現在地

兵頭 一之介(ヒョウドウ イチノスケ; Hyodo, Ichinosuke)

face
所属
医学医療系
職名
教授
URL
eメール
 
研究室
506
電話
029-853-3109, 029-853-3218
Fax
029-853-3109
研究分野
消化器内科学
研究キーワード
抗がん剤
抗悪性腫瘍薬
がん薬物療法
臨床試験
治験
緩和医療
臨床腫瘍学
腫瘍内科学
研究課題
EGFR-p53抑制機構を標的とした消化器癌治療の基礎研究2018 -- 2020兵頭 一之介日本学術振興会/基盤研究(C)4,290,000円
p53変異型癌細胞におけるp73活性化を応用した新規癌治療の基礎研究2014 -- 2016兵頭 一之介日本学術振興会/基盤研究(C)5,070,000円
抗悪性腫瘍薬の臨床開発 -- (現在)/
MDM2を標的とした新規胃癌治療薬の開発2010 -- 2012日本学術振興会/基盤研究(C)4,420,000円
学歴
1950-04 -- 1956-03岡山大学 医学部 医学科卒業
1956-04 -- 1960-03岡山大学医学部大学院 医科学研究科 消化器内科学修了
取得学位
1960-03医学博士岡山大学医学部
免許資格等
1990-12-21日本内科学会認定内科医
2000-01-01日本消化器病学会認定専門医
2009-11-01日本消化管学会胃腸科認定医
肝臓専門医
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
日本癌治療学会臨床試験登録医
日本消化器病学会指導医
日本がん治療認定医機構暫定教育医
所属学協会
-- (現在)日本がん分子標的治療研究会
-- (現在)東京がん化学療法研究会
-- (現在)日本がん転移学会
-- (現在)日本胃癌学会
-- (現在)日本遺伝子治療学会
-- (現在)日本緩和医療学会
-- (現在)日本肝臓学会
-- (現在)日本癌学会
-- (現在)日本癌治療学会
-- (現在)日本消化管学会
論文
著書
  • 大腸癌に対する化学療法Up-to-date -分子標的治療薬の位置付けとQOL向上の工夫-
    山田 武史; 森脇俊和; 兵頭一之介
    消化管Network, 朝日新聞社, pp.6-8, 2009
  • 消化器癌に対する分子標的治療の今後の展望
    山田 武史; 森脇俊和; 兵頭一之介
    消化器の臨床, ヴァン・メディカル社, pp.578-585, 2010
  • 大腸癌治療ガイドライン医師用2016年版(大腸癌研究会)の概略
    山田 武史; 兵頭一之介
    大腸がんPerspective, メディカルレビュー社, pp.246-254, 2017
  • ソラフェニブ投与による血清膵酵素値の上昇
    兵頭一之介; 安達正俊; 塚本泰司; 村井勝; 内藤誠二; 赤座英之
    癌と化学療法社, 2012-11
  • 非ステロイド性抗炎症薬由来潰瘍
    鈴木英雄; 溝上裕士; 奈良坂俊明; 金子剛; 兵頭一之介
    最新医学社 新しい診断と治療のABC6, 2012-12
  • がん治療後の患者ケア 家庭医に知ってもらいたいこと 「がんの補完代替医療の現状と役割」
    兵頭 一之介
    治療 87, 2005-01
  • 癌緩和医療における消化管閉塞の診断と治療
    仁科 智裕; 兵頭 一之介
    癌の臨床 51, 2005-01
  • がん患者の倦怠感に対する薬物療法
    森脇 俊和; 兵頭 一之介
    看護技術 51, 2005-01
  • 薬の知識 オキサリプラチン
    梶原 猛史; 兵頭 一之介
    臨床消化器内科 21, 2005-01
  • 内科医が知っておくべきがん治療 がんの補完代替医療
    兵頭 一之介
    Medicina 42, 2005-01
  • がん治療後の患者ケア 家庭医に知ってもらいたいこと 患者ケアにおけるインターネットがん情報の検索
    谷水 正人; 新海 哲; 兵頭 一之介; 桝本 俊一; 那須 淳一郎; ...
