現在地

野口 雅之(ノグチ マサユキ; Noguchi, Masayuki)

所属
医学医療系
職名
教授
生年月
1956-04
URL
研究分野
人体病理学
研究課題
先端的がん医療実施のための地域完結型病理診断および臨床・病理連携ネットワークの構築2016-04 -- 2017-03桑田 健厚生労働省科学研究費補助金/がん対策推進総合研究事業1400000
先端的がん医療実施のための地域完結型病理診断および臨床・病理連携ネットワークの構築2015-04 -- 2016-03桑田 健厚生労働省科学研究費補助金/がん対策推進総合研究事業1400000
先端的がん医療実施のための地域完結型病理診断および臨床・病理連携ネットワークの構築2014-04 -- 2015-03桑田 健厚生労働科学研究費補助金/平成26年度がん対策推進総合研究事業(がん政策研究事業)500000
診断病理学領域の基礎・臨床研究2015-11 -- (現在)野口雅之中外製薬株式会社/企業からの奨学寄附金
病理診断技術の向上に関する研究2014-11 -- (現在)野口雅之中外製薬株式会社/企業からの奨学寄附金
診断病理に関する研究2011-11 -- 2015-04野口雅之中外製薬株式会社/企業からの奨学寄附金
病理診断技術の向上に関する研究2011-05 -- 2014-06野口雅之中外製薬株式会社/企業からの奨学寄附金
病理診断学に関する研究2008-05 -- 2015-04野口雅之中外製薬株式会社/企業からの奨学寄附金
レポーター遺伝子によるがん診断法の研究2016-03 -- 2016-03野口雅之東芝メディカルシステムズ株式会社/共同研究
糖鎖バイオマーカーの臨床応用可能性評価研究2016-04 -- 2017-03野口雅之東芝メディカルシステムズ株式会社/共同研究
職歴
1987-04 -- 1992-03国立がんセンター研究所 病理部 研究員
1992-04 -- 1996-06国立がんセンター研究所 病理部 室長
1996-07 -- 2004-03筑波大学 基礎医学系病理学(診断病理学) 教授
2000-06 -- (現在)筑波大学附属病院 病理部長
2004-04 -- 2012-03筑波大学 大学院人間総合科学研究科生命システム医学専攻(診断病理学) 教授
2007-02 -- (現在)つくばヒト組織診断センター 筑波大学附属病院つくばヒト組織診断センター部長
2009-04 -- 2012-07つくばヒト組織診断センター 筑波大学附属病院つくばヒト組織診断センター副部長
2012-04 -- (現在)筑波大学 医学医療系 教授
学歴
-- 1982筑波大学 医学部
取得学位
医学博士筑波大学
免許資格等
1982-05医師免許
1985-02死体解剖資格
1987-08日本病理学会認定病理医
1989-10医学博士(筑波大学)
1989-12日本臨床細胞学会細胞診指導医
2006-04-01日本病理学会認定病理専門医研修指導医
所属学協会
-- (現在)関東臨床細胞学会
2000 -- (現在)International Association for the Study of Lung Cancer
1994 -- (現在)International Association for the Study of Lung Cancer
-- (現在)日本癌学会
-- (現在)日本肺癌学会
-- (現在)日本病理学会
1986 -- (現在)日本臨床細胞学会
受賞
2009The 2009 IASLC Mary J. Matthews awardIn recognition of life-time scientific achievements in lung cancer pathology translational research
2016-02平成28年度 県民健康づくり表彰式茨城県の健康づくりに功績のあった個人や団体に表彰
2015-05日本病理学賞日本病理学会総会において宿題報告として講演した
2009-08-03メアリー J. マシュー賞
1993-02田宮記念賞
論文
著書
  • つくばヒト組織バイオバンクセンターの試み―ヒト試料の外部施設への分譲
    野口 雅之; 竹内朋代; 川上康; 大河内信弘
    バイオバンクの展開 ―人間の尊厳と医科学研究―/pp.98-110, 2016-12
  • 医療事故調査への対応-茨城県の場合
    野口 雅之
    病理と臨床/pp.871-874, 2016-08
  • 特集 肺癌I 2015WHO分類改訂のポイント
    野口 雅之
    病理と臨床/pp.232-235, 2016-03
  • 肺腺癌の新WHO分類
    野口 雅之; 矢野陽子
    Annual Review 呼吸器 2016/pp.158-165, 2016-01
