現在地

八重田 淳(ヤエダ ジユン; Yaeda, Jun)

所属
人間系
職名
准教授
URL
研究分野
教育学
社会福祉学
研究キーワード
リハビリテーションカウンセリング
学校から職場への移行
援助付き雇用
ジョブコーチ
リハビリテーション工学
職業リハビリテーション
リハビリテーションの哲学
研究課題
若年性認知症と高次脳機能障害者の社会保障のあり方に関する調査研究(平成28年度)2016-04 -- 2017-03八重田淳厚生労働省科学研究費補助金/厚生労働省科学研究費補助金(政策科学総合研究事業)6,303,900円
若年性認知症と高次脳機能障害者の社会保障のあり方に関する調査研究(平成27年度)2015-04 -- 2016-03八重田淳厚生労働省科学研究費補助金/厚生労働省科学研究費補助金(政策科学総合研究事業)6,424,000円
復職コーディネーターによる介入事例データベース作成に関する研究2016-04 -- 2017-03豊田 章宏(独立行政法人労働者健康福祉機構中国労災病院)厚生労働省/労災疾病臨床研究事業費
若年性認知症と高次脳機能障害者の社会保障のあり方に関する調査研究(平成26年度)2014-04 -- 2015-03八重田淳厚生労働省科学研究費補助金/厚生労働科学研究費補助金(政策科学総合研究事業)6,762,000円
新人看護師のレジリエンス形成とメンタリングに関する研究2010-04 -- 2013-03砂見緩子文部科学省科学研究費助成事業(科学研究費補助金)/2,340,000円
リハビリテーションカウンセリングのコンペテンシー研究2009-08 -- 2011-03/
職業リハビリテーション専門職の役割 -- (現在)/
障害学生の学校から職場への移行支援2000-04 -- (現在)/
職歴
2007-04 -- (現在)筑波大学 准教授
学歴
1980-04 -- 1984-03日本大学 工学部 機械工学科卒業
-- 1986-05University of Wisconsin at Whitewater School of Education Special Education修了
1987-09 -- 1991-12Southern Illinois University School of Education Rehabilitation Institute修了
取得学位
1991-12Doctor of Rehabilitation, Rh.D.Southern Illinois University
1986-05Master of ScienceUniversity of Wisconsin at Whitewater
所属学協会
2010 -- 2012Global Applied Disability Research and Information Network
1989 -- (現在)National Rehabilitation Association
1991 -- (現在)National Council on Rehabilitation Education
2007 -- (現在)National Association for Rehabilitation Leadership
2007 -- (現在)International Rehabilitation Counseling Association
-- (現在)日本職業リハビリテーション学会
-- (現在)日本リハビリテーション連携科学学会
1999 -- (現在)日本精神障害者リハビリテーション学会
1991 -- (現在)日本社会福祉学会
-- (現在)日本保健福祉学会
受賞
2018-03研究奨励賞
2017-03研究奨励賞
2017-08-01The Marquis Who’s Who in the World, 35 edition, 2018
2016-08-01The Marquis Who’s Who in the World, 34 edition, 2017
2014-08-01The Marquis Who’s Who in the World, 32 edition, 2015
2013-08-30研究奨励賞
2011-08-26研究奨励賞
2010-08-27研究奨励賞
2009-08-21研究奨励賞
2008-08-29研究奨励賞
1990Doctoral Dissertation Research Award
論文
  • 高等教育機関における障害学生支援と 職業リハビリテーション機関との連携
    藤井明日香; 八重田 淳
    職業リハビリテーション(in press)/32(1)/pp.23-24, 2018-12
  • 高等教育機関の障害学生支援担当者に求められる職務役割
    後藤由紀子; 八重田 淳
    職業リハビリテーション(in press)/32(1)/pp.59-64, 2018-12
  • 職業リハビリテーション従事者のスーパービジョンへの期待と実際の比較
    石原まほろ; 八重田 淳
    リハビリテーション連携科学(in press)/20(1), 2019-06
  • 回復期脳卒中患者を対象押したリハビリテーションに対するモチベーション評価尺度(MORE scale)の内容妥当性検討
