現在地

船越 祐司(フナコシ ユウジ; Funakoshi, Yuji)

所属
医学医療系
職名
助教
研究分野
生物系薬学
生理学一般
研究キーワード
脂質性シグナル伝達
低分子量G蛋白質
研究課題
非定型RabGAPによるクラスリン非依存性カーゴ蛋白質の細胞内膜輸送制御2017 -- 2019船越 祐司日本学術振興会/基盤研究(C)4810000
脱ユビキチン化酵素TRE17によるクラスリン非依存性カーゴ蛋白質の細胞内輸送制御2014 -- 2016船越 祐司日本学術振興会/基盤研究(C)4940000
低分子量G蛋白質Arf6/リン脂質キナーゼPIP5Kによる脳内βアミロイドの調節2012 -- 2013日本学術振興会/若手研究(B)2340000
職歴
2005-04 -- 2008-03独立行政法人理化学研究所 基礎科学特別研究員
所属学協会
2009 -- (現在)日本細胞生物学会
2009 -- (現在)日本生化学会
2005 -- (現在)日本分子生物学会
論文
著書
  • 翻訳終結と共役したmRNA分解制御機構の解析
    船越 祐司
    2005-03
  • Novel function of the eukaryotic polypeptide-chain releasing factor 3 (eRF3/GSPT) in the mRNA degradation pathway
    Shin-ichi Hoshino; Nao Hosoda; Yasuhiro Araki; Tetsuo Kob...
    1999-01
  • 真核生物におけるmRNA分解制御の分子機構
    船越 祐司; 星野 真一
    2005-01
  • RT-PCRを用いたRNAの検出と定量
    星野真一; 船越祐司
    2008-01
  • 多彩な生理機能をもつ低分子量G蛋白質Arf6
    金保安則; 本宮綱記; 鈴木輝彦; 船越祐司; 長谷川潤
    2010-01
  • ホスホリパーゼD研究の新展開
    本宮綱記; 佐藤隆信; 長谷川潤; 船越祐司; 金保安則
    2010-01
  • Regulation of PIP5K Activity by Arf6 and Its Physiological Significance
    Yuji Funakoshi; Hiroshi Hasegawa; Yasunori Kanaho
    2011-01
会議発表等
  • Involvement of Small GTPase Arf6 in PDGF-induced Dorsal Ruffling.
    金保安則; 船越祐司; 本宮綱記; 宮地泰人
    The 13th Joint Mini-symposium 2014 of NTU/2014-9-26
  • Ubiquitin-specific protease TRE17/USP6 targets clathrin-independent cargo to recycling
    Funakoshi Yuji; Kanaho Yasunori; Donaldson Julie
    2012 American Society for Cell Biology, Annual Meeting/2012-12-15--2012-12-19
担当授業科目
2017-04 -- 2017-08Advanced Exercise on Public Health筑波大学
2017-10 -- 2018-02Advanced Exercise on Public Health筑波大学
2017-04 -- 2017-08インターンシップII筑波大学
2017-10 -- 2018-02インターンシップII筑波大学
2017-04 -- 2017-07生化学特論筑波大学
2017-10 -- 2017-11臨床薬理学実習筑波大学
2017-04 -- 2017-08臨床薬理学筑波大学
2017-10 -- 2018-02基礎医科学演習筑波大学
2017-04 -- 2017-08基礎医科学演習筑波大学
2017-04 -- 2017-07薬理学筑波大学

(最終更新日: 2017-08-23)