現在地

大川 敬子(オオカワ ケイコ; Ookawa, Keiko)

所属
医学医療系
職名
講師
URL
研究分野
生体医工学・生体材料学
研究キーワード
医用生体工学
再生医工学
医工学
研究課題
微小循環系の生理学 -- (現在)/
組織工学的手法を用いた人工臓器の開発と評価 -- (現在)/
組織工学的手法による未分化細胞から血管への選択的誘導とフェノタイプの安定発現2003 -- (現在)日本学術振興会/基盤研究(C)1600000
職歴
1986-04 -- 1988-03富士通株式会社 システムエンジニア(医療分野)
1991-10 -- 1993-03工業技術院機械技術研究所 科学技術庁科学技術特別研究員
1993-04 -- (現在)筑波大学 講師
学歴
-- 1984国際基督教大学 教養学部 理学科卒業
-- 1986筑波大学 医科学研究科 医科学専攻修了
-- 1992筑波大学 医学研究科 生理系修了
取得学位
1992-03博士(医学)筑波大学
所属学協会
-- (現在)日本細胞生物学会
-- (現在)日本人工臓器学会
-- (現在)日本生体医工学会
-- (現在)日本微小循環学会
受賞
2007Yoshimi Memorial T.M.P. Grant
2005日本バイオレオロジー学会論文賞
1993日本エム・イー学会 松尾賞
1992日本エム・イー学会ポスターコンペティション優秀賞
論文
  • 円錐 : 平板型回転粘度計を用いた汎用性の高い抗血栓性材料のスクリーニング法
    古川 克子; 大川 敬子; 柳 健一; 牛田 多加志; 立石 哲也; 大...
    日本バイオレオロジー学会年会抄録集/18/pp.62-62, 1995-06
  • 腹膜播種性腫瘍モデルにおける腸間膜微小血管網の血流動態の解析
    柳 健一; 鈴木 俊繁; 大川 敬子; 大島 宣雄
    日本バイオレオロジー学会年会抄録集/19/pp.52-52, 1996-06
  • 血液有形成分の挙動のバイオメカニクス : 選択的可視化法による観察
    大島 宣雄; 柳 健一; 大川 敬子; 鈴木 俊繁; 夏井 裕昭
    日本バイオレオロジー学会年会抄録集/20/p.5, 1997-06
  • 代謝型人工肝臓の医工学的問題点
    大島宣雄; 大川敬子
    日本臨牀/43/p.2617-2621, 1985-01
  • ヒドロゲルで包理した肝細胞の凍結保存法確立のための予備的検討
    田村容子; 大川敬子; 岡崎さつき; 中西毅; 大島宣雄
    人工臓器/16/p.924-927, 1987-01
  • 回転円板型モジュールを用いた代謝型肝機能補助装置 (共著)
    大川敬子; 田村容子; 大島宣雄
    人工臓器/16/p.966-968, 1987-01
  • 回転円板型肝機能補助装置の性能評価
    柳健一; 大川敬子; 水野秀一; 大島宣雄
    人工臓器/18/p.1273-1276, 1989-01
  • Performance of a new type hybrid artificial liver support system using hepatocytes entrapped within a hydrogel (共著)
    Yanagi K; Ookawa K; Mizuno S; Ohshima N
    Trans Am Soc Artif Intern Organs/35(3)/pp.570-572, 1989-01
  • ずり応力に対する培養内皮細胞の反応
    佐藤正明; 大川敬子; Nerem RM; 大島宣雄
    脈管学/30/p.1153-1156, 1990-01
  • Emigration of activated leukocytes augments transvascular permeability in mesenteric venules of rat. (共著)
    Ookawa K; Sato M; Ohshima N
    in vivo/5/p.349-354, 1991-01
  • Changes in microstructure of cultured porcine aortic endothelial cells in the early stage after applying fluid-imposed shear stress.
    Ookawa K; Sato M; Ohshima N
    J Biomech/25/p.1321-1328, 1992-01
  • Platelet thrombi produced on cultured endothelial cells by the dye/light method. (共著)
    Sato M; Onohara M; Ookawa K; Ohshima N
    Biorheology/29/p.489-498, 1992-01
  • Morphological changes of endothelial cells after exposure to fluid-imposed shear stress : Differential responses induced by extracellular matrices
    Ookawa K; Sato M; Ohshima N
    Biorheology/30/p.131-140, 1993-01
  • Time course changes in cytoskeletal structures of cultured endothelial cells exposed to shear stress. (共著)
    Ookawa K; Sato M; Ohshima N
    Frontiers Biol Med Engng/5/p.127-131, 1993-01
  • 多孔質樹脂を担体とする肝実質・非実質細胞のcoculture
    三好浩稔; 柳健一; 大川敬子; 大島宣雄
    人工臓器/23/p.479-484, 1994-01
  • Kinetic analyses of the performance of a hybrid-type artificial liver support system utilizing isolated hepatocytes
    Ohshima N; Shiota M; Kusano H; Wada G; Tsunetsugu T; Ooka...
    Mat Sci Eng C/1/p.79-85, 1994-01
  • 微小循環動態の可視化によるshear stressの評価