    吉田太樹; 大高洋平; 北村新; 牛澤一樹; 八重田 淳
    第52回日本作業療法学会, 2018-06
  • 地域在住脳卒中者の生きがい感とソーシャル・サポートとの相関研究
    伊藤亜由美; 八重田 淳
    第52回日本作業療法学会, 2018-06
  • 回復期リハビリテーション病棟の患者と家族のIADLの退院時予想と退院1ヶ月後の実施に関する前向きコホート研究:ADLと比較して
    白石めぐみ; 八重田 淳
    第52回日本作業療法学会, 2018-06
  • 発達障害者の自己理解を促進するための支援に関する研究-職業リハビリテーションに携わる支援者の支援行動の明確化-
    前原和明; 八重田 淳
    日本発達障害学会第53回研究大会/p.137, 2018-09
  • 職業リハビリテーションにおける自己理解の支援行動の特徴について~支援者の自由回答に対するテキストマイニングによる分析~
    前原和明; 八重田 淳
    日本職業リハビリテーション学会第46回北海道大会プログラム・発表論文集/pp.140-141, 2018-08
  • 障害学生就職支援担当者の役割に対する職業リハビリテーション機関職員の期待【第一報】
    後藤由紀子; 八重田 淳
    日本職業リハビリテーション学会第46回北海道大会プログラム・発表論文集/pp.150-151, 2018-08
  • Validating the Vocational Rehabilitation-Service-Related Stress Scale (VRSS) for Vocational Rehabilitation Service Providers in Japan.
    Ishihara Mahoro; Yaeda Jun; Fujikawa Mayu; Sunami Nobuko;...
    Australian Journal of Rehabilitation Counselling (in press), 2019-06
  • 古典的な英語文献にみるリハビリテーション概念
    八重田 淳
    リハビリテーション連携科学(in press)/20(1), 2019-06
  • 職業リハビリテーション分野におけるスーパービジョンの実際
    石原まほろ; 八重田 淳
    技能科学研究(in press), 2018-12
  • 精神障害者と家族のピアサポート体験による意識の変化と自己成長
    行實志都子; 八重田 淳
    リハビリテーション連携科学(in press)/19(2), 2018-12
  • Evidence-Based Practiceに関連する諸要因~回復期リハビリテーション病棟における作業療法士への意識調査~
    増田雄亮; 八重田 淳; 坂田祥子; 近藤国嗣
    作業療法/37/pp.499-507, 2018-3
  • 働く精神障害者の職業生活の質(QWL)に関する研究
    松岡広樹; 八重田 淳
    日本リハビリテーション連携科学学会第18回大会プログラム・抄録集/p.54, 2017-03
  • 職業リハビリテーションにおける自己理解の支援の実態に関する文献調査.
    前原和明; 八重田 淳
    日本リハビリテーション連携科学学会第18回大会プログラム・抄録集/p.50, 2017-03
  • 障害者就業・生活支援センターと特別支援学校との連携課題:センター職員の自由記述の質的分析から.
    藤井明日香; 八重田 淳
    日本リハビリテーション連携科学学会第18回大会プログラム・抄録集/p.49, 2017-03
  • 自己理解を促進するための支援のあり方についての実践的研究(2)~自己理解の促進に向けた支援事例の検討~
    縄岡好晴; 前原和明; 八重田 淳
    日本職業リハビリテーション学会第45回大会発表論文集/pp.106-107, 2017-08
  • 自己理解を促進するための支援のあり方についての実践的研究(1)~職業リハビリテーションにおける自己理解の支援行動についての整理~
    前原和明; 縄岡好晴; 八重田 淳
    日本職業リハビリテーション学会第45回大会発表論文集/pp.86-87, 2017-08
  • 高次脳機能障害者の就労支援における神経心理学的検査の有用性について -システマティックレビューとメタアナリシスによる検討
    北上守俊; 八重田 淳
    日本職業リハビリテーション学会第45回大会発表論文集, 2017-08
  • 精神障害者に対する「自己理解の支援」における支援行動に関する質的研究
    八重田 淳
    第25回職業リハビリテーション研究・実践発表会、ポスター発表, 2017-11
  • 職業リハビリテーションにおける精神障害者に対する「自己理解の支援」についての文献レビュー
    石原まほろ; 八重田 淳
    第25回職業リハビリテーション研究・実践発表会, 2017-11
  • 特別支援学校進路指導担当教員の就労移行支援における自己評価チェックツールの開発に関する研究:試案の作成とチェックツール活用の観点整理.
