現在地

桝 和子(マス カズコ; Keino-Masu, Kazuko)

研究者情報全体を表示

著書
  • AutotaxinのN末端疎水性配列はシグナルペプチドとして働く
    小池誠一; 大戸達之; 桝和子; 桝正幸
    2005-12
  • 新規のヘパラン硫酸エンドスルファターゼによる細胞間シグナルの調節
    桝正幸; 桝和子
    蛋白質核酸酵素, 共立出版, pp.2376-2383, 2004-11
  • ヘパラン硫酸エンドスルファターゼの単離と機能解析.
    桝和子; 桝正幸
    未来を拓く糖鎖科学 未来を拓く糖鎖科学 金芳堂, 2005-01
  • Role of heparan sulfate 6-O-endosulfatases in the nervous system
    Masayuki Masu; Kazuko Keino-Masu
    Neural Proteoglycans, 2007-01
  • Heparan sulfate endosulfatase assay
    Kazuko Keino-Masu; Masayuki Masu
    Experimental Glycoscience, p.123-124, 2008-01