現在地

桝 和子(マス カズコ; Keino-Masu, Kazuko)

所属
医学医療系
職名
講師
研究分野
神経生理学・神経科学一般
研究課題
総腓骨神経を欠損する突然変異マウスの原因遺伝子の解明2016-04 -- 2019-03桝 和子日本学術振興会/科研費補助金 基盤研究(C)4940000
ヘパラン硫酸微細構造修飾の生体シグナル調節における役割の解析2013 -- 2015桝正幸日本学術振興会/科学研究費補助金基盤研究(B)17030000
ヘパラン硫酸エンドスルファターゼがつくる硫酸化ドメイン構造と脳機能2012 -- 2013桝 和子文部科学省/新学術領域研究9460000
突然変異マウスを用いた運動神経軸索ガイダンス機構の解析2010 -- 2012桝 和子日本学術振興会/基盤研究(C)4290000
神経軸索投射による多様性形成機構の解析2010 -- 2014桝正幸文部科学省/新学術領域研究80600000
ヘパラン硫酸エンドスルファターゼ欠損による行動異常の神経基盤解明2008 -- 2010桝正幸日本学術振興会/基盤研究(B)14400000
総腓骨神経の走行に異常を示す変異マウスの原因遺伝子の同定2006 -- 2008桝 和子日本学術振興会/基盤研究(C)4230000
運動神経軸索ガイダンス異常を示す変異マウスの原因遺伝子の同定2003 -- 2005桝 和子日本学術振興会/基盤研究(C)3700000
ゼブラフィシュを用いた新規の糖鎖修飾遺伝子の機能解析2003 -- 2004桝 和子文部科学省/特定領域研究2700000
職歴
2016-01 -- 2017-03理化学研究所 客員研究員
1993-07 -- 2002-04防衛医科大学校 生理学第一 助手
1994-11 -- 1996-11米国カリフォルニア大学 サンフランシスコ校解剖学講座 研究員
2002-05 -- (現在)筑波大学 基礎医学系 講師
2004-04 -- (現在)筑波大学 人間総合科学研究科 講師
2011-10 -- (現在)筑波大学 医学医療系 講師
学歴
-- 1984お茶の水女子大学 理学部 生物学科卒業
取得学位
博士(理学)大阪大学
所属学協会
-- (現在)日本神経科学学会
-- (現在)神経組織の成長・再生・移植研究会
2008 -- (現在)日本糖質学会
-- (現在)日本分子生物学会
-- (現在)Society for Neuroscience
論文
著書
  • Intracellular Ca2+ of sensory axons during growth in Ca-free media.
    Fukuda; J.; Keino-Masu; K.; ; Torimitsu; K.; +桝 和子
    1994-11
  • Vertebrate homologues of C. elegans UNC-5 are candidate netrin receptors.
    Leonardo; E. D.; Hinck; L.; Masu; M.; Keino-Masu; K.; Ack...
    1996-11
  • Deleted in Colorectal Cancer (DCC) Encodes a Netrin Receptor.
    Keino-Masu; K.; Masu; M.; Hinck; L.; Leonardo; E. D.; Cha...
    1996-11
  • ネトリン受容体の同定
    桝和子; 桝正幸; Hinck; L.; Leonardo; E. D.; Stoeckli; E. ...
    1997-01
  • NT3による培養メルケル細胞アポトーシスの抑制
    福田潤; 塚田信吾; 桝和子
    1998-07
  • 培養下における、感覚神経と圧受容器官との、シナプス形成.
    福田潤; 石嶺久子; 塚田信吾; 真崎義憲; 桝和子
    1999-07
  • 毛包感覚器官に向かって好んで伸びる、培養感覚神経線維の性質.