    前原和明; 八重田 淳
    日本リハビリテーション連携科学学会第19回大会プログラム・抄録集/p.69, 2018-03
  • 職業リハビリテーションにおける「自己理解」の支援行動に関する研究
    前原和明; 八重田 淳
    日本リハビリテーション連携科学学会第19回大会プログラム・抄録集/p.46, 2018-03
  • 障害学生の大学から職場への就労移行支援職務リストの開発:第一報
    後藤由紀子; 八重田 淳
    日本リハビリテーション連携科学学会第19回大会プログラム/p.41, 2018-03
著書
  • 障害者職業カウンセラー厚生労働大臣指定講習テキスト第3版第1巻「総論 職業リハビリテーション」
    八重田 淳; 佐々木よしえ 高瀬健一 中上英二 中村雅子 羽原洋...
    独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構, 2016-03
  • 障害者職業カウンセラー厚生労働大臣指定講習テキスト3版第4巻「専門的支援に活用できる関連領域の知識と手法」(in press)
    八重田 淳; 佐々木よしえ 高瀬健一 中上英二 中村雅子 羽原洋...
    独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構, 2019-03
  • Vocational Rehabilitation for Young Onset Dementia: International Perspectives
    Yaeda Jun
    Understanding Young Onset dementia: Evaluation, Needs and Care Research in Ageing and Mental Health(to be published), 2019-08
  • 障害者の就労支援
    八重田 淳
    日本保健福祉学会編『保健福祉学:当事者主体のシステム科学の構築と実践』, 2015-03
  • 専門職倫理(第4章4節)
    八重田 淳
    障害者職業カウンセラー厚生労働大臣指定講習テキスト第3版, 2016-03
  • 障害者職業カウンセラー厚生労働大臣指定講習テキスト3版第3巻「障害特性と職業的課題の理解」
    八重田 淳; 佐々木よしえ 高瀬健一 中上英二 中村雅子 羽原洋...
    独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構, 2018-03
  • 障害者職業カウンセラー厚生労働大臣指定講習テキスト第3版第2巻「支援プロセスとケースマネジメント」
    八重田淳; 佐々木よしえ 高瀬健一 中上英二 中村雅子 羽原洋...
