現在地

内田 和彦(ウチダ カズヒコ; Uchida, Kazuhiko)

face
所属
医学医療系
職名
准教授
eメール
 
電話
029-853-3060
研究分野
病態医化学
ゲノム医科学
生命・健康・医療情報学
病態検査学
医化学一般
研究キーワード
分子病態学
プロテオミクス
オミックス医学
分子標的薬
バイオマーカー
DNA損傷
オミックス医療
研究課題
ADおよびMCIの新規バイオマーカーの生物学的意義の研究2016-04 -- 2017-03内田和彦国立研究開発法人日本医療研究開発機構/1200000
認知症の超早期診断システムの構築と発症予防のための介入プログラムの作成2011-04 -- 2014-03内田和彦厚生労働科学研究費補助金/認知症対策総合研究事業72606000
ゲノム・プロテオームをベースとしたプロファイル診断システムの研究開発2004-04 -- 2006-03内田 和彦㈱MCBI/企業からの受託研究
ゲノム・プロテオーム解析による病態タンパク質の同定2005-04 -- 2006-03内田 和彦/その他1500000
がん早期診断マーカー探索のための疾患プロテオーム解析技術の開発2003-05 -- 2005-03内田 和彦㈱島津製作所、㈱MCBI、㈱三井情報開発、産業技術総合研究所/出資金による受託研究8406000
疾患マーカー探索に関する研究2003-04 -- 2004-03内田 和彦/その他3000000
微小電極利用遺伝子情報計測システムに関する基盤研究2000-04 -- 2003-03内田 和彦九州大学、北陸先端大学、金沢大学/出資金による受託研究151000000
消化器癌に対する分子生物学診断法の確立に関する研究2000-04 -- 2001-03/その他1000000
個別化診断向けタンパク質発現プロファイル解析ツールの実用化開発2006-04 -- 2009-03内田 和彦株式会社MCBI/出資金による受託研究14000000
血清サンプルを用いた非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)に対する診断法の開発研究2009-04 -- 2010-03/出資金による受託研究2030000
職歴
1985-02 -- 1988-03癌研究振興財団 配属先:国立がんセンター研究所・ウイルス部 リサーチレジデント
1988-04 -- 1988-06国立がんセンター研究所 生化学部 研究員
1988-07 -- 1995-07筑波大学 基礎医学系・生化学分子腫瘍 講師
1995-04 -- 2001-03筑波大学 基礎医学系・生化学分子腫瘍 助教授
1997-04 -- 1999-03筑波大学 先端学際領域研究センター 研究員(併任)
2001-04 -- 2007-03筑波大学 大学院人間総合科学研究科 分子情報・生体統御医学専攻・分子生物腫瘍 助教授
2003-04 -- 2004-03北海道大学 医学部遺伝子病制御・情報調節分野 非常勤講師
2003-04 -- 2004-03(独)産業技術総合研究所 主任研究員(併任)
2004-04 -- 2007-03筑波大学 つくば産学リエゾン共同研究センター 研究員(併任)
2005-01 -- (現在)㈱MCBI 代表取締役基礎研究所長(併任:成果活用型兼業)
学歴
1977-04 -- 1983-03奈良県立医科大学 医学部卒業
1983-04 -- 1987-03奈良県立医科大学 医科学研究科 腫瘍病理学修了
免許資格等
1983-06-20医師免許
所属学協会
1986 -- (現在)日本癌学会
1986 -- 2000日本生化学会
2005 -- (現在)日本生化学会
1986 -- (現在)日本分子生物学会
1986 -- 1993日本ウイルス学会
2014-04 -- 2016-03オミックス医療学会
2005 -- (現在)臨床プロテオミクス研究会
2000 -- (現在)ゲノム創薬フォーラム
2000 -- (現在)情報計算化学生物学会
2001 -- (現在)American Association for Cancer Research
受賞
2017-04中小企業優秀新技術・新製品賞 優秀賞産学官連携による認知症を早期発見する「MCIスクリーニング検査」の実用化
論文
  • アルツハイマー病脳における補体C3の発現解析
    内田 和彦; 赤津裕康; 鈴木秀昭; 小川倫弘; 兼坂岳志; 橋詰良...