    大川敬子; 大島宣雄
    現代医療/27/p.3527-3532, 1995-01
  • Flow visualization of the microcirculation in solid tumor tissues : Intravital microscopic observation of blood circulation by use of a confocal laser scanning microscope.
    Suzuki T; Yanagi K; Ookawa K; Hatakeyama K; Ohshima N.
    Frontiers Med Biol Engng/7/p.253-263, 1996-01
  • 経血管治療用カテーテルによる血管内皮傷害のin vitro評価システムの開発
    菅原理裕; 大川敬子; 大島宣雄
    人工臓器/27/p.514-518, 1998-01
  • Blood flow and leukocyte adhesiveness are reduced in the microcirculation of a peritoneal disseminated colon carcinoma
    Suzuki T; Yanagi K; Ookawa K; Hatakeyama K; Ohshima N.
    Ann Biomed Engng/26/p.803-811, 1998-01
  • Hepatocyte culture utilizing porous polyvinyl formal resin maintains long-term stable albumin secretion activity
    Miyoshi H; Ookawa K; Ohshima N.
    J Biomat Sci Polymer Edition/9/p.227-237, 1998-01
  • Especially Polymorphonuclear leulcocytes but also monomorphormclear leukocytes, roll spontaneously in veuules of intact rat skin : involvement of E-selectin
    oude Egbrink MGA; Janssen GHGW; Ookawa K; Slaaf DW; Renem...
    Journal of Investigative Dermatology/118/p.323-326, 2002-01
  • 管内流れの動態と内皮細胞の増殖能に及ぼすステントの形状の影響
    赤川英毅; 大川敬子; 大島宣雄
    日本バイオレオロジー学会誌B&R/19/p.142-151, 2005-01
  • Evaluation of polydimethylsiloxane scaffolds with physiologically-relevant elastic moduli: interplay of substrate mechanics and surface chemistry effects on vascular smooth muscle cell response.
    Brown XQ; Ookawa K; Wong JY.
    Biomaterials/26/pp.3123-3129, 2005-01
  • Intravital microscopic observation of hemodynamic changes of vasa nervorum accampanying local heat stimulation
    Takagi K; Yamaguchi S; Ookawa K; Ohshima N
    Microcirc Ann/21/p.65-66, 2005-01
著書
  • 粥状硬化の成因における流れの因子の役割ー培養血管内皮細胞を用いた検討
    大川 敬子
    1992-03
  • 活性化した白血球の細静脈への粘着と物質透過性
    佐藤正明; 大川敬子; 大島宣雄
    1992-01
  • Effects of shear stress on cytoskeletal structure ad physiological functions of cultured endothelial cells.
    Ohshima N; Ookawa K
    1994-01
  • Development of a new shear flow apparatus to evaluate platelet-biomaterial interactions.
    Furukawa K; Ookawa K; Ushida T; Tateishi T; Ohshima N
    1997-01
  • Hepatocyte culture utilizing porous polyvinyl formal resin maintains long-term stable albumin secretion activity.
    Miyoshi H; Ookawa K; Ohshima N
    1998-01
  • Biomechanical considerations of the design of endovascular stents : effect of coil-pitch on intraluminal flow movement
    Akagawa E; Ookawa K; Ohshima N
    2002-01
知的財産権
  • 体内管腔部の狭窄部位の開存を確保するためのステント
    大川 敬子
担当授業科目
2017-04 -- 2017-06専門語学(英語)A筑波大学
2017-04 -- 2017-08Advanced Exercise on Public Health筑波大学
2017-10 -- 2018-02Advanced Exercise on Public Health筑波大学
2017-04 -- 2017-08インターンシップII筑波大学
2017-10 -- 2018-02インターンシップII筑波大学
2017-10 -- 2017-12医療情報管理学筑波大学
2017-10 -- 2018-02基礎医科学演習筑波大学
2017-04 -- 2017-08基礎医科学演習筑波大学
2017-04 -- 2017-06医工学概論筑波大学
2018-01 -- 2018-01医用工学実習筑波大学

(最終更新日: 2017-05-31)