現在地

小林 麻己人(コバヤシ マコト; Kobayashi, Makoto)

所属
医学医療系
職名
講師
URL
研究分野
分子生物学
発生生物学
医化学一般
研究課題
研究者のビジュアルコミュニケーションデザイン力を育成するeラーニング教材の開発2017-04 -- 2020-03田仲佐代子日本学術振興会/基盤研究(B)600000
健康食品の機能性を発揮させるNrf2システムの新規動物モデル開発とその活用2017-04 -- 2018-03小林麻己人公益財団法人 小柳財団/平成28年度(2016年)研究助成金1000000
酸化ストレス毒性を軽減させる香辛料成分の動物モデルを駆使した探索2016-09 -- 2017-03小林麻己人財団法人山崎香辛料振興財団/平成28年度研究助成1000000
老年学モデルとしてのゼブラフィッシュ活用の試み2014-04 -- 2019-03小林 麻己人日本学術振興会/基盤研究(C)5200000
血球分化のエピジェネティクス制御変遷とエネルギー代謝2014-04 -- 2016-03小林麻己人筑波大学/科研費補助金 新学術領域研究(公募研究)9360000
科学者によるビジュアル資料作成のための指針構築2013-04 -- 2016-03田中佐代子日本学術振興会/基盤研究(C)/150000
ゼブラフィッシュを用いたGata1-Pu.1クロス・アンタゴニズムの制御機構解明2013-04 -- 2015-03小林麻己人文部科学省/新学術領域研究1950000
小胞体ストレス応答におけるNrf2システムの活性化:役割とメカニズムの解明2012-04 -- 2015-03小林麻己人日本学術振興会/基盤研究(C)3770000
血球分化におけるリジン脱メチル化酵素LSD1の機能発現機構2012-04 -- 2014-03小林麻己人文部科学省/新学術領域研究9880000
小胞体ストレスによる病態発症とその防御策探究2009-04 -- 2012-03小林麻己人日本学術振興会/挑戦的萌芽研究3100000
職歴
1993-04 -- 1994-05日本学術振興会 特別研究員
1994-06 -- 1998-03自治医科大学 医学部 助手
1995-07 -- 1996-06米国NIH 客員研究員(出向)
1998-04 -- (現在)筑波大学 基礎医学系 講師
2003-01 -- 2007-03科学技術振興機構 山本環境応答プロジェクト グループリーダー(兼任)
2008-04 -- (現在)筑波大学 人間総合科学研究科生命システム医学専攻 講師
2011-10 -- (現在)筑波大学 医学医療系 講師
学歴
-- 1987慶應義塾大学 理工学部 化学科卒業
-- 1989慶應義塾大学 理工学研究科 化学専攻修了
-- 1992総合研究大学院大学 生命科学研究科 遺伝学専攻修了
取得学位
博士(理学)総合研究大学院大学
所属学協会
1988 -- (現在)日本生化学会
1989 -- (現在)日本分子生物学会
1997 -- (現在)日本発生生物学会
2017 -- (現在)日本酸化ストレス学会
2002 -- (現在)American Society for Microbiology
2003 -- (現在)Society for Developmental Biology
2008 -- (現在)American Society for Biochemistry and Molecular Biology
2006 -- (現在)Genetics Society of America
2009 -- 2013Biochemical Society
論文
著書
  • エピジェネティクス、遺伝学
    小林 麻己人
    南山堂 医学大辞典 20版, 2015-04
  • Formation and control of influenza virus RNA polymerase
    Ishihama; A.; Toyoda; T.; Kobayashi; M.; Yasuda; J.; Asan...
    1993-01
  • The subunit-subunit contact sites of the influenza virus RNA polymerase
    Toyoda; T.; Adyshev; D.M.; Kobayashi; M.; Iwata; A.; Ueda...
