現在地

高橋 智(タカハシ サトル; Takahashi, Satoru)

face
所属
医学医療系
職名
教授
生年月
1961-04
URL
eメール
 
電話
029-853-7516
Fax
029-853-6965
研究分野
病態医化学
発生生物学
免疫学
解剖学一般(含組織学・発生学)
研究キーワード
発生生物学
発生工学
病態代謝学
免疫学
研究課題
宇宙環境から挑む筋萎縮メカニズムの解明2018 -- 2019高橋 智日本学術振興会/新学術領域研究(研究領域提案型)11,310,000円
宇宙環境から挑む筋萎縮メカニズムの解明2018 -- 2019高橋 智日本学術振興会/新学術領域研究(研究領域提案型)11,310,000円
老化研究推進・支援拠点2017 -- 2022鍋島陽一国立研究開発法人日本医療研究開発機構/老化メカニズムの解明・制御プロジェクト
オープンイノベーションの推進により世界のつくばから医療の未来を加速開拓する事業2017 -- 2021永田恭介国立研究開発法人日本医療研究開発機構/橋渡し研究戦略的推進プログラム
宇宙ストレスにおける環境応答型転写因子Nrf2の役割2017 -- 2017山本雅之一般財団法人日本宇宙フォーラム/1,500,000円
先端モデル動物支援プラットフォーム 研究課題2016 -- 2021今井 浩三文部科学省/新学術領域研究(研究領域提案型)『学術研究支援基盤形成』42,289,000円
多様なグライコプロテオームおよび捕捉分子作製技術開発とその創薬への応用2016 -- 2020入村達郎国立研究開発法人日本医療研究開発機構/次世代治療・診断実現のための創薬基盤技術開発事業
血液がんにおける腫瘍細胞と微小環境との相互作用の分子メカニズムに基づく治療標的の照準化2016 -- 2018千葉滋国立研究開発法人日本医療研究開発機構/がんに対応した研究
マウスmtDNAと未知細胞質因子起因のミトコンドリア・老化関連疾患発症機構解明2016 -- 2018林 純一日本学術振興会/基盤研究(A)5,850,000円
生体内でのインスリン産生細胞誘導法の開発2016 -- 2017高橋 智日本学術振興会/挑戦的萌芽研究3,770,000円
職歴
1991-05 -- 1994-10スイスジュネーブ大学 ポストドクタルフェロー
1994-10 -- 1995-05東北大学附属病院 病理部 医員
1995-05 -- 1996-04東北大学 医学部 助手
1996-04 -- 1998-05筑波大学 基礎医学系 講師
1998-05 -- 2000-08筑波大学 先端学際領域研究センター 講師
2000-08 -- 2004-03筑波大学 基礎医学系 教授(解剖学・発生学研究室)
2001-06 -- (現在)筑波大学 生命科学動物資源センター 教授
2004-04 -- 2011-03筑波大学大学院人間総合科学研究科(大学院改組) 教授
2009-04 -- 2015-03筑波大学 生命科学動物資源センター センター長
2011-04 -- (現在)筑波大学 医学医療系(教員組織改組) 教授
学歴
-- 1987東北大学 医学部卒業
-- 1991東北大学 医学研究科 免疫病理学修了
取得学位
博士(医学)東北大学
免許資格等
1987-07-13医師免許
1997-06-21死体解剖資格
所属学協会
2010-04 -- (現在)日本リウマチ学会
2001-04 -- (現在)日本解剖学会
2005-04 -- (現在)日本癌学会
2000-04 -- (現在)日本実験動物学会
1996-04 -- (現在)日本生化学会
1987-04 -- (現在)日本病理学会
1995-04 -- (現在)日本分子生物学会
1987-04 -- (現在)日本免疫学会
受賞
2018-03-09上原記念生命科学財団研究助成金
2018-02-22高松宮妃癌研究基金研究助成金
2013-03-11上原記念生命科学財団研究助成金
2013-02-22高松宮妃癌研究基金研究助成金
2009-03-11上原記念生命科学財団研究助成金
2007-12-01病態代謝研究会研究奨励金
2007-10-01内藤記念科学奨励金
1999病態代謝研究会研究助成金
1997チバ・ガイギー研究奨励金
1991東北医学会銀賞
論文
著書
  • マウスを用いた宇宙環境応答の網羅的解析
    工藤 崇; 岡田 理沙; 篠原 正治; 浅原 弘嗣; 芝 大; 白川 正...
    LABIO21, 2018-04
  • マウスを用いた日本発の宇宙実験
    工藤 崇; 高橋 智
    実験医学別冊 マウス表現型解析スタンダード, 2016-11
  • ヒトの生物学
    永田恭介他; +高橋 智
    丸善株式会社, 2007-12
  • Kruppel-like Factors in Stem Cell Biology
    Ema Masatsugu; Takahashi Satoru; Fujii-Kuriyama Yoshiaki
    BIOLOGY OF KRUPPEL-LIKE FACTORS, SPRINGER-VERLAG TOKYO, pp.131-138, 2009-01
会議発表等
  • Tyrosinase Deficient Albino Mice Show Strain Dependent Diet Induced NASH Susceptibility
    Kulathunga Kaushalya; Hiraishi Yukiko; Hamada Michito; Sa...