    福田潤; 石嶺久子; 桝和子; 塚田信吾
    1999-01
  • フロアープレート細胞に特異的に発現する新規サルファターゼ遺伝子の単離と解析
    大戸達之; 山崎博司; 桝和子; 松井陽; 桝正幸
    2000-09
  • 毛包メルケル細胞による感覚神経誘引作用
    福田潤; 石嶺久子; 塚田信吾; 真崎義憲; 桝和子
    2000-09
  • フロアープレートに特異的に発現する新規サルファターゼ遺伝子の単離と解析
    大戸達之; 山崎博司; 桝和子; 松井陽; 桝正幸
    2000-10
  • メルケル細胞における感覚神経誘引活性の、発生に伴う変化
    福田潤; 石嶺久子; 塚田信吾; 桝和子; 真崎義憲
    2001-03
  • 光漂白法を用いたメルケル細胞除去による、毛包の感覚神経誘引の消失
    福田潤; 石嶺久子; 真崎義憲; 塚田信吾; 桝和子
    2001-09
  • フロアープレート細胞に特異的に発現するゼブラフィッシュ・スルファターゼFP遺伝子の単離と機能解析
    内田博; 塩見健輔; 大戸達之; 桝和子; 桝正幸
    2002-07
  • 新規Wntシグナル活性化因子Ccd1の前脳形成における役割の解析
    塩見健輔; 内田博; 桝和子; 桝正幸
    2002-07
  • NOによる神経線維の成長促進作用 DRG neurite のPKAの活性化とその機序
    塚田信吾; 桝和子; 桝正幸; 福田潤
    2002-07
  • 脳神経系に発現する新規のスルファターゼ遺伝子(RsulfFP2)の単離と発現解析
    長嶺聖史; 岡田拓也; 桑原睦樹; 大戸達之; 小池誠一; 桝和子;...
    2002-10
  • Cloning of mouse ccd1 (coiled-coil-DIX1), a novel protein with a DIX domain involved in Wnt signal activation
    塩見健輔; 兼元みずき; 吉田さちね; 内田博; 桝和子; 桝正幸
    2003-07
  • マウスCcd1アイソフォームの同定と神経系での発現解析
    桝和子; 塩見健輔; 兼元みずき; 吉田さちね; 相馬克徳; 桝正幸
    2004-09
  • 成獣マウス脳におけるSulfFP1 mRNAの発現解析
    吉田さちね; 桝和子; 長嶺聖史; 大戸達之; 小池誠一; 桝正幸
    2004-09
  • ゼブラフィッシュSulfatase FP 遺伝子の機能解析
    塩見健輔; 内田博; 桝和子; 桝正幸
    2004-09
  • マイクロアレイ法を用いた側枝形成因子の解析
    岡田拓也; 桝和子; 塩見健輔; 桝正幸
    2004-09
  • 新規のスルファターゼSulfatase FP2の酵素活性の解析
    長嶺聖史; 吉田さちね; 桝和子; 桝正幸
    2004-10
  • マウスCcd1の機能解析と胎児期における発現解析
    桝正幸; 相馬克徳; 塩見健輔; 桝和子
    2005-07
  • PMAマウスにおける神経走行の解析
    桝和子; 桝正幸
    2005-07
  • ゼブラフィッシュccd2 (coiled-coil-DIX2) の単離と機能解析
    塩見健輔; 桝和子; 桝正幸
    2005-07
会議発表等
  • A role of neurotrophin signaling in the migration and nucleogenesis of precerebellar neurons
    Takuya Okada; Keino-Masu Kazuko; Masayuki Masu
    第38回日本神経科学学会大会/2015-07-28--2015-07-31
  • ゼブラフィッシュCCD1 DIXドメインのX線結晶解析
    藤田祥平; 寺脇慎一; 塩見健輔; 桝和子; 桝正幸; 若松馨; 柴...
    第32回PFシンポジウム/2015-03-17--2015-03-18
  • Heparan sulfate modification by endosulfatases Sulf1 and Sulf2 is required for the cotricospinal tract formation
    Kazuko Keino-Masu; Takuya Okada; Masayuki Masu
    International Symposium on Glyco-Neuroscience/2014-01-09--2014-01-11
  • TDP-43 aggregation produced by In utero electroporation and its properties in the mouse motor neurons
    Akamatsu M.; Takuma H.; Yamashita T.; Okada T; Ishii ...
    43th Annual Meeting of Society for Neuroscience/2013-11-11
  • Autotaxin is required for anterior neural ridge formation, midbrain-hindbrain boundary patterning, and cranial neural tube closure.
    E. Tagiuchi; S. Koike; Y. Yutoh; K. Keino-Masu; S. Noji; ...
    第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会/2010-12-07
  • マウス胎児脳におけるヘパラン硫酸多様性の検出
    岡田拓也; 桝和子; 長嶺聖史; 國田智; 高橋智; Arie Oosterho...