  • 医療事故調査制度における茨城県病理解剖支援体制
    野口 雅之
    2016-01
  • 生体試料バンキングの現状と将来
    野口 雅之; 竹内朋代
    生体試料バンキングの現状と将来/pp.548-551, 2014
  • 肺腺癌のWHO組織分類
    野口 雅之; 松岡亮太; 南優子
    肺腺癌のWHO組織分類/pp.503-510, 2015-06
  • 「異型腺腫様過形成」「野口分類」
    野口 雅之
    南山堂医学大辞典 改訂20版/pp.98-1909, 2015-04
  • Adenocarcinoma 外
    Noguchi Masayuki
    WHO Classification of Tumours of Lung, Pleura, Thymus &Heart, 4th ed. (WHO Classification of Tumours, Vol.7)/pp.17-85, 2015
  • CLASSIC  ANATOMIC PATHOLOGY AND LUNG CANCER
    Noguchi Masayuki
    The IASLC Multidisciplinary Approach to Thoracic Oncology/pp.217-240, 2014
  • 新しいIASLC/ATS/ERS肺癌分類について教えてください。現在の組織分類には、どのような問題点がありますか?
    野口 雅之
    肺癌診療Q&A 一つ上を行く診療の実践 第2版, 2013-11
  • 解説―新しい肺腺癌病理分類
    野口 雅之; 中野雅之; 南優子
    呼吸器内科/pp.482-488, 2014-05
  • 石灰硫黄合剤中毒
    小山完二; 山下衛; 今川重彦; 野口雅之; 尾池栄介; 渡辺信夫
    1984-01
  • B細胞性腫瘍における免疫組織学的検討
    森尚義; 野口雅之; 小島瑞; 岡邦行
    1984-01
  • 癌遺伝子産物に対するモノクローナル抗体とその作用、(2)ras遺伝子及びmyc遺伝子の産物
    広橋説雄; 野口雅之; 金井歳雄
    1986-01
  • Waldeyer輪および鼻腔・咽頭のリンパ腫
    野口雅之; 渡辺昌
    1986-01
  • 小さい肝細胞癌の病理像
    金井歳雄; 広橋説雄; 野口雅之; 岸紀代三; 幕内雅敏; 山崎晋;...
    1986-01
  • 直流低電圧による化学火傷−ボタン型電池の例
    山下衛; 斎藤重行; 小山完二; 野口雅之; 服部治夫; 内藤裕史;...
    1986-01
  • 病理よりみた癌遺伝子産物発現の意義
    広橋説雄; 金井歳雄; 野口雅之
    1987-01
  • 肺癌の病理、特に診断上の問題点について
    森永正二郎; 野口雅之; 江口研二
    1988-01
  • ホルマリン固定標本を用いた癌遺伝子および癌遺伝子産物の研究
    野口雅之; 津田均; 広橋説雄; 山本光枝; 下里幸雄
    1988-01
  • サザン、ノーザン、ウエスタンブロッティング
    弦間昭彦; 輿石義彦; 野口雅之; 広橋説雄
    1988-01
  • 肺野型早期癌について
    山田耕三; 江口研二; 佐々木悟; 金子昌弘; 池田茂人; 小野良...
    1989-01
  • Basic and Clinical Concepts of Lung Cancer. Immunohistochemistry of lung cancer: Cell differentiation and growth properties.
    Shimosato Y; Hirohashi S; Nakajima T; Noguchi M.
    1989-01
  • 腺腫様過形成と腺癌
    児玉哲郎; 中山治彦; 野口雅之
    1991-01
会議発表等
  • Nuclear grading in pulmonary adenocarcinoma
    Noguchi Masayuki
    2017 Pulmonary Pathology Society 10th Biennial Meeting/2017-06-13--2017-06-16
  • WHO分類第4版の利点と問題点
    Noguchi Masayuki
    第35回岩手肺癌懇話会/2017-06-02--2017-06-02
  • 胸水細胞診にて原発不明腺癌として鑑別を要した二相型悪性胸膜中皮腫の 1 例
    後藤行延; 佐伯祐典; 村田佳彦; 中川智貴; 藤原広美; 坂下信...
