現在地

小川 園子(オガワ ソノコ; Ogawa, Sonoko)

所属
人間系
職名
系長
性別
女性
URL
eメール
 
電話
029-853-2966
Fax
029-853-2966
研究分野
基盤・社会脳科学
実験心理学
研究キーワード
思春期の神経回路構築
脳の性差
性分化
行動神経科学
行動神経内分泌学
行動遺伝学
ステロイド
エストロゲン
エストロゲン受容体
研究課題
加齢に伴う社会的関わりの変容がこころの健康に及ぼす影響についての萌芽研究2017 -- 2018小川 園子日本学術振興会/挑戦的研究(萌芽)6,370,000円
母親特有の適応的社会行動を司る神経回路の解析2017 -- 2018小川 園子日本学術振興会/新学術領域研究(研究領域提案型)7,020,000円
社会性の形成・維持を司る神経内分泌機構の解明2015-05 -- 2020-03小川園子日本学術振興会/基盤研究(S)
性ステロイドホルモンによる社会行動神経ネットワーク機能の制御メカニズム2015-04 -- 2015-06小川園子日本学術振興会/基盤研究(A)
苛立ちの神経回路2015-04 -- 2018-03髙橋阿貴日本学術振興会/挑戦的萌芽研究
Mechanisms of memory consolidation in sleep2014-04 -- 2017-03Constantine Pavlides日本学術振興会/基盤研究(B)
妊娠・出産期女性の感情障害脆弱性の基盤となる神経内分泌機構の実験的検討2014-04 -- 2017-03富原一哉日本学術振興会/基盤研究(C)
エストロゲンによる社会行動制御の神経機構2011-04 -- 2015-03小川園子日本学術振興会/基盤研究(A)30,940,000円
クマノミ類の社会行動:行動内分泌学の新たな実験モデルの確立2011-04 -- 2014-03小川園子日本学術振興会/挑戦的萌芽研究3,640,000円
内分泌かく乱作用を持つ化学物質の行動影響評価とその脳内作用機序解析に関する基盤研究2011-08 -- 2012-03小川園子/その他3,000,000円
職歴
1994 -- 1996ロックフェラー大学 リサーチアソシエート
1996 -- 2002ロックフェラー大学 助教授
2002 -- 2005ロックフェラー大学 准教授
2004 -- 2012筑波大学 大学院人間総合科学研究科感性認知脳科学専攻 教授
2012 -- (現在)筑波大学 人間系行動神経内分泌学研究室 教授
2006 -- 2011国立環境研究所 環境リスクセンター 客員研究員
2006 -- (現在)ロックフェラー大学 客員準教授
2007 -- (現在)モナーシュ大学(マレーシア) 客員教授
学歴
1975-04 -- 1979-03筑波大学 第二学群 人間学類、心理学専攻卒業
1979-04 -- 1982-08筑波大学 心理学研究科 比較心理学その他
1982-09 -- 1988-01コネティカット大学大学院 Department of Biobehavioral Sciences (Neuroscience Major)修了
取得学位
修士筑波大学
1988-01Ph.D.コネティカット大学
所属学協会
2017-01 -- (現在)International Behavioral Neuroscience Society
2013-04 -- (現在)日本動物学会
2008 -- (現在)日本神経科学学会
2008 -- (現在)Organization for the Study of Sex Differences
2007 -- (現在)日本生理学会
2006 -- (現在)Endocrine Society
2005 -- (現在)Society for Behavioral Neuroendocrinology
2003 -- (現在)International Behavioural and Neural Genetics Society
1996 -- (現在)日本神経内分泌学会
1991 -- (現在)New York Academy of Sciences
受賞
2013-03Best Faculty Award (Research)
1998UConn Alumnae Who Have Made a Difference
1988-08ヤングサイコロジスト賞
論文
著書
  • 情動と動機づけ
    小川 園子
    神経科学イラストレイテッド, 羊土社, pp.242-248, 2013-04
  • 感性認知脳科学の方法論:行動科学からのアプローチ
    小川 園子
    感性認知脳科学への招待, 筑波大学出版会, pp.11-22, 2013-09
  • 母親の攻撃行動
    小川園子
    藤田統(編) 動物の行動と心理, 教育出版., 1991-01
  • 情動と動機づけ
    小川園子
    森寿志他(編) 神経科学イラストレイティッド, 羊土社., 2000-01
  • 行動の制御にかかわる脳内エストロゲン受容体の役割
    小川園子
    井上達・井口泰泉(編)生体統御システムと内分泌撹乱 Springer., 2005-01
  • 情動と動機づけ
    小川園子
    森寿志他(編)神経科学イラストレイテッド (2nd Ed.), 羊土社., 2006-01
  • 脳とホルモンの行動学
    近藤・小川・菊水・富原・山田(編); +小川 園子
    西村書店, 2010-01
  • Midbrain PAG control of female reproductive behavior: In vitro electrophysiological characterization of actions of lordosis-relevant substances.