    1996-01
  • シリーズバイオサイエンスの新世紀/第1巻 「遺伝子の構造と機能」(山本雅之編)
    小林麻己人; 山本雅之
    2001-01
  • 転写因子・転写制御キーワードブック(田村隆明・山本雅之編)
    小林麻己人
    2006-01
  • Nrf2-Keap1 regulation of cellular defense mechanisms against electrophiles and reactive oxygen species
    Kobayashi Makoto; Yamamoto Masayuki
    ADVANCES IN ENZYME REGULATION, VOL 46, PROCEEDINGS/pp.113-140, 2006-01
会議発表等
  • ゼブラフィッシュを活用したNrf2システムの研究と応用
    Kobayashi Makoto
    第90回日本薬理学会年会/2017-03-15--2017-03-17
  • Role of the Keap1-Nrf2 pathway in zebrafish stress response
    Kobayashi Makoto
    Seminar, University of Exeter/2017-05-18--2017-05-18
  • Gene regulation studies using a powerful vertebrate model, Zebrafish: LSD1 in haematopoiesis and Nrf2 in cytoprotection
    Kobayashi Makoto
    Seminar, University of Leicester/2017-05-22--2017-05-22
  • The role of histone demethylase LSD1/KDM1A in zebrafish haematopoiesis
    Kobayashi Makoto
    Seminar, University of Oxford/2017-05-26--2017-05-26
  • Gene regulation studies using zebrafish: LSD1 in haematopoiesis and Nrf2 in cytoprotection
    Kobayashi Makoto
    Seminar, University of Manchester/2017-05-24--2017-05-24
  • mm2変異で自然発症した小胞体ストレスのNrf2システムによる緩和.
    Kobayashi Makoto; Vu Thanh Nguyen; 布施雄士; 向笠勝貴
    平成28年度日本生化学会関東支部例会/2016-06-11--2016-06-11
  • 亜ヒ酸の急性毒性に対するNrf2システム依存的な生体防御.
    布施雄士; Vu Thanh Nguyen; Kobayashi Makoto
    平成28年度日本生化学会関東支部例会/2016-06-11--2016-06-11
  • ゼブラフィッシュを用いた亜ヒ酸の急性毒性に対するNrf2依存的防御機構の遺伝学的機能解析.
    布施雄士; Vu Thanh Nguyen; Kobayashi Makoto
    第43回日本毒性学会学術年会/2016-06-29--2016-07-01
  • LSD1-dependent shutdown of etv2 promotes hematopoietic differentiation in hemangioblasts.
    Kobayashi Makoto; Tamaoki Junya; Fuse Yuji; Takeuchi Miki
    The Allied Genetics 2016 Conference/2016-07-13--2016-07-17
  • Involvement of the p62-Nrf2 pathway as a protection mechanism against Spns1 deficiency in zebrafish.
    Kobayashi Makoto
    The Allied Genetics 2016 Conference/2016-07-13--2016-07-17
  • Nrf2-dependent protection against ROS-generating heavy metals.
    Fuse Yuji; Nguyen Vu Thanh; Kobayashi Makoto
    第22回小型魚類研究会/2016-08-20--2016-08-21
  • Analysis of the lsd1;etv2 compound mutant reveals roles and regulatory mechanisms of LSD1 in zebrafish hematopoiesis.
    玉置隼也; 竹内未紀; 竹内美保; Kobayashi Makoto
    第22回小型魚類研究会/2016-08-20--2016-08-21
  • Nrf2-dependent attenuation of genetic endoplasmic reticulum stress in zebrafish.
    Nguyen Vu Thanh; Mukaigasa Katsuki; Fuse Yuji; Kobayashi ...
    TGSW201/2016-09-17--2016-09-19
  • Genetic evidence of Nrf2-dependent protection against heavy metal toxicity.
    Fuse Yuji; Nguyen Vu Thanh; Kobayashi Makoto
    TGSW2016/2016-09-17--2016-09-19
  • Quality of visual chart designs created by Japanese researchers and engineers.
    Tanaka Sayoko; Kobayashi Makoto; Miwa Yoshihiro
    TGSW2016/2016-09-17--2016-09-19
  • Activation of Nrf2 attenuates genetic endoplasmic reticulum stress in zebrafish.
    Nguyen Vu Thanh; 向笠勝貴; 布施雄士; Kobayashi Makoto
    第89回日本生化学会大会/2016-09-25--2016-09-27
  • 亜ヒ酸の毒性に対するNrf2依存的生体防御の遺伝学的解析.
    布施雄士; Vu Thanh Nguyen; Kobayashi Makoto
    第89回日本生化学会大会/2016-09-25--2016-09-27
  • Sulforaphane reduces genetic endoplasmic reticulum stress in zebrafish through the Nrf2 pathway.
    Nguyen Vu Thanh; Mukaigasa Katsuki; Fuse Yuji; Kobayashi ...
    The 19th Asia-Pacific International Molecular Biology Network (A-IMBN) Annual Conference./2016-10-30--2016-11-01
  • ゼブラフィッシュを用いたNrf2システムの解析:医療応用に向けた新たな課題との遭遇.
    布施雄士; Vu Thanh Nguyen; 玉置隼也; Kobayashi Makoto
    転写研究会 冬の若手ワークショップ2017/2017-01-30--2017-02-01
  • Histone demethylase LSD1/Kdm1a plays a crucial role in zebrafish definitive hematopoiesis.
