現在地

加藤 広介(カトウ コウスケ; Kato, Kosuke)

所属
医学医療系
職名
助教
研究分野
分子生物学
研究課題
新規の遺伝子治療に向けた人工ヌクレアーゼとクロマチンの機能ダイナミクス研究2017-04 -- 2019-03加藤広介独立行政法人 日本学術振興会/二国間交流事業共同研究
ヒストンH1ユビキチン化によるゲノム安定性制御機構2015-04 -- 2016-03加藤 広介日本学術振興会/若手研究(B)3770000
ヒストンH1ユビキチン化によるゲノム安定性制御機構2014-04 -- 2015-03加藤 広介日本学術振興会/若手研究(B)3770000
核・クロマチン構造変換と維持の分子作用機構の解明 -- (現在)/
ヒトサイトメガロウイルスの増殖機構の解明 -- (現在)/
所属学協会
-- (現在)日本分子生物学会
論文
著書
  • ヒストン/酸性分子シャペロンTAF-Iによるクロマチンからの転写制御機構
    加藤 広介
    2007-07
  • クロマチンと遺伝子機能制御
    加藤 広介
    2003-01
  • 細胞核の世界
    加藤 広介
    2006-11
  • 転写因子・転写制御キーワードブック
    加藤 広介
    2006-01
  • DNA Structure, Chromatin and Gene Expression
    加藤 広介
    2006-01
  • 転写制御とエピジェネティクス‐ゲノムデコードに向けて‐
    加藤 広介
    2008-12
  • 細胞核‐遺伝情報制御と疾患-
    加藤 広介
    2009-11
  • 目的別で選べるタンパク質発現プロトコール
    加藤 広介
    2010-04
担当授業科目
2016-10 -- 2017-02放射線の基礎と最先端筑波大学
2016-11 -- 2017-02病原微生物学筑波大学
2016-10 -- 2017-02医学特殊研究筑波大学
2016-10 -- 2017-02医学セミナー筑波大学
2016-10 -- 2017-02医学特別演習筑波大学
2016-10 -- 2017-02メディカルコミュニケーション演習II筑波大学
2016-10 -- 2017-02基礎医科学演習筑波大学
2016-10 -- 2017-02インターンシップII筑波大学
2016-10 -- 2017-02インターンシップI筑波大学
2016-10 -- 2017-02医科学特別演習筑波大学
一般講演
  • ヒストンH1結合因子によるクロマチン動態制御機構
    加藤 広介
    第10回 核ダイナミクス研究会/2011-10-27
  • TAF-I is a linker histone chaperone in the mammalian somatic cell nucleus
    加藤 広介
    BMB2010/2010-12-07
  • TAF-I, a novel somatic linker histone chaperone, is involved in chromatin dynamics
    加藤 広介
    9th EMBL Conference Transcription and Chromatin/2010-08-29

(最終更新日: 2017-05-30)