現在地

永田 恭介(ナガタ キヨウスケ; Nagata, Kyosuke)

所属
筑波大学
職名
学長
URL
eメール
 
研究分野
分子生物学
ウイルス学
構造生物化学
研究キーワード
分子生物学
ウイルス学
生化学
研究課題
ストレス応答の分子機構に関する研究2000 -- 2002/企業からの受託研究
インフルエンザウイルスの複製の分子構造解析2009-04 -- (現在)財団法人 東京都医学総合研究所/出資金による受託研究
細胞がん化の分子機構 -- (現在)/
抗ウイルスの分子機構 -- (現在)/科学研究費補助金
ウイルスと宿主細胞機能の相互作用 -- (現在)/科学研究費補助金
真核細胞遺伝子の複製と転写の制御機構 -- (現在)/科学研究費補助金
インフルエンザウイルスゲノム機能の制御に関わる宿主因子の同定と機能解析2008 -- 2011日本学術振興会/基盤研究(A)49400000
マイナス鎖RNAウイルスのゲノム複製を制御する宿主細胞因子の機能解析2009 -- 2010文部科学省/特定領域研究13000000
クロマチンダイナミクス制御因子の実体解明とその協調的機能発現機構2008 -- 2009文部科学省/特定領域研究6400000
ベトナム特有の南方薬に含まれる生理活性成分シーズの探索2007 -- 2009日本学術振興会/基盤研究(B)16770000
職歴
1985-02 -- 1991-03国立遺伝学研究所 分子遺伝研究部門 助手
1991-04 -- 1999-03東京工業大学 生命理工学部 助教授
1999-04 -- 2001-01東京工業大学 大学院生命理工学研究科 助教授
2001-02 -- 2001-03東京工業大学 大学院生命理工学研究科 教授(併任)
2001-02 -- 2004-03筑波大学 基礎医学系 教授
2004-04 -- 2006-03筑波大学 大学院人間総合科学研究科社会環境医学専攻/・基礎医学系 教授(改組により)
2006-04 -- 2011-09筑波大学 大学院人間総合科学研究科生命システム医学専攻 教授(改組により)
2011-10 -- (現在)筑波大学 医学医療系 教授(改組により)
学歴
-- 1976東京大学 薬学部 薬学科卒業
-- 1981東京大学 薬学研究科 薬学修了
-- 1978東京大学 薬学研究科 薬学専攻修了
取得学位
薬学博士東京大学
所属学協会
-- (現在)American Society for Microbiology
-- (現在)バイオ計測研究会
-- (現在)日本ウイルス学会
-- (現在)日本癌学会
-- (現在)日本生化学会
-- (現在)日本分子生物学会
-- (現在)日本薬学会
受賞
1993日本ウイルス学会杉浦奨励賞
論文
  • Generation of a Genetically Stable High-Fidelity Influenza Vaccine Strain
    Naito Tadasuke; Mori Kotaro; Ushirogawa Hiroshi; Takizawa...
    Journal of virology/91(6), 2017-03
  • Differential induction of type I interferons in macaques by wild-type measles virus alone or with the hemagglutinin protein of the Edmonston vaccine strain
    Nguyen Van Nguyen; Kato Sei-ich; Nagata Kyosuke; Takeuchi...
    MICROBIOLOGY AND IMMUNOLOGY/60(7)/pp.501-505, 2016-07
  • Silencing of IFN-stimulated gene transcription is regulated by histone H1 and its chaperone TAF-I
    Nagata Kyosuke; 門田 伸一
    Nucleic Acids Res./42(12)/pp.7642-7653, 2014-01
  • Critical role of an antiviral stress granule containing RIG-I and PKR in viral detection and innate immunity.
    Onomoto K; Jogi M; Yoo JS; Narita R; Morimoto S; Takemura...
