現在地

本田 克也(ホンダ カツヤ; Honda, Katsuya)

所属
医学医療系
職名
教授
研究分野
法医学
ゲノム医科学
研究キーワード
医学史研究
法医学
DNA鑑定法
ミトコンドリアDNA解析
性染色体DNA多型
法医中毒学(ガス中毒等)
研究課題
毛髪からのDNA型検出1987-04 -- (現在)/ゲノム関係研究
ミトコンドリアDNAの塩基変異の検出1988 -- (現在)/ゲノム科学研究
性染色体異常症のDNA解析1998 -- (現在)/ゲノム科学研究
マイクロダイゼクタを用いた、突然死事例における脳組織のミトコンドリアゲノム解析 2005 -- 2007日本学術振興会/基盤研究(C)4,750,000円
ミトコンドリアDNA・呼吸鎖関連領域の多型と発現解析による低酸素性急死事例の研究2003 -- (現在)日本学術振興会/基盤研究(C)3,500,000円
ミトコンドリアDNA変異領域のシークエンスパターンによる人種の鑑別1996 -- 1997日本学術振興会/基盤研究(C)10,000,000円
職歴
1990-10 -- (現在)東京都 監察医
1993-04 -- 2000-03大阪府 監察医
1994-04 -- 1996-03兵庫県 監察医
学歴
1975-04 -- 1979-03筑波大学 人間学類 心理学卒業
1985-04 -- 1992-03筑波大学 医学専門学群 医学類卒業
-- 1991筑波大学 医学研究科 法医学修了
取得学位
医学博士筑波大学
免許資格等
1987-05-25医師免許
1990-03-25死体解剖資格
所属学協会
2018-04 -- (現在)日本産業衛生学会
2018-03 -- (現在)日本内科学会
2018-03 -- (現在)日本人間ドッグ学会
2018-03 -- (現在)日本プライマリケア連合学会
-- (現在)DNA多型学会
-- (現在)ISFH
2006 -- (現在)医学史学会
-- (現在)日本中毒学会
2008 -- (現在)日本微量元素学会
-- (現在)日本法医学会
受賞
2010-032009 Best Faculty Award
論文
  • Enhancement of the PCR with the Trace Element
    本田 克也
    Journal of Forensic Medicine/pp.1026-1026, 2017-03
  • Purification and concentration of DNA using L-fucose-specific lectin
    Honda Katsuya
    Forensic Sci Int Genet Suppl. Ser/6/pp.e177-e179, 2017-12
  • 「生命」を診断するとは
    本田 克也
    茨城県医師会報/757/pp.32-33, 2017-01
  • Semiquantitative screening of trace combustion-derived volatile substances in the blood of fire victims using NeedlEx(®) headspace gas chromatography/mass spectrometry
    Suzuki Yasuhito; Ishizawa Fujio; Honda Katsuya
    Forensic science international/278/pp.228-239, 2017-07
  • Detection of a novel X-chromosomal short tandem repeat marker in Xq28 in four ethnic groups
    Honda Katsuya; Nishi Takeki; Nakamura Takako
    LEGAL MEDICINE/19/pp.43-46, 2016-05
  • Application of NeedlEx to the analysis of N-methyl O-aryl carbamates in urine and serum samples.
    Honda Katsuya
    J Forensic Toxicol Pharmacol, 2016-05
  • DNA extraction for short tandem repeat typing from mixed samples using anti-human leukocyte CD45 and ABO blood group antibodies
    Shizue Yano; Katsuya Honda; Junko Kaminiwa; Takeki Nishi;...
    Forensic Science International: Genetics/10/pp.17-22, 2014-05
  • 次代を担う看護学生・医学生への医学概論教育講座39
    本田 克也
    季刊 総合看護/47(4)/pp.5-12, 2012-11
  • 次代を担う看護学生・医学生への医学概論教育講座38
    本田 克也
    季刊 総合看護/47(3)/pp.33-48, 2012-08
  • 次代を担う看護学生・医学生への医学概論教育講座37
    本田 克也
    季刊 総合看護/47(2)/pp.5-16, 2012-05
  • 次代を担う看護学生・医学生への医 学概論教育講座36
    本田 克也
    季刊 総合看護/47(1)/pp.59-75, 2012-02
  • The Ashikaga case of Japan—Y-STR testing used as the exculpatory evidence to free a convicted felon after 17.5 years in prison
    Honda Katsuya
    Forensic Science International: Genetics/6/pp.e1-e2, 2012-08
  • Application of a novel multiplex polymerase chain reaction system for 12 X-chromosomal short tandem repeats to a Japanese population study
    Nishi Takeki; Kurosu Akira; Sugano Yukiko; Kaminiwa Junko...