    独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構, 2017
  • 障害のある人の暮らしを支えるテクノロジー
    八重田 淳
    生活支援の障害福祉学, pp.232-247, 2007-09
  • 障害福祉における専門職の養成
    八重田 淳
    生活支援の障害福祉学, 明石書店, pp.150-169, 2007-09
  • ジョブコーチ
    八重田 淳
    達障害支援ハンドブック:医療、療育、教育、心理、福祉、労働からのアプローチ, 金子書房, pp.308-309, 2012-08
  • 職業リハビリテーションの研究
    八重田 淳
    職業リハビリテーションの基礎と実践, 中央法規, pp.73-90, 2012-09
  • 海外における職業リハビリテーションの発展
    八重田 淳
    職業リハビリテーションの基礎と実践, 中央法規, pp.38-53, 2012-09
  • Investigation of Job Roles and Technological Proficiencies of Assistive Technology Service Providers
    八重田 淳
    1991-12
  • ニーズアセスメント(ケアマネジメント~実践者とマネジャーの指針、第4章)
    八重田淳
    学苑社, 1996-01
  • 第6章精神保健活動と対象~ライフサイクルと精神保健~.精神保健~これからのライフサイクルと心の健康~(大島侑、金田鈴江編)
    八重田淳
    1997-01
  • リハビリテーションの哲学
    八重田淳
    法律文化社, 2001-01
  • 職業リハビリテーションを支える専門職・従事者-これまでの歴史と展望-、職業リハビリテーション入門(松為信雄、菊池恵美子編)
    八重田淳
    協同医書出版, 2001-01
  • 第4章 障害児教育から職業的自立に向けて~アメリカの現状~(サポートの達人たち:内山登紀夫,佐島毅,安倍陽子,八重田淳,坂井聡,諏訪利明,志賀利一,藤村出,小川浩,梅永雄二)
    八重田淳(第4章)
    エンパワメント研究所, 2001-01
  • 研究環境を整える(第2章、社会福祉研究入門、久田則夫編)
    八重田淳
    中央法規出版, 2003-01
  • 第4章就労支援の歴史と展開 第6節職業リハビリテーションを支える専門職・従事者,職業リハビリテーション学(改訂第2版,松為信雄、菊池恵美子編)
    八重田淳
    協同医書出版, 2006-01
  • カウンセリング心理学事典 第1章カウンセリング分野と関連分野との比較 リハビリテーション心理学との異同・関係(國分康孝監修)
    八重田淳
    誠信書房, 2008-01
  • 専門職の倫理(障害者職業カウンセラー厚生労働大臣指定講習テキストVII)
    八重田淳
    厚生労働省職業安定局監修, 2008-01
  • 職業リハビリテーション(第2章リハビリテーション諸分野における連携と問題点)、リハビリテーション連携論(澤村誠志、奥野英子編)
    八重田淳
    三輪書店, 2009-03
  • Transition from Secondary School to Employment in Japan for Students with Disabilities, inEducational Transitions: Moving Stories from around the world
    YAEDA J.(Chapter 12) Jindal-Snape D.(Editor)
    Routledge, 2009-10
  • 社会福祉士による就労支援の理念と意義(第一部 社会福祉士と就労支援、第一章),社団法人日本社会福祉士会編集,ソーシャルワーク視点に基づく就労支援実践ハンドブック
    圷洋一; 朝日雅也; 稲沢公一; 八重田淳; 和気純子
    中央法規出版, 2010-01
会議発表等
  • リハビリテーションとソーシャルワークの哲学に違いはあるか?
    八重田 淳
    岡山ソーシャルワーカー協会講演会/2017-06
  • 実践研究のはじめ方
    八重田 淳
    日本職業リハビリテーション学会第45回大会基礎研修講座/2017-08
  • 回復期生産年齢脳卒中者のリハビリテーションに対するモチベーションについての質的研究
    吉田太樹; 大高洋平、熊谷将志、北村新; 八重田 淳
    第51回日本作業療法学会/2017-09
  • Swallowing therapy and rehabilitation teamwork in Japan: A case study.
    Yumoto H; Yaeda J; Yumoto H. Okabe S. Sasaki Y. Seino Y. ...
    Pacific Rim International Conference on Disability and Diversity/2017-10
  • Four Square Step Test (FSST) for Parkinson’s disease patients in Japan
    Fujita Y; Yaeda J.
    Pacific Rim International Conference on Disability and Diversity/2017-10
  • Four Square Step Test (FSST) for Parkinson’s disease patients in Japan
    八重田 淳
    Pacific Rim International Conference on Disability and Diversity/2017-10
  • Four Square Step Test (FSST) for Parkinson’s disease patients in Japan
    八重田 淳
    Pacific Rim International Conference on Disability and Diversity/2017-10
  • Predicting recovery of dressing abilities for stroke patients
    八重田 淳
    Pacific Rim International Conference on Disability and Diversity/2017-10
  • Qualitative research on the concept of self-understanding in vocational rehabilitation for client with psychiatric disabilities
    八重田 淳
    Pacific Rim International Conference on Disability and Diversity/2017-10
  • Quality of working life of young dementia in Japan. Poster Presentation
    Yaeda J.; Sunami N. Fujita Y. Koizumi K. Ikeda E. Maebara...