    PLoS One/7(8)/p.43031, 2012
  • New sandwich-type enzyme-linked immunosorbent assay for human MxA protein in a whole blood using monoclonal antibodies against GTP-binding domain for recognition of viral infection.
    Mizuho Kawamura; Akira Kusano; Akiko Furuya; Nobuo Hanai;...
    Journal of Clinical Laboratory Analysis/26/p.174-183, 2012
  • Anti-influenza virus activity of Ginkgo biloba leaf extracts
    Takahiro Haruyama; Nagata K.
    JOURNAL OF NATURAL MEDICINES/67(3)/pp.636-642, 2013-07
  • The role of the N-terminal loop in the function of the colicin E7 nuclease domain
    Czene Aniko; Nemeth Eszter; Zoka Istvan G.; Jakab-Simon N...
    JOURNAL OF BIOLOGICAL INORGANIC CHEMISTRY/18(3)/pp.309-321, 2013-03
  • Replication-coupled and host factor-mediated encapsidation of the influenza virus genome by viral nucleoprotein.
    Kawaguchi A.; Momose F.; Nagata K.
    Journal of Virology/85(13)/pp.6197-6204, 2011-07
  • Sorting of influenza A virus RNA genome segments after nuclear export
    Takizawa N; Kumakura M; Takeuchi K; Kobayashi N; Nagata K
    Virology/401(2)/p.248-256, 2010-06
  • A system of DNA replication in HeLa nuclei treated with inhibitors of protein synthesis
    Nagata K; Enomoto T; Yamada M.
    Biochim. Biophys/653(3)/p.316-330, 1981-05
  • Accumulation of S phase populations of FM3A cells growig in the mouse by the administration of 5'-fluoro-2'-deoxyuridine
    Hanaoka F; Nagata K; Watanabe Y; Enomoto T; Yamada M
    Cell Struc. Func/6/p.357-365, 1981-01
  • Adenovirus DNA replication in vitro: Identification of a host factor that stimulates synthesis of the preterminal protein-dCMP complex
    Nagata K; Guggenheimer RA; Enomoto T; Lichy JH; Hurwitz J
    Proc. Natl. Acad. Sci/79(21)/p.6438-6442, 1982-11
  • DNA-dependent ATPaseB of FM3A cells: Its separation from DNA polymerase α
    Watanabe Y; Nagata K; Tawaragi Y; Enomoto T; Hanaoka F; Y...
    FEBS Lett/149(1)/p.44-46, 1982-11
  • Detection of two factors stimulating DNA polymerase α activity on heat-denatured DNA from mouse FM3A cells
    Kawasaki K; Nagata K; Enomoto T; Hanaoka F; Yamada M
    Biochem. Internat/5/p.121-128, 1982-01
  • Adenovirus DNA replication in vitro: Synthesis of full length DNA with purified proteins
    Nagata K; Guggenheimer RA; Hurwitz J
    Proc. Natl. Acad. Sci./80(20)/p.4266-4270, 1983-10
  • Specific binding of a cellular DNA replication protein to the origin of replication of adenovirus DNA
    Nagata K; Guggenheimer RA; Hurwitz J
    Proc. Natl. Acad. Sci./80(20)/p.6177-6181, 1983-10
  • Isolation of proteins involved in the replication of adenovirul DNA in vitro
    永田 恭介
    Cold Spring Harbor Symp. Quant. Biol/47/p.731-740, 1983-01
  • Purification and characterization of a factor stimulating DNA polymerase α activity from FM3A cells
    Kawasaki K; Nagata K; Enomoto T; Hanaoka F; Yamada M
    J. Biochem./95(2)/p.485-493, 1984-02
  • DNA sequences required for the in vitro replication of adenovirus DNA
    Guggenheimer RA; Stillman BW; Nagata K; Tamanoi F; Hurwitz J
    Proc. Natl. Acad. Sci./81(10)/p.3069-3073, 1984-05
  • Protein-primed replication of plasmids containing the terminus of the adenovirus genome: I. Characterization of an in vitro DNA replication system dependent on adenoviral sequences
    Guggenheimer RA; Nagata K; Lindenbaum JL; Hurwitz J
    J. Biol. Chem./259(12)/p.7801-7814, 1984-06
  • Protein-primed replication of plasmids containing the terminus of the adenovirus genome: II. Purification and characterization of a host protein required for the replication of DNA template devoid of the terminal protein
    Guggenheimer RA; Nagata K; Kenny M; Hurwitz J
    J. Biol. Chem./259(12)/p.7815-7825, 1984-06
  • Isolation of human DNA sequences that bind to nuclear factor I, a host protein involved in adenovirus DNA replication
    Gronostajski RM; Nagata K; Hurwitz J
    Proc. Natl. Acad. Sci./81(13)/p.4013-4017, 1984-07
  • Site-specific DNA binding of nuclear factor I; Analysis of cellular binding sites
    Gronostajski RM; Adhya S; Nagata K; Guggenheimer RA; Hurw...