    LEGAL MEDICINE/15(1)/pp.43-46, 2013-01
  • 「生命の歴史」はいかにして構築されたか(2)ダーウィン『種の起源』が提起した難問とその論争をめぐって
    本田 克也
    学城/(8)/pp.126-144, 2011-01
  • 「生命の歴史」はいかにして構築されたか(1)ダーウィン『種の起源』が提起した難問とその論争をめぐって
    本田 克也
    学城/(7)/pp.137-150, 2010-01
  • 各種VNTRプライマーを用いたAMPFLPの検討
    本田克也; 勝山善彦; 内山茂晴; 杉山英子; 太田正穂; 福島弘文
    DNA多型/1/p.75-80, 1993-04
  • Nested amplification of COL2A1 3' variable region in skeletal remains.
    Katsuya Honda
    Japanese Journal of Legal Medicine/48(2)/p.156-160, 1994-01
  • Sex identification of old skeletal remains by DNA analysis : the report of three cases.
    Katsuya Honda
    Japanese jornal of Legal Medicine/48(5)/p.349-356, 1994-01
  • 法医学・人類学における遺伝子診断
    本田克也
    バイオテラピイ/9(9)/p.1096-1102, 1995-01
  • Amplification and detection of the VNTR locus D4S95 in a Japanese population
    Katsuya Honda
    International Journal of Legal Medicine/108/p.43-44, 1995-01
  • Allele frequency distribution of the locus D17S30(YNZ22)in the Japanese population
    Katsuya Honda
    Romanian Journal of Legal Medicine/3(2)/p.123-128, 1995-01
  • Detection of D1S80(pMCT118)locus polymorphism Using Semi-nested polymerase Chain reaction in skeletal remains
    Katsuya Honda
    Journal of Forensic Sciences/40(4)/p.637-640, 1995-01
  • Recovery and identification of skeletal remains by DNA exthracted from various hard tissnes
    Katsuya Honda
    Act Crim Japan/60(6)/p.251-259, 1995-01
  • Detection of Seguence Variants in hypersensitive Segments of mitochondrial DNA in the asian population
    Katsuya Honda
    Advances in forensic haemogenetics/6/p.29-31, 1997-01
  • Detection of male specific DNA in vaginal swabs to certify sexnal offences
    Katsuya Honda
    INPALMS/3/p.316-317, 1997-01
著書
  • 法医学の司法への貢献はいかにあるべきか
    本田 克也
    刑事司法への問い, 岩波書店, pp.139-145, 2017-02
  • DNA鑑定を科学的に理解するために
    本田 克也
    捜査と弁護, 佐藤博史, pp.23-40, 2017-08
  • DNA鑑定は魔法の切札か -科学鑑定を用いた刑事裁判の在り方-
    本田 克也
    現代人分社, 2018-02
  • DNA 鑑定はどこまで正当か 証拠としてのDNA鑑定はいかにあるべきか
    Honda Katsuya
    季刊 刑事弁護, pp.156-164, 2017-04
  • DNA 鑑定はどこまで正当か 混合試料や劣化試料の鑑定はどこまで解釈できるか(4)
    Honda Katsuya
    季刊 刑事弁護, pp.176-185, 2017-01
  • 法医学の司法への貢献はいかにあるべきか
    Honda Katsuya
    刑事司法への問い, 岩波書店, pp.139-145, 2017-02
  • DNA 鑑定はどこまで正当か 混合試料や劣化試料の鑑定はどこまで解釈できるか(3)
    Honda Katsuya
    季刊 刑事弁護, pp.143-149, 2016-10
  • DNA鑑定はどこまで正当か 混合試料や劣化試料の鑑定はどこまで解釈できるか(2)
    Honda Katsuya
    季刊 刑事弁護, pp.180-186, 2016-07
  • DNA鑑定はどこまで正当か 混合試料や劣化試料の鑑定はどこまで解釈できるか(1)
    Honda Katsuya
    季刊 刑事弁護, pp.150-157, 2016-04
  • DNA鑑定はどこまで正当か DNA鑑定の正しい適用とその解釈(3)ー 確率的評価の正しい適用(1)
    Honda Katsuya
    季刊 刑事弁護, pp.140-147, 2016-01
