現在地

渋谷 彰(シブヤ アキラ; Shibuya, Akira)

所属
生命領域学際研究センター
職名
教授
生年月
1955-07
eメール
 
電話
029-853-3281
Fax
029-853-3410
研究分野
免疫学
血液内科学
研究キーワード
免疫学・血液学
研究課題
リン脂質リポソームを用いた気道過敏症の治療法の開発2016 -- 2016渋谷 彰日本学術振興会/挑戦的萌芽研究3380000
抑制性免疫受容体による自然免疫応答の制御機構の解明2016 -- 2020渋谷 彰日本学術振興会/基盤研究(S)185380000
抑制性免疫受容体による自然免疫応答の制御機構の解明2016 -- 2018渋谷 彰日本学術振興会/基盤研究(A)44070000
免疫受容体の機能解析2014-10 -- 2017-09渋谷 彰小野薬品工業株式会社/企業からの受託研究23760000
免疫受容体の機能解析2013-10 -- 2014-09渋谷 彰小野薬品工業株式会社/企業からの受託研究7920000
免疫受容体の機能解析2012-10 -- 2013-09渋谷 彰小野薬品工業株式会社/企業からの受託研究8820000
免疫受容体の機能解析2011-10 -- 2012-09渋谷 彰小野薬品工業株式会社/企業からの受託研究8800000
免疫受容体の機能解析2010-07 -- 2011-06渋谷 彰小野薬品工業株式会社/企業からの受託研究8800000
免疫関連分子を標的とした抗体創薬に関する研究2013-12 -- 2017-12渋谷 彰中外製薬株式会社/企業からの受託研究14916000
ヒト化マウスを用いたエンドトキシンショックの新規治療法開発のための基礎研究2015 -- 2015渋谷 彰日本学術振興会/挑戦的萌芽研究3640000
職歴
2013-04 -- (現在)筑波大学グローバル教育院 ヒューマンバイオロジープログラムリーダー
2012-04 -- (現在)筑波大学 若手研究者育成推進委員会委員長
2007-04 -- 2009-03筑波大学 基礎医学系長
2014-04 -- (現在)筑波大学 生命領域学際研究センター 教授
1981-04 -- 1985-01社会福祉法人三井記念病院 医員
1985-02 -- 1987-03筑波大学附属病院 内科 医員
1987-04 -- 1989-03都立墨東病院 医師
1989-04 -- 1993-03筑波大学 臨床医学系内科 講師
1993-04 -- 1996-08DNAX分子細胞生物学研究所 アメリカ合衆国 研究員
1996-08 -- 1998-03岡山大学 医学部寄生虫(免疫学) 講師
学歴
-- 1981北海道大学 医学部 医学科卒業
取得学位
博士(医学)筑波大学
免許資格等
1981-05医師免許
1984日本内科学会認定内科医
1985日本内科学会認定内科専門医
1987日本血液学会認定血液認定医
1991日本血液学会認定血液指導医
所属学協会
2011-10 -- (現在)日本学術会議連携会員
-- (現在)American Association of Immunologists
-- (現在)日本癌学会
1991-04 -- (現在)日本血液学会
1985-10 -- (現在)日本内科学会
1993-04 -- (現在)日本免疫学会
受賞
2015-11-24つくば賞
2012-03-09上原記念生命科学財団特定研究奨励賞
2009-02-24高松宮妃癌研究基金研究奨励賞
2007-03-15大山健康財団学術研究助成奨励賞
2007-03-09上原記念生命科学財団研究奨励賞
2005-11-01日本医師会医学研究助成費
1998旭硝子財団課題研究奨励賞
1998内藤医学研究振興財団研究奨励賞
1997金原一郎記念医学医療振興財団研究奨励賞
1997持田記念医学薬学振興財団研究奨励賞
1996Hajime Memorial Award(The Best Fellow of the Year at DNAX)
1993山下太郎記念学術賞
論文
  • Development and Characterization of Novel Monoclonal Antibodies Against Human DNAM-1
    Okumura Genki; Abe Fumie; Hirochika Rei; Shibuya Akira; K...
    Monoclonal antibodies in immunodiagnosis and immunotherapy/Epub, 2017-05
  • Long-term survival of the mouse ES cell-derived mast cell, MEDMC-BRC6, in mast cell-deficient Kitw-sh/w-sh mice
    Shibagaki Shohei; Tahara-Hanaoka Satoko; Hiroyama Takashi...