    玉置隼也; 竹内未紀; 蔡一鴎; 小林功; Kobayashi Makoto
    第50回日本発生生物学会年会/2017-05-10--2017-05-13
  • A Zebrafish Model of Human Congenital Disorder of Glycosylation Ia
    向笠勝貴; Vu Thanh Nguyen; 佐藤恒; 布施雄士; Kobayashi Ma...
    International Meeting on Aquatic Model Organisms for Human Disease and Toxicology Research/2016-03-18--2016-03-19
  • Nrf2-dependent Protection against Acute Arsenite Toxicity in Zebrafish
    布施雄士; Vu Thanh Nguyen; Kobayashi Makoto
    International Meeting on Aquatic Model Organisms for Human Disease and Toxicology Research/2016-03-18--2016-03-19
  • 高濃度亜ヒ酸暴露時における生体防御機構Nrf2システムの遺伝学的機能解析
    布施雄士; Vu Thanh Nguyen; 小林 麻己人
    転写研究会 冬の若手ワークショップ2016/2016-02-04--2016-02-06
  • 実例!スライド作りのなるほどポイント紹介
    小林麻己人
    日本作物学会第233回講演会/2012-03-30--2012-03-30
  • Evolutionary aspects of Nrf2 in anti-oxidant strategies
    Makoto Kobayashi
    UK-Japan Research Exchange Symposium "Molecular Mechanisms of Stress Response in Disease"/2012-04-06--2012-04-06
担当授業科目
2017-10 -- 2018-02ゲノム環境医学特論II筑波大学
2017-04 -- 2017-08Advanced Exercise on Public Health筑波大学
2017-10 -- 2018-02Advanced Exercise on Public Health筑波大学
2017-10 -- 2018-02ゲノム環境医学演習II筑波大学
2017-04 -- 2017-08インターンシップII筑波大学
2017-10 -- 2018-02インターンシップII筑波大学
2017-04 -- 2017-06フレッシュマン・セミナー筑波大学
2017-04 -- 2017-08基礎医科学演習筑波大学
2017-10 -- 2018-02基礎医科学演習筑波大学
2017-04 -- 2017-08ゲノム環境医学演習I筑波大学
授業以外の教育活動
2016-04 -- (現在)卒業研究指導(遠藤優佳)筑波大学・生物学類
2015-10 -- (現在)博士論文研究指導(Nguyen Thanh Vu)  筑波大学・人間総合科学研究科・生命システム医学専攻
2014-04 -- (現在)博士論文研究指導(布施雄士)筑波大学・人間総合科学研究科・生命システム医学専攻 
2015-04 -- 2017-03修士論文研究指導(大坪士朗)筑波大学・人間総合科学研究科・フロンティア医科学専攻
2016-10 -- 2017-03研究生指導(蔡一鴎)筑波大学・人間総合科学研究科・フロンティア医科学専攻 
2016-04 -- 2017-03卒業研究指導(玉置隼也)筑波大学・生物学類 
2016-04 -- 2017-03博士論文学位審査 副査(山内庸平、水口萌子)筑波大学・人間総合科学研究科・生命システム医学専攻
2016-04 -- 2017-03修士論文学位審査 副査(NGUYEN THUY LINH、熊澤昂大、浅野圭吾)筑波大学・人間総合科学研究科・フロンティア医科学専攻
2014-04 -- 2016-03修士論文研究指導(Christina-Sylvia Andrea、佐藤恒)筑波大学・人間総合科学研究科・フロンティア医科学専攻
2015-04 -- 2016-03卒業研究指導(宮本眞沙子)筑波大学・医療科学類
一般講演
  • 実例を用いた科研費申請書の改善
    小林麻己人
    九州工業大学 第8回URAカフェ「伝わる!研究計画調書セミナー」/2016-08-29--2016-08-29
  • プレゼンスライドの改善を試みる
    小林麻己人
    第6回CSJ化学フェスタ2016 テーマ企画「もっとアピール力を磨こう —競争社会における科学者・技術者の生き残り術—」/2016-11-14--2016-11-14
  • 実例を用いたプレゼンスキルアップの試み
    小林麻己人
    兵庫県立大学 男女共同参画推進室セミナー「ビジュアルデザインとプレゼンのスキルアップセミナー」/2016-12-07--2016-12-07
  • 実践編 Before & After企画
    小林麻己人