    Ogawa; S.; Kow; L.-M.; McCarthy; M.M.; Pfaff; D.W.; Schwa...
    In Depaulis, A. and Bandler, R. (Eds.), The Midbrain Periaqueductal Gray Matter: Functional, anatomical and immunohistochemical organization, Plenum, New York, 1991-01
  • Behavioral effects of oxytocin: Is there a unifying principle?
    McCarthy; M.M.; Chung; S.K.; Ogawa; S.; Kow; L.-M.; ; Pfa...
    In Jard, S. and Jamison, R (Eds.), Vasopressin: 3rd. International Vasopressin Conference, Colloque INSERM/John Libbey Eurotext, 1991-01
  • Genes and reproductive behavior which results from normal or abnormal development.
    Ogawa; S.; and Pfaff; D.W.; +小川 園子
    In Korach, K.S. (Ed.), Reproductive and Developmental Toxicology, Marcel Dekker, New York., 1996-01
  • Tissue distribution, cellular uptake, and intracellular localization and stability of centrally administered oligonucleotides in the brain.
    Sommer; W.; Pfaff; D.W.; and Ogawa; S.; +小川 園子
    In McCarthy, M.M. (Ed.), Modulating gene Expression by Antisense Oligonucleotides to Understand Neural Functioning, Kluwer Academic Publishers., 1998-01
  • Gene participating in reproductive behaviors.
    Ogawa; S.; Krebs; C.J.; Zhu; Y.S.; and Pfaff; D.W.; +小川...
    In Pfaff, D.W., et al. (Eds.), Genetic Influences on Neural and Behavioral Functions. In Pfaff, D.W., et al. (Eds.), Genetic Influences on Neural and Behavioral Functions. CRC Press, 1999-01
  • Neural oxytocinergic systems as genomic targets for hormones and as modulators in hormone-dependent behaviors.
    Pfaff; D.W.; Ogawa; S.; and Kow; L.-M.; +小川 園子
    In Richter, D. (Ed.), Regulatory Peptides and Their Cognate Receptors, Springer-Verlag., 1999-01
  • Genetic contributions to the sexual differentiation of behavior.
    Ogawa; S.; and Pfaff; D.W.; +小川 園子
    In Matsumoto, A. (Ed.) Sexual Differentiation of the Brain. In Matsumoto, A. (Ed.) Sexual Differentiation of the Brain. CRC Press, 2000-01
  • Genetic mechanisms in neural and hormonal controls over female reproductive behaviors.
    Pfaff; D.W.; Ogawa; S.; Kia; K; Vasudevan; N.; Krebs; C.;...
    In Pfaff, D.W., et al. (Eds.) Hormones, Brain and Behavior. In Pfaff, D.W., et al. (Eds.) Hormones, Brain and Behavior. Elsevier, 2002-01
  • Genetic influences on aggressive behaviors and arousability in animals.
