現在地

長田 道夫(ナガタ ミチオ; Nagata, Michio)

face
所属
医学医療系
職名
教授
生年月
1955-12
URL
eメール
 
電話
0298-53-3171
Fax
0298-53-3938
研究分野
人体病理学
人体病理学
実験病理学
研究キーワード
人体病理学
腎臓病理学
実験病理学
ポドサイト
糸球体硬化
実験腎炎
研究課題
ポドサイト病の発症進展機序2017 -- 2019長田 道夫日本学術振興会/基盤研究(C)4550000
ポドサイト障害連鎖機構の解明と阻止2014 -- 2016長田 道夫日本学術振興会/基盤研究(C)4810000
糸球体硬化の進展機序の解明 -- (現在)/
腎異常発生機構についての研究 -- (現在)/
糸球体上皮細胞の分化制御 -- (現在)/
ポドサイトのノッチシグナル修飾による糸球体硬化の治療2010 -- 2012日本学術振興会/基盤研究(C)4420000
CNV解析による先天性腎尿路奇形の新規原因遺伝子同定と遺伝子診断システムの確立2008 -- 2009日本学術振興会/基盤研究(B)7935330
糸球体の修復機構の解明と応用                          2007 -- 2008日本学術振興会/基盤研究(C)4420000
硬化糸球体の再生:糸球体上皮細胞の脱分化および形質変換機構の解明と再分化誘導  2005 -- 2006日本学術振興会/基盤研究(C)4100000
糸球体硬化症2004 -- 2008日本学術振興会/基盤研究(S)107380000
職歴
2013-04 -- (現在)京都大学 非常勤講師
2012-04 -- (現在)筑波大学 医学医療系 教授
2005-04 -- 2009-04北海道大学 医学部 非常勤講師
2004-04 -- (現在)筑波大学 大学院人間総合科学研究科 教授
2003-04 -- (現在)昭和大学 医学部 客員教授
2003-04 -- (現在)筑波大学 基礎医学系病理学 教授
1998-01 -- 2011-03筑波大学 臨床医学系病理部 助教授
1994-07 -- 1998-02筑波大学 基礎医学系病理学 講師
1989-04 -- 1992-05ハイデルベルク大学 解剖学細胞生物学 研究員
1985-04 -- 1994-03東京女子医科大学 腎臓病総合医療センター小児科 助手
免許資格等
1997-07日本病理学会病理専門医
所属学協会
1984 -- (現在)日本病理学会
1986 -- (現在)日本腎臓学会
1986 -- (現在)日本小児腎臓病学会
2003 -- (現在)日本腎病理協会
2004 -- (現在)日本臨床細胞学会
1993 -- (現在)発達腎研究会
2003 -- (現在)International Renal Pathology Society
1992 -- (現在)International Society of Nephrology
1994 -- (現在)American Society of Nephrology
受賞
2016-02日本腎臓財団 学術賞ポドサイト病の概念の確立と糸球体硬化の研究
2008-06日本小児腎臓病学会学会奨励賞
2003日本小児腎臓学会 森田賞
1998日本小児腎臓学会 森田賞
1997日本小児腎臓病学会奨励賞
論文
著書
  • Pediatric Nephrology, 6th edition Immune mediated glomerular injury
    Nagata M
    2009-01
  • 腎臓の発生に関わる分子機構 腎臓の器官形成と成長
    長田道夫
    2006-01
  • 膠原病関連糸球体疾患―腎生検ABC-臨床に役立つ病理診断法の手引き-
    長田道夫
    2006-01
  • ループス腎炎の組織活動性評価と改訂国際分類
    長田道夫
    2006-01
  • 糸球体内の上皮増殖
    長田道夫
    2006-01
  • HIV関連腎症 :.
    鈴木大成; 相田久美; 長田道夫
    2006-01
  • 再発性、de novo 腎炎
    相田久美; 鈴木大成; 長田道夫
    2005-01
  • びまん性メサンギウム硬化
    相田久美; 中原千恵子; 長田道夫
    2005-01
  • ループス腎炎の新しい病理診断基準
    槇野博史; 長田道夫
    2005-01
  • 腎尿路奇形の発生病理―臨床への基礎研究―
    長田道夫; 粟津 緑
    2005-01
  • 硬化糸球体の修復と機能再生
    長田道夫
    2005-01
  • 巣状糸球体硬化症の病理診断:Variantと最近の動向.
    長田道夫
    2005-01
  • ループス腎炎病理診断の新しい分類―ISN/RPS 2003 年改訂分類の要点と診断マニュアル
    長田道夫; 槇野博史; 秋草文四郎; 今井裕一; 北村博司; 重松...
    2004-01
  • 腎疾患における血管炎の位置づけー病理形態学の立場からー
    長田道夫
    2004-01
  • 腎生検の見方―病理医からのアドバイス
    菊池和徳; 長田道夫
    2004-01
  • ポドサイトの分化と特性
    長田道夫; 臼井丈一; 金本勝義
    2003-01
  • Podocytes and parietal cells in the glomerular sclerosis: role of cell cycle molecules
    Nagata M; Tomari S; Kanemoto K; Usui J; Lemely K
    2003-01