    Mol. Cell. Biol./5(5)/p.964-971, 1985-05
  • Purification and characterization of two forms of DNA polymerase α from mouse FM3A cells: A DNA polymerase a-primase complex and a free DNA polymerase α
    Enomoto T; Suzuki M; Takahashi M; Kawasaki K; Watanabe Y;...
    Cell Struc. Func./10(2)/p.161-171, 1985-06
  • In vitro synthesis of influenza viral RNA: Characterization of an isolated nuclear system that supports transcription and replication of influenza viral RNA
    Takeuchi K; Nagata K; Ishihama A
    J. Biochem./101(4)/p.837-845, 1987-04
著書
  • 基礎コース細胞生物学
    永田 恭介; S.R.Bolsover; E.A.Shephard; H.A.White; J.S.Hyams
    2013-09
  • 酵母を宿主とするインフルエンザウイルスレプリコン系の開発
    内藤忠相; 永田恭介
    2011
  • 分子生物学に魅せられた人々
    永田恭介
    2011
  • 21世紀の分子生物学
    永田恭介
    2011
  • 第15回国際ウイルス学会議速報
    永田恭介; 川口敦史
    2011
  • ウイルス学研究と科研費、とくにグループ研究費
    永田 恭介
    ウイルス/pp.251-254, 2012-12
  • In vitro synthesis of full length adenoviral DNA.
    Guggenheimer R A; Nagata K; Field J; Lindenbaum J; Gronos...
    1983-01
  • Isolation of proteins envolved in the replication of adenoviral DNA in vitro
    Lichy J H; Nagata K; Enomoto T; Field J; Guggenheimer R A...
    1983-01
  • The in vitro replication of adenovirus DNA
    Freifeld B R; Lichy J H; Gronostajski R M; Guggenheimer R...
    1984-01
  • 真核細胞のDNA複製因子
    永田恭介
    1985-01
  • Synthesis of adenoviral DNA with purified proteins
    Hurwitz J; Adhya S; Field J; Gronostajski R M; Guggenheim...