    Ogawa; S.; Choleris; E.; and Pfaff; D.W.; +小川 園子
    Annals of New York Academy of Sciences Annals of New York Academy of Sciences, 2004-01
  • Use of viral vectors to influence behavior.
    Musatov; S.A.; Pfaff; D.W.; Kaplitt; M.; and Ogawa; S.; +...
    In Gene Therapy of the Central Nervous System: From Bench to Bedside, Elsevier, 2005-01
  • Differential Roles of Two Types of Estrogen Receptors in the Regulation of Aggressive Behaviors in Mice.
    Ogawa; S.; Nomura; M.; Choleris; E.; and Pfaff; D.W.; +小...
    Oxford University Press, 2006-01
会議発表等
  • The role of interleukin 1β in the brain on individual difference of inter-male aggression in the mouse.
    Takahashi Aki; Aleyasin H; Stavarache MA; Flanigan ME; Br...
    第41回日本神経科学学会大会/2018-07-26--2018-07-29
  • Modulation of dorsal raphe neuron activity by interleukin 1 beta and inter-male aggression in male mice
    Takahashi Aki; Aleyasin H; Stavarache MA; Ogawa S; Russo SJ
    第78回日本動物心理学会大会/2018-08-28--2018-08-30
  • 行動神経内分泌研究の最前線
    小川 園子
    第45回日本神経内分泌学会学術集会 シンポジウム 「行動を制御する脳とホルモンの働き:行動神経内分泌研究の現在と未来」/2018-10-27--2018-10-28
  • 社会行動神経回路におけるアンドロゲン受容体とエストロゲン受容体αの共発現が雄マウスの性・攻撃行動の表出に果たす役割
    佐越翔子; 佐野一広; 塚原伸治; Anders Ågmo; 小川 園子
    第45回日本神経内分泌学会学術集会/2018-10-27--2018-10-28
  • Behavioral Characteristics of Male Mice Lacking Androgen Receptor on Estrogen Receptor α Expressing Cells
    Ogawa Sonoko; Sagoshi Shoko; Sano Kazuhiro; Ågmo Anders
    第78回日本動物心理学会大会/2018-08-28--2018-08-30
  • 時期特異的なエストロゲン受容体の発現制御が社会行動の表出に及ぼす影響の解析
    初鹿野徹; 佐野一広; 武縄聡; 小川 園子
    第29回日本行動神経内分泌研究会/2018-09-05--2018-09-07
  • 視床下部内側視索前野に局在するエストロゲン受容体発現細胞集団は、 発現するエストロゲン受容体のサブタイプによって異なる遠心性投射パターンを示すのか?
    村川 友哲; 佐越 祥子; 高橋 阿貴; 小川 園子
    第29回日本行動神経内分泌研究会/2018-09-05--2018-09-07
  • Individual difference of aggression and interleukin 1 beta in the dorsal raphe nucleus.
    Takahashi Aki; Aleyasin Hossein; Stavarache Mihaela A; Fl...
    Annual Meeting of Society for Neuroscience 2018/2018-11-03--2018-11-07
  • Distribution of two types of estrogen receptors and co-expression with oxytocin and oxytocin receptors in the neural networks for social and anxiety-related behaviors
    Sagoshi S.; Maejima S.; Morishita M.; Sakamoto T.; Sakamo...
    Annual Meeting of Society for Neuroscience 2018/2018-11-03--2018-11-07
  • Developmental changes and sex differences of ultrasonic vocalization in mice during social interactions
    Sano Kazuhiro; Saito Kento; Takahashi Aki; Ogawa Sonoko
    The 41st Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society./2018-07-26--2018-07-29
  • Synergism of Androgen Receptor and Estrogen Receptor α in the regulation of male-type social behavior
    Sagoshi Shoko; Sano Kazuhiro; Ågmo Anders; Ogawa Sonoko
    The 41st Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society./2018-07-26--2018-07-29
  • Characterization of estrogen receptor beta expressing neurons in newly developed transgenic mice.
