現在地

野口 雅之(ノグチ マサユキ; Noguchi, Masayuki)

研究者情報全体を表示

著書
  • ホルマリン固定標本を用いた癌遺伝子および癌遺伝子産物の研究
    野口雅之; 津田均; 広橋説雄; 山本光枝; 下里幸雄
    代謝, 1988-01
  • サザン、ノーザン、ウエスタンブロッティング
    弦間昭彦; 輿石義彦; 野口雅之; 広橋説雄
    癌治療, 1988-01
  • 肺野型早期癌について
    山田耕三; 江口研二; 佐々木悟; 金子昌弘; 池田茂人; 小野良...
    KARKINOS, 1989-01
  • Basic and Clinical Concepts of Lung Cancer. Immunohistochemistry of lung cancer: Cell differentiation and growth properties.
    Shimosato Y; Hirohashi S; Nakajima T; Noguchi M.
    Boston: Kluwer Academic Publishers, 1989-01
  • 腺腫様過形成と腺癌
    児玉哲郎; 中山治彦; 野口雅之
    肺腺癌の特性−基礎と臨床−. 東京、協和企画通信, 1991-01
  • がん遺伝子変化の病理診断学的意義
    野口雅之; 広橋説雄
    最新医学, 1992-01
  • Lung Cancer Differentiation. Implications for Diagnosis and Treatment. Recent advances in the pathologic diagnosis of lung cancer. Application of monoclonal antibodies and cytofluorometry for subtyping
    Shimosato Y; Hirohashi S; Noguchi M; Matsuno Y; Tome Y.
    New York: Marcel Dekker INC., 1992-01
  • 癌遺伝子の基礎
    中西幸浩; 野口雅之; 広橋説雄
    臨床外科, 1993-01
  • 肺癌の再発と転移
    野口雅之; 下里幸雄; 野守裕明. 土井修; 池上晴通; 宝来威編
    大阪、成人病医学研究振興財団, 1993-01
  • 特集:肺癌治療の最前線、病理生物学的研究の進歩
    野口雅之
    癌と化学療法, 1994-01
  • 肺癌の遺伝子診断
    野口雅之
    臨床病理, 1994-01
  • 遺伝子診断と遺伝子治療
    野口雅之; 広橋説雄. 村松正美; 平井久丸編
    東京、東京化学同人, 1994-01
  • Lung Cancer V.
    Noguchi M; Shimosato Y.
    Boston: Kluwer Academic Publishers, 1994-01
  • 遺伝子診断−現状と展望
    野口雅之
    臨床医, 1995-01
  • 肺癌の予後因子、研究の目的と展望
    野口雅之. 小倉剛; 安光勉編; +野口 雅之
    東京、中山書店, 1995-01
  • Ⅲ.分子生物学的手法を用いた形態学的同定 Ⅰ.検体の取り扱い 1)分子生物学的手法に用いる検体の保存
    野口雅之
    病理と臨床, 1996-01
  • 前癌病変、発生母地:肺末梢腺癌と末梢気道上皮の異型過形成(上皮内腫瘍)
    野口雅之 下里幸雄
    病理と臨床, 1996-01
  • 組織培養の技術 下巻 (第3版)
    野口雅之
    東京、朝倉書店, 1996-01
  • 腫瘍鑑別アトラス、肺
    野口雅之. 下里幸雄編; +野口 雅之
    東京、文光堂, 1996-01
  • 肺腺がん発生様式と遺伝子異常
    野口雅之
    最新医学, 1997-01
  • 治る肺癌と治らない肺癌
    野口雅之
    医学のあゆみ, 1997-01
  • 肺癌:診断と治療の現状と展望 病理
    野口雅之
    カレントテラピー・東京ライフメディコム株式会社, 1998-01
  • 講座・肺癌 肺癌病理の展開
    野口雅之
    呼吸, 1998-01
  • 講座・肺癌 肺癌の生検病理診断
    野口雅之
    呼吸, 1998-01
  • 第Ⅲ章 細胞診 4.細胞診断学各論 7)甲状腺
    野口雅之
    検査と技術, 1998-01