現在地

猪股 伸一(イノマタ シンイチ; Inomata, Shinichi)

所属
医学医療系
職名
准教授
研究分野
麻酔科学
研究キーワード
麻酔薬の効果と遺伝多型
麻酔薬の効果と性差&年齢差
麻酔方法と悪性腫瘍の制御
痛み治療の開発
超音波診断装置の応用
気道確保など
研究課題
オピオイドシステムのメカニズムと癌発現に関する多角的遺伝子研究2017 -- 2019猪股 伸一日本学術振興会/基盤研究(C)4,550,000円
磁気共鳴画像(MRI)を用いた慢性疼痛病態特異性の研究2013 -- 2016猪股伸一/筑波大学産学連携推進プロジェクト・共同研究プロジェクト4,950,000円
麻酔用薬の代謝能及び麻酔覚醒における個人差の遺伝学検討2001 -- 2001/国内共同研究
新しいテーラーメイド医療:麻酔の質向上のための遺伝学的薬物相互作用の解明とその制御2002 -- 2004猪股伸一/学内共同研究4,500,000円
α<sub>2</sub>アドレナリン受容体作動薬クロニジン -- (現在)/
麻酔作用の個人差と遺伝子の関連 -- (現在)/
麻酔薬の最小肺胞濃度 -- (現在)/
レンチウイルスベクターを用いた難治性疼痛に対する遺伝子治療の基礎的研究     2005 -- 2007猪股伸一日本学術振興会/基盤研究(C)5,104,000円
吸入麻酔薬セボフルランとその類以体の代謝動態と毒性発現のメカニズムの解明1998 -- 1999日本学術振興会/基盤研究(C)3,000,000円
麻薬受容体の遺伝子多型とシグナル伝達系に関する革新的臨床および基礎研究2013 -- 2015猪股 伸一日本学術振興会/基盤研究(C)4,940,000円
学歴
-- 1987旭川医科大学 医学部 医学科卒業
取得学位
1995(医学)博士筑波大学
所属学協会
-- (現在)日本麻酔科学会
-- (現在)日本臨床麻酔学会
-- (現在)日本ペインクリニック学会
-- (現在)American Society of Anesthesiologists
-- (現在)International Anesthesia Research Society
受賞
2014-05-15日本麻酔科学会第61回学術集会優秀演題賞
2012-06-08日本麻酔科学会第59回学術集会優秀演題賞
2011-05-19日本麻酔科学会第58回学術集会最優秀演題賞
2008-06日本麻酔科学会第55回学術集会優秀演題賞
論文
  • A new device which enables us to use a smartphone as a monitor of a bronchoscope, i-NTER LENS™( Micronet Corporation).
    Inomata Shinichi
    Eur J Anaesth. 2017 June; 34, e-Supplement 55, www.ejanaesthesiology.com., 2017-6
  • The MAC-BIS50-tetanus of desflurane decreases by aging.
    Inomata Shinichi
    Eur J Anaesth. 2017 June; 34, e-Supplement 55, www.ejanaesthesiology.com., 2017-6
  • The ropivacaine concentration required for ultrasound-guided rectus sheath block in pediatric patients undergoing laparoscopic inguinal hernia repair surgery.
    Inomata Shinichi
    Eur J Anaesth. 2017 June; 34, e-Supplement 55, www.ejanaesthesiology.com., 2017-6
  • Iliac fossa block is useful for postoperative analgesia of total hip arthroplasty.
    Inomata Shinichi
    Eur J Anaesth. 2017 June; 34, e-Supplement 55, www.ejanaesthesiology.com., 2017-6
  • Brain connectivity of chronic pain patients.
    Inomata Shinichi
    Eur J Anaesth. 2017 June; 34, e-Supplement 55, www.ejanaesthesiology.com., 2017-6
  • 脳動脈瘤クリッピング術(早期手術)における低血圧麻酔の予後に及ぼす影響
    福田 妙子; 猪股 伸一
    麻酔/41(2)/pp.207-213, 1992
  • The effects of A118G gene mutation on the fentanyl dose needed for postoperative analgesia in the patients undergoing gynecological malignant tumor surgery.
    Inomata Shinichi; Masahide Kikuchi
    Eur J Anaesth./33(e-Supplement 54), 2016-6
  • The MAC-BIS50 of desflurane during tetanic stimulation.
    Inomata Shinichi; Masahide Fujita
    Eur J Anaesth./33(e-Supplement 54), 2016-6
  • The minimum alveolar concentration (MAC) of sevoflurane for maintaining the bispectral index below 50 during noxious stimulation.
    Inomata Shinichi; Kusumoto Atsuhiro
    Eur J Anaesth./33(e-Supplement 54), 2016-6
  • The relationship between age and minimum alveolar concentration of sevoflurane for maintaining bispectral index below 50 in children.