    International immunology/Epub, 2017-04
  • シンポジウム1-1 常在細菌叢によるバリア組織の恒常性維持
    澁谷 彰; 小田 ちぐさ
    日本臨床免疫学会会誌/39(4)/pp.287-287, 2016
  • Immunoreceptor CD300a on mast cells and dendritic cells regulates neutrophil recruitment in a murine model of sepsis
    Udayanga K G S; Nakamura Y; Nakahashi-Oda C; Shibuya A
    Int Immunol/28(12)/pp.611-615, 2016-11
  • Allergin-1 inhibits TLR2-mediated mast cell activation and suppresses dermatitis
    Tsurusaki S; Tahara-Hanaoka S; Shibagaki S; Miyake S; Ima...
    Int Immunol/28(12)/pp.605-609, 2016-11
  • CD155 (PVR/Necl5) mediates a costimulatory signal in CD4(+) T cells and regulates allergic inflammation
    Yamashita-Kanemaru Y.; Bernhardt G.; Shibuya A.; Shibuya K.
    EUROPEAN JOURNAL OF IMMUNOLOGY/46(1:SI)/pp.997-997, 2016-08
  • Identification and characterization of CD300H, a new member of the Human CD300 immunoreceptor family
    Niizuma K.; Tahara-Hanaoka S.; Noguchi E.; Shibuya A.
    EUROPEAN JOURNAL OF IMMUNOLOGY/46(1:SI)/pp.834-834, 2016-08
  • Apoptotic epithelial cells control the abundance of regulatory T cells at barrier surfaces
    Nakahashi-Oda C.; Udayanga K. G. S.; Nakamura Y.; Nakazaw...
    EUROPEAN JOURNAL OF IMMUNOLOGY/46(1:SI)/pp.776-777, 2016-08
  • 上皮細胞死による制御性T細胞数の制御
    中澤 優太; 小田(中橋)ちぐさ; 渋谷 彰
    臨床免疫・アレルギー科/66(4)/pp.381-387, 2016-10
  • 腸内細菌と呼吸器疾患
    藤山 聡; 渋谷 彰
    成人病と生活習慣病/45(12)/pp.1537-1544, 2015-12
  • Improved protocol for the isolation of naïve follicular dendritic cells
    Sato K; Honda SI; Shibuya A; Shibuya K
    Mol Immunol/78/pp.140-145, 2016-09
  • TLR4と免疫受容体MAIR-IIは炎症性単球の感染局所への集積を促進する
    戸塚 直也; 渋谷 彰
    医学のあゆみ/254((4)/pp.303-304, 2015-07
  • 常在菌叢によるバリア上皮の細胞死とアレルギー炎症応答の制御
    小田 ちぐさ; 渋谷 彰
    最新医学社/71(9)/pp.1815-1821, 2016-09
  • アポトーシスによる免疫制御
    中澤 優太; 小田(中橋)ちぐさ; 渋谷 彰
    Thrombosis Medicine/6(3)/pp.192-197, 2016-09
  • 免疫応答におけるDNAM-1の役割
    金丸 由美; 渋谷 和子; 渋谷 彰
    臨床免疫・アレルギー科/66(2)/pp.177-183, 2016-08
  • Increased soluble CD155 in the serum of cancer patients
    Iguchi-Manaka A; Okumura G; Kojima H; Cho Y; Hirochika R;...
    PLoS One/11(4)/p.e0152982, 2016
  • Increased soluble CD155 in the serum of cancer patients
    Iguchi-Manaka A; Okumura G; Kojima H; Cho Y; Hirochika R;...
    PLoS One/11(4)/p.e0152982, 2016
  • Soluble DNAM-1, as a predictive biomarker for acute graft-versus-host disease
    Kanaya M; Shibuya K; Hirochika R; Kanemoto M; Ohashi K; O...
    PLoS One/11(6)/p.e0154173, 2016-06
  • CD155 (PVR/Necl5) Mediates a Costimulatory Signal in CD4+ T cells and Regulates Allergic Inflammation
    Yumi Kanemaru; Yuichi Takahashi; Yinan Wang; Satoko Tahar...
    J Immunol, 2015-06
  • Increased CD112 expression in methylcholanthrene-induced tumors in CD155-deficient mice.
    Yoko Nagumo; Akiko Iguchi-Manaka; Kanemaru Yumi; Fumie Ab...
    PLos One, 2014-11
  • Establishment and characterization of a novel anti-DNAM-1 monoclonal antibody
    Kanemaru Yumi; Fumie Abe; Rei Hirochika; Satoko Tahara-Ha...
    Monoclonal Antibodies in Immunodiagnosis and Immunotherapy, 2013
  • Overexpression of RORγt under control of the CD2 promoter induces polyclonal plasmacytosis and autoantibody production in transgenic mice
    Keigyou Yoh; Naoki Morito; Masami Ojima; Kazuko Shibuya; ...