    治療 87, 2005-01
  • 大腸がん患者の治療方針 化学療法の実際とポイント セカンドライン・サードラインの選択基準
    森脇 俊和; 兵頭 一之介
    臨床腫瘍プラクティス 1, 2005-01
  • 【一般病棟でできる緩和ケアQ&A】 倦怠感 進行がんに伴う倦怠感とその対処法について教えてください
    兵頭一之介
    ナーシングケアQ&A, 2006-06
  • Common Disease インストラクションマニュアル 患者に何をどう説明するか 無症候性胆石症・胆嚢ポリープ
    安部井 誠人; 福田 邦明; 兵頭 一之介
    Medicina 43, 2006-01
  • Helicobacter pylori 感染症の代替療法 スルフォラファン含有食品(ブロッコリーの新芽)のHelicobacter pylori胃炎軽減作用
    谷中 昭典; 山本 雅之; 兵頭 一之介
    Helicobacter Research 10, 2006-01
  • 病気と薬の説明ガイド2007「大腸癌」
    兵頭 一之介
    南山堂, 2007-03
  • 進行結腸・直腸癌患者を対象としたS-1/Leucovorin(LV)臨床第Ⅰ/Ⅱ相試験
    朴成和; 小泉和三郎; 山口研成; 宮田佳典; 加藤健志; 藤也寸...
    日本癌治療学会誌, 2007-09
  • 【肝胆膵の癌に対する放射線療法】 肝細胞癌に対する放射線治療
    徳植公一; 中山秀次; 菅原信二; 福光延吉; 福田邦明; 安部井...
    胆と膵, 2007-01
  • 緩和医療学KEY WORD 消化管閉塞
    福田邦明; 兵頭一之介
    緩和医療学 9巻4号, 2007-01
  • DIF DIFとnon DIF
    遠藤慎治; 兵頭一之介; 森脇俊和
    コンセンサス癌治療 6巻3号, 2007-01
  • 知っておきたい頻用薬の上手な使い方 利胆薬
    福田邦明; 安部井誠人; 兵頭一之介
    日本医事新報 4349号, 2007-01
  • 【身近にある胆・膵疾患】 外来フォローアップ 胆嚢結石のフォローアップ
    安部井誠人; 福田邦明; 正田純一; 兵頭一之介
    診断と治療 95巻3号, 2007-01
  • 進行胃がんの化学療法の第一選択は? What will be the best 1st-line Chemotherapy (Strategy) for Advanced Gastric Cancer? - Focused on Taxan and Oral fluoropyrimidine -
    坂田 優; Ajani JA; Kim YH; 藤井 雅志; 兵頭 一之介
    Medical Oncologist 3, 2007-01
  • 消化器疾患最新の治療2007-2008「胆道感染症」
    安部井誠人; 兵頭 一之介
    南江堂, 2007-01
  • 【病気と薬の説明ガイド2007】 悪性腫瘍・がん疼痛 薬物療法編 医薬品情報編
    兵頭一之介
    大腸癌薬局 58巻4号, 2007-01
会議発表等
  • 高齢者(75 歳以上)進行大腸癌に対する隔日 S- 1+Bevacizumab 併用療法の第 II 相試験
    吉田 茂正; 森脇 俊和; 江頭 徹哉; 遠藤 慎治; 倉持 英和; 佐...
    第16回日本臨床腫瘍学会学術集会/2018-07-19--2018-07-21
  • 未治療切除不能進行・再発大腸癌に対する FOLFOXIRI+Bevacizumab 療法の使用経験
    山浦 正道; 森脇 俊和; 水井 恒夫; 廣瀬 優; 服部 純治; 永瀬...
    第16回日本臨床腫瘍学会学術集会/2018-07-19--2018-07-21
  • 切除不能進行再発大腸癌に対するアフリベルセプト併用療法の使用経験
    小松 義希; 森脇 俊和; 水井 恒夫; 廣瀬 優; 永瀬 将臣; 山浦...
    第16回日本臨床腫瘍学会学術集会/2018-07-19--2018-07-21
  • Biomarker study for trastuzumab continuation beyond progression in a randomized phase II trial of weekly paclitaxel±trastuzumab in patients with HER2-positive advanced gastric or gastro-esophageal junction cancer refractory to trastuzumab combined with fluoropyrimidine and platinum (WJOG7112G)
    Sukawa Yasutaka; Makiyama Akitaka; Esaki Taito; Hirano Ge...