    1985-01
  • 遺伝子の情報発現の分子機構
    藤田信之; 永田恭介; 石浜明
    1986-01
  • DNA結合性蛋白質因子
    永田恭介
    1988-01
  • Viral RNA polymerases
    Ishihama A; Nagata K
    1988-01
  • 遺伝情報発現調節マーカー、転写の調節因子
    永田恭介; 松本健
    1990-01
  • マイナス鎖RNAウイルスゲノムのリバースジェネティクス
    永田恭介
    1991-01
  • RNAレプリコンの構造と機能
    永田恭介; 山中邦俊
    1991-01
  • インフルエンザウイルス遺伝子の転写・複製とMxタンパク
    永田恭介; 中山学
    1991-01
  • バイオテクノロジーを利用した抗ウイルス剤の開発
    永田恭介; 山中邦俊
    1991-01
  • インフルエンザウイルス発現ベクター系の構築(生命科学を推進する分子ウイルス学)
    永田恭介
    1992-01
  • インフルエンザウイルスゲノムの転写・複製の分子機構
    永田恭介
    1993-01
  • ウイルス遺伝子の複製
    永田恭介
    1994-01
  • 細胞指向性をそなえたウイルスカプセルの開発
    永田恭介
    1995-01
  • ウイルス実験プロトコール
    小林信之; 永田恭介
    1995-01
  • DNAトランスアクションと核ダイナミクス
    永田恭介; 花岡文雄; 米田悦啓
    1995-01
会議発表等
  • マイナス鎖RNAウイルス複製におけるウイルスと宿主の攻防
    永田 恭介
    ウイルス感染現象における宿主細胞コンピテンシーの分子基盤 第6回領域会議/2015-05-24--2015-05-25
  • インフルエンザウイルスゲノムの細胞膜までの輸送に関る宿主因子解析
    Nagata Kyosuke
    第12回ウイルス学キャンプin湯河原
  • 減数分裂期コヒーシン線虫のRNAi関連のヘテロクロマチン化に必要である
    永田 恭介; 田原 浩昭; 三谷 昌平
    第37回日本分子生物学会年会/2014-11-25--2014-11-27
  • M期におけるCTCFのDNA結合領域
    永田 恭介; 村野健作
    第37回日本分子生物学会年会
  • ヒト細胞内におけるマウスrRNA遺伝子転写の再構成
    永田 恭介; 村野健作
    第37回日本分子生物学会年会/2014-11-25--2014-11-27
  • インフルエンザウイルスポリメラーゼサブユニット間の適合性
    永田 恭介; 原田 芳美; 川口 敦史
    第62回日本ウイルス学会学術集会/2014-11-10--2014-11-12
  • インフルエンザウイルスcell-to-cell感染によるウイルスゲノムの多様化
    永田 恭介; 森 幸太郎; 川口 敦史; 村野 健作
    第62回日本ウイルス学会学術集会/2014-11-10--2014-11-12
  • インフルエンザウイルス粒子形成におけるアクトミオシンネットワークの機能
    永田 恭介; 熊倉 充子; 川口 敦史
    第62回日本ウイルス学会学術集会/2014-11-10--2014-11-12
  • 中心体の機能制御を介したインフルエンザウイルスゲノムの細胞内輸送機構
    永田 恭介; 川口 敦史; 広濱 美香子
    第62回日本ウイルス学会学術集会/2014-11-10--2014-11-12
  • The genetic compatibility among influenza virus polymerase subunits for the generation of reassortant viruses
    永田 恭介; 原田 芳美; 川口敦史
    TGSW2014/2014-09-28--2014-09-30
  • The genetic compatibility among influenza virus polymerase subunits for the generation of reassortant viruses
    永田 恭介; 原田 芳美; 川口敦史