  • Pathogenesis of human renal dysplasia: An alternative scenario aside from the major theories
    Shibata S; Nagata M
    2003-01
  • 腎硬化症
    長田道夫; 上田典司; 渡辺照男
    2002-01
  • Morphogenesis of dysplastic kidney associated with urinary tract obstruction in utero
    Nagata M; Shu Y; Shibata S
    2002-01
  • Cell cycle molecules and differentiation of glomerular epithelial cells
    Nagata M; Shu Y; Tomari S
    2002-01
  • 炎症
    長田道夫
    2002-01
  • 老化と老年病
    長田道夫
    2002-01
  • 腎臓の発生・分化と発達
    長田道夫
    2002-01
  • 腎硬化症
    長田道夫; 上田典司; 渡辺照男
    2002-01
会議発表等
  • An autopsy case of late-onset Epstein-Barr virus associated post-transplant lymphoproliferative disorders 11 yr after kidney transplantation
    Aita Kumi; Noguchi Masayuki; Nagata Michio
    11th Japanese Clinicopathological Conference on Renal Allograft Pathology
  • Secondary membranous glomerulonephritis associated with recipient residual lymphoma cells after allogeneic bone marrow transplantation
    Sakai Kentaro; Usui Joichi; Kai Hirayasu; Hagiwara Masahi...
    37th Eastern Regional Meeting of the Japanese-Society-of-Nephrology
  • Angiodysplasia in the kidney
    Nagata M
    1st joint conference of Japan and Korean Pediatric Nephrology Meeting____/2003
担当授業科目
2017-04 -- 2017-08Advanced Exercise on Public Health筑波大学
2017-10 -- 2018-02Advanced Exercise on Public Health筑波大学
2017-04 -- 2017-08インターンシップII筑波大学
2017-10 -- 2018-02インターンシップII筑波大学
2017-04 -- 2017-06人体病理学概論筑波大学
2017-04 -- 2017-06医学史筑波大学
2017-10 -- 2018-02基礎医科学演習筑波大学
2017-04 -- 2017-08基礎医科学演習筑波大学
2017-04 -- 2017-06病理組織学筑波大学
2017-04 -- 2017-08システム統御医学演習I筑波大学
一般講演
  • FSGSの病理診断、腎病理標準化委員会2010年の取り組み
    長田道夫
    第53回日本腎臓学会総会/2011-06-18
  • Lupus腎炎の病理
    長田道夫
    第53回日本腎臓学会総会/2010-06-18
  • ポドサイト障害と糸球体応答
    長田道夫
    第53回日本腎臓学会総会/2010-06-18
  • Post infectious acute glomerulonephritis and variants
    Michio Nagata
    1st international meeting for renal pathology/2010-06-12
  • FSGSのcolaborative study
    長田道夫
    日本腎病理協会総会/2010-01-09
学協会等委員
2004 -- (現在)International Renal Pathology Societycomittee (membership, financial, communication)
2006 -- (現在)International Renal Pathology Societycomittee (membership, financial, communication)
2010 -- (現在)International Renal Pathology Societycomittee (membership, financial, communication)
1998 -- (現在)日本小児腎臓病学会評議員
2006 -- (現在)日本小児腎臓病学会理事, 学術委員
2012 -- (現在)日本小児腎臓病学会理事, 学術委員、教育委員長
2010 -- (現在)日本腎臓学会理事
-- (現在)日本腎臓学会理事、学術評議員
2003 -- (現在)日本腎病理協会運営委員、副代表
2010 -- (現在)日本腎病理協会代表世話人
学内管理運営業績
2017-04 -- (現在)社会連携委員会
2014-03 -- (現在)大学院入試委員会(2015年委員長)

(最終更新日: 2017-05-29)