現在地

永田 恭介(ナガタ キヨウスケ; Nagata, Kyosuke)

研究者情報全体を表示

著書
  • NFI/CTF
    和田忠士; 永田恭介; 半田宏
    羊土社, 1995-01
  • DNA(概論)
    永田恭介
    朝倉書店, 1995-01
  • ウイルスの生物学ーセントラルドグマー
    永田恭介
    羊土社, 1996-04
  • 学会見聞録「第18回日本分子生物学会年会」
    和地正明; 永田恭介
    バイオサイエンスとインダストリー, 1996-01
  • インターフェロンで誘導される抗ウイルス蛋白質Mx
    中出浩司; 永田恭介
    実験医学(増刊”GTP結合蛋白質研究の新展開”), 1996-01
  • 積み木細工の生物学-タンパク質と遺伝子の機能単位-
    永田恭介; 中西義信; 白川昌宏
    共立出版, 1996-01
  • アデノウイルスクロマチンの複製とクロマチンリモデリング
    永田恭介
    実験医学増刊 ウイルス最前線, 1997-12
  • インフルエンザウイルス抵抗性を支配する宿主因子Mx
    永田恭介; 三林正樹
    日本臨床, 1997-01
  • Function of TAF-I as an adenoviral chromatin remodeling factor
    Nagata K; Miyaji M; Okuwaki M; Saito S
    From viruses to cell cycle regulation through oncogene, 1997-01
  • 分子細胞生物学辞典
    永田恭介
    東京化学同人, 1997-01
  • ウイルス・細菌感染newファイル
    永田恭介
    羊土社, 1997-01
  • DNAトランスアクション-転写反応を中心に-
    奥脇暢; 永田恭介
    転写のメカニズムと疾患・羊土社, 1997-01
  • ウイルス遺伝情報発現と細胞側機能
    永田恭介
    感染-ウイルス・細菌感染論の最前線・メジカルビュー社, 1997-01
  • アデノウイルスクロマチンの複製とクロマチンリモデリング
    永田恭介; 奥脇暢
    ウイルス最前線・ 羊土社, 1997-01
  • 遺伝子生物学
    榎本武美; 永田恭介; 中西義信
    丸善, 1998-08
  • 学会見聞録「第20回日本分子生物学会年会」
    永田恭介; 新海暁男
    バイオサイエンスとインダストリー, 1998-01
  • ゲノム-タンパク質複合体の複製と転写
    永田恭介; 百瀬文隆
    生化学, 1998-01
  • インフルエンザウイルス遺伝子の転写と複製
    永田恭介; 渡辺健
    遺伝子医学, 1998-01
  • 遺伝子が解き明かす生と死のシナリオ
    永田恭介(共著; 田沼靖一監修); +永田 恭介
    ニュートン, 1999-08
  • NFI/CTF
    和田忠士; 永田恭介
    BioScience新用語ライブラリーシリーズ「転写因子」・羊土社, 1999-12
  • クロマチン制御因子と白血病
    永田恭介; 宮地まり; 齋藤祥子
    実験医学, 1999-01
  • クロマチン制御因子と癌化
    永田恭介; 齋藤祥子; 奥脇暢
    遺伝子医学, 1999-01
  • Acidic molecular chaperones: their involvement in viral genome replication and transcription
    Nagata K; Momose F; Okuwaki M
    Recent Res. Devel. Virol., 1999-01
  • Interaction of basic peptides derived from influenza virus M1 protein with DNA/RNA
    Kuribayashi H; Takahashi T; Nagata K; Ueno A; Mihara H
    Peptide Science 1998, 1999-01
  • ウイルス遺伝子
    永田恭介
    分子生物学・丸善, 1999-01