現在地

永田 恭介(ナガタ キヨウスケ; Nagata, Kyosuke)

研究者情報全体を表示

会議発表等
  • Effect of nucleoporin-related fusion proteins found in leukemia on NF-κB pathway
    永田 恭介; Cigdem Sadik; 齋藤祥子
    平成25年度日本生化学学会関東支部例会/2013-06-15--2013-06-15
  • インフルエンザウイルスcell-to-cell感染による変異導入機構の解明
    永田 恭介; 森 幸太郎
    第10回ウイルス学キャンプ in 湯河原/2013-05-30--2013-05-31
  • 鳥インフルエンザウイルスのウイルスポリメラーゼによる哺乳類細胞への適応機構解析
    永田 恭介; 原田芳美; 川口 敦史
    第10回ウイルス学キャンプ in 湯河原/2013-05-30--2013-05-31
  • 熱帯熱マラリア原虫の新規転写因子PREBP (Prix regulatory element binding protein)の活性の解析
    駒木-安田加奈子; 奥脇暢; 永田 恭介; 河津信一郎; 狩野繁之
    第72回日本寄生虫学会東日本支部会・第10回分子寄生虫マラリアフォーラム合同大会/2013-3-29--2013-3-30
  • 哺乳類細胞への適応を規定するインフルエンザウイルスポリメラーゼの遺伝的要因
    永田 恭介; 原田 芳美
    感染コンピテンシー若手研究会~ウイルス研究者の新“リベラルアーツ”~/2013-9-28--2013-9-29
  • Analysis of RNAi-mediated heterochromatinization during meiosis in C. elegans
    永田 恭介; Tabara Hiroaki; Mitani Shohei
    第36回日本分子生物学会年会/2013-12-3--2013-12-6
  • ヒストンシャペロンによるリンカーンヒストンH1バリアントの機能制御機構
    永田 恭介; 阿部 真弓; 久岡 美晴
    第36回日本分子生物学会年会/2013-12-3--2013-12-6
  • M期リン酸化によるCTCFのDNA結合活性制御の解析
    永田 恭介; 村野 健作; 関屋 健史
    第36回日本分子生物学会年会/2013-12-3--2013-12-6
  • ポリコーム複合体因子であるEZH2はインフルエンザウイルスタンパク質M1およびインフルエンザウイルスゲノムの核外輸送を制御する
    永田 恭介; 浅賀 正充
    第36回日本分子生物学会年会/2013-12-3--2013-12-6
  • rRNA遺伝子の種特異的転写機構の解析
    永田 恭介; 村野 健作
    第36回日本分子生物学会年会/2013-12-3--2013-12-6
  • インフルエンザウイルス感染に応答した宿主因子YB-1による中心体の機能制御
    永田 恭介; 川口 敦史
    第61回日本ウイルス学会学術集会/2013-11-10--2013-11-12
  • インフルエンザウイルスにおけるNA非依存的cell-to-cell感染機構
    永田 恭介; 森 幸太郎; 春山 貴弘
    第61回日本ウイルス学会学術集会/2013-11-10--2013-11-12
  • インフルエンザウイルス増殖にかかわる細胞骨格関連因子
    永田 恭介; 熊倉 充子
    第61回日本ウイルス学会学術集会/2013-11-10--2013-11-12
  • インフルエンザウイルスゲノムの細胞内輸送機構におけるNS1の新規機能
    永田 恭介; 長利 卓
    第61回日本ウイルス学会学術集会/2013-11-10--2013-11-12
  • インフルエンザポリメラーゼ遺伝子間の適合性
    永田 恭介; 原田 芳美; 川口 敦史
    第61回日本ウイルス学会学術集会/2013-11-10--2013-11-12
  • EZH2, component of polycomb complex, regulates nuclear export of the influenza virus M1 and the viral genome
    Nagata Kyosuke; Masamitsu N. Asaka
    Leading Graduate Schools International Conference (Tsukuba Global Science Week)/2013-10-2--2013-10-4
  • DNA-binding Activity of CTCF, an Insulator Protein Regulated by Phosphorylation in Mitosis
    Nagata Kyosuke; Takeshi Sekiya; Kensaku Murano
    Leading Graduate Schools International Conference (Tsukuba Global Science Week)/2013-10-2--2013-10-4
  • Functions of RNA polymerase I transcription factor UBF in nucleolar formation
    Nagata Kyosuke; Ueshima Shuhei; 奥脇 暢
    Leading Graduate Schools International Conference (Tsukuba Global Science Week)/2013-10-2--2013-10-4
  • TAF-I regulates the transcription of interferon-stimulated genes through its histone chaperone activity
    Nagata Kyosuke; Shinichi Kadota
    Leading Graduate Schools International Conference (Tsukuba Global Science Week)/2013-10-2--2013-10-4
  • Fine tuning of the allosteric activation in the nuclease domain of colicin E7. Tsukuba: 2013.10.2-10.4
    Nagata Kyosuke; Bela Gyurcsik; Eszter Németh; Peter W. Th...
    Leading Graduate Schools International Conference (Tsukuba Global Science Week)/2013-10-2--2013-10-4
  • Tamiflu resistant cell-to-cell transmission of cell associated influenza virus. 淡路: 2013.9.10-9.13
    Nagata Kyosuke; 森 幸太郎; 春山 貴弘
    The 12th Awaji International Forum on Infection and Immunity./2013-09-10--2013-09-13
  • REGULATORY MECHANISMS OF GENE EXPRESSION IN INTRAERYTHROCYTIC CELL CYCLE OF PLASMODIUM FALCIPARUM
    Komaki-Yasuda Kanako; Okuwaki Mitsuru; Nagata Kyosuke; Ka...
    58th Annual Meeting of the American-Society-of-Tropical-Medicine-and-Hygiene