global Aging Tsukuba/2017-9-27--2017-9-27
  • The Incidence of Care-Level Deterioration Compared to Preventive Service Use in a City
    Shimafuji N; Ito T; Tamiya N
    The 5th International Conference on Global Aging Tsukuba/2017-9-27--2017-9-27
  • Systematic review of impact of advance care planning on cost and quality of life
    Hanari K; Tamiya N
    The 5th International Conference on Global Aging Tsukuba/2017-9-27--2017-9-27
  • Development of a satisfaction survey in Long term care health facilties in Japan based on the Ohio Department of Aging-Resident Satisfaction Survey
    Jin X; Tamiya N; Boyoung J; Moriyama Y; Ohkouchi J
    The 5th International Conference on Global Aging Tsukuba/2017-9-27--2017-9-27
  • The duration difference of exercise or sports activities by presence of others among middle-aged adults in Japan
    Monma T; Takeda F; Noguchi H; Takahashi H; Tamiya N
    The 5th International Conference on Global Aging Tsukuba/2017-9-27
  • Factors associated with hours of informal caregiving:a literature review
    Ueshima H; Tamiya N
    The 5th International Conference on Global Aging Tsukuba/2017-9-27
  • The Relationship Between Types of Daily Living Assistance for Elderly and Long Hours of Informal Care
    Ueshima H; Tamiya N; Takahashi H; Noguchi H
    The 4th International Conference on Global Aging Tsukuba/2016-9-19
  • A health system research: comparison of formal and informal time of long-term care for the frail elderly in Japanese community
    佐藤幹也; Tamiya Nanako; 伊藤智子; Madoka Tsutsumi; 高橋...
    The 8th Annual Conference of Japan Primary Care Association/2017-5-13--2017-5-14
  • Resident- and Facility-level characteristics associated with care level deterioration in Long term care health facility for the elderly in Japan
    Jin X; Tamiya N; Jeon Boyoung; Kawamura Akira; Takahashi ...
    The 4th International Conference on Global Aging Tsukuba/2016-09-19
  • Out-of-hospital cardiac arrest (OHCA) in centenarians in Japan
    Abe T; Tamiya Nanako; Nagata I; Uchida M; Yamaoka Y
    Society of Critical Care Medicine's 45rd Critical Care Congress/2016-2-20--2016-2-24
  • 高齢者の活動制限に関連する要因―健康寿命の長い地域と短い地域の相違
    門間 貴史; 武田 文; 野口 晴子; 高橋 秀人; Tamiya Nanako
    第75回日本公衆衛生学会総会/2016-10-26--2016-10-28
  • 病院死亡高齢者の入院期間の時系列推移の検討
    泉田 信行; Tamiya Nanako; 川村 顕; 野口 晴子
    第75回日本公衆衛生学会総会/2016-10-26--2016-10-28
  • 脳血管障害による重度要介護者における在宅療養の特徴−国民生活基礎調査
    伊藤 智子; Tamiya Nanako; 野口 晴子; 高橋 秀人
    第75回日本公衆衛生学会総会/2016-10-26--2016-10-28
  • Facility factors associated with care level deterioration in nursing homes
    Jin X; Tamiya Nanako; Jeon Boyoung; Kawamura Akira; Sando...