    補体/52(1)/pp.58-58, 2015
  • MCIおよびプレクリニカルADの血液バイオマーカーへの期待
    内田 和彦; 鈴木 秀昭
    臨床検査/60(13)/pp.1530-1536, 2016-12
  • MCIとプレクリニカルADの血液・髄液バイオマーカーとその病態生理学的背景
    内田 和彦
    老年精神医学雑誌/27(6)/pp.631-639, 2016-12
  • 血液を用いたMCIスクリーニング検査の実際
    内田 和彦
    カレントテラピー/34(3)/pp.252-257, 2016-03
  • 東日本大震災後に茨城県北茨城市に避難した福島県民のうつ、心的外傷、アルコール依存について 震災2年後のアンケート調査の結果から
    佐藤 晋爾; 石田 一希; 服部 功太郎; 内田 和彦; 功刀 浩
    臨床精神医学/45(11)/pp.1457-1464, 2016-11
  • 東日本大震災における現地非専門職スタッフのメンタル・ヘルスについて:post traumatic stress symtomsとの関連から
    Sato Shinji; 石田一希; 服部 功太郎; 太田 深秀; 内田和彦...
    日本社会精神医学雑誌/25(4)/pp.305-312, 2016-04
  • [Recent advances in the gene chip and its role in the post-genome era]
    Uchida K
    Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society/71(2)/pp.119-124, 1999-02
  • The analyzation of complement deposition in tauopathies
    Akatsu Hiroyasu; Ogawa Norihiro; Kanesaka Takeshi; Ohara ...
    IMMUNOBIOLOGY/221(10:::SI)/pp.1191-1191, 2016-10
  • Genetic and environmental determinants of risk for cholangiocarcinoma in Thailand.
    Uchida Kazuhiko; Miwa M; Honjo S; You G; Tanaka M
    World J Gastrointest Pathophysiol./5(4)/pp.570-578, 2014-11
  • Hes1 suppresses acute myeloid leukemia development through FLT3 repression
    Kato T.; Sakata-Yanagimoto M.; Nishikii H.; Ueno M.; Miya...
    LEUKEMIA/29(3)/pp.576-585, 2015-03
  • Reduced TET2 function leads to T-cell lymphoma with follicular helper T-cell-like features in mice
    Muto H.; Sakata-Yanagimoto M.; Nagae G.; Shiozawa Y.; Miy...
    BLOOD CANCER JOURNAL/4, 2014-12
  • Collagen triple helix repeat containing 1 is overexpressed in hepatocellular carcinoma and promotes cell proliferation and motility
    Tameda Masahiko; Sugimoto Kazushi; Shiraki Katsuya; Yamam...
    INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY/45(2)/pp.541-548, 2014-08
  • 軽度認知障害とアルツハイマー病の血液バイオ-マーカー
    内田 和彦; 朝田隆; 水上勝義; 赤津弘康; 鈴木秀昭; 目野浩二
    Dementia Japan/27/pp.277-288, 2013-9
  • Serum protein isoform profiles indicate the progression of hepatitis C virus-induced liver diseases.
    Kazushi Sugimoto; Katsuya Shiraki; Yoshiyuki Takei; Masaa...
    INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR MEDICINE/31(4)/pp.943-950, 2013-4
  • Systemic transduction of p16(INK4A) antitumor peptide inhibits the growth of MBT-2 mouse bladder tumor cell line grafts
    Shimazui Toru; Yoshikawa Kazuhiro; Miyazaki Jun; Kojima T...
    INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY/42(2)/pp.543-548, 2013-02
  • 進行腎癌に対するインターフェロンα治療テーラーメード化のための基礎的検討
    島居徹; 阿弥良浩; 吉川和宏; 内田和彦; 清水一宏; 中村小源...
    癌の臨床/50(1)/p.7-13, 2004-02
  • Human T-cell leukemia virus type 1 (HTLV-1) infection of mice: proliferation of cell clones with integrated HTLV-1 provirus in lymphoid organs.
    Tanaka M; Sun S; Fang J; Nitta T; Yoshida T; Kohtoh S; Ki...
    *EMPTY*, 2001-05
  • 剖検輯報をもとにした膵癌の病理.
    牧野剛緒; 小西陽一; 高橋精一; 丸山博司; 小原 剛; 横瀬喜彦...
    胆と膵/5/p.761-768, 1984-01
  • Inhibitory effect of organic solvents on the mutagenicity of N-nitrosodialkylamines in Salmonella.
    Mori Y; Yamazaki H; Toyoshi K; Emi Y; Uchida K; Tsutsumi ...
    Mutation Res/142/p.153-158, 1985-01
  • 4-Hydroxyaminoquinoline 1-oxide metabolism and DNA adducts in the early stage of tumorigenesis in rats: Comparison of target organ pancreas with non-target organ liver.