    Eur J Immunol, 2012-08
  • Critical role of DNAX accessory molecule-1 (DNAM-1) in the development of acute graft-versus-host disease in mice
    Tsukasa Nabekura; Kazuko Shibuya; Eri Takenaka; Hirayasu ...
    Proc Natl Acad Sci, USA, 2010-10
  • Accelerated tumor growth in mice deficient in DNAM-1 receptor
    Akiko Iguchi; Kai Hirayasu; Kanemaru Yumi; Kai Shibata; S...
    J Exp Med, 2008-12
  • LFA-1 decreases the antigen dose for T cell activation in vivo
    Yinan Wang; Kazuko Shibuya; Kanemaru Yumi; Jun Shirakawa;...
    Int Immunol, 2008-09
著書
  • リンパ球接着分子DNAM-1(CD226)のリガンドの同定とその機能
    田原聡子; 渋谷和子; 渋谷彰
    リンパ球接着分子DNAM-1(CD226)のリガンドの同定とその機能, 2005-12
会議発表等
  • 乳癌における可溶型CD155の発現解析
    井口 研子; 渋谷 和子; 市岡 恵美香; 都島 由希子; 池田...
    日本乳癌学会学術総会/2017-07-13
  • Involvement of DNAM-1 (CD226) expressed on small peritoneal macrophages in antigen presentation
    Vo AV; Takenaka E; Yamashita-Kanemaru Y; Shibuya A; Shibu...
    第45回日本免疫学会総会・学術集会/2016-12-05
  • Involvement of DNAM-1 (CD226) expressed on small peritoneal macrophages in antigen presentation
    Vo AV; Takenaka E; Yamashita-Kanemaru Y; Shibuya A; Shibu...
    第45回日本免疫学会総会・学術集会/2016-12-05
  • Development of molecular targeted therapy for human acute GVHD in humanized mice
    Okumura G; Abe F; Ito M; Shibuya A; Shibuya K
    第45回日本免疫学会総会・学術集会/2016-12-05
  • Development of molecular targeted therapy for human acute GVHD in humanized mice
    Okumura G; Abe F; Ito M; Shibuya A; Shibuya K
    第45回日本免疫学会総会・学術集会/2016-12-05
  • The regulatory role of Allergin-1 in autoantibody production
    Iizuka A; Segawa S; Kaneko S; Yokosawa M; Kondo Y; Tahara...
    第45回日本免疫学会総会・学術集会/2016-12-05
  • Identification and characterization of CD300H, a new member of the Human CD300 immunoreceptor family
    Niizuma K.; Tahara-Hanaoka S.; Noguchi E.; Shibuya A.
    International Congress of Immunology (ICI)/2016-08-21--2016-08-26
  • Apoptotic epithelial cells control the abundance of regulatory T cells at barrier surfaces
    Nakahashi-Oda C.; Udayanga K. G. S.; Nakamura Y.; Nakazaw...
    International Congress of Immunology (ICI)/2016-08-21--2016-08-26
  • Expression of soluble CD155 in breast cancer
    Iguchi Akiko; Akira Shibuya; Kazuko Shibuya
    第75回日本癌学会学術総会/2016-10-6--2016-10-8
  • Apoptotic epithelial cells control the abundance of regulatory T cell at barrier surfaces
    Nakazawa Y; Nakahashi-Oda C; Nakamura Y; Udayanga KGS; Sh...
    Immune Profiling in Health and Disease/2016-10-03
  • CD155 (PVR/Necl5) mediates a costimulatory signal in CD4+ T cells and regulates allergic inflammations
    Yumi-Yamashita Kanemaru; Günter Bernhardt; Akira Shibuya;...
    16th International Congress of Immunology/2016-08-21--2016-08-26
  • ヒト化マウスを用いた抗ヒトDNAM-1抗体によるヒト急性GVHDの治療法開発
    渋谷 和子; 阿部 史枝; 伊藤 守; 渋谷 彰
    第8回血液疾患免疫療法学会学術集会/2016-09-03
  • CD155を介したTh1分化促進機構と生体内機能の解明
    金丸 由美; 渋谷 和子; 渋谷 彰
    第29回 自己免疫研究会/2014-07
  • A co-stimulatory molecule CD155 on CD4+ T cells regulates allergic reactions by induction of interferon-γ-dependent Th1 development
    Yumi Kanemaru; Yuichi Takahashi; Yinan Wang; Akira Shibuy...