    Pacific Rim International Conference on Disability and Diversity/2017-10
  • Quality of working life of young dementia in Japan. Poster Presentation
    八重田 淳
    Pacific Rim International Conference on Disability and Diversity/2017-10
  • Universally Designed Services for Rehabilitation Education in Japan-International Web Curriculum Development.
    八重田 淳
    The 1st International Partnership in Community Based Rehabilitation Education, Evidence, Excellence, & Innovation/2017-10
  • Individual resilience in the face of health compromising stressors: Evidence from Cross-Cultural Studies.
    Catalano D.; Keegan J; Yaeda Jun; Sunami N.
    The 31st International Congress of Psychology/2016-07-26--2016-07-29
  • Competencies of Return to Work (RTW) Professionals for Successful Rehabilitation in Japan
    Yaeda Jun
    Parallel Session A102, Rehabilitation International Conference, “Create a more inclusive world”/2016-10-25--2016-10-27
  • Vocational rehabilitation profession, education, and practices in Asia and Australia: International communication
    Yaeda Jun; Wang C.C Sung C. Millington M. Wang M.H. Lee ...
    The 13th Annual National Rehabilitation Education Conference, Family Matters: Including Families in Rehabilitation Research, Education, and Services/2013-04-17--2013-04-19
  • Japanese version of the Self-Assessment for Students and Counselors (SASC-J) in Systems Approach to Placement
    Yaeda Jun; Lee D.Y. Nishimura S. & Kundu M.
    Rehabilitation International/2012-10-29--2012-11-02
  • Disclosing Criminal Records of Future Employees with Disabilities?
    Yaeda Jun; Aida T
    International Forum on Disability Management,/2012-09-10--2012-09-12
  • RC国際認定資格の可能性「地域で就労支援を担う人材育成の課題-専門職資格制度との関連からー、課題別ワークショップ②
    八重田 淳
    日本リハビリテーション学会第40回大会(熊本)大会プログラム・発表論文集/2012-08-30--2012-08-31
  • 高次脳機能障害者の就労支援に求められるコンペテンシースケールの作成-Work Supporter’s Competency Scale for Higher Brain Dysfunction内容妥当性の検討-
    八重田 淳; 北上守俊
    日本リハビリテーション学会第40回大会(熊本)大会プログラム・発表論文集/2012-08-30
  • Attitudes toward people with psychiatric disabilities between Japan and the U.S.
    八重田 淳; HAMPTON N.Z. SUNAMI N. ZHU Y. & ENDO N.
    the 12th Annual Spring Conference of National Council on Rehabilitation Education/2012-04-11--2012-04-13
  • Rehabilitation Philosophy
    八重田 淳
    Department of Rehabilitation Welfare, Kosin University/2008-05-20
  • Rehabilitation in Japan
    八重田 淳
    Graduate School of Rehabilitation Psychology, Illinois Institute of Technology/2008-10-22
  • Transition from school to work in Japan.