    The 13th Joint Mini-symposium 2014 of NTU, KU and UT/2014-09-26--2014-09-27
  • リアソータントウイルス産生に関与するインフルエンザウイルスポリメラーゼサブユニット間の適合性
    永田 恭介; 原田 芳美; 川口敦史
    第 11 回ウイルス学キャンプ in湯河原/2014-09-17--2014-09-18
  • ヒト細胞内におけるマウスrRNA遺伝子転写の再構成
    永田 恭介; 村野健作
    新学術領域転写サイクル合同班会議2014/2014-08-04--2014-08-06
  • インフルエンザウイルスゲノムの複製から細胞内動態の解析
    永田 恭介; 川口 敦史
    感染研GSC x 新学術領域感染コンピ研究交流会/2014-07-12
  • アクトミオシンネットワークによるインフルエンザウイルス粒子形成の制御
    永田 恭介; 森 幸太郎; 春山 貴弘; 川口 敦史
    感染研GSC x 新学術領域感染コンピ研究交流会/2014-07-12
  • Cell-to-Cell transmission of Influenza Virus
    永田 恭介; 森 幸太郎; 春山 貴弘; 川口 敦史
    感染研GSC x 新学術領域感染コンピ研究交流会/2014-07-12
  • Effect of nucleoporin-related fusion proteins found in leukemia on NF-κB pathway
    永田 恭介; Cigdem Sadik; 齋藤祥子
    平成25年度日本生化学学会関東支部例会/2013-06-15--2013-06-15
  • インフルエンザウイルスcell-to-cell感染による変異導入機構の解明
    永田 恭介; 森 幸太郎
    第10回ウイルス学キャンプ in 湯河原/2013-05-30--2013-05-31
  • 鳥インフルエンザウイルスのウイルスポリメラーゼによる哺乳類細胞への適応機構解析
    永田 恭介; 原田芳美; 川口 敦史
    第10回ウイルス学キャンプ in 湯河原/2013-05-30--2013-05-31
  • 熱帯熱マラリア原虫の新規転写因子PREBP (Prix regulatory element binding protein)の活性の解析
    駒木-安田加奈子; 奥脇暢; 永田 恭介; 河津信一郎; 狩野繁之
    第72回日本寄生虫学会東日本支部会・第10回分子寄生虫マラリアフォーラム合同大会/2013-3-29--2013-3-30
  • 哺乳類細胞への適応を規定するインフルエンザウイルスポリメラーゼの遺伝的要因
    永田 恭介; 原田 芳美
    感染コンピテンシー若手研究会~ウイルス研究者の新“リベラルアーツ”~/2013-9-28--2013-9-29
  • Analysis of RNAi-mediated heterochromatinization during meiosis in C. elegans
    永田 恭介; Tabara Hiroaki; Mitani Shohei
    第36回日本分子生物学会年会/2013-12-3--2013-12-6
  • ヒストンシャペロンによるリンカーンヒストンH1バリアントの機能制御機構
    永田 恭介; 阿部 真弓; 久岡 美晴
    第36回日本分子生物学会年会/2013-12-3--2013-12-6
  • M期リン酸化によるCTCFのDNA結合活性制御の解析
    永田 恭介; 村野 健作; 関屋 健史
    第36回日本分子生物学会年会/2013-12-3--2013-12-6
  • ポリコーム複合体因子であるEZH2はインフルエンザウイルスタンパク質M1およびインフルエンザウイルスゲノムの核外輸送を制御する
    永田 恭介; 浅賀 正充
    第36回日本分子生物学会年会/2013-12-3--2013-12-6
作品
  • ウイルス感染におけるクロマティン制御
    永田 恭介
  • Gene silencing and histone modification by JDP2, a repressor that binds to the AP-1 regulatory sequence, during the differentiation of F9 embryonic carcinoma cells.