    第42回 日本免疫学会総会・学術集会/2013-12
  • CD155 mediates a costimulatory signal for Th1 development and is involved in the development of allergic diseases
    Yumi Kanemaru; Yuichi Takahashi; Fumie Abe; Akira Shibuya...
    JST-CREST International Symposium/2013-02
  • CD155 is a co-stimulatory molecule involved in Th1 differentiation
    Yumi Kanemaru; Yuichi Takahashi; Fumie Abe; Akira Shibuya...
    第41回 日本免疫学会総会・学術集会/2012-12
  • CD155 (poliovirus receptor) のTh1分化における役割と疾患への関与
    金丸 由美; 高橋 勇一; 王 軼楠; 渋谷 彰; 渋谷 和子
    第22回 KTCC/2012-07
  • The role of CD155, a novel co-stimulatory molecule in CD4+ T cells, in contact dermatitis
    Yumi Kanemaru; Yuichi Takahashi; Yinan Wang; Aya Yoshioka...
    第40回 日本免疫学会総会・学術集会/2011-11
  • Identification and characterization of the poliovirus receptor (CD155) as a novel co-stimulatory molecule in CD4+ T cells
    Yumi Kanemaru; Yinan Wang; Aya Yoshioka; Tsukasa Nabekura...
    14th International Congress of Immunology/2010-08
  • 腫瘍免疫監視機構における細胞接着分子DNAM-1の機能
    金丸 由美; 井口研子; 渋谷和子; 渋谷彰
    第1回 造血器腫瘍免疫療法研究会学術集会/2009-08
  • Accelerated tumor growth in mice deficient in DNAM-1 receptor
    Akiko Iguchi; Hirayasu Kai; Kanemaru Yumi; Kazuko Shibuya...
    NK2008 11th Meeting of the Sociaty for Natural Immunity/2008-10
  • A novel role of CD155 as a co-stimulatory molecule on CD4+ helper T cells in mice
    Yumi Kanemaru; Yinan Wang; Satoko Tahara-Hanaoka; Shin-ic...
    第38回 日本免疫学会総会・学術集会/2008-12
  • Functional analysis of RORγT-overexpressing transgenic mice
    Yoh Keigyou; Kazuko Shibuya; Naoki Morito; Masami Ojima; ...
    第38回 日本免疫学会総会・学術集会/2008-12
  • Th1免疫応答におけるDNAM-1 (CD226)の役割/Critical role of DNAM-1 (CD226) in the development of Th1 cells
    Hirayasu Kai; Akiko Iguchi; Yinan Wang; Yumi Kanemaru; Te...
    第37回 日本免疫学会総会・学術集会/2007-11
  • LFA-1 increases the TCR signal strength that determine IL-12-independent Th1 development from naïve CD4+ T cells
    Yinan Wang; Kazuko Shibuya; Tadashi Yokosuka; Yumi Kanema...
    第36回 日本免疫学会総会・学術集会/2006-12
知的財産権
  • 移植片対宿主病予知マーカーおよびその利用
    渋谷 彰; 小島 寛
  • 移植片対宿主病予知マーカーおよびその利用
    渋谷 彰; 小島 寛
  • 移植片対宿主病予知マーカーおよびその利用
    渋谷 彰; 小島 寛
  • 移植片対宿主病予知マーカーおよびその利用
    渋谷 彰; 小島 寛
  • 移植片対宿主病予知マーカーおよびその利用
    渋谷 彰; 小島 寛
担当授業科目
2016-10 -- 2017-02医科学専門語学 II筑波大学
2016-10 -- 2017-02医科学セミナーIII(免疫学)筑波大学
2016-10 -- 2017-02キャリアマネジメント学習筑波大学
2016-10 -- 2017-02ヒューマンバイオロジー研究 I筑波大学
2016-10 -- 2017-02ヒューマンバイオロジー実験実習 I筑波大学
2016-10 -- 2017-02ヒューマンバイオロジー演習 I筑波大学
2016-10 -- 2017-02ヒューマンバイオロジー特論 I筑波大学
2016-10 -- 2017-02海外企業におけるインターンシップ上級コース筑波大学