    2018 ASCO/2018-06-01--2018-06-05
  • Phase II study of S-1 on alternate days combined with bevacizumab in elderly patients (aged ≥75 years) with metastatic colorectal cancer (mCRC)
    Eto Tetsuya; Moriwaki Toshikazu; Ishida Hiroyasu; Endo Sh...
    2018 Gastrointestinal Cancers Symposium/2018-01-18--2018-01-20
  • Efficacy of adjuvant chemotherapy after resection of pulmonary metastasis from colorectal cancer: A propensity score matching analysis
    Imanishi Mamiko; Yamamoto Yoshiyuki; Hamano Yukako; Yamad...
    2018 Gastrointestinal Cancers Symposium/2018-01-18--2018-01-20
  • Newly developed endoscopic detachable snare ligation therapy for colonic diverticular hemorrhage: A multi center phase II trial
    奈良坂 俊明; 溝上 裕士; 鈴木 英雄; 山田 武史; 廣島 良...
    United European Gastroenterology Week (UEGW)/2017-10-31
  • 早期食道癌における血清p53抗体の意義
    奈良坂 俊明; 山田 武史; 山本 祥之; 金子 剛; 森脇 俊和...
    第76回日本癌学会学術総会/2017-9-28
  • 食道ESDにおけるハイブリッドナイフの使用経験
    奈良坂 俊明; 鈴木 英雄; 金子 剛; 溝上 裕士; 兵頭 一之...
    第94回日本消化器内視鏡学会総会/2017-10-13
  • 食道癌に対する放射線治療後サルベージ手術の短期・長期成績
    北口大地; 久倉 勝治; 田村孝史; 小川光一; 明石義正; 大原佑...
    第117回日本外科学会定期学術集会/2017-04-27--2017-04-29
  • WS「肝癌治療の最前線」 これからの肝癌診療における陽子線治療
    福田 邦明; 兵頭一之介; 櫻井英幸
    JDDW 2017 (第21回日本肝臓学会大会)/2017-10-12--2017-10-15
  • 胆管空腸吻合術後37年で発症した肝内胆管癌の1切除例
    佐藤雅志; 長谷川直之; 石毛和紀; 福田邦明; 倉田 昌直; 安部...
    第53回日本胆道学会学術集会/2017-09-28--2017-09-29
  • オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビルでHCVウイルス陰性化し、鉄剤投与開始で貧血が改善した慢性C型肝炎合併透析患者の一例
    臼井 俊明; 寺岡次郎; 安田大輔; 瀬尾恵美子; 兵頭一之介; 斎...
    第62回日本透析医学会学術集会・総会/2017-06-16--2017-06-18
  • WJOG6510G: Randomized phase II of Pmab plus IRI vs Cmab plus IRI for KRAS WT mCRC previously treated after FU, IRI, and L-OHP
    Hara Hiroki; Sakai Daisuke; Takano Toshimi; Shinozaki Kat...
    Annual Meeting of the Japanese-Society-of-Medical-Oncology/2017-07-27--2017-07-29
  • Surgical Outcome and Prognostic Stratification for Pulmonary Metastasis From Colorectal Cancer
    Okumura Takehiro; Boku Narikazu; Hishida Tomoyuki; Ohde Y...
    European Cancer Congress / 18th Meeting of the European-Cancer-Organization (ECCO) / 40th Meeting of the European-Society-for-Medical-Oncology (ESMO)/2015-09-25--2015-09-29
  • The ATOM trial: A multicenter, randomized phase II study of modified FOLFOX6 plus bevacizumab and modified FOLFOX6 plus cetuximab for colorectal cancer with liver-limited metastases.
    Emi Yasunori; Muro Kei; Yamanaka Takeharu; Katayose Yu; U...
    ASCO2016/2018-01-18--2018-01-18
  • Clinical significance of serum factors relating to ERBB signal pathways in a phase II trial of S-1 plus cisplatin combined with trastuzumab for HER2-positive advanced gastric or esophagogastric junction cancer: WJOG7212G (T-SPACE) TR study
    Sukawa Y.; Nosho K.; Miura Y.; Takano T.; Ito M.; Yonesak...