    Ogawa Sonoko
    International Congress of Neuroendocrinology/2018-07-15--2018-07-18
  • Characterization of estrogen receptor a and b expression in oxytocin and oxytocin receptor positive neurons
    Ogawa Sonoko
    UNDERSTANDING THE NEUROREGULATORY ACTIONS OF OXYTOCIN AND ITS POTENTIAL CLINICAL APPLICATIONS/2018-05-22--2018-05-27
  • 社会行動神経ネットワークにおけるエストロゲン受容体ベータの発現
    小川 園子
    新学術領域「人工知能と脳科学」「適応回路シフト」合同領域会議/2018-05-10--2018-05-11
  • 母親の養育行動と攻撃行動の制御に果たすエストロゲン受容体a と b の役割
    小川 園子
    新学術領域研究「適応回路シフト」・第5回領域会議(夏の班会議)/2017-06-15--2017-06-16
  • 母親マウスの適応的社会行動の神経基盤
    小川 園子
    新学術領域研究「適応回路シフト」・第5回領域会議(夏の班会議)/2017-06-15--2017-06-16
  • Neuronal activity of estrogen receptor alpha positive cells in the medial amygdala during social behavior in male mice.
    小川 園子
    新学術領域研究「適応回路シフト」・第6回領域班会議(冬の班会議)/2017-12-18
  • エストロゲン受容体の時期特異的な発現阻害が社会行動に及ぼす影響の解析
    小川 園子
    平成 29 年度文部科学省新学術領域研究 学術研究支援基盤形成 先端モデル動物支援プラットフォーム成果発表会/2018-01-24--2018-01-25
  • 性ステロイドホルモンによる 社会行動の制御
    小川 園子
    第18回日本Men’s Health/2018-07-14--2018-07-14
  • 社会的探索行動場面での雄マウスの内側扁桃体エストロゲン受容体アルファ陽性細胞の神経活動の解析
    宮坂藍; 武縄聡; 西野明日香; 高橋阿貴; 小川 園子
    KOUDOU2017/2017-08-30--2017-09-01
  • 視床下部腹内側核エストロゲン受容体 α 陽性神経細胞への特異的な操作が雌マウスの 自発的活動量に及ぼす効果
    佐越祥子; 武縄聡; 高橋阿貴; 小川 園子
    KOUDOU2017/2017-08-30--2017-09-01
  • Effects of optogenetic manipulation on dorsal raphe serotonergic neuronal activity increases pup-caring behavior in virgin female mice.
    Satoshi Takenawa; Shunichi Nakamura; Aki Takahashi; Kenji...
    KOUDOU2017/2017-08-30--2017-09-01
  • Effects of selective manipulation of estrogen receptorα expressing neuronal activity in the ventromedial nucleus of the hypothalamus on running-wheel activity in female mice. 
    Shoko Sagoshi; Satoshi Takenawa; Aki Takahashi; Ogawa Sonoko
    The 40th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society./2017-07-20--2017-07-23
  • 性ステロイドホルモンによる社会行動神経ネットワーク機能の制御
    小川 園子
    日本性機能学会第28回学術総会/2017-09-21--2017-09-23
  • Mechanisms of estrogen action on neural networks of social behavior.