    猪股 伸一
    Anaesthesia, 2014-10
  • 血液および唾液から抽出したDNAからのHuman herpes virus 6(HHV-6)DNA検出とDR領域繰り返し配列の個体差
    猪股 伸一
    DNA多型/22(1)/pp.195-200, 2014-7
  • 超音波ガイド区域麻酔のための新しい教育用モデル
    猪股 伸一
    麻酔/64巻(6号)/pp.671-674, 2015-6
  • ストレッチ動作後に生じた脳脊髄液減少症に対する硬膜外腔への生理食塩液持続投与の効果(
    猪股 伸一
    日本ペインクリニック学会誌/22巻(1号)/pp.50-53, 2015-2
  • 超音波ガイド区域麻酔のための新しい教育用モデル
    猪股 伸一
    麻酔/64(6)/pp.671-674, 2015-06
  • ストレッチ動作後に生じた脳脊髄液減少症に対する硬膜外腔への生理食塩液持続投与の効果
    村田 雄哉; 猪股 伸一; 山口 哲人; 渡辺 雅彦; 玉岡 晃; 田中 誠
    日本ペインクリニック学会誌/22(1)/pp.50-53, 2015
  • The efficacy of the "BURP" maneuver during laryngoscopy and training period necessary for residents in anesthesiology.
    猪股 伸一
    Masui/61(4)/pp.444-447, 2012-4
  • The efficacy of the "BURP" maneuver during laryngoscopy and training period necessary for residents in anesthesiology.
    猪股 伸一
    Masui/61(4)/pp.444-447, 2012-4
  • Magnesium sulfate attenuates tourniquet pain in healthy volunteers.
    猪股 伸一
    J Anesth/7/pp.Epub-Epub, 2012-10
  • The effects of catheter size and fixation device on central venous catheter fixation.
    猪股 伸一
    Masui/61/pp.1153-1155, 2012-12
  • The effects of catheter size and fixation device on central venous catheter fixation.
    猪股 伸一
    Masui/61/pp.1153-1155, 2012-12
  • The effects of catheter size and fixation device on central venous catheter fixation.
    猪股 伸一
    Masui/61/pp.1153-1155, 2012-12
  • The effects of catheter size and fixation device on central venous catheter fixation.
    猪股 伸一
    Masui/61/pp.1153-1155, 2012-11
  • The effects of catheter size and fixation device on central venous catheter fixation.
    猪股 伸一
    Masui/61/pp.1153-1155, 2012-11
  • The effects of catheter size and fixation device on central venous catheter fixation.
    猪股 伸一
    Masui/61/pp.1153-1155, 2012-12
  • The effects of catheter size and fixation device on central venous catheter fixation.
    猪股 伸一
    Masui/61/pp.1153-1155, 2012-12
著書
  • ゼッケル症候群
    猪股 伸一
    まれな疾患の麻酔 A to Z, 文光堂, pp.396-397, 2015
  • 複合性局所疼痛症候群(CRPS)
    猪股 伸一
    膠原病•リウマチ•アレルギー 研修ノート, 診断と治療社, 2016
  • セボフルランの最小肺胞濃度と気管内挿管可能濃度
    猪股 伸一
  • 全身麻酔 臨床医学のMinimun Essential
    猪股 伸一
    2000-01
  • 小人症 : Seckel症候群を含む 麻酔科診療プラクティス まれな疾患の麻酔
    猪股 伸一
    2001-01
  • 動脈血酸素飽和度 麻酔のHow to技術編
    猪股 伸一
    2001-01
  • Day Surgeryにおける麻酔管理 整形外科のDay Surgery
    猪股 伸一
    2001-01
  • 全身麻酔後: 譫妄・不穏
    猪股 伸一
    麻酔科診療プラクティス, 文光堂, 2004-01
  • 術後痛・がん性疼痛の治療テクニック 小児の硬膜外鎮痛
    猪股 伸一
    イラストでわかる麻酔科必須テクニック 正しいロジックとスマートなアプローチ, 合併症の予防・対策, 2006-01
  • 第3章 代表的な薬物の薬物動態 8. 遺伝子とPONV
    猪股 伸一
    麻酔薬の薬物動態, 真興交易医書出版社, 2006-01
会議発表等
  • A new device which enables us to use a smartphone as a monitor of a bronchoscope, i-NTER LENS™( Micronet Corporation).
    Inomata Shinichi
    Euroanaesthesia 2017
  • The MAC-BIS50-tetanus of desflurane decreases by aging.
    Inomata Shinichi
    Euroanaesthesia 2017
  • The ropivacaine concentration required for ultrasound-guided rectus sheath block in pediatric patients undergoing laparoscopic inguinal hernia repair surgery.
    Inomata Shinichi
    Euroanaesthesia 2017
  • Iliac fossa block is useful for postoperative analgesia of total hip arthroplasty.
    Inomata Shinichi
    Euroanaesthesia 2017
  • Brain connectivity of chronic pain patients.