    Denda A; Mori Y; Yokose Y; Uchida K; Murata Y; Makino T; ...
    Chem Biol Interactions/56/p.125-143, 1985-01
  • 胃漿膜下組織層に発生した腺癌の一例.
    牧野剛緒; 村田芳明; 内田和彦; 中江大; 高橋精一; 小西陽一;...
    奈良医学雑誌/3/p.585-593, 1985-01
  • Carcinogenic effects of 3-di (hydroxymethyl)-amino-6-(5-nitro-2-furylethenyl)-1, 2, 4-triazine in the small intestine of Ishibashi and Wistar rats.
    Takahashi M; Nagase S; Takahashi S; Emi Y; Nakae D; Uchid...
    Exp Pathol/26/p.583-593, 1985-01
  • Ileal atresia and absence of appendix.
    Yokose Y; Maruyama H; Tsutsumi M; Uchida K; Shiraiwa K; a...
    Acta Pathol Jpn/36/p.1403-1410, 1986-01
  • Epstein-Barr virus infection and oncogenesis in primary immunodeficiency.
    Okano M; Osato T; Koizumi S; Imai S; Aya T; Fujiwara S; M...
    AIDS Res/2/p.115-119, 1986-01
  • Possible model of liver carcinogenesis using inhibitors of NAD+ ADP ribosyl transferase in rats
    Konishi Y; Takahashi S; Nakae D; Uchida K; Tsutsumi M; Sh...
    Toxicol Pathol/14/p.483-488, 1986-01
著書
  • 認知症の研究 -早期発見・早期介入と予防-
    内田 和彦
    2013
  • ラットにおけるDiethylnitrosoamineと3-aminobenzamideによる肝がん発生とその機序に関する研究
    内田 和彦
    1987-07
  • ADP-リボシル化はDNA修復と癌にどう関与しているか?
    内田和彦; 三輪正直
    1991-01
  • ADP-リボシル化酵素の構造とDNA修復機能―研究の最新動向
    内田和彦
    1993-01
  • ポリADP-リボース合成酵素の構造と機能―最近の知見
    内田和彦
    1996-01
  • ジーンチップの現状とポストゲノムにおける役割
    内田和彦
    1999-01
  • DNAマイクロアレイを用いたゲノムワイドの遺伝子増幅,欠失の解析
    内田和彦; 柏木浩暢; 三輪正直
    2000-01
  • DNA chip
    柏木浩暢; 内田和彦
    2000-01
  • DNAマイクロアレイと遺伝子発現情報データベース
    内田和彦
    2000-01
  • ラジオルミノグラフィによるマイクロアレイ解析
    金居正幸; 内田和彦
    2001-01
  • 遺伝子診断技術の進歩
    越川知行; 内田和彦
    2001-01
  • ゲノム医療に要望される情報システム
    内田和彦
    2001-01
  • SNPと疾患ゲノミクス
    内田和彦
    2001-01
  • バイオインフォマティクスのゲノム創薬への応用.
    稲次豊広; 青島健; 植松直也; 片桐拓也; 内田和彦.
    2004-01
  • アルツハイマー病の疾患パースウェイとリン酸化プロテオーム解析
    片桐拓也; 内田和彦
    2004-01
  • Involvement of poly(ADP-ribosylation) reactions in liver carcinogenesis of diethylnitrosamine in rats.
    Konishi Y; Takahashi S; Nakae D; Uchida K; Emi Y; Shiraiw...
    1985-01
  • Molecular cloning of cDNA for human placental poly(ADP-ribose) polymerase and decreased expression of its gene during retinoic acid-induced granulocytic differentiation of HL60 cells.
    Suzuki H; Uchida K; Shima H; Sato T; Okamoto T; Kimura T;...
    1989-01
  • Extensive purification of nuclear poly(ADP-ribose) glycohydrolase.
    Tanuma S; Uchida K; Suzuki H; Nishina H; Maruta H; Sugimu...
    1992-01
  • Cloning of poly(ADP-ribose) polymerase cDNA from lower eukaryotes.
    Miwa M; Ozawa Y; Uchida M; Kushida S; Ami Y; Matsumura M;...
    1992-01
  • Detection and analysis of NAD binding proteins including poly(ADP-ribose) polymerase immobilized on the membrane.
    Miwa M; Uchida M; Akiyama T; Uchida K.