    Tsukuba Global Science Week (TGSW) 2017/2017-09-25--2017-09-27
  • Establishment of Atherosclerosis in vivo Imaging System Using iRFP
    平石由紀子; Hamada Michito; Kulathunga Kaushalya; 佳宏 三...
    第40回日本分子生物学会年会、第90回日本生化学会大会 合同大会/2017-12-6--2017-12-9
  • Establishment of atherosclerosis in vivo imaging system using iRFP transgenic mice
    平石由紀子; Hamada Michito; Kulathunga Kaushalya; 佳宏 三...
    Tsukuba Global Science Week (TGSW) 2017/2017-09-25--2017-09-27
  • MafB inhibits tumor growth through regulating Tumor-Associated Macrophages in spleen
    藤井梨沙; Hamada Michito; 井上由理; 今村優希; 崇 工藤; 智...
    第46回日本免疫学会/2017-12-12--2017-12-14
  • MafB inhibits tumor growth through regulating Tumor-Associated –Macrophages in spleen
    藤井梨沙; Hamada Michito; 井上由理; 今村優希; 崇 工藤; 智...
    Tsukuba Global Science Week (TGSW) 2017/2017-09-25--2017-09-27
  • CRISPR/Cas9による遺伝子改変マウス作製の実際
    高橋 智
    第2回ゲノム編集学会総会/2017-06-28--2017-06-30
  • TRANSCRIPTION FACTOR MAFB GENETIC OVEREXPRESSION IN PODOCYTES, OR THE MAFB INDUCER PROTECTS AGAINST FOCAL SEGMENTAL GLOMERULAR SCLEROSIS IN MICE
    Usui Toshiaki; Morito Naoki; Hamada Michito; Yoh Keigyou;...
    55th ERA-EDTA Congress/2018-05-24--2018-05-27
  • 巣状分節性糸球体硬化症の治療ターゲットとしてのMafBの可能性
    臼井 俊明; 森戸 直記; 濱田 理人; 楊 景堯; 佐藤 芳憲; ...
    第61回日本腎臓学会学術総会/2018-06-08--2018-06-10
  • MafB genetic overexpression in podocytes, or the MafB inducer protects against focal segmental glomerular sclerosis in mice.
    Usui Toshiaki; Morito Naoki; Hamada Michito; Takahashi Sa...
    ERA-EDTA 55th Annual Congress/2018-05-24--2018-05-27
  • 生殖隔離機構を制御する候補遺伝子領域の解析
    水野 聖哉; 大徳 陽子; 濱田 優子; 小林 慶子; 加藤 花名子; ...
    第65回日本実験動物学会/2018-05-16--2018-05-18
  • CRISPR/Cas9を用いたGdf9-BiCreノックインマウスの開発
    水野 聖哉; 長谷川 賀一; 加藤 花名子; 飯島 沙織; 大徳 陽子...
    第64回日本実験動物学会/2017-05-25--2017-05-27
  • HLA-A*31:01遺伝子導入マウスを用いたメトトレキサート誘導性間質性肺炎モデルの作成と評価
    吉村 美郁; 樋口 貴士; 岡 笑美; 川崎 綾; 蕨 栄治; 水野 聖...
    Japanese Journal of Clinical Immunology/2016-09-09--2016-09-09
  • 骨髄中のNestin陽性細胞は骨髄での赤血球造血 に関与する
    坂本竜弘; 小原 直; 藤村亮介; 加藤貴康; Luan Cao SY; 錦井...
    第79回日本血液学会学術集会/2017-10-20--2017-10-22
  • The transcription factor MafB is essential for the maintenance of podocytes.
    Usui Toshiaki; Morito Naoki; Hamada Michito; Fujita Akiko...
    ISN Frontiers meetings 2018/2018-02-22--2018-02-25
  • Notch Signaling in Bone Marrow Nestin-Expressing Cells Affects Erythropoiesis at the Bone Marrow and Spleen
    Sakamoto Tatsuhiro; Obara Naoshi; Fujimura Ryosuke; Kato ...
    The 8th JSH International Symposium 2017 in Miyazaki/2017-05-19--2017-05-20
  • 食餌によるメトトレキサート毒性の増強
    樋口 貴士; 吉村 美郁; 岡 笑美; 川﨑 綾; 蕨 栄治; 水野 聖...
    第28回日本リウマチ学会関東支部学術集会/2017-12-09
  • 食餌によるメトトレキサート毒性の増強.
    樋口 貴士; 吉村 美郁; 岡 笑美; 川﨑 綾; 蕨 栄治; 水野 聖...
    第38回日本臨床薬理学会学術総会/2017-12-07
  • The transcriptional factor MafB is essential for the maintenance of podocytes.
    Usui Toshiaki; Morito Naoki; Hamada Michito; Fujita Akiko...