  • 医学教育概論(6)
    本田 克也
    現代社, 2016-01
  • 消化器系1-3、泌尿生殖器系
    本田 克也
    すべてわかる人体解剖図, 日本文芸社, pp.67-75, 2011-12
  • X染色体q28領域におけるSTR多型の検出と解析
    本田 克也
    DNA多型21, pp.149-153, 2013-05
  • 個人識別DNA検査
    本田 克也
    遺伝子検査学, 本田克也, pp.151-154, 2012-02
  • 統計学という名の魔法の杖
    本田克也; 浅野昌光; 神庭純子
    現代社, 1993-05
  • 医学教育 概論(1)
    瀬江千史; 本田克也; 小田康友
    現代社, 1995-06
  • 社会医学事典
    本田克也(高野健人 他編); +本田 克也
    朝倉書店, 2002-06
  • 看護のための いのちの歴史の物語
    本田克也; 浅野昌光; 加藤幸信; 神庭純子
    現代社, 2006-01
  • 医学教育 概論(2)
    瀬江千史; 本田克也; 小田康友
    現代社, 2007-10
  • 看護学大事典
    本田克也
    医学書院, 2009-04
  • 医学教育 概論(3)
    瀬江千史; 本田克也; 小田康友
    現代社, 2009-10
  • 医学教育 概論(4)
    瀬江千史; 本田克也; 小田康友
    現代社, 2011-02
  • すべてわかる人体解剖図
    澤章吾; 齋藤基一郎; 山崎健太郎; 本田克也
    文芸社, 2011-12
  • メディカルサイエンス・遺伝子検査学
    本田克也(有波忠雄; 太田敏子他編); +本田 克也
    近代出版, 2012-02
会議発表等
  • Development of screening kit for detecting synthetic cathinones
    本田 克也; 向井有希; 石澤不二雄; 村松尚範; 増田寛子
    14th world congress on toxicology and pharmacology/2017-03-12--2017-03-14
  • DNA testing of a trace bloodstain on a laundered jacket
    Honda Katsuya; Muramatsu Hisanori; Yano Shizue; Masuda Hi...
    The 27th International Society for Forensic Genetics (ISFG 2017)/2017-08-28--2017-09-02
  • The effectiveness of the human DNA concentration using anti-H lectin
    Muramatsu Hisanori; Ishizawa Fujio; Masuda Hiroko; Mukai ...
    21st Triennial Meeting of the International Association of Forensic Sciences 2017/2017-08-21--2017-08-25
  • NeedlEx-GCによる血中アルコールの濃縮・定量分析
    本田 克也; 向井有希; 村松尚範; 石澤不二雄
    第32回日本中毒学会東日本地方会/2017-01-20
  • 血中アルコール検知管による血中メタノールの定量
    本田 克也; 向井有希; 村松尚範; 海野啓志; 石澤不二雄
    第39回日本中毒学会総会・学術集会/2017-06-30--2017-07-01
  • 前胸部への非穿通性の打撃により死亡した若年者の1症例
    村松尚範; 向井有希; 石澤不二雄; 矢野志津枝; 菅野幸子; 本...
    第101次日本法医学会学術全国集会/2017-06-07--2017-06-09
  • NeedlEx-GCによる体液中揮発性物の定量分析
    本田 克也; 向井有希; 村松尚範; 石澤不二雄
    第101次日本法医学会学術全国集会/2017-06-07--2017-06-09
  • 検知管によるZippoオイル, ガソリン, 灯油および軽油の識別
    本田 克也; 向井有希; 村松尚範; 石澤不二雄; 村松輝夫
    平成29年度火災学会研究発表会/2017-05-20--2017-05-21
  • Purification and concentration of DNA using L-fucose-specific lectin
    Honda Katsuya; Muramatsu Hisanori; Yano Shizue; Ishizawa ...
    The 27th International Society for Forensic Genetics (ISFG2017)/2017-08-28--2017-09-02
  • The diagnosis of burns by fire from heat hematomia using carbon monoxide detector tube.
    Honda Katsuya; Muramatsu Hisanori; Ishizawa Fujio; Masuda...
    21th International Association of Forensic Sciences 2017
  • NeedlExによる焼死体血液中燃焼ガス成分の抽出および濃縮
    Honda Katsuya
    第100次日本法医学会学術全国集会/2016-05-15--2016-05-17
  • 抗体結合磁気ビーズを用いた細胞選択的DNA抽出法の応用
    本田 克也; 村松尚範; 中村貴子; 菅野幸子(医学医療系); 矢...