    1992-01
  • Poly(ADP-ribose) polymerase: Structure, expression, and biological function
    Miwa M; Uchida K.
    1992-01
  • DNA strand break-recognizing enzyme, poly(ADP-ribose) polymerase, in carcinogenesis.
    Miwa M; Hanai S; Koyama Y; Kobayashi S; Okada M; and Uchi...
    1996-01
  • DNAマイクロアレイと電気学的検出法を用いた超高感度遺伝子解析システム
    内田和彦; 竹中繁織
    2000-01
  • アレイCGHとtetシステムを用いた癌関連遺伝子解
    柏木浩暢; 内田和彦; 赤木究
    2000-01
  • マクロアレイ
    植松直也; 金居正幸; 内田和彦
    2000-01
会議発表等
  • アルツハイマー病脳における補体C3の発現解析
    内田 和彦
    第52回日本補体学会学術集会/2015-8-21--2015-8-22
  • 認知症・肝疾患を対象とした 血液バイオマーカーによる新たな検査
    内田 和彦
    BioJapan2015/2015-10-14--2015-10-16
  • 認知症を早く見つける
    内田 和彦
    公開認知症と軽度認知障害(MCI)について知ろう/2015-2-1--2015-2-1
  • 認知症の早期発見、早期介入のための軽度認知障害(MCI)スクリーニング検査について
    内田 和彦
    第18回国際個別化医療学会学術集会(ランチョンセミナー)/2014-6-14--2014-6-14
  • 認知症・肝疾患を対象とした 血液バイオマーカーによる新たな検査
    内田 和彦
    BioJapan 2015/2015-10-14--2015-10-16
  • アルツハイマー病患者由来脳組織ならびに血清中の補体タンパク質の解析
    内田 和彦
    第34回日本認知症学会学術集会/2015-10-2--2015-10-4
  • 軽度認知障害(MCI)の血液バイオマーカーとしてのAβ sequesterタンパク質
    内田 和彦
    第34回日本認知症学会学術集会/2015-10-2--2015-10-4
  • Association of amyloid-beta sequester proteins in serum with cognitive decline, brain atrophy, and cerebral blood flow.
    Uchida Kazuhiko
    AAIC2016/2016-7-24--2016-7-28
  • The analyzation of complement deposition in tauopathies
    Uchida Kazuhiko
    XXVI th International Complement Workshop/2016-9-4--2016-9-8
  • 認知症の早期発見・予防のための血液バイオマーカーの探索について
    内田 和彦
    第5回日本認知症予防学会学術集会/2015-9-25--2015-9-27
  • Identification of circulating cell-derived peptides as novel biomarkers for chronic liver disease and hepatocellular carcinoma by non-labeling LC-MS
    Uchida Kazuhiko
    The Asian Pacific Association for the Study of the Liver [APASL] Single Topic Conference 2013/2013-11
  • Amyloid-β sequester proteins as blood-based biomarkers of cognitive decline
    Uchida K; Shan L; Suzuki H; Akatsu H; Meno K; Asada T.
    Alzheimer's Association International Conference (AAIC) 2016/2016-07-24--2016-07-28
  • 東日本大震災の「隠れた被災地」:茨城県における精神的影響について
    Sato Shinji; 石田一希; 服部功太郎; 太田深秀; 内田和彦; 功...
    第112回日本精神神経学会/2016-6
  • 軽度認知障害とアルツハイマー病の血液バイオ-マーカーについて
    内田 和彦
    第9回認知症サプルメント研究会/2014-2-16--2014-2-16
  • Potential prognostic indicators for the progressive and non-progressive neuroblastomas.
    Hirai M; Yoshida S; Kashiwagi H; Kawamura T; Ishikawa T; ...
    The 4th International Symposium on Predictive Oncology and Therapy (oral presentation)____/1998
  • The multi-dimensional μLC-MALDI-MS differential peptide profiling system for identification of cancer biomarker
    Uchida K; Fujimoto H; Takeda Y; Yamaguchi E; Takano R; In...