    第75回日本公衆衛生学会総会/2016-10-26--2016-10-28
  • Use of rehabilitation care services and the reduction of long-term care spending using Japanese national long term care insurance claim dat
    Sandoval F.; Noguchi H.; Kawamura A.; Tamiya Nanako
    医療経済学会第11回研究大会/2016-9-3
  • Spillover Effect of Japanese Long-Term Care Insurance as an Employment Promotion Policy for Caregivers
    Fu R.; Noguchi H.; Kawamura A.; Takahashi H.; Tamiya Nanako
    医療経済学会第11回研究大会/2016-9-3
  • Disability, Poverty, and Role of the Basic Livelihood Security System on Health Services Utilization among the Elderly in South Korea
    Jeon Boyoung; Noguchi H.; Kwon S.; Ito T.; Tamiya Nanako
    医療経済学会第11回研究大会/2016-9-3
担当授業科目
2017-10 -- 2017-12専門語学(英語)C筑波大学
2017-04 -- 2017-06ヘルスサービスリサーチ入門筑波大学
2017-04 -- 2017-08Advanced Exercise on Public Health筑波大学
2017-10 -- 2018-02Advanced Exercise on Public Health筑波大学
2017-10 -- 2018-03ヘルスサービスリサーチ実践研究演習筑波大学
2017-06 -- 2017-08ヘルスサービスリサーチ実践研究演習筑波大学
2017-10 -- 2018-02インターンシップII筑波大学
2017-04 -- 2017-08インターンシップII筑波大学
2017-10 -- 2018-02社会医学実験実習II筑波大学
2017-04 -- 2017-06ヘルスサービスリサーチ概論筑波大学
一般講演
  • 「ビッグデータからみえてくる医療・介護の現状と課題―ヘルスサービスリサーチの視点から茨城を考える」
    Tamiya Nanako
    医療政策研究会講演会/2017-10-4--2017-10-4
  • 「ケアの質」にまつわる最近の動向-ヘルスサービスリサーチの視点から-
    Tamiya Nanako
    第28回全国介護老人保健施設大会 愛媛 in 松山/2017-07-26
  • グローバルエイジング時代における日本と世界-高齢化先進国日本に何ができるか・何をすべきか-
    田宮 菜奈子
    千葉県立松尾高校 平成28年度スーパーグローバルハイスクール事業専門家講演会/2016-11-29--2016-11-29
  • 地域包括ケア実現のためのヘルスサービスリサーチ-二次データ活用システム構築による多角的エビデンス創出拠点-
    田宮 菜奈子
    厚生労働科学研究費補助金「健康医療分野のデータベースを用いた戦略研究」合同フォーラム/2017-02-08--2017-02-08
  • Health services research: Analysis of care services based on big data
    Tamiya Nanako
    Japan-NZ Collaboration Workshop - Technologies for Elder Care/2017-03-03--2017-03-03
  • ケアラー支援の国際的動向
    田宮 菜奈子
    日本ケアラー連盟 「世界中が悩んでる“介護とケアラー”」/2016-06-19--2016-06-19
  • 「生活に調和した医療・介護・福祉のために/ビッグデータ活用によるヘルスサービスリサーチ(HSR)
    田宮 菜奈子
    国立研究開発法人産業技術総合研究所 ニューロリハビリシンポジウム キックオフ2016 「脳と情報」/2016-06-18--2016-06-18
  • あるべき介護への転換 〜HSR(ヘルス・サービス・リサーチ)の視点から
    田宮 菜奈子
    21世紀医療フォーラム 日経メディカル開発 これからの介護を考える会 「介護の抱える課題と解決への展望」/2016-10-06--2016-10-06
  • グローバルエイジング時代における日本と世界-高齢化先進国日本に何ができるか・何をすべきか-
    田宮 菜奈子
    千葉県立松尾高校 平成28年度スーパーグローバルハイスクール事業専門家講演会/2016-11-29--2016-11-29
  • グローバルエイジング時代における日本と世界-高齢化先進国日本に何ができるか・何をすべきか-