    Ogawa Sonoko
    The 95th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan./2018-03-28--2018-03-30
担当授業科目
2018-04 -- 2018-06心理学英語セミナー筑波大学
2018-10 -- 2019-02エンパワーメント情報学特別演習 Ia筑波大学
2018-10 -- 2019-02エンパワーメント情報学特別演習 Ib筑波大学
2018-10 -- 2019-02エンパワーメント情報学特別演習 IIa筑波大学
2018-10 -- 2019-02エンパワーメント情報学特別演習 IIb筑波大学
2018-10 -- 2019-02エンパワーメント情報学特別演習I筑波大学
2018-10 -- 2019-02エンパワーメント情報学特別演習 II筑波大学
2018-10 -- 2019-02エンパワーメント情報学特別研究I筑波大学
2018-10 -- 2019-02エンパワーメント情報学特別研究II筑波大学
2018-10 -- 2019-02エンパワーメント情報学特別研究III筑波大学
授業以外の教育活動
2017-12 -- (現在)人間系コロキアム筑波大学
2018-01 -- (現在)2017年度 キャリア・プロフェッショナル養成講座 講演
2017-07 -- (現在)人間総合科学研究科FDプログラム講演筑波大学
2017-09 -- 2017-09高大連携:米軍子弟教育高大連携プロジェクト筑波大学
2017-08 -- 2017-08『夏休みサイエンス体験合宿』研究指導筑波大学行動神経内分泌学研究室
2017-10 -- 2017-10高大連携:つくば秀英高校講演つくば秀英高校講演
2017-04 -- 2018-03教育戦略推進プロジェクト支援事業「筑波大学の特色を生かした「国際基準のニューロサイエンス学位プログラム」の構築」筑波大学感性認知脳科学専攻
2016-09 -- 2016-09Tsukuba Global Science Week筑波大学感性認知脳科学専攻
2016-09 -- 2016-09Tsukuba Global Science Week筑波大学人間系
2016-12 -- 2016-12高大連携:茨城県立牛久栄進高等学校出前講義
一般講演
  • Neuroendocrine basis of social behavior.
    Ogawa Sonoko
    Beijing Normal University, Biology Department Lecture/2016-11-04--2016-11-04
  • 動物を用いた行動実験の理論と実際:行動神経内分泌学の立場から
    小川 園子
    第41回日本神経内分泌学会学術集会 神経内分泌入門/2014-11-02
  • 社会行動の性差発現を支えるホルモンの働き
    小川 園子
    第67回日本自律神経学会総会シンポジウム「内分泌機能から見た自律神経調節」/2014-10-30
  • 脳に働くホルモンと環境要因による社会行動の調節
    小川 園子
    第25回日本発達心理学会大会シンポジウム「社会行動の発達を司る脳の働き・ホルモンの働き:行動神経内分泌学研究の最前線」/2014-03-21
  • Role of two types of estrogen receptors in life-long action of gonadal steroids
in the regulation of social behavior.
    Ogawa Sonoko
    Satellite Meeting of ICN 2014 “Recent and Future Trends in Neuroendocrinology from Asia and Oceania to Global”,/2014-08
  • 情動・社会行動の性差
    小川 園子
    第66回日本自律神経学会大会シンポジウム「ストレス応答と性差:動物実験からヒトまで」/2013-10-25
  • Neuroendocrine Basis of Sex Differences in Social and Emotional Behavior.
    Sonoko Ogawa
    The 90th Annual Meeting of the Japan Physiological Society/2013-03-29
  • Life-Long Action of Hormones on Social and Emotional Behavior: Translational
    Sonoko Ogawa
    Physiology Seminar/2013-03-25
  • Life-Long Action of Steroid Hormones
    Sonoko Ogawa
    Brain Research Institute Seminar/2013-03-21
  • Life-Long Action of Gonadal Steroid Hormones on Social and Emotional Behavior.
    小川園子
    第3回行動神経内分泌研究会関西支部勉強会/2013-03-08
  • Life-Long Action of Steroid Hormones on Social Bonding.
    Sonoko Ogawa
    The Symposium on "New Animal Models for Social Neuroscience"./2013-01-24
  • Neuroendocrine Regulation of Social and Anxiety-Related Behaviour.
    Sonoko Ogawa
    The 3rd International Neuroscience Symposium in Malaysia/2012-11-01
  • 脳に働くホルモンと環境要因による情動・社会行動の調節
    小川園子
    第30回日本小児心身医学会学術集会メインシンポジウム「子どもの心身症は予防できるか~周産期からの支援を通して~」
/2012-09-08
  • Neurobehavioral mechanism of affiliative behavior and cooperation: prospects for translational advances for psychiatric disorders.