    ISN Frontiers Meetings 2018/2018-02-22--2018-02-25
  • MAFB IS ESSENTIAL FOR THE MAINTENANCE OF PODOCYTES IN BOTH MICE AND HUMANS
    Usui Toshiaki; Morito Naoki; Hamada Michito; Fujita Akiko...
    54TH ERA-EDTA CONGRESS, MADRID 2017/2017-06-03--2017-06-06
  • 微小重力環境における新規骨格筋萎縮関連遺伝子の探索
    Okada Risa; Tsubouchi Haruna; Shimbo Miki; 理人 濱田; Mur...
    第93回日本生理学会大会/2018-03-28--2018-03-30
  • MafBは脾臓における腫瘍随伴マクロファージ前駆体を制御し、がんを抑制する
    藤井 理沙; 濱田 理人; 井上 由理; 今村 優希; 工藤 崇; 高橋 智
    第40回日本分子生物学会年会、第90回日本生化学会大会 合同大会/2017-12-6--2017-12-9
  • マクロファージでのMafBの欠損は肥満を促す
    濱田 理人; Mai Thi Nhu Tran; 全 静孝; 工藤 崇; 高橋 智
    第40回日本分子生物学会年会、第90回日本生化学会大会 合同大会/2017-12-06--2017-12-09
  • MafBは脾臓における腫瘍随伴マクロファージ前駆体を制御し、がんを抑制する
    濱田 理人; Mai Thi Nhu Tran; 全 静孝; 工藤 崇; 高橋 智
    第40回日本分子生物学会年会、第90回日本生化学会大会 合同大会/2017-12-06--2017-12-09
  • MafBは脾臓における腫瘍随伴マクロファージ前駆体を制御し、がんを抑制する
    涌井 宏優; 布施谷 清香; 岡田 理沙; 鈴木 陸; 新保 未来; 濱...
    第40回日本分子生物学会年会、第90回日本生化学会大会 合同大会
  • MafBは腫瘍随伴マクロファージを抑制し腫瘍増殖を制御する
    井上 由理; 藤井 理沙; 今村 優希; 濱田 理人; 工藤 崇; 高橋 智
    第40回日本分子生物学会年会、第90回日本生化学会大会 合同大会/2017-12-06--2017-12-09
知的財産権
  • Keap1遺伝子改変による異物代謝系第2相強化非ヒト動物の作出方法
    高橋 智
担当授業科目
2018-10 -- 2019-03医療概論V筑波大学
2018-10 -- 2019-02医科学特別演習筑波大学
2018-10 -- 2019-02インターンシップI筑波大学
2018-10 -- 2019-02インターンシップII筑波大学
2018-10 -- 2019-02基礎医科学演習筑波大学
2018-10 -- 2019-02Advanced Exercise on Public Health筑波大学
2018-10 -- 2019-02人間生物学I筑波大学
2018-10 -- 2018-12English Discussion & Presentation on Medical Sciences II筑波大学
2018-10 -- 2018-12ガンの生物学筑波大学
2018-04 -- 2018-08医科学特別演習筑波大学
一般講演
  • CRISPR/Cas9によるマウスゲノム編集の実際と注意点
    高橋 智
    平成27年度個体レベルでのがん支援活動ワークショップ/2016-02-03--2016-02-04
  • CRISPER/Cas9を用いた遺伝子改変マウス作製の実際
    高橋 智
    第74回日本癌学会学術総会/2015-10-8--2015-10-10
学協会等委員
2017-04 -- 2019-03厚生科学審議会専門委員再生医療等評価部会
2016-06 -- 2018-03日本学術会議特別連携会員
2000 -- (現在)日本解剖学会評議員
2002 -- (現在)日本生化学会評議員
2003-10 -- (現在)理化学研究所筑波研究所 組換えDNA実験安全委員会 委員
2008-04 -- (現在)理化学研究所筑波研究BRC レビュー委員会 委員
2006-06 -- (現在)農業生物資源研究所遺伝子組換え実験安全委員会 委員
2008 -- (現在)日本実験動物学会評議員
2012-12 -- (現在)新エネルギー・産業技術総合開発機構分野横断的公募事業に係る事前書面審査員
学内管理運営業績
-- (現在)ヒューマンバイオロジー学位プログラム学生支援委員会委員長
2013-04 -- (現在)ヒューマンバイオロジー学位プログラム運営委員会委員
2014-04 -- (現在)医学医療系 利益相反委員会委員長
2014-04 -- (現在)全学 研究推進会議委員
2014-04 -- (現在)全学 施設・土地委員会委員
2016-04 -- (現在)医学医療系 評価委員会委員
2016-04 -- (現在)人間総合科学研究科 ヒトES委員会委員長
2018-04 -- (現在)医学医療系 企画委員会委員長
2017-04 -- (現在)医学医療系 トランスボーダー医学研究センターセンター長
2016-04 -- (現在)生命医科学域域長
その他の活動
2016 -- 2017日本学術会議 ゲノム編集課題別委員会委員

(最終更新日: 2018-08-03)