    41st Congress of the European-Society-for-Medical-Oncology (ESMO)/2016-10-07--2016-10-11
  • The ATOM trial: A multicenter, randomized phase II study of modified FOLFOX6 plus bevacizumab and modified FOLFOX6 plus cetuximab for colorectal cancer with liver-limited metastases.
    Emi Yasunori; Muro Kei; Yamanaka Takeharu; Katayose Yu; U...
    Gastrointestinal Cancers Symposium/2016-01-21--2016-01-23
  • 高度催吐性抗悪性腫瘍薬誘発悪心・嘔吐に対するパロノセトロンの抑制効果-グラニセトロンを対照とした臨床第3相比較試験」(プレナリー)
    兵頭 一之介
    第7回日本臨床腫瘍学会学術集会/2009-03-21
  • FINAL ANALYSIS OF RANDOMIZED PHASE III STUDY WJOG4007 COMPARING IRINOTECAN (CPT-11) WITH WEEKLY PACLITAXEL (WPTX) IN ADVANCED GASTRIC CANCER (AGC) REFRACTORY TO CHEMOTHERAPY (CT) OF FLUOROPYRIMIDINE PLUS PLATINUM (FP)
    Nishina T.; Hironaka S.; Tsuji A.; Suzuki K.; Otsuji T.; ...
    37th Congress of the European-Society-for-Medical-Oncology (ESMO)/2012-09-28--2012-10-02
  • Efficacy and Safety of Gene-Chemo Therapy Using Oncolytic Adenovirus Expressing Uracil Phosphoribosyl Transferase (UPRT) Followed by 5-Fluorouracil Administration in Syngenic Pancreatic and Biliary Cancers in Immunocompetent Adenovirus-Permissive Syrian Hamsters
    Hasegawa Naoyuki; Abei Masato; Fukuda Kuniaki; Kawashima ...
    15th Annual Meeting of the American-Society-of-Gene-and-Cell-Therapy (ASGCT)/2012-7-6
  • Randomized Phase II Study of S-1, Oral Leucovorin, and Oxaliplatin Combination Therapy (SOL) Versus MFOLFOX6 in Patients With Untreated Metastatic Colorectal Cancer (mCRC)
    Ojima H.; Yamazaki K.; Kuwano H.; Otsuji T.; Kato T.; Shi...
    European Multidisciplinary Cancer Congress on Integrating Basic and Translational Science, Surgery, Radiotherapy, Medical oncology, Advocacy and Care/2011-09-23--2011-09-27
  • EFFECTIVE GENE THERAPY FOR BILIARY CANCERS BY Z33 FIBER MODIFIED ADENOVIRUS VECTOR WITH TUMOR SPECIFIC ANTIBODIES
    Kawashima Rei; Abei Masato; Nakamura Kiminori; Fukuda Kun...
    第15回 日本遺伝子治療学会/2009-07-09--2009-7-11
  • SELECTIVE GENE DELIVERY TO HEPATO-BILIARY CANCERS USING Z33 FIBER MODIFIED ADENOVIRUS VECTOR AND TUMOR SPECIFIC ANTIBODIES
    Kawashima Rei; Abei Masato; Fukuda Kuniaki; Nakamura Kimi...