    Inomata Shinichi
    Euroanaesthesia 2017
  • スマートフォンを気管支鏡モニターとして使うためのデバイス•スマートレンズの開発
    Inomata Shinichi; 梅崎健司
    日本臨床麻酔学会第36回大会/2016-11-3--2016-11-5
  • 放射線治療後の気管変形がある患者でLMAプロシールと気管支ブロッカーを用いて分離肺換気に成功した1例
    Inomata Shinichi; 猪狩亜沙美
    日本臨床麻酔学会第36回大会/2016-11-3--2016-11-5
  • 18トリソミー新生児に対するトラキライト挿管の優位性
    Inomata Shinichi; 矢作武蔵
    日本臨床麻酔学会第36回大会
  • 両側巨大気腫性嚢胞に対し両側同時に胸腔鏡下肺嚢胞切除術を行った1症例
    Inomata Shinichi; 吉田美伽
    日本臨床麻酔学会第36回大会/2016-11-3--2016-11-5
  • 侵害刺激におけるデスフルランのMAC-BIS50
    Inomata Shinichi; 藤田将英
    日本麻酔科学会第63回学術集会/2016-5-26--2016-5-28
  • 侵害刺激中にBIS値が50未満となるセボフルランの最小肺胞濃度
    Inomata Shinichi; 楠本篤弘
    日本麻酔科学会第63回学術集会/2016-5-26--2016-5-28
  • A118G遺伝子多型と婦人科悪性腫瘍手術の術後鎮痛におけるフェンタニル必要量
    Inomata Shinichi; 石垣麻衣子
    日本麻酔科学会第63回学術集会/2016-5-26--2016-5-28
  • 手術開始直前に心肺停止となった可動性肺動脈腫瘍の症例
    猪股 伸一
    日本蘇生学会/2015-11-5--2015-11-7
  • 先天性グルコシル化異常症の麻酔管理
    猪股 伸一
    第35回日本臨床麻酔学会/2015-10-21--2015-10-23
  • 一側肺換気を契機に発見された肺塞栓とATⅢ欠損症
    猪股 伸一
    第35回日本臨床麻酔学会/2015-10-21--2015-10-23
  • 小児患者の超音波ガイド腹直筋鞘ブロックにおけるレボブピバカインの至適濃度
    猪股 伸一
    第62回日本麻酔科学会総会/2015-5-28--2015-5-30
  • Measurements of fatigue in anesthesiologists with human herpes virus-6 DNA extracted from saliva
    猪股 伸一
    THE EUROPIAN ANAESTHESIOLOGY CONGRESS (Euroanaesthesia 2015)/2015-5-30--2015-6-2
  • Optimal Levobupivacaine Concentration for Ultrasound-Guided Rectus Sheath Block in Pediatric Patients
    猪股 伸一
    THE EUROPIAN ANAESTHESIOLOGY CONGRESS (Euroanaesthesia 2015)/2015-5-30--2015-6-2
  • Progesterone decreases anaesthetic requirement in male mice
    猪股 伸一
    THE EUROPIAN ANAESTHESIOLOGY CONGRESS (Euroanaesthesia 2015)/2015-5-30--2015-6-2
  • Measurements of fatigue in anesthesiologists with human herpes virus-6 DNA extracted from saliva
    Inomata Shinichi
    Annual meeting, European Society of Anaesthesiology/2014-05-31--2014-06-03
  • Comparison of allele frequencies in opioid receptor gene OPRM1 (6q24-25, A118G) among different racial population groups, and the effects of the genetic polymorphism on μ-opioid receptor agonist requirements
    Inomata Shinichi
    Annual meeting, European Society of Anaesthesiology/2014-05-31--2014-06-03
  • 唾液から抽出したHuman herpes virus 6 (HHV-6) DNAを用いた麻酔科医の疲労度測定
    猪股 伸一
    日本麻酔科学会第61回学術集会/2014-05-15--2014-05-17
  • 唾液を用いた遺伝子変異解析法の確立と日本人1,300人を対象としたオピオイド受容体変異率の都道府県比較
    猪股 伸一
    日本麻酔科学会第61回学術集会/2014-05-15--2014-05-17
  • 乳がん手術の長期生命予後に対する硬膜外麻酔併用の効果
    猪股 伸一
    日本麻酔科学会第61回学術集会/2014-05-15--2014-05-17
  • 挿管直後に急性大動脈解離を発症して死亡した挿管困難患者の症例
    猪股 伸一
    日本臨床麻酔学会第34回大会/2014-11-01--2014-11-03
知的財産権
  • 視床痛を有する非ヒト霊長類モデル動物
    猪股 伸一
担当授業科目
2018-10 -- 2019-02医科学特別演習筑波大学
2018-10 -- 2019-02インターンシップI筑波大学
2018-10 -- 2019-02インターンシップII筑波大学
2018-10 -- 2019-02基礎医科学演習筑波大学
2018-10 -- 2019-02Advanced Exercise on Public Health筑波大学
2018-04 -- 2018-08医科学特別演習筑波大学
2018-04 -- 2018-08インターンシップI筑波大学
2018-04 -- 2018-08インターンシップII筑波大学
2018-04 -- 2018-08基礎医科学演習筑波大学
2018-04 -- 2018-08Advanced Exercise on Public Health筑波大学
学協会等委員
2012-07 -- (現在)日本ペインクリニック学会評議員
-- (現在)日本麻酔科学会代議員
-- (現在)日本臨床麻酔学会評議員
その他の活動
2012-04 -- (現在)日本医師会、茨城県医師会予備代議員

(最終更新日: 2018-08-16)