    第33回日本神経科学学会大会/2010-09-02
  • 電気穿孔法で導入したSulfFP1とSulfFP2でSulfFP欠損マウスの表現型回復の効果が異なる
    岡田拓也; 桝和子; 長嶺聖史; 國田智; 高橋智; 桝正幸
    第32回日本神経科学大会/2009-09-16
  • ヘパラン硫酸エンドスルファターゼSulfFP1/2導入による神経軸索走行回復効果
    岡田拓也; 桝和子; 長嶺聖史; 國田智; 高橋智; 桝正幸
    第29回日本糖質学会年会/2009-09-09
  • Autotaxin-LPA シグナル経路はマウス臓側内胚葉細胞のライソソーム形成に必要である
    小池誠一; 桝和子; 大戸達之; 杉山文博; 高橋智; 桝正幸
    日本生化学会関東支部例会/2009-06-20
  • Autotaxin-mediated Control of Actin Dynamics through Rho-ROCK-LIM kinase Pathway is Required for Endocytic Vesicle Fusion and Lysosome Biogenesis in Yolk Sac Visceral Endoderm Cells
    Koike; S.; Keino-Masu; K.; Ohto; T.; Sugiyama; F.; Takaha...
    The 48th annual meeting of the American Society for Cell Biology/2008-12-13
  • ヘパラン硫酸エンドスルファターゼ欠損マウス臓器におけるヘパラン硫酸二糖解析
    桝正幸; 丹波道子; 長嶺聖史; 石嶺久子; 大戸達之; 國田智; ...
    第28回日本糖質学会年会/2008-08-18
  • ヘパラン硫酸6-O-エンドスルファターゼは正常な神経回路形成に必要である
    岡田拓也; 桝和子; 長嶺聖史; 國田智; 高橋智; 桝正幸
    第28回日本糖質学会年会/2008-08-18
  • ゼブラフィッシュsulfFP遺伝子の機能解析
    塩見健輔; 桑野剛英; 桝和子; 桝正幸
    第31回日本神経科学大会/2008-07-09
  • グリピカンとシンデカン遺伝子のマウス胎児脳における発現
    桝正幸; 村上さおり; 岡田拓也; 桝和子
    第31回日本神経科学大会/2008-07-09
  • SulfFP欠損マウスの表現型回復実験
    岡田拓也; 桝和子; 長嶺聖史; 國田智; 高橋智; 桝正幸
    第31回日本神経科学大会/2008-07-09
  • ヘパラン硫酸6-O-エンドスルファターゼ欠損マウスにおけるヘパラン硫酸組成
    桝和子; 長嶺聖史; 丹波道子; 石嶺久子; 大戸達之; 國田智; ...
    第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会/2007-12-11
  • Expression and functional roles of autotaxin in mouse nervous system
    Seiichi Koike; Kazuko Keino-Masu; Masayuki Masu.
    The 37th Annual meeting of the Society for Neuroscience/2007-11-03
  • Electroporation-based analysis of signaling molecules regulating migration and necleogenesis
    Takuya Okada; Kazuko Keino-Masu; Masayuki Masu.
    The 37th Annual meeting of the Society for Neuroscience/2007-11-03
  • 小脳に投射する三叉神経脊髄路核神経細胞の起源と発生
    岡田拓也; 桝和子; 桝正幸
    第30回日本神経科学大会・第50回日本神経化学会大会・第17回日本神経回路学会大会/2007-09-10
  • Autotaxinはマウス臓側内胚葉細胞の小胞輸送を制御する
    小池誠一; 桝和子; 大戸達之; 杉山文博; 高橋智; 桝正幸
    第40回日本発生生物学会・第59回日本細胞生物学会合同大会/2007-05-28
  • Migration and nucleogenesis of mouse precerebellar neurons visualized by in utero electroporation of a green fluorescent protein gene
    Takuya Okada; Kazuko Keino-Masu; and Masayuki Masu
    The 8th AEARU Joint Workshop on Life Science/2006-11-04
  • Functional characterization of an exoenzyme autotaxin in the mouse early development
    Seiichi Koike; Kazuko Keino-Masu; Tatsuyuki Ohto; Fumihir...