    第14回 日本遺伝子治療学会/2008-6-12--2008-6-14
担当授業科目
2018-10 -- 2019-02総論:臨床腫瘍学筑波大学
2018-10 -- 2019-02臨床腫瘍学(内科系)講義及び実習筑波大学
2018-04 -- 2018-08総論:臨床腫瘍学筑波大学
2018-04 -- 2018-08臨床腫瘍学(内科系)講義及び実習筑波大学
2018-10 -- 2019-02医科学特別演習筑波大学
2018-10 -- 2019-02インターンシップI筑波大学
2018-10 -- 2019-02インターンシップII筑波大学
2018-10 -- 2019-02基礎医科学演習筑波大学
2018-10 -- 2019-02Advanced Exercise on Public Health筑波大学
2018-04 -- 2018-08医科学特別演習筑波大学
授業以外の教育活動
2008-04 -- 2012-03東京理科大学薬学部 客員教授学外
一般講演
  • 消化器がん化学療法の進歩
    兵頭 一之介
    日本消化器病学会関東支部例会第20回教育講演会/2012-06-17
  • 消化管がん(食道・胃・大腸)の集学的治療-最近の進歩 大腸がん化学療法の進歩
    兵頭 一之介
    第97回日本消化器病学会総会/2011-05-15
  • 教育講演 大腸癌薬物療法における今年のエビデンス
    兵頭 一之介
    第9回日本臨床腫瘍学会学術集会/2011-07-21
  • 胃癌薬物療法の新しい展開
    兵頭 一之介
    第9回日本臨床腫瘍学会学術集会/2011-07-21
  • 内視鏡機器洗浄・消毒のクオリティコントロールにおける細菌培養検査の意義(2007年からの経年変化に関する報告)
    池澤和人; 上野卓教; 山田武史; 間宮孝; 石毛和紀; 兵頭一之介
    第96回日本消化器病学会総会/2010-04-22
  • Bevacizumab beyond progressionの有効性の検討
    越智大介; 森脇俊和; 廣島良規; 山本祥之; 日下部涼子; 松田...
    第96回日本消化器病学会総会/2010-04-22
  • 一般口演10 化学療法②(司会)
    田邊和照; 岸本朋乃; 下松谷匠; 鈴木伸明; 五代天偉; 石戸謙...
    第82回日本胃癌学会総会/2010-03-05
  • インドメタシン並びに酸環境曝露はミトコンドリア障害を惹起する
    松井裕史; 宇土潤平; 金子剛; 兵頭一之介
    第6回日本消化管学会総会学術集会/2010-02-20
  • Systematic review of Japanese clinical practice guidelines: how Kampo medicines are described?
    Yoshiharu Motoo; Ichiro Arai; Ichinosuke Hyodo; Kiichiro ...
    8th Meeting of Consortium for Globalization of Chinese Medicine (CGCM)/2009-08-27
  • 胃癌化学療法コンセンサス セカンドライン 胃癌セカンドライン治療の現状
    兵頭一之介
    第81回日本胃癌学会総会/2009-03-06
  • 胆道癌におけるIGFRとRaf1の発現と臨床病理学的因子との関連性
    川本徹; 鈴木英雄; 石毛和紀; 正田純一; 兵頭一之介; 遠藤隆...
    第45回日本胆道学会学術集会/2009-09-18
  • Z33アデノウイルスと腫瘍特異抗体を用いた胆道癌の標的化遺伝子治療の開発
    川島玲; 安部井誠人; 福田邦明; 村田武英; 濱田洋文; 兵頭一之介
    第45回日本胆道学会学術集会/2009-09-19
  • 初期反応からみてSVRを期待できないC型慢性肝炎に対しPEG-IFN製剤を変更し継続投与することによるウィルス学的効果の向上
    村山巌一; 忠願寺義通; 宮本勇治; 北村まり; 谷口美樹; 古本...
    第45回日本肝臓学会総会/2009-06-01
  • 転写因子Nrf2はコリンメチオニン欠乏食(MCDD)誘発非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)を防御する
    杉本浩一; 岡田浩介; 正田純一; 蕨栄治; 柳川徹; 田口恵子; ...
    第45回日本肝臓学会総会/2009-06-04
  • 大腸癌化学療法 世界との乖離は埋められたか? 国内におけるXELOX療法+ベバシズマブ(BV)療法の第I/II相臨床試験成績
    浜本康夫; 小松嘉人; 山口研成; 土井俊彦; 加藤健; 関川高志;...
    第47回日本癌治療学会学術集会/2009-10-22
  • 大腸癌化学療法 世界との乖離は埋められたか?切除不能大腸癌二次治療例に対するFOLFIRIとIRISとの第Ⅲ相臨床試験(FIRIS study)
    辻晃仁; 仁科智裕; 山口研成; 瀧内比呂也; 江崎泰斗; 徳永伸...
    第47回日本癌治療学会学術集会/2009-10-22
  • UGT1A1遺伝子多型群別のCPT-11用量設定試験(UGT0601試験)
    江崎泰斗; 佐藤太郎; 宇良敬; 辻仲利政; 佐々木康綱; 山崎健...