    第58回日本臨床細胞学会総会(春期大会)/2017-05-26--2017-05-28
  • 子宮頸部液状化細胞診検体における p16/ki-67 二重免疫染色の有用性
    Noguchi Masayuki; 村田佳彦; 中川智貴; 藤原広美; 佐藤泰樹;...
    第58回日本臨床細胞学会総会(春期大会)/2017-05-26--2017-05-28
  • シンポジウム6 肺がんの新分類と予後~May the 4th be with us!~
    Noguchi Masayuki; 南優子; 村田佳彦
    第58回日本臨床細胞学会総会(春期大会)/2017-05-26--2017-05-28
  • Diagnostic points of early adenocarcinoma and tumor markers
    Noguchi Masayuki
    The ling pathology of the 12th APSMI and 4th AAPPS in Bali/2017-04-26--2017-04-26
  • 診療領域別講習特別プログラム 研究講演会2 がんの細胞形象「肺がんマーカーと病理学」
    Noguchi Masayuki
    第106回日本病理学会総会/2017-04-27--2017-04-29
  • WHO分類第4版の利点と欠点-診断名の意味を読み解くには-
    野口 雅之
    第30回文京区呼吸器外科研究会/2017-02-25--2017-02-25
  • PD-L1検査・診断の紹介
    野口 雅之
    茨城県PD-L1検査教育講演会/2017-02-04--2017-02-04
  • 肺扁平上皮癌におけるECT2発現亢進と遺伝子増幅
    野口 雅之; 村田佳彦; 大山美子; Kosibaty Zeinab; 杉山栞; ...
    第57回日本肺癌学会学術集会/2016-12-19--2016-12-21
  • ミニブタ胎仔肺を利用した新しい分子標的癌マーカーの探索
    野口 雅之; 猪山慎治; 塩澤利博; 坂田晃子
    第57回日本肺癌学会学術集会/2016-12-19--2016-12-21
  • Biological Implication of Cytoplasmic ECT2 in Malignant Progression of Lung Adenocarcinoma.
    Noguchi Masayuki; Zeinab Kosibaty; Yoshihiko Murata; Yuko...
    IASLC 17 TH WORLD CONFERENCE ON LUNG CANCER/2016-12-4--2016-12-07
  • Drebrin: A New Targetable Molecular Marker of Lung Adenocarcinoma.
    Noguchi Masayuki; Shinji Iyama; Masao Ono; Hitomi Kawai-N...
    IASLC 17 TH WORLD CONFERENCE ON LUNG CANCER/2016-12-4--2016-12-07
  • miR–3941: A Novel microRNA That Controls IGBP1 Expression and is Associated with Malignant Progression of Lung Adenocarcinoma.
    Noguchi Masayuki; Taiki Sato; Aya Shiba; Yun-Jung Kim; ...
    IASLC 17 TH WORLD CONFERENCE ON LUNG CANCER/2016-12-4--2016-12-7
  • DKK3の酸化ストレス調節作用を介する抗アポートシス機能にはxanthine oxidoreductaseが関与する.
    野口 雅之; 加野准子
    第39回日本分子生物学会年会/2016-11-30--2016-12-2
  • Genetic and epigenetic abnormalities of early lung adenocarcinoma
    Noguchi Masayuki
    The 11th Annual Meeting of the Asia Pacific Society for Molecular Immunohistology (APSMI) and 3rd Asia-Australasia Pulmonary Pathology Sciety Meeting/2016-12-09--2016-12-11
  • The Clinical Impact of the 2015 WHO Classification of Lung Tumors
    Noguchi Masayuki
    第17回世界肺癌学会議(WCLC 2016)/2016-12-04--2016-12-07
  • Biological implication of cytoplasmic ECT2 in malignant progression of lung adenocarcino.
    Noguchi Masayuki; Zeinab M Kosibaty; Yoshihiko Murata; Yu...
    第75回日本癌学会学術総会/2016-10-06--2016-10-08
  • DNMT3a Expression Pattern and Its Prognostic Value in Lung Adenocarcinoma.
    Noguchi Masayuki; Ryan Edbert Husni; Aya Shiba-Ishii; Shi...