    八重田 淳
    College of Education, Social Work, & Community Education at University of Dundee/2009-02-25
  • Vocational rehabilitation in Japan
    八重田 淳
    Korea Employment Promotion Agency for the Disabled Employment Development Institute/2009-07-02
  • 職業リハビリテーションの専門性を確立するための学会資格認定及び研修講座のあり方について(課題報告)
    八重田淳
    日本職業リハビリテーション学会第29回大会プログラム・発表論文集____19-22/2001
担当授業科目
2018-10 -- 2019-02リハビリテーション科学特別演習I筑波大学
2018-10 -- 2019-02リハビリテーション科学特別演習II筑波大学
2018-10 -- 2019-02リハビリテーション科学特別演習III筑波大学
2018-04 -- 2018-08リハビリテーション科学特別演習I筑波大学
2018-04 -- 2018-08リハビリテーション科学特別演習II筑波大学
2018-04 -- 2018-08リハビリテーション科学特別演習III筑波大学
2018-04 -- 2018-06障害科学から見た社会―インクルーシブ社会の一員としての「自分」―筑波大学
2018-10 -- 2019-02生涯発達科学基礎論筑波大学
2018-10 -- 2019-02生涯発達科学演習I筑波大学
2018-10 -- 2019-02生涯発達科学演習II筑波大学
授業以外の教育活動
2018-04 -- (現在)法政大学現代福祉学部学外
2016-09 -- (現在)立教大学コミュニティ福祉学部非常勤講師学外
2013-04 -- (現在)厚生労働大臣指定講習テキスト編集委員会独立法人高齢・障害・求職者雇用支援機構
2010 -- (現在)高齢・障害者雇用支援機構障害者就業・生活支援センター主任支援担当者研修講師学外
2009 -- (現在)高齢・障害者雇用支援機構障害者就業・生活支援センター主任支援担当者研修講師学外
2005 -- (現在)首都大学東京人間健康科学研究科博士後期課程非常勤講師学外
2004 -- (現在)高齢・障害者雇用支援機構(障害者職業カウンセラー第三期研修)学外
1999 -- 2000白梅短期大学非常勤講師学外
1987-08 -- 1991-12Graduate Assitant, Southern Illinois University, USA学外
1986-01 -- 1986-03Assistant Coach of Special Olympics Swim Team, St Coletta's School, WI, USA学外
一般講演
  • リハビリテーションとソーシャルワークの哲学に違いはあるか?
    八重田淳
    岡山ソーシャルワーカー協会講演会/2017-06
  • Rehabilitation Counseling in Japan
    八重田 淳
    NRA in the International Arena, 2008 National Rehabilitation Association Annual Training Conference, “The Gateway to Rehab’s Future Through Leadership, Teamwork, and Action”/2007-11-09
  • Le Vieillissement, Un Atout Pour L’accessibilite, Pays d’honneur LE JAPON, Les Journees Europeennes De L’accessibilite, de 22 au 23 janvier 2010 a l’Ecole Superieure de Commerce de Grenoble, France, Un Colloque International Acces Universel (Japan-how to set an example in terms of accessibility)
    八重田 淳
    The European Days of Accessibility, l’Ecole Superieur de Commerce in , An International Symposium on Access Universal/2010-01-22
  • 自立支援法と障害者雇用
    八重田 淳
    障害者とコミュニティー 2009韓日障害福祉国際シンポジウム/2009-07-03
学協会等委員
2009-04 -- (現在)特定非営利活動法人東京都更生保護就労支援事業者機構理事
2016-04 -- (現在)公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会国際委員
2015-04 -- (現在)日本精神障害者リハビリテーション学会学会誌査読委員学会誌査読委員
2015-04 -- (現在)日本社会福祉学会学会学会誌査読委員
2015-07 -- (現在)TCELT (Transformative Change: Educational and Life Transition) Research Centre, School of Education SocialAssociate Director
2015-04 -- (現在)独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構「保健医療、福祉、教育分野における障害者の職業準備と就労移行等を促進する地域支援のあり方に関する研究委員会研究委員
2014-04 -- (現在)独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構厚生労働大臣指定講習テキスト編集委員
2014-04 -- (現在)The Australian Society of Rehabilitation Counsellorsオーストラリアリハビリテーションカウンセリング協会学会誌編集委員
2015-04 -- (現在)Rehabilitation Research, Policy, and Education. Journal of the National Council on Rehabilitation Education全米リハビリテーション教育協議会学会誌編集協力委員
2014-04 -- (現在)日本リハビリテーション連携科学学会財務委員長、国際リハビリテーション連携研究会代表
メッセージ
日本では未発展な領域ですが国際的には進んでいるリハビリテーションカウンセリングあるいは職業リハビリテーションの教育者と研究者を海外に通用するレベルに育成することが自分の使命だと思っています。

(最終更新日: 2018-11-20)