    日本DNA多型学会 第24回学術集会/2015-11-19--2015-11-20
  • 微量元素によるPCRの増強効果
    本田 克也; 村松尚範; 中村貴子; 菅野幸子(医学医療系); 矢...
    日本DNA多型学会 第24回学術集会/2015-11-19--2015-11-20
  • THE MITOCHONDRIAL DNA POLYMORPHISMS IN CHROMOSOMAL ABERRATION DETECTED BY NGS
    Honda Katsuya; 岩渕やよい; 菅野幸子; 矢野志津枝; 橋本諒介
    26th Congress of the International Society for Forensic Genetics/2015-08-31--2015-09-01
  • Improving DNA sensitivity and strengthen reliability with low-level DNA testing using trace amount of metal
    Honda Katsuya
    Eight Y-Chromosome User Workshop (DNA in Forensics 2012)/2012-09-06--2012-09-08
  • カーバメイト検知管の改良
    本田 克也
    日本中毒学会東日本地方会/2013-01-19--2013-01-19
  • NeedlEx-GC/FTDによる生体試料中有機リン系農薬分析への応用
    本田 克也
    日本中毒学会総会/2012-07-27--2012-07-28
  • NeedlEx-GC/FTDによる有機リン系農薬の濃縮分析
    本田 克也
    日本法医学会学術全国集会/2012-06-03--2012-06-08
  • CO中毒に対するEtOHの影響
    本田 克也
    日本火災学会平成24年度研究発表会/2012-5-21--2012-5-22
  • X染色体q28領域におけるSTR多型の検出と解析
    本田 克也
    日本DNA多型学会第21回学術集会/2012-11-08--2012-11-09
  • Development of carbamate pesticide detector tube
    Honda Katsuya
    The International association of forensic toxicology/2012-06-03--2012-06-08
  • Development of a new kit for detection of Cannabis at crime scenes
    Honda Katsuya
    The International association of forensic toxicology/2012-06-03--2012-06-08
  • 法医学概論
    本田克也
    2011年度茨城県警察学校(法医専門)研修./2011-10-09
担当授業科目
2018-10 -- 2019-02ゲノム環境医学演習II筑波大学
2018-10 -- 2019-02ゲノム環境医学特論II筑波大学
2018-10 -- 2019-02ゲノム環境医学実験実習II筑波大学
2018-04 -- 2018-08ゲノム環境医学演習I筑波大学
2018-04 -- 2018-08ゲノム環境医学特論I筑波大学
2018-04 -- 2018-08ゲノム環境医学実験実習I筑波大学
2018-04 -- 2018-06社会医学概論筑波大学
2018-10 -- 2019-02医科学特別演習筑波大学
2018-10 -- 2019-02インターンシップI筑波大学
2018-10 -- 2019-02インターンシップII筑波大学
一般講演
  • 死体検案認定研修会(上級2)
    本田 克也
    死体検案認定研修会/2017-10-19
  • 死体検案認定研修会(上級1)
    本田 克也
    死体検案認定研修会/2017-10-11
  • 死体検案(1)(2)
    Honda Katsuya
    死体検案医認定研修会/2016-03-09--2016-03-15
  • 検死、解剖に関する教育後援会
    本田克也
    茨城県警察医会/2007-07-01
学協会等委員
2001 -- (現在)DNA多型学会評議員
1996 -- (現在)ISFH評議員
1999 -- (現在)日本法医学会評議員、認定医
2001-04 -- 2022-03裁判所、検察庁 DNA 鑑定
2001-04 -- (現在)日本自動車研究所交通事故調査委員会
2008-12 -- 2009-05東京高等裁判所菅家利和に係る再審請求事件(足利事件)におけるDNA再鑑定
2001-04 -- 2022-03茨城県警察本部司法解剖担当医
学内管理運営業績
2005-04 -- 2006-03研究企画委員会委員
2004-04 -- 2005-03セクシャルハラスメント委員会委員
2010-04 -- 2011-12筑波大学倫理委員会医学小委員会委員
その他の活動
2017-04 -- 2018-03犯罪死が疑われる事例の司法解剖120件、死体検案5件
メッセージ
社会的に重要な仕事をしているにも関わらず、専門家が極めて少ない。法医学専攻者への教育の機会が増え、専門医の増員を期待したい。

(最終更新日: 2018-05-30)