    第47回日本癌治療学会学術集会/2009-10-22
  • 大腸癌既治療例のFOLFIRI/FOLFOXとベバシズマブ併用に関する多施設調査研究 中間報告
    江崎泰斗; 高島淳生; 山崎健太郎; 森脇俊和; 三宅泰裕; 勝又...
    第47回日本癌治療学会学術集会/2009-10-23
  • 消化吸収機能を標的とした機能性食品の展望 下痢型過敏性腸症候群患者に対する食物繊維加工食品の効果
    鈴木英雄; 太刀川弘和; 兵頭一之介
    第51回日本消化器病学会大会/2009-10-17
  • 急性肝不全における内科治療と肝移植の進歩 重症肝炎における劇症化予知式に基づいた早期抗ウイルス・抗免疫療法の有効性の検証
    安部井誠人; 長谷川直之; 正田純一; 兵頭一之介
    第45回日本腹部救急医学会/2009-03-01
  • EFFICACY OF OCTREOTIDE ACETATE FOR MALIGNANT GASTROINTESTINAL OBSTRUCTION
    T. Hisanaga; T. Shinjyo; T. Morita; N. Nakajima; M.Ikenag...
    ESMO2008/2008-09-01
  • A genotype-directed dose-finding study of irinotecan based on UGT1A1 *28 and *6 polymorphism in Japanese patients with gastrointestinal cancer. (UGT0601).
    T. Ura; T. Satoh; T. Tsujinaka; Y. Sasaki; K. Yamazaki; M...
    ESMO2008/2008-09-01
  • Immunohistochemical expression and gene amplification of HER family members in human biliary tract carcinoma.
    T. Kawamoto; K. Ishige; H. Suzuki; S. Krishnamurthy; M. T...
    ASCO2008/2008-05-01
  • IFNβ1日2回導入療法はPegIFN/Ribavirin療法の抗ウイルス効果向上に寄与するか? 難治性C型慢性肝炎に対するRCT
    浅野徹; 忠願寺義通; 藤木和彦; 兵頭一之介; 松崎靖司
    第43回日本肝臓学会総会/2007-05-01
  • 症例から学ぶ急性肝不全 重症肝炎における劇症化予知と早期抗ウイルス・抗免疫療法の有効性
    安部井誠人; 福田邦明; 兵頭一之介
    第43回日本肝臓学会総会/2007-05-01
学協会等委員
2006 -- (現在)東京がん化学療法研究会臨床試験企画委員
2008 -- 2010日本緩和医療学会健康保険・介護保険対策委員会 委員
2008 -- 2010日本緩和医療学会緩和医療ガイドライン作成委員会補完代替療法ガイドライン作業部会 委員
2008 -- 2010日本緩和医療学会緩和医療ガイドライン作成委員会 委員
2008 -- 2010日本緩和医療学会代議員
2008 -- 2012日本癌治療学会がん診療ガイドライン委員会協力委員(大腸がん担当)
2007 -- 2009日本癌治療学会がん診療ガイドライン委員会症状緩和文科会協力委員
2009 -- 2014日本消化管学会代議員
2009 -- 2011日本消化器病学会公益事業委員会委員
2007 -- (現在)日本消化器病学会関東支部会評議員
学内管理運営業績
2006-04 -- 2008-03筑波大学学生生活支援室委員厚生宿舎部会部会長
2005-10 -- 2008-03筑波大学肝移植適応委員会副委員長
2009-04 -- 2013-03筑波大学附属病院総合がん診療センター部長
2006-08 -- 2016-03筑波大学附属病院 後期研修 臨床腫瘍コース臨床腫瘍コース長
2007-05 -- 2008-03人間総合科学研究科 病態制御医学専攻専攻長
2008-04 -- 2009-032専攻教務委員会委員
2008-04 -- 2009-03大学院生支援委員会委員
2008-04 -- 2009-03教員認定委員会A班委員
2008-04 -- 2009-03組織リスクマネージャー(正)委員
2008-04 -- 2011-03陽子線医学利用研究センター運営委員会運営委員
メッセージ
消化器悪性腫瘍(胃癌、大腸癌、食道癌、肝・胆・膵癌など)に対する抗がん剤の臨床開発と臨床試験を実施しています。世界に通用する腫瘍内科医の育成を目指しています。

(最終更新日: 2018-10-23)