    永田 恭介
担当授業科目
2017-10 -- 2017-12ザ・プレゼンテーション筑波大学
2016-11 -- 2017-02病原微生物学筑波大学
2015-10 -- 2015-12ザ・プレゼンテーション筑波大学
2015-10 -- 2015-12腫瘍学筑波大学
2015-11 -- 2016-02病原微生物学筑波大学
2014-10 -- 2014-12腫瘍学筑波大学
2014-10 -- 2014-12第一線研究者 教員プレゼンバトル筑波大学
2014-04 -- 2014-06第一線研究者 教員プレゼンバトル筑波大学
2014-11 -- 2015-02病原微生物学筑波大学
2013-10 -- 2013-12腫瘍学筑波大学
授業以外の教育活動
2012-04 -- 2013-03東京大学医学部 非常勤講師学外
2012-04 -- 2013-03群馬大学医学部 非常勤講師学外
2012-04 -- 2013-03長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 非常勤講師学外
一般講演
  • インフルエンザウイルスゲノムの複製機構に基盤をおいた創薬
    永田 恭介
    第42回ヒューマンサイエンス総合研究セミナー/2013-12-9
  • Host factor-dependent RNA replication of the influenza virus genome
    Nagata Kyosuke
    The 12th Awaji International Forum on Infection and Immunity./2013-09-10--2013-09-13
  • インフルエンザウイルスゲノムの機能発現機構と創薬展開
    永田 恭介
    第66回日本細菌学会九州支部総会・第50回日本ウイルス学会九州支部総会/2013-09-06--2013-09-07
  • ウイルス複製の分子機構の解明からウイルス疾患制御へ
    永田恭介
    日本薬学会第131年会/2011-03-01
  • インフルエンザウイルスゲノム複製・転写の酵素機構
    永田恭介
    日本薬学会第131年会/2011-03-01
  • レプリコン研究の魂
    永田恭介
    神戸大学自然科学系先端融合研究環 重点研究チームワークショップ「蛋白質のシグナル伝達機能研究」-小野功貴博士追悼講演会-/2012-03-24
  • 分子機能構造に基づくインフルエンザウイルス制御法開発.
    永田恭介
    日本薬学会第130年会/2010-03-28
  • インフルエンザウイルスの制御
    永田恭介
    2009 SHIMAZU MALDI ユーザーズミーティング/2009-11-20
  • インフルエンザウイルスゲノム機能発現のウイルス及び宿主基盤
    永田恭介
    第57回日本ウイルス学会学術集会/2008-10-25
  • インフルエンザウイルスゲノム機能発現の分子および構造基盤.
    永田恭介
    第56回日本ウイルス学会学術集会/2007-10-26
  • ウイルスゲノムの複製・転写の分子機構と宿主因子
    永田恭介
    京都大学ウイルス研究所学術講演会/2007-02-15
  • Insitu DNA/RNAの構造と機能の制御.
    永田恭介
    第28回日本バイオマテリアル学会大会(東京)/2006-11-27
  • 「From Molecular Biology of the Replication of Influenza Virus Through Structural Biology to its Control」
    永田恭介
    2010 International Symposium on Advanced Biological Engineering (ISABE'2010)/2010-07-01
  • 「Molecular bases of host factor-dependent influenza virus genome replication」
    永田恭介
    大阪大学医学部 緒方洪庵生誕200周年記念事業 グローバルCOEプログラム「オルガネラネットワーク医学創成プログラム」/2010-07-12
学協会等委員
2004 -- (現在)バイオ計測研究会バイオ計測研究会理事
2006 -- 2009日本ウイルス学会ウイルス学将来構想検討委員会 委員長
2004 -- (現在)日本ウイルス学会理事(庶務担当常務理事)
1994 -- (現在)日本ウイルス学会将来構想検討委員
2007 -- (現在)日本生化学会関東支部運営委員会委員
2003 -- (現在)日本生化学会代議員
2002 -- (現在)日本生化学会関東支部幹事
2002 -- (現在)日本生化学会評議員
2008 -- (現在)日本分子生物学会理事
2008 -- (現在)日本分子生物学会学術事業企画委員会委員長
学内管理運営業績
2007-04 -- (現在)委員・先端学際領域研究センター運営委員会委員
2007-04 -- 2011-03委員・先端学際領域研究センター人事委員会委員
2009-04 -- (現在)学長補佐室長
2010-04 -- (現在)学長特別補佐
2009-04 -- (現在)大学 教育研究評議会 評議員
2010-04 -- (現在)運営委員・人間総合科学研究科医学系専攻運営委員会
2011-10 -- (現在)生命医科学域運営委員会委員
2012-04 -- 2013-03安全管理委員会委員
2012-04 -- 2013-03委員・人間総合科学研究科医学5専攻教務委員会
2011-10 -- 2013-03医学医療系運営委員会委員

(最終更新日: 2017-07-04)