    第75回日本癌学会学術総会/2016-10-06--2016-10-08
  • Stratifin-associated ubiquitin-specific protease 8 stabilizes cMet in lung adenocarcinoma
    Noguchi Masayuki; Yunjung Kim; Aya Shiba-Ishii
    第75回日本癌学会学術総会/2016-10-06--2016-10-08
  • WHO分類第4版の利点と欠点
    野口 雅之
    第109回日本肺癌学会中部支部学術集会/2016-09-24--2016-09-24
  • 新しいWHO肺癌分類の利点と欠点
    野口 雅之
    第33回新潟県臨床細胞学会/2016-07-16--2016-07-16
  • 「判断に迷うリンパ腫症例」水戸済生会・筑波記念病院・筑波大学の症例
    野口 雅之
    第14回茨城リンパ腫セミナー/2016-01-29
  • 血管免疫芽球型T細胞性リンパ腫(AITL)に続発したEBV関連びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫(DLBCL)の1剖検例
    野口 雅之
    第105回日本病理学会総会/2016-05-12--2016-05-14
  • 腎不全を呈したミトコンドリアDNA点突然変異A3243Gを有するミトコンドリア病の一例
    野口 雅之
    第105回日本病理学会総会/2016-05-12--2016-05-14
担当授業科目
2017-06 -- 2017-06基礎医学研究の最前線筑波大学医学群医学類 M1
2017-12 -- 2017-12オリエンテーション・癌の病理診断筑波大学医学群医学類 M3
2017-04 -- 2017-08細胞検査学筑波大学 医療科学類 2年
2017-04 -- 2017-08基礎医学総論筑波大学 医療科学類 2年
2017-04 -- 2017-08病理診断筑波大学医学群医学類 M2
2017-04 -- 2017-08人体病理学概論筑波大学 フロンティア医科学専攻
2017-04 -- 2018-03診療グループCCディレクター(病理診断科)筑波大学医学群医学類
2017-04 -- 2018-03病理学Ⅱ(前期)つくば国際大学
2014-12 -- 2014-12腫瘍学筑波大学 フロンティア医科学専攻
2014-04 -- 2014-06人体病理学概論筑波大学 フロンティア医科学専攻
授業以外の教育活動
2017-04 -- 2018-03研究推進機構総合研究院(トランスレーショナルリサーチセンター)客員教授東京理科大学
2016-11 -- 2016-11金沢で究める!最新の病理診断学”スライドセミナー ―肺癌の病理―IAP日本支部
2016-10 -- 2016-10総合的診療を学ぶ 特訓ゼミ 「病理診断は医療水準の要」茨城県地域医療支援センター
2015-04 -- 2016-03研究推進機構総合研究院(トランスレーショナルリサーチセンター) 客員教授東京理科大学
一般講演
  • 「判断に迷うリンパ腫症例」水戸済生会・筑波記念病院・筑波大学の症例
    野口 雅之
    第14回茨城リンパ腫セミナー/2016-01-29--2016-01-29
  • シンポジウム:Aiを医療事故調査制度にどう生かすか「病理医の立場から From the perspective of clinical pathologist」
    野口 雅之
    第13回 オートプシー・イメージング学会 学術総会/2015-08-22--2015-08-22
  • 肺腺癌の分子生物学
    野口 雅之
    病理部セミナー/2015-6-30--2015-6-30
  • 病理診断をしながら病理学研究をするということ―肺腺癌の場合―
    野口 雅之
    第101回日本病理学会総会/2012-04-26--2012-04-28
  • ゲストディスカッサント
    野口 雅之
    第22回白山カンファレンス/2013-02-16--2013-02-16
  • 肺腺がんの成り立ちの発見と世界基準分類への道、病理医が考える今後のがん研究
    野口雅之
    第3次対がん総合戦略推進事業 市民公開講演会/2013-03-09--2013-03-09
  • LUNG ADENOCARCINOMA, TISSUE CARCINOGENESIS
    Noguchi Masayuki
    5th Asia Pacific Lung Cancer Conference and 3rd International Thymic Malignancy Interest Group Annual Meeting/2012-11-26--2012-11-26
  • IASLC病理パネルにおける国際協力
    野口雅之