    東京都済生会中央病院 平成28年度プレゼンテーション講習会/2016-12-15--2016-12-15
  • プレゼンスライド改善の実例
    小林麻己人
    早稲田大学理工学技術院総合研究所 アーリーバードプログラム/2016-12-19--2016-12-19
  • 実例を用いたプレゼンスライドの改善
    小林麻己人
    山口大学 国際学術論文促進セミナー「第四回 プレゼン・ワークショップ」/2017-01-26--2017-01-26
  • 実例を用いたプレゼンスライドの改善例
    小林麻己人
    北海道大学 平成28年度 情報科学研究科・工学研究院・工学系教育研究センター 共催 FD「教員のためのビジュアルデザインとプレゼン技術」/2017-02-21--2017-02-21
  • プレゼンスライドの改善
    小林 麻己人
    筑波大学医学図書館セミナー「魅せる!プレゼン あなたは伝える工夫をしていますか?」/2016-02-05--2016-02-05
  • 何が赤血球への運命を決めるのか
    小林 麻己人
    日本大学生物資源学部セミナー/2013-1-28--2013-1-28
  • プレゼンスライドの改善を試みる
    小林 麻己人
    日本大学講演「魅せるスライド&伝わるプレゼン」/2013-1-28--2013-1-28
  • プレゼンスライドの改善を試みる
    小林 麻己人
    日本大学講演「魅せるスライド&伝わるプレゼン」/2013-01-28--2013-01-28
  • 魅せるプレゼンテーション 実践編
    小林 麻己人
    第73回バイオeカフェ/2013-07-16--2013-07-16
  • プレゼンスライドの改善を試みる
    小林 麻己人
    京都府立大学男女共同参画推進室 サイエンスビジュアリゼーション講座「学生・研究者のためのビジュアルデザインとプレゼンの技術」/2015-11-30--2015-11-30
  • プレゼンスライドを改善してみましょう
    小林 麻己人
    東北大学サイエンス・ビジュアリゼーション活性化プロジェクト講演会「科学発表のビジュアルデザインとプレゼンの技術」/2015-09-15--2015-09-15
  • プレゼンスライド改善の具体策
    小林 麻己人
    愛媛大学PDプログラム講義/2014-07-22--2014-07-22
  • プレゼンスライド改善の具体策
    小林 麻己人
    愛媛大学大学院特別講義/2014-07-22--2014-07-22
  • プレゼンスライドの改善を試みる
    小林 麻己人
    日本大学理工学部「研究基礎実験」/2014-11-06--2014-11-06
  • どういうポスターが良いポスター?
    小林 麻己人
    農業生物資源研究所 科学コミュニケーション研修「魅せる、伝わるプレゼンテーション」/2014-11-21--2014-11-21
  • 発表プレゼンの改善を試みる
    小林 麻己人
    日本大学生物資源科学部「魅せるスライド&伝わるプレゼン」/2014-12-06--2015-12-06
  • 実例を用いたプレゼンスライドの改善発表
    小林 麻己人
    東京医科歯科大学難治疾患研究所「魅せるスライド&伝わるプレゼン」/2015-01-23--2015-01-23
  • 魅せるスライド伝わるプレゼン演習編
    小林 麻己人
    H27年度新潟県栄養士会医療事業部春期研修会/2015-05-30--2015-05
  • プレゼンスライド改善の具体策
    小林 麻己人
    平成27年度愛媛大学PDプログラム/2015-07-07--2015-07-07
  • プレゼンスライド改善の具体策
    小林 麻己人
    平成27年度愛媛大学大学院特別講義/2015-07-07--2015-07-07
  • スライド作りのポイント(実践編)
    小林麻己人
    農業生物資源研究所 平成24年度科学コミュニケーション研修/2012-10-02--2012-10-02
  • スライド作りのポイント紹介
    小林麻己人
    第11回C-bioセミナー/2012-03-15--2012-03-15
学協会等委員
2007-04 -- (現在)文部科学省ナショナルバイオリソースプロジェクト・ゼブラフィッシュ 運営委員
2010-10 -- (現在)日本サイエンスビジュアリゼーション研究会運営幹事
2004-04 -- (現在)転写研究会運営委員
2009-04 -- (現在)筑波分子医学協会運営委員
2008-04 -- (現在)筑波分子医学協会渉外担当
2015-04 -- 2015-06日本発生生物学会第48回大会 準備委員
2010 -- (現在)つくば酸化ストレス研究会運営
2010-12 -- (現在)transTerritory Forum Tsukuba運営
2004-01 -- 2007-12日本生化学会Journal of Biochemistry誌 Advisory Board
2003-04 -- 2005-03つくばバイオ・ゲノム推進会議つくば環境バイオフォーラム委員

(最終更新日: 2017-05-31)