    田宮 菜奈子
    千葉県山武市役所職員研修会/2015-11-24--2015-11-24
  • グローバルエイジング時代における日本と世界-高齢化先進国日本に何ができるか・何をすべきか-
    田宮 菜奈子
    千葉県立松尾高校 第2回スーパーグローバルハイスクール専門家講演会/2015-11-24--2015-11-24
  • ヘルスサービスリサーチ入門
    田宮 菜奈子
    早稲田大学政治経済学術院 /2015-06-30
  • 世界の介護者支援から考える日本のあるべき姿
    田宮 菜奈子
    アラジンフォーラム2015/2015-06-27
  • 生活と調和した医療のために-ヘルサービスリサーチの視点から
    田宮 菜奈子
    平成26年度茨城県保健予防課研修会/2015-02-04
  • 日本の介護保険の現状と問題点
    Tamiya Nanako
    JICA・チリ厚生省合同会議/2007-03-07--2007-03-07
  • Comparison of Public and Private Care Management Agencies Under Long-term Care Insurance in Japan
    Tamiya Nanako
    Asian Center of Utah University/2012-04-17--2012-04-17
  • 要介護者の状況改善と介護家族の負担軽減のインフラ整備――社会福祉・介護サービスの質向上を目指すヘルスサービスリサーチ
    田宮 菜奈子
    日独シンポジウム 家庭と職業の両立を図る―今の政治の課題/2012-09-18--2012-09-18
  • 論文の書き方 ~日本公衆衛生雑誌への掲載を目指すには~
    田宮 菜奈子
    日本公衆衛生学会 公衆衛生活動・研究論文の書き方研修プログラム 2014/2014-08-28--2014-08-28
  • ラボを旅立ち、その後は~ヘルスサービスリサーチで辿る薬の道程
    田宮 菜奈子
    第17回知創薬コンソシアム/2014-10-07--2014-10-07
  • 介護サービスにおけるアウトカム評価
    田宮 菜奈子
    平成26年度全国福祉栄養士研修会:職域事業部研修会/2014-10-19--2014-10-19
  • ヘルスサービスリサーチからみた介護保険-これまでの研究とつくば市調査を踏まえて-
    田宮 菜奈子
    介護老人保健施設そよかぜ講演会/2014-06-17
  • 『医療と福祉の連携』ヘルスサービスリサーチを通して
    田宮 菜奈子
    国民健康保険運営協議会委員研修会及び市町村(国保組合)国保主管課長研修会/2013-11-08
  • 伝えよう! オリジナリティとパッション(2)科研費申請は研究者の醍醐味
    田宮 菜奈子
    筑波大学 平成25年度科研費セミナー(医学系専攻FDとの共催)/2013-09-10
  • International Comparison of Long-term Care Systems
    Tamiya Nanako
    The First LTOP National Conference : Project of Long-term Care Service Development for the Frail Elderly and other Vulnerable People./2013-05-15
  • 文京区における要介護認定主治医意見書の実態
    田宮菜奈子
    平成24年度小石川医師会介護保険制度における主治医研修会/2013-03-18
学協会等委員
2017-08 -- 2018-03厚労省平成29年度厚生労働省老人保健健康 増進等事業「介護人材の働き方の実態及び働き方の意向等に関する調査研究事業」
2017-07 -- 2018-03厚労省平成29年度老人保健健康増進等事業「要介護認定等のデータ分析に基づいたケアプラン作成等支援に関する調査研究事業」委員会委員
2017-07 -- 2018-03厚労省「介護保険制度におけるサービスの質の評価に関する調査研究事業」検討委員会委員
2017-07 -- 2019-06日本公衆衛生学会代議員
2017-06 -- 2018-03国立研究開発法人日本医療研究開発機構循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策実用化研究事業PO(プログラムオフィサー)
2014 -- (現在)日本国際保健医療学会代議員
2016-07 -- 2017-03公益社会法人全国老人保健施設協会介護老人保健施設における在宅療養支援のあり方に関する調査研究事業班員
2016-09 -- 2017-03公益財団法人笹川平和財団「アジアにおける少子高齢化」委員会委員
2016-07 -- 2018-03筑波大学附属病院筑波大学附属病院臨床研究倫理審査委員会及び医学医療系医の倫理委員会委員
2015-12 -- (現在)日本疫学会代議員

(最終更新日: 2017-11-01)