    The 8th AEARU Joint Workshop on Life Science/2006-11-04
  • ゼブラフィッシュスルファターゼSulfFP3の単離と解析
    鈴木雄策; 塩見健輔; 田村剛一郎; 内田博; 桝和子; 桝正幸
    第29回日本神経科学大会/2006-07-19
  • ヘパラン硫酸6-エンドスルファターゼSulfFP1欠損マウスにおける小脳発達
    石橋紀世; 桝和子; 大戸達之; 國田智; 高橋智; 桝正幸
    第29回日本神経科学大会/2006-07-19
  • ヘパラン硫酸6-エンドスルファターゼは脳の正常な発生に必要である
    岡田拓也; 長嶺聖史; 桝和子; 大戸達之; 國田智; 高橋智; 桝正幸
    第29回日本神経科学大会/2006-07-19
担当授業科目
2017-04 -- 2017-08Advanced Exercise on Public Health筑波大学
2017-10 -- 2018-02Advanced Exercise on Public Health筑波大学
2017-04 -- 2017-08インターンシップII筑波大学
2017-10 -- 2018-02インターンシップII筑波大学
2017-04 -- 2017-07生化学特論筑波大学
2017-10 -- 2018-02基礎医科学演習筑波大学
2017-04 -- 2017-08基礎医科学演習筑波大学
2017-04 -- 2017-07薬理学筑波大学
2017-07 -- 2017-08生化学筑波大学
2017-10 -- 2017-12神経解剖学筑波大学
一般講演
  • Heparan sulfate 6-Oendosulfatases are required for neural network formation.
    T. Okada; K. Keino-Masu; S. Nagamine; S. Kunita; S. Takah...
    The 40th Annual meeting of the Society for Neuroscience/2010-11-13
  • Cellular Functions of Autotaxin in Neural and Non-neural Systems
    Masayuki Masu; Seiichi Koike; Tatsuyuki Ohto; and Kazuko ...
    FASEB summer research conferences “Lysophospholipid Mediators in Health and Disease”/2009-06-28
  • エンドスルファターゼによるヘパラン硫酸リモデリングと生体シグナル制御
    桝和子; 岡田拓也; 塩見健輔; 長嶺聖史; 丹波道子; 石嶺久子;...
    第28回日本糖質学会年会/2008-08-18
  • Heparan sulfate endosulfatases are required for normal brain development
    Masu M.; Okada T.; Nagamine S.; 桝 和子
    17th Biennial meeting of the Internatioal Society for Developmental Neuroscience/2008-06-01
  • 新規のエンドスルファターゼSulfFPによるヘパラン硫酸糖鎖修飾の生理機能の解明
    桝和子
    第5回糖鎖科学コンソーシアムシンポジウム/2007-11-26
  • ゼブラフィッシュ胚発生におけるSulfaaseFP3遺伝子の機能解析
    塩見健輔; 桑野剛英; 桝和子; 桝正幸
    第30回日本神経科学大会・第50回日本神経化学会大会・第17回日本神経回路学会大会/2007-09-10
  • Association study of the sulfatase 1 (SULF1) gene and bipolar disorder
    Yasue Horiuchi; Hiroki Ishiguro; Minori Koga; Toshiya Ina...
    第29回日本生物学的精神医学会・第37回日本神経精神薬理学会/2007-07-11
  • ヘパラン硫酸修飾酵素SulfFPによる形態形成制御
    塩見健輔; 長嶺聖史; 岡田拓也; 桝和子; 桝正幸
    第40回日本発生生物学会・第59回日本細胞生物学会合同大会 ミニシンポジウム「細胞外マトリックスによる細胞運命制御」/2007-05-28
  • Functional analysis of the type A coiled-coil-DIX proteins
    Kensuke Shiomi; Kazuko Keino-Masu; and Masayuki Masu
    The 8th AEARU Joint Workshop on Life Science/2006-11-04
  • An anatomical study of a spontaneous mutant, PMA mouse
    Kazuko Keino-Masu; Masayuki Masu
    The 8th AEARU Joint Workshop on Life Science/2006-11-04
  • Coiled-coil-DIX Aタンパク質の機能解析
    塩見健輔; 桝和子; 桝正幸
    第29回日本神経科学大会/2006-07-19
  • Heparan sulfate 6-O-endosulfatases, SulfataseFP1 and SulfataseFP2, are required for normal development of the central nervous system
    Nagamine S; Yoshida S; Okada T; Keino-Masu K; Ohto T; Koi...
    第78回日本生化学会大会/2005-10-19
  • PMAマウスにおける神経走行の解析
    桝和子; 桝正幸
    第28回日本神経科学大会/2005-07-26
  • ゼブラフィッシュccd2 (coiled-coil-DIX2) の単離と機能解析
    塩見健輔; 桝和子; 桝正幸
    第28回日本神経科学大会/2005-07-26
  • マウスCcd1の機能解析と胎児期における発現解析
    桝正幸; 相馬克徳; 塩見健輔; 桝和子
    第28回日本神経科学大会/2005-07-26
学協会等委員
2007-10 -- 2008-09日本糖質学会組織委員

(最終更新日: 2017-05-29)