    第53回日本肺癌学会総会/2012-11-08--2012-11-08
  • 肺癌病理のEssence
    野口 雅之
    第3回Learning Expertise In Thoracic Surgery 2012/2012-09-15--2012-09-15
  • 肺腺癌の新分類の利点と問題点
    野口 雅之
    第44回山形肺癌懇話会/2012-06-30--2012-06-30
  • 肺癌のWHO分類改訂について―腺癌を中心に―
    野口 雅之
    第18回東北胸部放射線研究会/2012-06-23--2012-06-23
  • 肺腺癌の病理診断と生物学
    野口 雅之
    第55回関西胸部外科学会学術集会/2012-06-21
  • 肺腺癌の診断―学際的分類と形態学の役割―
    野口 雅之
    第53回日本臨床細胞学会総会/2012-06-02
  • 肺腺癌の新分類とその生物学
    野口 雅之
    第6回肺癌化学療法研究会/2012-05-26
  • 肺癌の新しいWHO分類について
    野口 雅之
    第13回胸骨正中経路による肺癌手術懇話会/2012-04-21
  • 肺腺癌の新学際的分類の利点と問題点
    野口 雅之
    JPPS(日本肺病理学会)第14回学術集会/2012-03-24
  • 腫瘍病理
    野口 雅之
    第19回教育セミナープログラム、日本臨床腫瘍学会/2012-03-04
  • 肺癌の組織分類と初期病変の生物学
    野口 雅之
    第100回記念日本肺癌学会中部支部会/2012-02-18
  • 病理診断と放射線診断/学際的分類法とは?
    野口 雅之
    第3回池添メモリアル胸部画像診断セミナー/2011-08-06
  • 肺癌の病理診断について
    野口 雅之
    神奈川肺癌研究会/2011-07-21
  • Pathologic meaning, molecular characteristics-Pathology and molecular characteristics of early adenocarcinoma-.
    野口 雅之
    The Bulgok Symposium (SNUBH lung cancer team symposium)/2011-07-16
  • 肺癌の病理(特に肺腺癌の分類の現状について)
    野口 雅之
    第37回肺癌診断会および画像診断セミナー/2011-06-23
  • 肺癌の病理診断の考え方
    野口 雅之
    第17回呼吸器外科セミナー/2011-05-14
  • 肺癌の病理診断の最近の話題―国際肺癌学会病理委員会の活動を中心にして―
    野口 雅之
    第18回福井肺癌研究会/2011-04-15
  • 腫瘍病理
    野口 雅之
    日本腫瘍学会第17回教育セミナー/2011-03-06
学協会等委員
2017-04 -- 2018-03茨城県総合健診協会細胞検査診断委員会(肺がん)委員
2017-04 -- 2017-10日本肺癌学会第58回日本肺癌学会学術集会 一般演題査読委員
2017-01 -- 2018-12日本病理学会Pathology International 常任刊行委員
2016-12 -- (現在)日本肺癌学会財務委員会
2016-05 -- 2018-05日本病理学会学術委員
2016-04 -- 2017-03茨城県総合健診協会細胞検査診断委員会(肺がん)委員
2016-04 -- 2017-03国立がんセンターがん対策情報センターがん医療支援部病理診断コンサルテーション推進室コンサルタント
2016-02 -- 2018-03日本医療安全機構統括調査支援医
2016-01 -- 2018-12Cancer ScienceAssociate Editor
2015-11 -- (現在)日本医療安全調査機構「診療行為に関連した死亡の調査分析モデル事業」中央審査委員会(大阪49事例)委員
学内管理運営業績
2016-04 -- (現在)医学医療系企画委員会委員
2016-04 -- (現在)医学医療系施設・設備委員会委員長
2016-07 -- 2018-03医学医療系倫理委員会専門委員
2016-07 -- 2018-03附属病院臨床研究倫理審査委員会専門委員
2015-08 -- 2017-03筑波大学医学類コンピテンス作成ワーキンググループ
2015-04 -- 2016-03CCユニットディレクター(病理学的診断)
2015-01 -- (現在)フロンティア医科学専攻 平成27年度入試関係委員(口述試験委員
2014-07 -- (現在)フロンティア医科学専攻 平成26年度入試関係委員(口述試験委員)
2014-04 -- 2016-03筑波大学附属病院ヒト幹細胞臨床研究倫理審査委員会委員
2013-04 -- 2014-03CCユニットディレクター(病理学的診断 診療グループ)

(最終更新日: 2017-06-21)