    HUPO 2005 (oral presentation).____/2005
知的財産権
  • 認知機能障害疾患のバイオマーカー及び当該バイオマーカーを用いる認知機能障害疾患の検出方法
    内田 和彦
担当授業科目
2017-04 -- 2017-08Advanced Exercise on Public Health筑波大学
2017-10 -- 2018-02Advanced Exercise on Public Health筑波大学
2017-04 -- 2017-08インターンシップII筑波大学
2017-10 -- 2018-02インターンシップII筑波大学
2017-04 -- 2017-07生化学特論筑波大学
2017-10 -- 2018-02基礎医科学演習筑波大学
2017-04 -- 2017-08基礎医科学演習筑波大学
2017-04 -- 2017-08医科学特別演習筑波大学
2017-10 -- 2018-02医科学特別演習筑波大学
2017-10 -- 2018-02インターンシップI筑波大学
一般講演
  • Integrative genomic informatics of DNA copy number and gene expression profiles reveals disease pathways and therapeutics targets in renal cell carcinoma
    Uchida K; Kojima T
    PepCon 2010/2010-03-21
  • Omics analysis for biomarker discovery and personalized medicine
    Uchida; K.; +内田 和彦
    BIOINFO 2009, CBI-KSBSB Joint International Conference 2009/2009-11-05
  • Sample preparation for serum proteomics
    内田和彦
    JHUPO2008/2008-07-30
  • プロテオミクスとオミックス医療
    内田和彦
    第28回医療情報学連合大会/2008-11-23
学協会等委員
2015-01 -- 2015-03文部科学省地域イノベーション戦略支援プログラム事後評価委員
2007 -- (現在)オミックス医療研究会理事
2005 -- (現在)臨床プロテオミクス研究会理事理事
2000 -- (現在)ゲノム創薬フォーラム幹事
2006-04 -- 2012-03オミックス医療研究会オミックス医療研究会の評議員・理事
2004-04 -- 2017-03経済産業省新エネルギー・産業技術開発機構(NEDO)技術事前評価委員
2008-04 -- 2009-03文部科学省地域科学技術施策推進員会専門委員
2006-04 -- 2012-03臨床プロテオミクス研究会理事
2007-04 -- 2008-03文部科学省地域科学技術施策推進員会専門委員
2009-04 -- 2010-03文部科学省知的クラスター創成事業(グローバル拠点育成型) 審査委員会専門評価員
学内管理運営業績
2017-04 -- 2018-03遺伝子組換え実験安全委員会・バイオセーフティ委員会委員
2012-04 -- 2018-03研究基盤総合センター分析部門運営委員会委員
2011-04 -- 2012-03委員・研究基盤総合センター分析部門運営委員会委員(運営)
2010-04 -- 2011-03委員・研究基盤総合センター分析部門運営委員会委員(運営)
2009-04 -- 2010-03委員・研究基盤総合センター分析部門運営委員会委員(運営)
2008-04 -- 2009-03委員・研究基盤総合センター分析部門運営委員会委員(運営)
メッセージ
“Dissecting Disease Through Omics Research”。オミックス解析を活用した研究手法で病気がおきるメカニズムの一端を明らかにする。これにより生体制御のしくみを細胞レベル・分子レベルで理解し、がん・精神疾患などの難治性疾患において効果的な診断・有効な治療法の開発に貢献したいと考えています。現在2つのテーマで研究を行っています。 1つめのテーマはゲノム安定性維持機構の研究です。体細胞分裂で染色体は娘細胞に正確に分配されゲノムのコピー数とその染色体上の配置が常に安定していますが、その維持機構とがんにおける破綻のしくみはまったくわかっていません。ゲノムのコピー数がおきるモデルを利用して、オミックス解析とシステム生物学のアプローチでこれを解明しようとしています。2つめのテーマは、がん・精神疾患などの難治性疾患の診断・治療のためのバイオマーカー研究です。がんの早期診断は、がんの死亡率を下げるため最も有効であり、社会的にも強く望まれています。私たちは消化器がん、主に肝疾患(慢性肝炎・肝硬変・肝がん)や膵臓がんの新規診断方法や治療効果が判定できるサロゲートマーカーの研究開発を行っています。オミック解析(ゲノム・プロテオミクス解析)によって、血清・血漿中でこれまで見いだすのが難しかったがん細胞から漏れ出たバイオマーカーが次から次へと見つかっています。その診断アッセイ開発を産学共同研究チームで行っています。これらは、これまでよりも優れた診断マーカーで臨床における効果が期待できます。 またアルツハイマー病における記憶障害、統合失調症における情報処理障害の分子メカニズムの研究などこの分野では未解決の課題が多く、有効な根治療法や客観的な診断方法が確立されていません。モデル動物と独自のプロテオミクス技術を用いて、発症と病態進行におけるタンパク質の発現と機能変化を明らかにし、記憶障害におけるこれらの機能変化について明らかにしようとしています。

(最終更新日: 2017-09-04)