2016-10 -- 2017-02海外企業におけるインターンシップ筑波大学
2016-10 -- 2017-02ヒューマンバイオロジー研究 II筑波大学
一般講演
  • バリア組織の細胞死とアレルギー、炎症
    渋谷 彰
    Liver 2017 第13回肝免疫・ウイルス・フロンティア/2017-04-08
  • 上皮の細胞死によるバリア組織の恒常性の制御
    渋谷 彰; 小田 ちぐさ
    第35回サイトプロテクション研究会/2017-03-10
  • 常在細菌叢によるバリア組織の恒常性維持
    渋谷 彰; 小田 ちぐさ
    第66回日本アレルギー学会学術大会/2017-06-16
  • Inhibitory Immunoreceptors in Inflammation and Allergy
    Shibuya Akira
    京都大学医学研究科 免疫・アレルギー・感染コース リトリート/2016-11-19
  • バリア組織の細胞死とアレルギー、炎症疾患
    渋谷 彰
    Advanced Seminar Series on Microbiology and Immunology/2017-02-16
  • 抑制性免疫受容体による疾患制御
    渋谷 彰
    タイムシグナルと制御シンポジウム/2016-06-11
  • 死細胞によるアレルギー、炎症応答の制御
    渋谷 彰
    千里ライフサイエンスセミナーK4 「ワクチン、アジュバント開発研究の最前線」/2016-11-15
  • 抑制性免疫受容体によるアレルギー炎症疾患の制御
    渋谷 彰
    Legend Seminar/2016-09-15
  • 抗生物質による腸内細菌バランスの乱れと喘息
    渋谷 彰
    第63回日本実験動物学会/2016-05-18
  • 常在細菌叢によるバリア組織の恒常性維持
    渋谷 彰; 小田 ちぐさ
    第44回日本臨床免疫学会総会/2016-09-08
  • 免疫グロブリン様受容体と疾患
    渋谷 彰
    第35回神戸ラボ全体研究会議/2016-03-25
  • キラーリンパ球による免疫応答
    渋谷 彰
    学部講義/2016-06-14
  • 難治疾患の克服を目指した免疫受容体の研究
    渋谷 彰
    第12回江崎玲於奈賞・第26回つくば賞・第25回つくば奨励賞 授賞式・受賞記念講演会/2015-11-24
  • 複合領域型(生命健康)ヒューマンバイオロジー学位プログラム
    渋谷 彰
    博士課程教育リーディングプログラムフォーラム2015/2015-10-24
  • 難治疾患の克服を目指した免疫受容体の研究
    渋谷 彰
    (財)茨城県科学技術振興財団 つくば賞受賞記念 特別講演会/2015-11-25
  • 抗生物質による腸内細菌バランスの乱れと喘息
    渋谷 彰
    免疫ふしぎ未来/2015-08-09
  • 腫瘍免疫監視とリンパ球接着分子DNAM-1
    渋谷 彰
    先端生命セミナー/2009-10-30
  • 抑制性免疫受容体による肥満細胞の活性化制御
    渋谷 彰
    BD学術セミナー2011免疫学の最前線/2011-09-02
  • アレルギー、炎症応答と抑制性受容体
    渋谷 彰
    第26回千葉基礎・臨床免疫セミナー/2014-05-22
  • Molecular and functional characterization of Fc(alpha)/(mu) receptor
    Shibuya A
    University of California, San Francisco/2003-6-28--2003-07-01
  • CD226 as a novel Target for Autoimmune Diseases
    Shibuya A
    Beijing Novo Nordisk Pharmaceuticals Science & Technology Co., Ltd, Beijing/2011-02-24
  • 筑波大学におけるテニュアトラック制度
    渋谷 彰
    テニュアトラック国際シンポジウム/2012-11-05
  • FACSによる腸管免疫細胞の機能解析
    渋谷 彰
    JAXA宇宙医学生物学研究室勉強会/2009-10-13
  • アレルギー炎症応答と抑制性免疫受容体
    渋谷 彰
    生命領域学際研究センター設立20周年記念シンポジウム/2014-12-09
  • 免疫とがん、アレルギー、炎症
    渋谷 彰
    第14回筑波大学技術職員 技術発表会/2015-03-10
学協会等委員
2017-04 -- 2017-04アステラス製薬株式会社 研究本部 キャンディデートディスカバリー研究所指導・助言
2017-06 -- 2017-08金沢大学がん進展制御研究所ピアレビュアー
2016-12 -- 2017-11日本学術振興会科学研究費委員会委員
2016-04 -- 2018-03京都大学 次世代研究創成ユニット京阪神次世代グローバル研究リーダー育成コンソーシアム事業 外部評価委員
2015-12 -- 2016-11日本学術振興会科学研究費委員会委員
2015 -- 2016日本リウマチ学会学会賞選考委員
2015-04 -- 2016-03国際サイトカイン学会(ICIS)プログラム委員
2015-04 -- 2015-04文部科学省平成27年度科学研究費補助金「新学術領域研究(研究領域提案型)」(新規の研究領域)審査委員
2015-04 -- 2018-03東京医科歯科大学非常勤講師
2014-12 -- 2018-12日本免疫学会理事

(最終更新日: 2017-06-22)