    Sonoko Ogawa
    In The 35th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, Lunch-Time Mini-Symposium on "Introduction of Japan-U.S. Brain Research Cooperative Program (BRCP)"/2012-09-01
  • プロゲストーゲンによる行動調節とその脳内基盤
    小川園子
    第1回プロゲストーゲン研究会/2012-07-28
  • Neuroendocrine Regulation of Social Behavior.

    Sonoko Ogawa
    In International Neuroscience Symposium/2012-07-01
  • 社会行動の調節を司るホルモンの働き
    小川園子
    第72回日本動物心理学会大会/2012-05-13
  • 社会行動を制御する神経内分泌機構
    小川園子
    第117回日本解剖学会全国学術集会シンポジウム「行動制御に関わる神経系とその相互関係」/2012-03-28
  • The Role of Two Types of Estrogen Receptors in the Regulation of Mouse Behavior
    Sonoko Ogawa
    理研BSIセミナー/2012-02-03
  • 脳と行動とホルモンの科学
    小川園子
    日本行動神経内分泌研究会第2回関西支部勉強会/2012-01-21
  • 社会行動の調節を司るホルモンの働き
    小川園子
    京都府立医科大学大学院特別講義/2012-01-20
  • 情動行動・社会行動の調節を司る神経内分泌機構
    小川園子
    生理学研究所情動研究会/2011-10-05
  • Neural mechanisms of social behavior: Role of steroid receptors.
    Ogawa; S.; +小川 園子
    The US-Japan Joint Seminar on "Neurobehavioral Mechanisms of Affiliative Behavior and Cooperation: Prospects for Translational Advances for Psychiatric Disorders" (Organizers: S. Ogawa and L.J. Young)/2011-10-01
  • エストロゲンによる社会行動制御の脳内機構
    小川園子
    第82回日本動物学会旭川大会シンポジウム『脊椎動物の行動を制御する神経とホルモンのはたらき』/2011-09-21
  • Hormonal and Environmental Regulation of Social Behavior.
    Ogawa; S.; Tsuda; M.C.; Yamaguchi; N.; Sakamoto; T.; Kake...
    The 34th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Soceity, Symposium on "Translational Studies on Hormonal and Environmental Regulation of Behavior and Mental Health"/2011-09-15
学協会等委員
2015 -- (現在)日本神経科学会年次大会プログラム委員
2014-09 -- (現在)日本行動神経内分泌研究会代表
2016-03 -- (現在)日本生理学会利益相反委員会委員長
2013 -- 2016Society for Behavioural NeuroendocrinologySociety for Behavioural Neuroendocrinology, Program Comittee
2015-09 -- 2015-09日本行動神経内分泌研究会第23回日本行動神経内分泌研究会大会長
2015-09 -- 2015-09日本行動神経内分泌研究会・日本神経内分泌学会第23回日本行動神経内分泌研究会・第42回日本神経内分泌学術集会合同大会大会長
2014 -- (現在)日本動物学会Zoological Letters: Editorial Board
2014 -- (現在)日本神経内分泌学会評議員
2014-03 -- 2014-03日本発達心理学会第25回日本発達心理学会シンポジウム「社会行動の発達を司る脳の働き・ホルモンの働き:行動神経内分泌学研究の最前線」の企画
2013 -- 2016日本神経科学会Neuroscience Research Editorial Board
学内管理運営業績
2017-08 -- (現在)ホスト研究室代表:海外教育研究招聘ユニットホスト研究室代表
2017-04 -- (現在)台湾オフィス運営委員
2017-04 -- 2018-03委員・人間系研究戦略委員会
2017-04 -- 2018-03委員:国際戦略会議
2014-04 -- 2018-03委員:人間系運営委員会
2014-04 -- 2018-03委員:人間総合科学研究科運営委員会
2015-01 -- 2017-03委員:教育研究費管理推進委員会
2015-04 -- 2016-03委員:国際戦略会議
2014-04 -- 2018-03委員:人間系国際委員会
2012-04 -- 2017-03委員長・人間系研究戦略委員会委員長

(最終更新日: 2018-10-22)